ツイートテレビ ホームページ ~あなたもテレビに騙されてませんか~ ※不確実な情報も含みます(^_^;)

最新のツイッター情報から平日、朝8時頃からモーニング地球ニュースをお届けしています。ニュースの動画はYouTube,USTREAM、ツイッター、ツイキャスからもご覧いただけます。(^_^;)

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

TweetTV

Author:TweetTV
ツイートテレビへようこそ。
ここからYouTubeのニュース画面や中継画面を見ることができます。(平日、朝8時頃より放送)
※寄付と買って支援のお願い
アマゾンから買って支援
ここをクリック

 私たち市民メディアは従来のマスコミが追求できない真実を伝えています。
現在の主なテーマは 
■脱原発への道を開く政治を応援

■小沢裁判や冤罪事件を通して
司法も含む官僚体制や創価学会
金融マフィア(財閥)の陰謀を暴く
 
■世界で戦争や金融テロなどを
引き起こす金融マフィアの実態
とそれに対抗する市民活動

 2013年もツイートテレビを
サポートしていただき
明るい未来に向かった活動を
続けられるようよろしく寄付、
声援のほどお願いいたします。

2011年9月20日開局
 ツイートテレビ
めざまし政治ブログ」の服部順治と「和順庭」ブログの服部(旧姓熊木)和枝の二人だけで運営
♥なお私達11月22日の前日に結婚しました♥

口座名 ツイートテレビ

■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10090 
番号 98084911

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 9808491

最新トラックバック

2012/1/25(水) ツイートテレビニュース

2012/1/25(水) ツイートテレビニュース

1 ツイートテレビニュース 概要紹介 23日の異常な放射能は雪のせい?

2012/1/25(水) ツイートテレビ 概要 異常な放射能は雪のせい? 
2012/1/25(水) ツイートテレビニュース 概要紹介 23日 異常な放射能 雪のせい 睡眠不足 危険 麻生氏 引用で 演説の野田 看板倒れ







放射能予報

スイス気象庁の放射能予想
http://www.meteocentrale.ch/ja/weather/weather-extra/weather-in-japan/weather-extra-japan-zoom.html

スイス気象庁の放射能拡散予測
http://savechild.net/sample-page/yosoku



2012/1/25(水)ツイートテレビ
スイス気象庁の予想によると東京では福島原発からの放射性物質の飛来は水曜日の朝から木曜日の朝もまだない模様です。
http://goo.gl/8UDIY


2012/1/25(水)ツイートテレビ
1月23日の夕方からの異常な放射能値は
雪のため天然の放射性物質である鉛214とビスマス214が強いため放射線量計が高く反応したためと思われます。

http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=404

11月23日東京に降っている雪をGe検出器(U8容器)にて簡易分析中。
鉛214、ビスマス214がすごいです。
途中ですがセシウムのピークはまだありません。




※注意
福島原発に近い地域は別にして、その他の近隣県では3月〜5月に降下した放射性物質の量が膨大な為、現在放出されている放射性物質が飛んでくる量よりも、すでにその地域にある放射性物質の方が遥かに大量であると思われます。
(ただし雨の場合は上空の放射性物質を含む大気が雨といっしょに落下しますので役に立つと思われます)
 そして、風の強い日に舞い上げられる放射性物質の方が、原発から飛んでくる量よりも遥かに多いと思いますので、これからの季節は乾燥と北風に注意が必要かもしれません。



今週のイベント
原発関連:集会・イベント情報、Ustream番組表
http://2011shinsai.info/event/




----------------------------------------

今日のニュース



●「睡眠不足は危険! 86もの病気につながる恐れがあるという研究結果


http://rocketnews24.com/2012/01/25/175052/

身を粉にして働いているビジネスマン&ウーマンのみなさん。受験勉強の追い込みに必死な学生さん。十分に睡眠はとれているだろうか? 忙しいからと睡眠を削って頑張っている方々も多いと思うが、睡眠は思った以上に大切なもの。

カナダ・ラバル大学と米ウィスコンシン大学の研究チームが「睡眠が不足していると86もの病気にかかるリスクを高め、早死する確率も高まる」と発表したのだ。86の病気には鬱病や糖尿病、高血圧なども含まれる。

推奨される睡眠時間は7時間だが、イギリス人の3人に1人は睡眠時間が5時間以下とのこと。イギリスでは成人の4人に1人が睡眠障害を抱えており、およそ10人に1人が不眠症を患っているといわれる。

研究によると、不眠症の人はそうでない人と比較すると、5倍も不安や気分の落ち込みを感じやすく、鬱血心不全にかかるリスクも2倍であるという。それだけではない。不眠症は生産性の低下、欠勤、多額の医療費につながり、経済的・社会的にも苦労することになる。


睡眠障害に対する治療方法はいくつかあるが、「認可された睡眠薬」と「薬に頼らない心理学的・行動論的な認知行動療法」が主流といわれている。認知行動療法は効果も長く持続し、薬の副作用がないというメリットがあるという。

しかし、セラピーを行える医療従事者の数が不足している現実もある。セラピーが受けられなければ投薬も検討したいところだが、抗鬱剤のなかには不眠症治療のために使用することが認められていないものもあるのが現状だという。こうした点を挙げて、研究チームは睡眠障害の治療をもっと重視すべきだと主張している。

仕事や勉強を頑張ったり、ネットサーフィンに夢中になったりと原因はさまざまだが、現代人がなおざりにしがちな睡眠。しかし、健康に与える影響の大きさを考えて、睡眠の大切さを改めて見直す必要がありそうだ。今夜はいつもより早く寝て、スッキリとした朝を迎えてみてはいかがだろうか?
 
(文=佐藤 ゆき)
参照元:Mail Online(英文)
photo:flickr MarksandSparks



● 麻生氏引用で「演説の野田」看板倒れ

http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20120125-894450.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter
 第180回通常国会が24日、召集された。野田佳彦首相(54)は施政方針演説で、麻生太郎、福田康夫両元首相の施政方針演説の一節を引用し、自民党に消費税増税への協議参加を求める、都合のいい「抱きつき作戦」に出た。麻生氏は「いいとこ取りだけされた」と、不快感を表明。民主党が問責決議を可決した両元首相の言葉をダシに使う、「演説の野田」の看板が泣くような行動に、党内外からは反発が噴出した。奇策は、完全に逆効果に終わった。

 1年の政府の基本方針を示す施政方針演説。野田首相が話したのは、自民党時代の歴代首相が語った、「過去の言葉」だった。

 「遅滞なくかつ、段階的に消費税を含む税制抜本改革を行うため、11年度までに必要な法制上の措置を講じる」「子や孫に負担を先送りしない」。09年1月の麻生演説の一節を引用した野田首相は「これは私の言葉ではありません。麻生総理がこの議場でなされた演説です。私が目指すものも同じです」と述べた。自公政権時代と自分が目指すのは同じで、立場を超えてご協力を、と言いたかったようだ。

 福田氏の08年1月の演説「与野党が信頼関係の上に立ってよく話し合い、結論を出し、国政を動かすことこそ、国民に対する政治の責任」も、持ち出した。福田氏は当時、大連立構想が頓挫し、ねじれ国会を前に野党に協力を求めたが、野田首相は消費税増税の与野党協議への協力にすり替えた。両元首相は、苦々しい表情で首相を見つめていた。

 歴代首相の演説を現職総理が引用した例は、首相側近も「記憶にない」ほどで、首相自身がこだわった。ただ麻生、福田両氏は、野党時代の民主党が問責決議を可決させた相手。野党時代には追い込みながら、与党になって立場が厳しくなると、当時の発言を逆手に協力を求める、矛盾した手法。評価は散々だった。

 麻生氏は「わさびがきいていない子供向けのすしを、無理やり食べさせられた感じ。抱きつき、ボクシングではクリンチですが、そういう感じ」と、一笑に付した。「民主党は限りなく自民党化し、民主党の色も香りもなくなってきた。民主党議員のつじ説法のようにしか聞こえず、少々残念でしたねえ」。福田氏も「いいことを言ったが、民主党はまったく違う。散々ひどいことをされてえらい目に遭った」と、不快感を示した。

 民主党でも「自分の言葉で話さないと、『演説の野田』が看板倒れ」(若手議員)と批判が出た。谷垣禎一自民党総裁は「しらけた。本気度を疑った」と、あきれ返った。野田首相は「困難な課題を先送りする誘惑に負けてはならない。決められない政治からの脱却を目指す」と増税への決意を示したが、あまりにも都合のいいやり方は反発を広げただけ。奇策は完全に裏目に出た。【中山知子】



● ロバート・レッドフォード、
キーストーンパイプライン建設拒否の決断を賞賛:
「大手石油会社に翻弄されるわけにはいかない」

http://democracynow.jp/
 週末、サンダンス映画祭の創設者であるロバート・レッドフォードに話を聞きました。彼は俳優、映画監督、プロデューサーとして有名ですが、活動家としての顔も忘れてはなりません。

 先週、カナダからメキシコ湾までを結ぶキーストーンXLタールサンド原油パイプライン建設案を棄却したオバマ大統領の決断についてレッドフォードに話を聞きました。

「多額の献金を行う国会議員とのつながりのせいで、原油、石炭そしてガスはいまだに支配力という点では優位に立っています。
ですが、時代は劇的に変わり、大手石油会社の思いのまま、意のままに左右されることはもうないのです」と
レッドフォードは語ります。

必死でオキュパイ運動の若者にも媚を売る、オバマ大統領
(^_^;)








---------------------------------------------

閑話休題

話題の元ネタ(^_^;)
今、話題の動画を紹介する tweetmovie ツイートムービー 
http://tweetmovie.jp/

ツイッターの流行がわかる日刊ツイッターランキング 
http://twinavi.jp/news/daily?ref=top








2 川内村 早すぎる避難区域への帰還宣言
2012/1/25
川内村 早すぎる避難区域 帰還宣言 1月31日 原発 事故 福島 genpatsu fukushima







川内村:31日帰還宣言へ…避難区域で初 「早すぎる」も


川内村から避難し、仮設住宅に住む榊元新一さん。「すぐに帰るのは難しい」と話す
=福島県郡山市で2012年1月24日午後6時21分、宗岡敬介撮影

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120125k0000m040079000c.html

川内村の位置

川内村の位置


 東京電力福島第1原発事故で警戒区域と緊急時避難準備区域(昨年9月解除)に指定された福島県川内村が31日、避難生活を続ける村民に帰村を呼び掛ける「帰還宣言」をすることが分かった。同事故で避難区域に指定された自治体の帰還宣言は初めて。3月末までの全員帰村を目指し除染作業を進め、4月からは役場や学校も再開するという。ただ、村民からは帰村に慎重な声も聞かれ、村復活の道のりは険しそうだ。

 同村は原発事故直後に村民約3000人が全村避難し、緊急時避難準備区域の解除後も村に戻ったのは200人弱。残りは現在も8割が郡山市など県内に、2割が県外で避難生活を送っている。

 村は今月開いた住民懇談会で、除染や雇用確保について説明し「ある程度の理解が得られた」(村幹部)として帰村の呼び掛けを決めた。今後、村議会などと協議し、佐藤雄平知事に報告する。

 帰村に向けた計画では、旧緊急時避難準備区域内の約940世帯のうち約600世帯の除染を3月末を目標に完了させる。残りは年内をめどにするが、いずれも空間線量が毎時1マイクロシーベルトを下回っており居住に問題はないという。警戒区域の約160世帯には、村内に仮設住宅を造って帰れるようにする。村内に一つずつある保育所、小中学校の除染も2月中に完了させ、役場などの行政機関や村営診療所とともに4月から再開。隣接する田村市と小野町とのバス路線を確保し、村内の小売店の再開も財政支援するという。

 除染作業で1000人規模の雇用を確保し、来年度に金型工場や野菜栽培施設を誘致する計画だ。

 ただ、避難中の村民からは慎重な意見も出る。旧緊急時避難準備区域に自宅があり、妻と郡山市の仮設住宅で避難生活を送る農業、榊元(さかきもと)新一さん(71)は「村役場などが機能しても、車がないので隣町まで買い物に行けない。いずれは帰りたいが、田んぼも使えず収入源もない」と話す。警戒区域内に自宅がある自営業の男性(36)は「早すぎる」と批判。最も気がかりなのは原発だ。「とても収束したとは言えない。大きな地震が来て、また何かあったらどうするのか。当分は無理だろうという結論です」【乾達、日下部聡、宗岡敬介】

毎日新聞 2012年1月24日 20時54分(最終更新 1月24日 21時44分)



● 頭の整理・・・被曝と健康(2)  「指導」する人の「表裏」




【速報】1月23日午前9時頃より福島と関東一円の線量率が1.5倍から2倍になりました。未明には元に戻っています。原因は追究中ですが、逃げる必要はありません。


・・・・・・・・・


この「頭の整理」のシリーズの目的は「どのようにして安心な生活を送るか」ですから、人の悪口を言わなくてもよいのですが、この場合はどうしても「指導する人たち」の「二面性」を最初に話しておかないと、理解が難しいので、最初に人の批判から始めています。


先回は「日本の法律(事故後に改正された法律(規則)ですら)では、被曝はできるだけ少なくすること」が明記されているので、政府、自治体、専門家など社会を指導する人は自分の個人的な考えはともかく、まずは「被曝は最小限にするように努力する」という義務を負っていることを明らかにしました。


たとえば「飲酒運転は禁止」と決まったあと、「少し酔っぱらった方が決断力が高くなるので運転には適している」とか、「交通事故で亡くなる人は5000人だが、飲酒運転の犠牲者は300人未満だ」とか、「飲酒運転をしたからといって、必ず事故が起こるわけではない、俺は毎日のように飲んで運転しているが、この通り大丈夫だ」などと言ってはいけません。


ところが被曝になると、「少し被曝した方が健康だ」、「ガンで亡くなる子供は10万人で2人だが、福島の子供が被曝でガンになるのは10万人で500人までかまわない(山下教授談)」、「俺は原発の近くに言ったがこの通り、元気だ」などと言う指導者がたくさんでてきました。これまでの日本の誠実な文化とこれほど違うのは驚くばかりです。


・・・・・・・・・


1月2日に福島のセシウム降下量が400ベクレル(1平方メートルあたり)を超えても新聞やテレビは報道しませんでした。また1月23日の朝(地震があった午後9時頃からではない)から上がってきたことについても報道は無かったようです。


「なんで新聞やテレビは私たちに危険を知らせてくれないの?」という疑問を多くの人が持っています。これまで台風、黄砂、花粉などの予報では常に「過度と言われるほど警戒を呼びかけた」NHKなども沈黙を守っています。


これについても理解しなければならないので、あえて私の知っていることを書きます。報道を批判したいということではなく、かなり確実な情報だからです。


3月12日の原発事故が起こってから数日以内に、NHKや朝日新聞、それに主要なマスメディアの記者さんは一斉に福島から待避しました。そして「30キロ地点の固定カメラ」での映像を流したのです。なぜ、記者が福島から待避したのかとお聞きしたら、「労働組合がうるさいから」と言った記者がいました。


いずれにしても「被曝が危険だから全員待避」の指令をだし、それと同時に福島の人には「被曝は大丈夫」とか、政府の「直ちに健康に影響は無い」と報道しつづけました。このことについて、報道は自らの行動を報道しなければならないと思います。報道だけが治外法権であっては日本の報道の健全性は確保できません。


その後、1ヶ月ぐらい後に、いくらかの記者さんは防護服を身につけ、線量計を持って福島に入りました。そこで彼らが見たものは「何事もなく、普通の服で、線量も測らずに」生活していた人たちでした。私の知り合いの記者の一人は「あのときのインタビューは辛かった。なにしろ私は防護服に身を固め、線量を計りながらおそるおそる被災地に入ったのに、そこには普通に生活をしていた人がいたのです。それも、私たちが「安全だ」と言ったことを信じているのです」と話してくれました。


このような行動と合わせて、定点カメラでとった映像がネットに流れると「著作権」によって削除したり、これまでの論調と正反対の「被曝しても大丈夫」という記事を書いたりしたことによって、日本の報道は平衡感覚を失ってしまったのです。


何を記事にすれば良いのか、さっぱり判らなくなった報道は、矛盾したニュースを流し始めます。チェルノブイリの悲惨な映像、東京湾の汚染などの映像、高い線量のマンションに住んだ人の悲鳴などの「危険側の報道」と、福島の農家を助けよう、瓦礫を引き受けよう、給食を拒否するのはモンスターだという「違法記事」を書き続けたのです。


・・・・・・・・・


これまで台風予報、花粉予報をしてきた新聞やテレビが、被曝予報、報道をしないので、福島の自主的に流通する汚染米の多くが外食産業に流れたとの噂もその事実がさっぱりわかりませんし、1月23日の地震、それに関東各地で上がった線量率についても記事になっていません。


このような新聞、テレビは見れば見るほど、間違った情報に囲まれてしまうのですが、事故直後の自分たちの態度に対する罪悪感が抜けるまで、正しい報道はされないと思います。間違った報道は訂正しておかないと、頭が混乱しますので、このシリーズでは今までと違って、若干、批判も含めて書いていきます。あくまで特定の人や機関を批判するのが目的ではなく、より正確な理解をするためです。


(平成24年1月24日)武田邦彦 (中部大学)

______________________________________________________________

放射能対策 子どもたちの未来を守るために

http://tweettvjp.blog.fc2.com/blog-entry-106.html

--------------------------------------------------------------

話題の元ネタ(^_^;)

ざまあみやがれい!
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/

子どもを守ろう
http://savechild.net/

-----------------------------------








3 人はなぜ生きるのか? 科学的な人類の目的の考察 (^_^;)
2012/1/25
人 なぜ 生きる 科学的 人生論






100万年後、1億年後、100億年後の未来から現在の人類の目的を推認すると (^_^;)


100万年:

 まず地球以外の所で普通の人は住んでいる


1億年後:

 太陽系自体も暮らしにくくなってきたので、他の惑星に引越している


100億年後

 新しい宇宙を創って、そこに引越しして住んでいる


このことより

人類は宇宙も創造できるほどの智慧を身につけようとする生物である。
(^_^;)




http://nvc.halsnet.com/jhattori/Spirits/LifeObject.htm


GOD開発プロジェクト設立準備連絡会(トンデモ話?(^_^;))
http://nvc.halsnet.com/jhattori/GOD/

フリーマン・ダイソン博士と神(?)の創造CGもあり(^_^;)
(電気を帯びた塵の粒が電磁気力で結びついた究極の知的生命体)






-------------------------------------------
話題の元ネタ(^_^;)
東京新聞(日本で一番、真実を伝えてくれる新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/
クーリエ・ジャポン(日本のメディアは本当のことを言ってくれない、っていい宣伝文句だけど疑いながらチェック(^_^;))
http://courrier-japon.net/
阿修羅掲示板 拍手ランキング (24時間) (愛国者を気取る感情的なネット右翼や工作員などのコメントは除く(^_^;))
http://www.asyura.us/hks/ranking_list.php?term=1
オリーブニュース
http://www.olivenews.net/v3/
政治ブログ 注目記事ランキング(幸福の科学や創価学会など統一教会系は除く(^_^;))
http://politics.blogmura.com/ranking_entry.html
杉並からの情報発信です
http://blog.goo.ne.jp/yampr7
BLOGOS 意見をつなぐ、日本が変わる。
http://blogos.com/

金融マフィアの意向を知ることができる主なマスコミ
サンケイニュース(元は産業経済新聞より財界や自民党、アメリカ ロックフェラー(統一教会)の意向(^_^;))
http://sankei.jp.msn.com/
読売ニュース(元は正力オーナーで戦犯で死刑確定をアメリカ側のCIAに協力することで無罪で釈放:アメリカの意向(^_^;))
http://www.yomiuri.co.jp/
毎日新聞ニュース(創価学会の聖教新聞をメインで印刷しているため創価学会の意向:統一教会の仏教部よりアメリカの意向(^_^;))
http://mainichi.jp/
NHKニュース(政府、官僚(アメリカ)側の意向を反映している:結局、アメリカの意向(^_^;))
http://www3.nhk.or.jp/news/










4 東日本大地震は人工地震か?
2012/1/25
東北地方太平洋沖地震 人工地震 理由 東日本大地震 HAARP






事典の人工地震
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-2763.html

人工地震(じんこうじしん)
[ 日本大百科全書(小学館) ]ヘルプ

人工的に地震をおこし、そこから出た地震の波の伝わり方を観測して、地球の内部を調べる方法。地下数メートルの地下構造を調べるための小規模なものから、地下数百キロメートルといった地球深部を研究するような大規模なものまである。前者は、建物や橋などの構造物の地盤調査や、地下資源の探査などに用いられる。地下数キロメートルまでのものは、石油などの地下資源や地熱探査、それに地球物理学の研究に利用される。それより深いものは、もっぱら地震学、地球物理学上などの研究用である。

人工地震には多くの方法があるが、大別すると反射法と屈折法とがある。また、震源に何を使用するかによる分類もある。反射法は、鉛直に近い急な角度で、地震の波を地下に送り込み、それぞれの地層から反射して返ってくる地震の波を記録して地下構造を求める。屈折法では、地下のそれぞれの層内を、かなりの距離まで伝わったあと、地表にまで出てくる地震の波を記録して地下構造を求める。送り込むべき地震のエネルギーや得られる地下構造の性質や精度などに得失があり、最適の方法が使われる。

一方、震源としては、火薬が多く使われたが、1980年代以降はそのほかに、錘(おもり)を振動させたり、空気を圧縮して急激に膨張させたりする、非爆発性の震源も広く使われるようになった。これら新しい人工震源は、発生する地震の波を精密に制御することが可能なので正確な繰り返しができ、記録された地震波を重ね合わせて強めることによって、地下構造を精度よく調べるのに適している。

海底下の地下構造を調べることは石油資源の探査や地球物理学研究のために重要である。石油資源の探査には、エアガン(圧搾空気を使った人工震源)とハイドロフォン(水中の地震波をとらえる圧力センサー)を船で曳航(えいこう)しながら、海底下数キロメートルまでの地下構造を反射法で調査する。一方、もっと深い地下構造を精度よく研究することは海底地震計が開発されて初めて可能になった。1980年代からは人工震源にエアガンを用いて、200キロメートルくらい先の海底地震計まで屈折波を届かせ、海底下60 キロメートルくらいまでの地層を研究する手法が日本で開発され、世界各地で地球物理学研究のために広く使われるようになっている。


統合地球物理学兵器 HAARPの真実を求めて
(気象兵器、地震兵器などの統合地球物理学兵器=環境破壊兵器)
~他国から資源を奪い支配するやり方に対テロ名目の銃火器類中心の戦争から、
新たに気象兵器による破壊からの復旧支援名目の救援活動も加わってきている?~


http://nvc.halsnet.com/jhattori/HAARP/


東北地方太平洋沖地震が人工地震であったと考えられる理由
http://blog.goo.ne.jp/saruyamataro/e/bde71040b083a85da74b2308d7cc2723


3月11日の地震は、人工地震らしい。 -船井 幸雄氏-
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/04/post_1853.html


原発は日本のノド元に突きつけられた刃だと
どなたかが書いておられました。
なんということでしょうか。
日本を脅す道具としてアメリカは原発を建設させたということです。
かれらは、一言「原発を攻撃するぞ」と言えば何だって通るのです。
そうやって日本はずるずると属国化を深めていったということでしょうか。
しかも、攻撃に際しては海底で地震を偽装して行われるのでしょうから
国民に知られることもありません。

原発の技術は有事を想定した核開発のために必要なのだと
まことしやかに言われていました。
これもウソだったのですね。
ここにいたって、
田母神さんなどが唱える日本核武装論が
なんと空しくこだますることでしょうか。



アメリカは日本を半永久的に縛りつけておくために
原発を建設させたのです。






5 米国が隠したヒロシマとナガサキ
2012/1/25
米国 隠した ヒロシマ ナガサキ 広島 長崎 原爆 放射能の恐怖






http://democracynow.jp/video/20110809-1

3.11の福島原発事故は、核エネルギーを安全に使いこなせるという原子力「安全神話」をくつがえしました。原子力の平和利用という謳い文句の下、放射能の危険を軽んじたのは日本も米国も同じでした。あまりにも残虐な武器の使用を正当化するために、被爆者の惨状を隠そうとする動きは、終戦直後から始まりましたが、さらに冷戦下の核軍拡競争と原子力発電推進の中で、米国は原爆の全貌を国民の目から隠しました。ウソで固めた核の時代が始まったのです。


グレッグ・ミッチェルの新著『原爆の隠蔽』は、被爆直後に撮影されながら米国政府の手で極秘とされ、何十年も日の目を見ることのなかった記録映画がテーマです。日本人が撮影した白黒映画は米軍に没収されたものの、こっそり隠されていたフィルムがやがて世に出るようになりましたが、米軍が撮影したカラーの映像は厳重に隠され、撮影した兵士の熱心な運動で1980年代にようやく禁が解かれました。それでも今にいたるまで、実際に目にした人はごく限られています。原爆のタブー視はいまも続いています。ミッチェルは新著の宣伝も兼ねて、この映像のごく一部をYOUTUBEに流そうとしました。するとグーグルから文句が来た。「こんな暴力ビデオ」は、載せられない、と。暴力に反対し、検閲を批判するビデオを、グーグルは検閲しようとしたのです。幸い、大勢の人々が抗議の声をあげたため、「検閲」は撤回されましたが、66年間続いてきたウソとごまかしの試みに新たな1ページが加わりました。

番組では以上の貴重な映像を流すと共に、原爆の爆撃手の証言、ヒロシマとナガサキへの一番乗りを果たした記者たちのエピソードも明らかにします。ナガサキへの投下飛行に同乗した爆撃手は、投下が軍事目的だけで無く、「科学的にも貴重な実験」だったと語ります。「鉄筋コンクリートや鋼鉄がどの程度、破壊されるか」知りたかったので、それまでに空襲されたことのない「処女目標」が選ばれた、長崎投下の時には、投下すれば街が砂漠のようながれきの街になることがはっきりわかっていた、と。

終戦後、米軍による厳しい報道管制がしかれる中、外国人記者たちは現場への一番乗りを目指します。米軍の立ち入り禁止令に逆らい、30時間をかけた汽車の旅の末、ヒロシマにたどり着いたオーストラリア人のバーチェット記者は、「原爆症」におののきます。「何故死ぬのかわからないと、医者は首をかしげた」「抜けた黒髪の上に頭を横たえる女性たちを見ていると足がガクガクした」とバーチェットは、「世界に警告する」という文で始まる記事で報道しています。9月6日にナガサキ入りした米国人のジョージ・ウェラー記者も「X病」と呼ばれていた被爆症の恐怖を書きましたが、長文の記事原稿はマッカーサー元帥に没収されてしまいました。残されていたカーボン・コピーを元にウェラーの息子が記事を完全な形で出版したのは、記者の死後の2002年のことでした。

 軍の裏をかこうとあがいた記者もいれば、軍に愛された記者もいました。
ニューヨークタイムズ紙のウィリアム・ロレンスです。

科学専門記者だったロレンスは、原爆開発計画「マンハッタン・プロジェクト」を宣伝したかった戦争省に気に入られ、会社の承認のもと、タイムズ記者の身分を保ちつつ戦争省にも雇われました。

ナガサキへの原爆投下の際には、軍の随行機に乗って投下を目撃しました。
9月12日の記事でロレンスはこう書きました。

「日本発の報道は誤りだ。被爆者の死因は放射能ではないと、核実験が証明している」。
現地取材無しの断言でした。
原爆開発記事で1946年にピュリッツァ賞を受賞したロレンスは、
政府の思惑に貢献したことに、心底名誉を感じた記者でした。




核兵器や原発の真の危険にふれるものはすべて隠し、国民を危険にさらす。
政府の情報隠しがあるところ、寄り添う記者がいます。


広島と長崎への原爆投下は正当化され核兵器の危険性を口にしつつも、
米国は、核兵器を使った先制攻撃を、いまも否定していません。
66年前、闘った記者たちの流れをくみ、
ミッチェルはいまもなお進行中の隠蔽に挑戦します。

(大竹秀子)


http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-9caf.html


アンソニー・ウェラー:

彼が何より驚いたのは、実に驚異的なことが色々あったことです。彼は原爆投下から四週間後に、現場に入ったのです。9月6日の午前半ばに彼は到着しました。明らかに、いくつかのことで、まだあちこちで燻っている都市の物理的な外観や、原爆攻撃そのものの、特定の標的を狙う正確さに、彼は衝撃を受けました。後に彼は、実際、多大な被害は原爆だけでなく、爆撃された時、皆は昼御飯を作っており、多数の木造住宅が燃えだし、火が広がったために起きた火事によってもひき起こされこたとを知ります。ある意味、ドレスデンのようなものでした。

廃墟の中を歩き回るうちに、彼は素早く、まだ残っていた、あらゆる病院を訪れ始めました。彼はすぐに、一番にアメリカの医療関係者が現場に皆無だったことに衝撃をうけています。四週間後、医師も看護婦も皆無でした。そして、日本人医師達が、既に人体の個別臓器に対する原爆の影響の目録を作っていた正確さと入念さに彼は感銘します。

それから数日間にわたり、日本の医師たち同様に、報道で "X病"と呼ばれているものに彼は驚かされるのです。人々が火傷や焦げで苦しんでいるのを見るのは、おそらく、それほど驚くべきことではないでしょうが、一見、原爆の被害を全く受けていないかのように見える人々、無事に生き残ったように見える人々が、突然具合が悪くなったと感じて、病院に行き、何もできない医師たちと身内に囲まれ、ベッドに座っているが、彼が翌日再訪すると、彼らが亡くなっていることがわかったり、あるいは、例えば、無傷だったのに、夫に夕食を作りながら、レモンの皮を剥いていて、運悪く指をわずかばかり切ると、血流中の血小板が余りに減少してしまっているので、血がどうしても凝固できないため、血が流れ続けて、失血死した女性であったりするのを見るのは違います。

これに似たような症例が延々とあります。日本の医師団全員が、きわめて有能で、戦争が始まるずっと前から、放射能の潜在力について良く知っていて、全く困惑していたので、ある意味、父は、明らかな破壊や、はっきり火傷した被爆者より、それを一層痛ましく感じたのだと思います。彼は実に巧みな表現をしています。彼は書いています。原爆の影響、彼らが"X病"と読んでいたものの影響は、治療不可能なので、治ることはないが、診断未確定なので、治療不可能なのだ。







-----------------------------------------------

話題の元ネタ(^_^;)
デモクラシーナウ(市民サイドに近いアメリカのメディアでアメリカを中心に世界の市民の今を伝える )
http://democracynow.jp/

日本語ラジオ イラン(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を日本語で解説するイラン側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.irib.ir/


新唐人テレビ日本(アメリカ、香港の人たちから見た独立系中国テレビ:客観的に中国はもちろんアメリカも見れる(^_^;))
http://www.ntdtv.jp/

人民日報日本語版(中国から見た、日本の政治社会状況などがよくわかる(^_^;))
http://japanese.china.org.cn/

中国国際放送 日本語版(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を日本語で解説する中国側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.cri.cn/index.htm

ロシアの声 日本語版(ロシアの国営放送で建前としてのロシアの現状がよくわかる:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.ruvr.ru/

ロシア トゥデイ Russia Today(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を抉り出して見せてくれるロシア側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://rt.com/

Dprogram.net(従来のプロパガンダに対抗するためのサイトでプログラムで縛られた人を解放する? (^_^;))
http://dprogram.net/




動画リンク
アメリカの「ウォール街を占拠せよ!=Occupy WallStreet」の理解のため




これからのイベント情報

-------------------
【イベント】 
-------------------


ツイートテレビからのお願い(^_^;)

 ツイートテレビもこれからUSTREAM中継やこのようなツイートテレビのやり方、ブログの作り方などのお話をさせてもらったり、取材要請があれば内容に応じてUSTREAM中継などもやってここで紹介させていただこうと思います。
 2人で1時間5000円で、実費の交通費も別にいただければありがたいかと思います。
 ツイートテレビのホームページのコメント欄で非公開コメントにチェックを入れていただき、メールアドレスや取材場所、時間(できれば午後3時以降)、お話の内容などを書いて送信していただければ、ご相談に応じます。
 よろしくお願いいたします。





おすすめのガイガーカウンター(線量計)は何でしょう? 
真宗大谷派 常福寺でやってるサイトで専門家の人のお奨めです。
http://johukuji.nanaoarchive.com/top/?p=1191
1万円台では
SOEKS-01M ホットスポットなどを探すにはいい。ただβ線も測ってしまうので高めの数値を表示。正確に数値を測るにはアルミの遮蔽版が必要。
なお2011年12月だとエステー化学のエアカウンターがいいようだ。(群馬大学の早川教授もおすすめ(^_^;)
その時、必ず9800円の定価に近いロープライスを選択して買うべきです(^_^;)
でも今からだと2/3発売で性能のいいエアカウンターSを待って、7800円で買ったほうがいいかも
3万円台では
手軽に正確な値を出すのにお奨めはDoseRAE2だけど、今だとエステー化学のエアカウンターがいいようだ。
(東京都からの貸し出し用で採用している機種だけど0.30μSv/h~2.50μSv/hふらつきあり)
私も「放射線測定器 Dose RAE2を買って」 (^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://tweettvjp.blog.fc2.com/tb.php/111-b8e93627

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR