ツイートテレビ ホームページ ~あなたもテレビに騙されてませんか~ ※不確実な情報も含みます(^_^;)

最新のツイッター情報から平日、朝8時頃からモーニング地球ニュースをお届けしています。ニュースの動画はYouTube,USTREAM、ツイッター、ツイキャスからもご覧いただけます。(^_^;)

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

TweetTV

Author:TweetTV
ツイートテレビへようこそ。
ここからYouTubeのニュース画面や中継画面を見ることができます。(平日、朝8時頃より放送)
※寄付と買って支援のお願い
アマゾンから買って支援
ここをクリック

 私たち市民メディアは従来のマスコミが追求できない真実を伝えています。
現在の主なテーマは 
■脱原発への道を開く政治を応援

■小沢裁判や冤罪事件を通して
司法も含む官僚体制や創価学会
金融マフィア(財閥)の陰謀を暴く
 
■世界で戦争や金融テロなどを
引き起こす金融マフィアの実態
とそれに対抗する市民活動

 2013年もツイートテレビを
サポートしていただき
明るい未来に向かった活動を
続けられるようよろしく寄付、
声援のほどお願いいたします。

2011年9月20日開局
 ツイートテレビ
めざまし政治ブログ」の服部順治と「和順庭」ブログの服部(旧姓熊木)和枝の二人だけで運営
♥なお私達11月22日の前日に結婚しました♥

口座名 ツイートテレビ

■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10090 
番号 98084911

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 9808491

最新トラックバック

2012/2/24(金) ツイートテレビニュース

2012/2/24(金) ツイートテレビニュース

1 ツイートテレビニュース 概要 市民メディアの殺し方 なぜ君は絶望と闘えたのか?光市母子殺害事件 
2012/2/24(金) ツイートテレビ 概要 市民メディアの殺し方 なぜ君は絶望と闘えたのか?光市母子殺害
2012/2/24(金) ツイートテレビニュース 概要紹介 市民メディア 殺し方 光市母子殺害事件 妻 子供 失う 本村洋 絶望 闘う 上司 言葉 糸井 重里 






1 概要 市民メディアの殺し方 なぜ君は絶望と闘えたのか?光市母子殺害
2 CBSが伝えた南相馬の除染とクウェート原発計画中止
3 志茂田景樹 創価学会を斬る!
4 最高検と最高裁の闘争 前内閣の大疑獄事件に 小沢裁判 朝日も白旗
5 米オキュパイ運動サポーターがタクシーの中で誕生とウィスコンシン州の運動 



放射能予報

スイス気象庁の放射能予想
http://www.meteocentrale.ch/ja/weather/weather-extra/weather-in-japan/weather-extra-japan-zoom.html

スイス気象庁の放射能拡散予測
http://savechild.net/sample-page/yosoku




2012/2/24(金) ツイートテレビ
今日のスイス気象庁の予想によると東京では福島原発からの放射性物質の飛来は金曜の夕方5時ごろから真夜中にかけて影響がある模様です。
http://goo.gl/8UDIY

※注意
福島原発に近い地域は別にして、その他の近隣県では3月〜5月に降下した放射性物質の量が膨大な為、現在放出されている放射性物質が飛んでくる量よりも、すでにその地域にある放射性物質の方が遥かに大量であると思われます。
(ただし雨の場合は上空の放射性物質を含む大気が雨といっしょに落下しますので役に立つと思われます)
 そして、風の強い日に舞い上げられる放射性物質の方が、原発から飛んでくる量よりも遥かに多いと思いますので、これからの季節は乾燥と北風に注意が必要かもしれません。


今週のイベント
原発関連:集会・イベント情報、Ustream番組表
http://2011shinsai.info/event/




----------------------------------------

今日のニュース


●市民メディアの殺し方

山本太郎氏を刑事告訴していた行政書士が
こんどはツイートテレビの服部順治を裁判所に訴えた
(^_^;)

何で今の時期に?



原因は下記の記事の誰かのツイッターの内容を
ツイートテレビで紹介したのが問題になっていた。
(^_^;)
http://tweettvjp.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

京都党なる団体に、内部に統一教会と幸福の科学。
京都党は京都について考える地方政党だが、
一部の人間が統一教会と幸福の科学のため、
脱原発の山本太郎を刑事告発したとの話。
実際の所、党員ブログに幸福の科学の記載。
山本太郎を告発は真実のようである。
これは酷い内戦だ。

------------------


司法記者クラブを追い出した読売新聞の記者らの言葉が
思い出された。

1市民はこの司法記者クラブに出入りして放送なんかできない。
その理由はお金がないから。
何らかの理由で個人から訴えられたときあなたは対処できないでしょう!

(^_^;)



●なぜ君は絶望と闘えたのか?


糸井 重里 @itoi_shigesato
そういう人でありたい。RT @amiens: "光市母子殺害事件で妻と子供を失った本村洋さんが一時の気の迷いから勤務先の新日鐵を退社しようと思い立ち辞表を書いた時に上司は次のように述べたという。..." http://tmblr.co/Zz9nWyGu1Ltx

http://amiens2009.tumblr.com/post/18119745019

光市母子殺害事件で妻と子供を失った本村洋さんが
一時の気の迷いから勤務先の新日鐵を退社しようと思い立ち辞表を書いた時に
上司は次のように述べたという。

『君はこの職場にいる限り私の部下だ。
そのあいだ、私は君を守ることができる。
裁判はいつかは終わる。一生かかるわけじゃない。
その先をどうやって生きていくんだ。
君が辞めた瞬間から私は君を守れなくなる。
新日鐵という会社には君を置いておくだけのキャパシティはある。
勤務地も色々ある。亡くなった奥さんも、ご両親も、
君が仕事を続けながら裁判を見守ってゆくことを
望んでおられるじゃないのか』

また、次のようにも述べた。


『この職場で働くのが嫌なら辞めてもよい。
君は特別な体験をした。
社会に対して訴えたいこともあるだろう。
でも、君は社会人として発言していってくれ。
労働も納税もしない人間が社会に訴えても、
それはただの負け犬の遠吠えだ。
君は社会人になりなさい』


【なぜ君は絶望と闘えたのか?本村洋の3300日 門田隆将著】

新日鐵に勤務する本村洋さんの上司の言葉

言葉が出ない。

(via takakazu) すごいなー。なかなかこうはいえない


● 山口組に経済制裁 オバマ米政権、組織犯罪対策で 薬物密輸、人身売買関与と指摘"
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120224/amr12022407590001-n1.htm?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter
2012.2.24 07:58
 【ワシントン=犬塚陽介】米財務省は23日、国境をまたいで人身売買や薬物取引で利益を上げているとして、指定暴力団山口組の篠田建市=通称・司忍=6代目組長(70)とナンバー2で弘道会会長、高山清司被告(64)を金融制裁の対象に指定した。米国内の資産が凍結され、米国の団体や個人は、2人との取引を禁止される。

 オバマ大統領は昨年7月、国際的な犯罪組織の制裁のため、日本の「ヤクザ」など4組織に金融制裁を科す大統領令に署名しており、今回が初の具体的な措置となる。

 財務省は山口組が「ヤクザ」であり、「暴力団や極道」としても知られると説明。日本や海外で「薬物や人身の取引、強要、売春、詐欺、資金洗浄」などの犯罪に関与し、「推定で年間で数十億ドル」の収益を得ていると指摘した。

 また、旧ソ連諸国に拠点を置く犯罪組織「ブラザーズ・サークル」の主要メンバー7人も制裁の対象となった。

 コーエン財務次官(テロ・金融犯罪担当)は、篠田組長らが「市場に侵入し、混乱させ、違法収益を使用するために、われわれの金融、通商システムを使っている」と強調した。

 オバマ大統領は昨年7月に「国際的組織犯罪に対する戦略」を発表。財務省は日本の暴力団には約8万人の構成員がおり、麻薬取引や武器密売に加え、建設、不動産、金融業でフロント企業を使って、違法な収益を上げているとしていた。




●金融界から手厚い献金を受けるロムニー共和党有力候補

ロムニー 共和党 大統領選 候補 金融界 献金

共和党有力候補 ミット・ロムニー前知事の献金企業リスト
Source: OpenSecrets
http://uskeizai.com/category/6064657-1.html
共和党有力大統領候補であるミット・ロムニー氏のトップ企業による政治献金リストだ。

ゴールドマンサックス、クレディースイス、モルガンスタンレーなど大手金融機関からのバックアップが大きいというのは一目瞭然。




●ニューヨークの911メモリアル
ニューヨーク 911 メモリアル

http://uskeizai.com/article/253026117.html#more
9/11メモリアル図

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロから10年半が経ちましたが、 ニューヨークのワールドトレードセンター跡地に完成した「9/11メモリアル」に行ってきました。

9/11メモリアルは世界63カ国から5200以上のデザインから選ばれたもので、ワールドトレードセンターが建っていた2箇所に巨大なプールと滝が建設されました。

プールの周りにには、テロで亡くなった3000名の名前が彫られていてところどころに赤いバラの花が供えられていました。


周辺には木をたくさん植える計画で、夏にはきれいな森のようになるそうです。

翌日、ニュージャージ州側のニューアークにあるLiberty State Parkにいったら、こちら側にも9/11メモリアルが建設されていました。
手前にはワールドトレードセンターの鉄骨が立てかけられ、銀色の2つの壁が並び、その中にいくと亡くなった方々の名前が記載されていました。
---------------------------------------------

閑話休題

●太宰府天満宮のスタバが物凄いことになってる - 隈研吾(Kengo Kuma)
太宰府天満宮 スタバ 隈研吾 建築都市設計事務所

http://japan.digitaldj-network.com/archives/51962145.html
( °Д°) カッケー!!
65e1fd23.jpg

隈研吾建築都市設計事務所が太宰府天満宮の為に設計したスターバックス(太宰府天満宮表参道店) があまりに素晴らしくてクラクラする。

菅原道真を祭神として祀り、日本全国から毎年200万人以上の参詣者が訪れる全国天満宮の総本社、太宰府天満宮へまっすぐに続く通りに面した店舗を、その歴史・神聖を尊重し設計。デザインからエネルギーがビシバシ飛んでくる。

こんな事例、そうそうないんじゃないか?!小規模の店舗ならまだしも、世界企業だぞ・・・
関係者に敬意を。

0222e93d.jpg
67157ccf.jpg
dd4d4514.jpg
f21f0fa4.jpg

話題の元ネタ(^_^;)
今、話題の動画を紹介する tweetmovie ツイートムービー 
http://tweetmovie.jp/

ツイッターの流行がわかる日刊ツイッターランキング 
http://twinavi.jp/news/daily?ref=top

芸能ネタ
http://rajic.ldblog.jp/archives/51947573.html

http://keywordjiten.seesaa.net/

2012/2/24(金)






2 CBSが伝えた南相馬の除染とクウェート原発計画中止
2012/2/24 CBSが伝えた南相馬の除染とクウェート原発計画中止
米CBS ニュース 伝える 南相馬 除染 クウェート 原発計画 中止







http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/5909642.html
2012/2/24(金) 米CBS ニュース 伝える 南相馬 除染

2012年02月23日08:11 カテゴリ
除染対策世界各国2/23 「校庭に汚染土を埋めている!」日本で報道されない南相馬の除染方法 米CBSニュース2012年1月16日に米CBSニュースが伝えた南相馬の除染の模様です。
私はこのニュースを見て驚きました。信じられませんでした。


除染した土の持っていき場がないからと、なんと、学校の校庭に穴を掘って、穴の中にいる人の背丈から見たら2m~3m位の深さでしょうか?
その中に黒いビニールの袋に入ったままの汚染土をギッチリと並べて埋めようとしています。


米CBSニュースが伝えた南相馬の除染の模様 1月16日



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●クウェート 原発計画中止
クウェート 原発計画中止
2012/2/24(金) クウェート 原発計画中止
クウェート 原発計画 中止

クウェート 原発計画中止 福島事故受け昨年7月
2012年2月22日 東京新聞夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2012022202000186.html
 【クウェート市=共同】日本などと原発開発協力を進めていた中東の産油国クウェートの政府機関研究員は二十一日、東京電力福島第一原発の事故を受けて昨年七月に原発計画の中止を打ち出したことを明らかにした。共同通信などの取材に答えた。

 東日本大震災による原発事故後、世界で原発停止の動きが出ているが、日本が協力を進めている国が中止を決めるのは異例。

 クウェートは二〇二二年までに四基の原発建設を計画。〇九年に原子力委員会が組織されたが、福島の事故から四カ月後の昨年七月、国家元首のサバハ首長が同委員会を解散する首長令を出した。

 原子力委員会の一部機能が移された「クウェート科学研究所」のオサマ・サエグ研究員らは「福島原発の事故後、『なぜ(危険な)原発が必要なのか』という声が国民の間で高まった」と背景を説明。狭い国土の中で放射性廃棄物の貯蔵場所をどこに設置するのかなどの問題もあったと指摘した。

 クウェートは原油資源を温存するために原発建設を計画。一〇年に日本や米国、フランス、ロシアと原子力エネルギーや原発の開発協力文書を交わしていた。

 福島の事故を受けてドイツ、スイスが将来の原発停止を決めたほか、イタリアも国民投票により、原発再開にストップがかかった。





3 志茂田景樹 創価学会を斬る!

2012/2/24 志茂田景樹 創価学会を斬る!
志茂田景樹 創価学会 斬る 『折伏鬼』 インタビュー 宗教







http://www.cyzo.com/2012/02/post_9950.html
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5069.html


--------------------------------------------------------------------------------

『折伏鬼』志茂田景樹インタビュー
--------------------------------------------------------------------------------

創価学会をモデルにしたあの問題作が28年ぶりに電子書籍で復刊!


最近では、Twitterでも人気を集める志茂田氏。
 
高度経済成長時代に躍進を続けるマンモス教団と、その教団に君臨するトップへの不信感で苦悩する青年信者――。1980年代に創価学会をモデルにして描かれた志茂田景樹の小説『折伏鬼(しゃくぶくき)』が、このほどiPhoneの電子ストアアプリ(グリフォン書店)から電子書籍として復刊される。

自身もかつて創価学会員として活動した経験を持つ志茂田氏が、一人の架空の青年部員の視点を通して教団内部の矛盾を描いた問題作だ。初版から30年近くが経つ今も古書店では高値がつき、Amazonでもプレミア値がつくなど(2月16日現在の中古価格は約3,000円)注目度は依然として高い。復刊に向けた今の気持ちを志茂田氏に聞いた。

――文春文庫で出たのが1984年ですから28年ぶりの復刊です。

志茂田景樹氏(以下、志茂田) 今も若い方が古書などで読んでくれているようですね。創価学会の歴史を全然知らなくて、これを読んで驚いたという声も聞きます。ネットで最初に評判になったのは10年くらい前なんですが、最近のネット上の書き込みを見ると「古書店で見つけたけど高すぎてムリ」とか「図書館でやっと見つけたので読みます」とか。そういう方々にも今回の電子書籍化で手軽に読んでいただけると思います。

――志茂田さんご自身が、かつて熱心な学会員だったそうですが。

志茂田 入信が昭和38年で、40年には退転(脱会)したので、活動期間は3年弱でしょうか。当時の創価学会は、若者たちを吸引する一種の熱気のようなものがあって、僕自身も教団の中に埋没しながら、自分の夢をいっとき託したという時期があったわけです。辞めてからもしばらくそれを引きずっていたところがあり、区切りをつける意味もあってこの本を書いたというのもありますね。

――今回電子化される『折伏鬼』は、二代会長の戸田城聖氏のいわゆる「折伏大行進」で大躍進した時代をモデルに描かれています。また、『新折伏鬼の野望』のほうは、三代会長の池田大作現名誉会長の若かりし頃の、いわば教団の成熟期が描かれています。今の世代は「学会イコール池田氏」というイメージが強いですので、『新――』のほうが読んでピンとくるかもしれません。

志茂田 そうかもしれませんね。二代戸田会長の時代は75万世帯の信者を獲得し、教団に一番熱気が渦巻いていた時期。当時の入信者は病気と貧乏人が多かった(笑)。つまり、現世利益を説いていたわけで、会員もある意味で純朴な動機で、正しいかどうかは別にして、一生懸命に家族や友人を折伏していた。三代の時代(池田大作氏の時代)になってからは政治に進出し、いろんな意味で教団が拡大していった。僕はちょうどその時期に青春期を迎えて、教団の青年部でかなりアクティブにやっていました。僕らの頃は親の代からの学会員という二世会員がずいぶんいたので、家族を折伏する必要もなかったんです。僕自身の親は信者ではなかったですけどね。

――志茂田さんは友人をかたっぱしから折伏していたのですか。

志茂田 学会の王道とすればそうすべきところなんでしょうが、実は個人単位でもあまりしなかったです。個々でどうこうではなく、組織単位で自分の力を試してみたいという野心といいますか、純粋な信心とは別の次元でエネルギーを吐き出していた気がします。当時の青年部は軍隊的な組織で、そういう体制の中で、たとえば大学の文化祭とか体育祭の中で学生をマスで集めて教団に強引に導いていく。だから、選挙の時なんかはすごかった。今では考えられないことをしていましたよ。

――たとえばどんなことをされていたのですか。

志茂田 対立候補の選挙ポスターが貼ってあると、僕ら行動隊が行って、針金を切って外して燃やしてしまうとかね。そんなのは日常茶飯事。完全な公職選挙法違反。あと、選挙に限らずだけど、街中で寺を見つけるとお坊さんに法論をふっかけたり。法論といっても今思うと勝手な理屈で(笑)。でも大勢の学会員で押しかけていくから、向こうも閉口してしまうんですよ。

――『新折伏鬼の野望』には、まさにその時代が描かれています。主人公がそうした教団の空気に同化できず、冷静に自分を見つめ直し、同時に会長の人間性や教団の様々な矛盾に疑問を持ち始めていく。

志茂田 あの時代(編注:池田会長の時代)は国内で会員数が膨張しきってしまい、教団の拡大を海外へ求めた時代ですね。三代会長がやたら外国を訪問して、いろんな名誉賞をかきあつめていた頃でもある。「ナントカ名誉学長」とかいうのを何百と持っていますからね。そういう実績でノーベル平和賞をもらえると思っていたのかもしれませんが、ノーベル賞の選考委員の目もふし穴ではないですからね。

――創価学会が大教団になってから数十年が経過してオウム真理教が出現しました。志茂田さんは『新折伏鬼の野望』のあとがきに「オウム裁判の決着により、オウムの再生が始まった」と書かれていますが、オウムの今後をどうご覧になりますか。

志茂田 結論から言うと、オウムはなくならないと思います。むしろ、これからさらに膨張するでしょうね。地下鉄サリン事件以降、オウムは「アレフ」と「ひかりの輪」に分かれますが、それでも消滅しないというのが宗教の強さであり、怖さなんです。過去の例を見ると、大正時代に神道系の「大本(おおもと)教」という新宗教があり、亀山城を買収したり大正日日新聞を傘下に収めたりと派手な動きをしていたんですが、大正10年に不敬罪と新聞紙法違反で摘発され、教団トップ以下幹部が逮捕され、神殿も破壊されました。一種の弾圧なんですが、そこから分派したのが「生長の家」と「世界救世教」。弾圧を経てさらに大きな教団が生まれているんです。

――「大本教」はその後、昭和10年にも治安維持法で大弾圧をされています。

志茂田 それでも教団は三分裂して、今どれも活発に活動しています。創価学会も草創期に摘発されていて、初代会長や幹部が獄中に入っています。弾圧された教団ほどなぜか生き残り、潜伏期間を経た後に、ある時期がくると大きく復活しているんです。むしろそういうファナティックな力がないと教団は生き残っていけない。弾圧されて枝分かれして、時代の中で変質を続けながら、エネルギーを失わずにしぶとく生き残る。打たれ強いんです。だから10年、20年後は「ひかりの輪」も「アレフ」も、両方とも今より大きくなっていると思いますよ。今は数百人規模ですが、このまま消えることだけはないでしょうね。


(文=浮島さとし)

●グリフォン書店




折伏鬼 (1980年)


紙派のあなたに。

【関連記事】
・教団の金庫はブラックボックスだらけ!?「ミスター公明党」が創価学会と国税庁の暗闘を大暴露!
http://www.cyzo.com/2011/11/post_9126.html

・池田大作ミイラ化計画もあった!? 元公明党委員長が綴る「虚飾の王」との50年
http://www.cyzo.com/2010/01/post_3688.html

・「選手やコーチを折伏!?」"宗教戦争"を制した千葉ロッテ・西村監督を危惧する声
http://www.cyzo.com/2010/11/post_5873.html

--------------------------------------------------------------------------------
はいから万歳―志茂田景樹(1/4)


YouTube絵本読み聞かせ劇場5「おばけのてんぷら」

 
--------------------------------------------------------------

話題の元ネタ(^_^;)

ざまあみやがれい!
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/

子どもを守ろう
http://savechild.net/

-----------------------------------







4 最高検と最高裁の闘争 前内閣の大疑獄事件に 小沢裁判 朝日も白旗 
2012/2/24 最高検と最高裁の闘争 前内閣の大疑獄事件に 小沢裁判 朝日も白旗
小沢一郎 白旗 あげる 朝日新聞 天木直人 有田芳生 仙谷由人 佐久間達哉 特捜部長 逮捕 笠間検事総長 最高検 最高裁 闘争 前内閣 大疑獄事件





笠間検事総長の決断 最高検と最高裁の闘争に発展、前内閣の大疑獄事件も視野 世相を斬る あいば達也
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/c7a5acc9fe4513aee92eb27ff8f5d738

 少なくとも、笠間検事総長は、東京地検特捜部の一部勢力が、小沢一郎にまつわる強引な捜査に手を染めてしまった粛清人事を済ませ、一件落着と安堵していたのだろうが、今回の東京地裁大善裁判長の「一検察官の違法不当な取り調べとは言えず、調べは組織的に行われた」と断じられるに至り、更なる関係者への捜査を強いられる立場に追い込まれた。

当時の東京地検の佐久間特捜部長のバックボーンだった大鶴基成は尻を端折って検察を早々に去った。しかし、悪名高い捜査手法で多くの無関係な事件関係者を自殺に追い込み、鬼検事の名を欲しい儘にし、将来は検事総長の座を狙っていたわけだから、明らかに人生を挫折させた。検察内部では、検察全体の信頼を地に落とし、引っかき回して逃げ出すとは何と云う男だと、最悪の評判だ。その子分、佐久間元特捜部長も検察組織から放逐され、法務総合研究所国連研修協力部部長と云うセクションでくすぶっている。谷川恒太地検次席検事は精神的におかしくなり、検察内をウロチョロ異動させられているようだ。捜査手法では悪魔と言われる一番手、当時の吉田正喜副部長だ。(現在の処遇不明だが特捜部は当然外されている)

 いずれにせよ、検察内部では東京地検特捜部による「特捜226事件」は一定の粛清人事で幕を下ろす筈だったが、前述吉田正喜元副部長の「小沢は検察審査会で必ず強制起訴できる」の発言、及び現実的検察審査会への審議操作誘導証拠提出が、今や仇となっている。地検特捜部の小沢一郎不起訴決定に対し、最後の最後まで粘り、時限爆弾を仕掛け悦に入っていたのが、この吉田正喜元副部長だ。ところが、皆さまもご承知のように「一検察官の違法不当な取り調べとは言えず、調べは組織的に行われた」と大善裁判長に断罪され、一件落着外野で見守りだけの検察庁に炎が舞い込んでいる。笠間検事総長の指揮手腕が今度こそ問われる事態となっている。気がかりはこの3月退
任と云う事で、残された期間は1カ月だ。



 田代検事を刑事告発した市民団体は、21日に検察に2回目の捜査要請書を提出した。すでに告発は受理され、最高検から東京地検刑事部に回されている状況なので、最高検としても捜査に乗り出すなとは到底言える状況ではない。郷原氏によると、笠間検事総長は、所謂赤レンガ法務省畑の検事総長ではなく、法秩序に気真面目だと云う評価だけに、粛々と検察内部の捜査に乗り出すことが期待される。検事総長として、たしか初めて記者会見にテレビカメラを認めた総長だと記憶している。捜査の進展を見守りたい、と簡単に言いたいところだが、芋づる式に逮捕者続出の恐れもあるだけに、その手綱が注目だ。ウッカリすると、当時の検察幹部で弁護士などに転身した退官者がお縄になるようなハプニングもあり得るのだろう。

 ところが、このような正義の方法論とは別に、奇妙な情報も存在する。以下の日刊ゲンダイの記事を読んでいただこう。

≪モミ消された法曹界重鎮のスキャンダルと暗躍した民主党黒幕、小沢強制起訴の接点  

 最高裁と法務省に絶大な「貸し」を作り…  
 ほとんどの証拠が地裁に却下され、どう考えても無実確実の小沢裁判がチョットでも法律をかじっていれば、先刻承知の結果だが、なぜ小沢一郎元代表は強制起訴されたのか。検察審査会によるデタラメ議決の背後で、法曹界に顔が利く民主党幹部が関与したとの仰天情報まで浮上している。これが事実なら、日本中を震撼させる政治謀略事件になる。
 
「コトの発端は2年前、2010年4月のことです。民主党による事業仕分けの事前調査で、法務省が所管する社団法人『民事法情報センター』の理事長の金銭スキャンダルが判明したのです」(法務省事情通)  
 新聞では小さく報じられただけだったが、法務省や最高裁は上を下への大騒ぎになったという。なぜなら、この理事長が最高裁判事や法務省官房長などを歴任した法曹界の重鎮だったからだ。  

 当時の報道によれば、理事長がセンター側から無利子・無担保・無期限で1500万円の融資を受けていたことや、前年から理事長の報酬を月額50万円から 100万円に引き上げていたことが判明。さらに、センター敷地内に、理事長をトップとする弁護士事務所が設置されていることなども問題視された。4月16日の衆院法務委員会で、千葉景子法相(当時)は、「極めて不適切。法人の存廃について検討する」と明言したが、その後の対応は、実は別の有力議員に委ねられたという。

 「この問題では、法務省が監督責任を問われるだけでなく、理事長が刑事責任を問われる可能性もあった。元最高裁判事が刑事被告人になるなんて、大事件です。対応に困った千葉法相は、法曹界と太いパイプを持つ民主党幹部に相談。その幹部は政権中枢の立場にもあり、事案を預かると、法務省や最高裁事務総局と話をつけて、事件の幕引きを図ったという。それ以来、最高裁にも顔が利くようになったといわれています」(前出の事情通)  
 
連休明けの5月8日、民事法情報センターは突然、解散した。社団法人の解散がこんな短期間で行われるのは異例だ。会員や利用者の困惑は並大抵ではなかったというが、理事長のスキャンダルは事件化することなく、瞬く間に収束した。  

 一連の経緯を疑惑視しているのが、元参院議員平野貞夫氏だ。20日発行のメルマガで次のように告発している。 〈法曹界の 重鎮の刑事責任人や社会責任をもみ消し、不問にした千葉法相の責任は重大である。千葉法相ひとりの判断で決めたことではなく、民主党政権の有力閣僚は、動きがあったとの情報があり、真相の究明が必要なのである〉 〈理事長を不問として問題をもみ消した有力閣僚は、最高裁と法務省に絶大な「貸し」をつくったことになる。その貸しを政治的に利用したのか、しなかったのか〉  
 
折しも、この事件直後に管政権が誕生。小沢排除が進み、ついには得体の知れない検察審査会によって強制起訴されてしまったのである。  *起訴の大前提が失われた小沢裁判で、仮に有罪判決が出るようなことがあれば、それこそ、〝黒幕〟の存在が疑われても仕方ない。
≫(日刊ゲンダイ)


 以上なのだが、此処では検察審査を実質的に取り仕切る、今や日本の司法を捻じ曲ている元凶とまで言われる“最高裁事務総局”が顔を出している。仮に、S谷やE田等が上記の揉み消しに関与しているとなると、話は最高検だけで問題を処理出来ない複雑さが生じてしまうのである。最高裁事務総局と最高検察庁の権力闘争、或いは事態の進展如何では、時の官房長官、法務大臣の犯罪とか、内閣総理大臣の犯罪と云う、前代未聞の大疑獄事件になるかもしれない。何とも奥の深い小沢一郎事件である。事の序でなので、もう一本の記事を載せておくので、関連づけて読むことをお薦めする。


≪小沢事件で特捜検事が捕まるゾ 裁判所が断罪 組織ぐるみの違法捜査

 デタラメ調書がことごとく却下されたことで、「小沢一郎との全面戦争」をブチ上げた特捜検察の“敗北”は決定的となった。返り討ちにあった検察の威信は失墜、世間から痛烈批判を浴びているが、謀略捜査の“代償”を払わされるのはこれからだ。小沢捜査に突っ走ったチンピラ検事や上層部が一斉逮捕される可能性が出て来た――。  
 地検特捜部が真っ青になっているのは、調書が全面却下されたからだけではない。田代政弘検事のヤクザまがいの取り調べについて、裁判所が「違法不当な取り調べは組織的に行われた」と断じたからだ。  
 
すでに田代検事は「虚偽有印公文書作 成」などの罪で市民団体から刑事告発されているが、一介のヒラ検事が、独断でこんなムチャクチャができるはずがない。本人も裁判で「上司の指示で」と言ったように、組織ぐるみだったのは明白だ。
元東京地検検事で名城大教授の郷原信郎氏がこう言う。 「裁判所から『組織的なものだった』と認定された以上、検察組織もこれを放っておくわけにはいきません。捜査に乗り出さざるを得ないでしょう。虚偽の調書で検察審査会をダマしたわけですから、組織ぐるみで偽計業務妨害罪となる可能性もある。裁判所の判断によっては公訴棄却もあり得ます。検事についても、虚偽公文書罪で刑事告発されている田代検事だけでは済まないでしょう。政治的影響を考えると、3人の特捜検事が逮捕された大阪地検の証拠改ざん事件とは比較になりませんからね。捜査対象はもっと上の方にまで及ぶと思います」  

 大阪地検の一件でさえ、フロッピーを改ざんした特捜のエース・前田恒彦検事のほか、直属の上司だった大坪弘道特捜部長、佐賀元明副部長までが逮捕・起訴されている。小沢捜査に置き換えれば、田代検事と同じく、石川知裕議員にメチャクチャな取り調べをした当時の吉田正喜副部長、捜査を指揮した佐久間達哉特捜部長ら現場の上司、そのさらに上から指令を出していた検察幹部の逮捕まで視野に入ってくる。
 
笠間検事総長も覚悟を示唆  
 
実際、検察トップの笠間治雄検事総長が、それらしいことをほのめかしているという。
 
「笠間氏は最近、周囲に『腹を決めた。辞めるまでに無駄死にはしない』と話しているそうです。3月の退任までに今回の不祥事の後始末、つまり暴走検事たちの摘発を考えていると思われます。もともと笠間氏は、10年12月の検事総長就任の前から、小沢捜査には反対していた人物です。彼が『無駄死にはしない』とまで言っているのだから、相当なことが起こるでしょう」(司法関係者)  
 
田代検事を刑事告発した市民団体は、きのう(21日)、検 察に2回目の捜査要請書を提出した。すでに告発は受理され、最高検から東京地検刑事部に回されているから、近く捜査が始まるのは確実。逮捕者がゾロゾロ出れば、特捜部は壊滅必至だ。≫(日刊ゲンダイ)


-------------------------

2012年02月23日 07:13
小沢一郎に白旗をあげた朝日新聞 

http://blogos.com/article/32509/?axis=b:52
天木直人


きょう2月23日の朝日新聞は一面トップで小沢一郎元民主党代表とのインタビュー記事を掲載した。

 ご丁寧に、その詳細はあす24日の朝刊で掲載する予定であるという解説のおまけまでついている。

 増税解散なら政界再編だ。選挙になる。そう語る小沢一郎の話に目新しいものはない。

 小沢一郎がこれまでインターネットや週刊誌で語って来たことと首尾一貫している。

 民主党はマニフェストの原点に戻れと一貫して言い続けている小沢一郎を支持してきた者にとっては朝日の記事を読むまでもない。

 私がここで注目したことは、小沢一郎を徹底的に排斥してきた朝日の豹変であり、そのあまりの厚顔ぶりである。

 いうまでもなくそれは小沢一郎の復権と表裏一体だ。

 とうとう検察審査会の強制起訴議決が、偽検察供述調書に誤誘導された疑いが出てきたとメディアで公然と語られるようになった。

 しかもそれが検察の組織的作為だという疑義が持たれ始めた。

 この検察組織の作為については、これから決定的証拠が出てくるとの驚くべき情報にも私は接している。

 それが事実だとしたらこの国の検察組織は前代未聞の犯罪を組織ぐるみで犯したことになる。

 戦後の政治史に残る一大国策犯罪が国民の目の前に露呈される。

 そのドサクサにまぎれて、朝日は何の釈明も弁解もなく、小沢一郎とのインタビュー記事をさらりと掲載して、これまでの反小沢一郎ぶりを水に流そうとしているのではないか。

 そしてそれは取りも直さずこの国の大手メディアの姿を先取りしたものだ。

 朝日は小沢一郎に白旗をあげたのだ。

 他の大手メディアもこれに続くことになる。


 小沢裁判は野田民主党政権の崩壊とともに間もなく終わる。

 小沢一郎が政治的に復権し国民の支持を回復できるかどうか。

 それはもちろん小沢一郎の力量にかかっている・・・



2012年02月23日
朝日新聞、「反小沢」方針をこっそり転換?

http://d.hatena.ne.jp/psw_yokohama/20120223/p1

民主党元代表・小沢一郎氏の裁判および関連報道については、日刊ゲンダイの論評が的を射たものだと思います。



日刊ゲンダイ(先月11日)

「もうひとつ、注目されたのが不動産購入に使われた4億円の原資です。小沢氏は『両親からの相続や印税、議員報酬などもろもろの現金』と説明した。小沢氏が検察審査会(検察審)に強制起訴されたのは、『陸山会』の政治資金規正法違反事件(虚偽記載)をめぐる元秘書との『共謀』の有無で、本来は個人資産である4億円の内訳を説明する必要はありません。しかし、検察リークに乗った大新聞テレビが『ゼネコンからの裏献金』と煽りまくったため注目された。小沢氏は『バカげた推論』と一蹴、裏金を完全否定したことで、もう指定弁護士サイドはタマがなくなった。不動産売買の関与の可能性が指摘されていた契約書の署名、押印についても、小沢氏が関与を完全否定したことでジ・エンドです」(司法ジャーナリスト)

 質問がなくなったせいか、指定弁護士は09年の衆院選で「陸山会」から民主党の候補者に配られた資金の中に旧新生党の政治団体「改革フォーラム21」からの資金が含まれていることを問題視。小沢の関与を問いただしていたが、これも本件とは関係ないことだ。結局、この日も含めて12回に及ぶ公判で明らかになったのは、検察審が小沢を強制起訴する“決め手”になった「捜査報告書」が捏造されていたこと。捜査に加わった元検事の前田恒彦受刑者(44)も「ゼネコン献金は夢物語。検察幹部の妄想」と証言したこと。要するに、この裁判は回を重ねれば重ねるほど、アホらしくなってくるのだ。

 元東京地検検事で名城大教授の郷原信郎氏はこう言った。

「被告人質問で小沢氏が何を語ったのかというよりも、作り上げられた事件によって、検察審の強制起訴がなされ、その刑事公判が続いていること自体が異常です」

http://gendai.net/articles/view/syakai/134569


日刊ゲンダイ(先月12日)

 民主党の小沢一郎元代表(69)が土地購入資金の現金4億円の原資について詳細に証言した。「法廷で真実を述べる」という“公約”通り。2日間にわたった自身の被告人質問で、「いつ口座から下ろして」というカネの流れまで、洗いざらい打ち明けた。これ以上どんな説明をすれば、大マスコミは納得するのか。

 11日の公判で小沢は、10年1月の特捜部の聴取にあたり、金融機関に資料提供を要請したことを明かした。自分の手元に十分な現金があったという客観証拠を手に入れるためだ。

 10年以上前の古い記録を全て入手することはできず、最小限確認できたのは2つの銀行の出金記録だった。(1)旧大和銀行衆院支店の本人口座から、89年11月21日に下ろした2億円(2)旧安田信託銀行神田支店の家族名義の口座から、97年12月15日に引き出した3億円と、00年4月4日に引き出した6000万円――計5億6000万円である。

 小沢は(1)について、「湯島の旧宅を売って、世田谷に新しい土地を購入した際の残金」、(2)は「心臓病で入院後、万が一のことを考えて預金。その後、金融危機の頃に解約した」と説明した。特捜部も出金記録を把握し、小沢の供述調書にも記録が残っている。4億円を用立てても、釣りがきたほどの現金が小沢の手元にあったことを検察はとっくに知っていたのだ。

http://gendai.net/articles/view/syakai/134589


日刊ゲンダイ(先月13日)

 検察が組織を挙げて調べても、証拠が集まらずに起訴できなかった案件だ。普通だったらワーワーと騒ぐのもバカバカしいが、相手が小沢一郎となれば違う。マスコミは目の色を変えてバッシングし、小沢を薄汚れた犯罪者のように報じている。

 裁判に臨む小沢は被告人だ。不利になることを言う必要はない。目の前に事実を突き付けられない限り、多くを語らないのは当たり前だ。問われていることが事実と違えば否定する。

 ところが、大新聞は「小沢氏 すべて否定」(1月11日付朝日)、「記憶にない繰り返す」(1月12日付毎日)、「秘書に責任 戦術」(1月11日付読売)と叩き続けた。4億円の出どころを相続や印税、議員歳費などが積み重なったものであると説明しても、「全然足りない」と批判する。「4億円は裏金です」とでも言わない限り、許さないという姿勢。彼らにとって小沢は裁かれて当然の罪人なのである。

 こうしたスタンスは検察も同じだ。元秘書の石川議員は捜査報告書で、「議員なのにウソを言ってはいけないと言われた。あれが効きました」と、ウソの会話をでっち上げられている。捏造した検事はシレッとして「記憶が混同した」と言い訳していたが、それが検察審査会の強制起訴の根拠となった可能性が高いのだから恐ろしい。

http://gendai.net/articles/view/syakai/134608


日刊ゲンダイ(18日)

 往生際が悪いのは検察だけじゃない。大新聞やテレビも同じだ。よほど小沢を有罪にしたいらしい。唯一最大の証拠が裁判所に断罪され却下されたのに、「といって、これで小沢元代表が無罪になると決まったものではない」と、必ずニュースの最後で付け加えていた。

 笑っちゃうのが、朝日新聞だ。小沢裁判の初公判の直前、昨年10月5日の紙面で、「共謀認定 調書の採用がカギ」と報じていた。それはそれで朝日風の理屈が通っていたが、その調書が採用されないことが決まった17日の夕刊でどう報じるのかと見ていたら、「調書以外の証拠 カギに」とやっていた。口をアングリだ。

 自分たちで「調書採用がカギ」と主張してきたのだから、少しはまともな新聞なら、「もう、こんな裁判続ける意味ナシ」と公訴棄却を語る見識があってもいいのに、めめしい。

http://gendai.net/articles/view/syakai/135215


日刊ゲンダイ(20日)

 検察調書の全面却下で「無罪」が確実となった小沢裁判。審議を重ねるごとに検察の違法デタラメ捜査が、これでもかと噴出しているが、こうなると、いよいよ不可解なのが水谷建設からの「裏金1億円」疑惑だ。

 検察は「小沢サイドがゼネコン業界に“天の声”を発し、水谷建設から計1億円の裏金をもらった」「このカネが土地購入資金4億円の原資になった」と勝手にストーリーを描き、大マスコミはその筋書きに乗っかって「小沢=悪」のバッシング報道を繰り返した。

 ところが、その後の小沢裁判でハッキリしたのは、小沢サイドに“裏金”はビタ一文渡っていなかったということだ。

「小沢裁判に証人として出廷した前田恒彦・元検事は、『ゼネコン献金は検察の夢物語、妄想』と断言し、検察がゼネコン関係者を取り調べた捜査メモが検察審査会に渡されていない事実を暴露した。そこで、小沢弁護団が検察官役の指定弁護士に捜査メモを開示請求したが、指定弁護士側はこれを拒否。裁判所も東京地検に照会したが、こちらも拒否している。検察は何が何でも、ゼネコン捜査メモをヒタ隠しにしたいようです」(司法ジャーナリスト)

http://gendai.net/articles/view/syakai/135228


参議院議員・有田芳生さんのツイッター(20日)

「パワーアップ」と紙面改革を謳う朝日新聞。まず「天声人語」の筆者の一人を変えた方がいい。二人で持ち回りだが、どうにもその一人の筆致がひどい。たとえばー「ボスの無罪が見えてきたせいか、党内野党の小沢グループは反増税で攻勢に出る構え」。増税推進と「小沢有罪」を求める朝日らしさの無惨。

https://twitter.com/#!/psw_yokohama/status/171557945555943424


「疑わしきは罰せよ」と言わんばかりで、手段を選ばず小沢氏を攻撃してきたマスメディア。特に朝日新聞は、小沢氏への憎悪をむき出しにする印象でした。

ところが、今日、その朝日の態度が一転します。



参議院議員・有田芳生さんのツイッター(今日)

朝日新聞が1面で小沢一郎インタビューを写真入りで掲載(詳報は明日)。「増税解散なら政界再編」「9月までには総選挙に」と見出し。無罪可能性が限りなく高まった4月末の判決を見越しての日和見紙面。事実上の社論変更だ。

https://twitter.com/#!/aritayoshifu/status/172472861452271617


元外務省官僚・天木直人氏のブログ(今日)

 私がここで注目したことは、小沢一郎を徹底的に排斥してきた朝日の豹変であり、そのあまりの厚顔ぶりである。

 いうまでもなくそれは小沢一郎の復権と表裏一体だ。

 とうとう検察審査会の強制起訴議決が、偽検察供述調書に誤誘導された疑いが出てきたとメディアで公然と語られるようになった。

 しかもそれが検察の組織的作為だという疑義が持たれ始めた。

 この検察組織の作為については、これから決定的証拠が出てくるとの驚くべき情報にも私は接している。

 それが事実だとしたらこの国の検察組織は前代未聞の犯罪を組織ぐるみで犯したことになる。

 戦後の政治史に残る一大国策犯罪が国民の目の前に露呈される。

 そのドサクサにまぎれて、朝日は何の釈明も弁解もなく、小沢一郎とのインタビュー記事をさらりと掲載して、これまでの反小沢一郎ぶりを水に流そうとしているのではないか。

 そしてそれは取りも直さずこの国の大手メディアの姿を先取りしたものだ。

 朝日は小沢一郎に白旗をあげたのだ。

http://blogos.com/article/32509/?axis=b:52


自分たちの報道の誤りを認めず、これまでの「小沢叩き」を全てなかったことにしたいのでしょう。

「やや日刊カルト新聞」主筆・藤倉善郎と同様、醜い態度です。

http://d.hatena.ne.jp/psw_yokohama/20120212/p1


「浅卑新聞社」と社名変更すべきでしょう。


仙谷由人官房長官(当時)や佐久間達哉特捜部長(当時)が逮捕されない限り、小沢一郎事件に終わりはない。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/
2012-02-23山崎行太郎

 東京地検特捜部の「幹部たち」が逮捕される日が来た・・・。田代検事のトカゲの尻尾きりで終わらせてはならない。あの「読売新聞」が、石川議員を取り調べ、偽造捜査報告書をデッアゲて検察審査会へ送り、「小沢一郎強制起訴」に持ち込むことになった田代政弘検事の「捜査報告書偽造」問題を書き始めた。今、この時点で、あの読売新聞が、書き始めたとは、何か怪しい。

繰り返して言うが、田代検事のトカゲの尻尾きりで終わらせてはならない。昨日の「日刊ゲンダイ」が、「特捜検事逮捕へ」「組織ぐるみだったのは明白だ」と書いている。しかも「日刊ゲンダイ」には、特捜幹部たちも逮捕される可能性が出てきたとある。当然だろう。

「小沢一郎事件」をめぐる一連の東京地検特捜部の暴走と犯罪は、前田恒彦検事や田代政弘検事の個人犯罪ではない。東京地検特捜部の組織的犯罪である。とりわけ、「キャメル男」として一躍脚光を浴びてマスコミにも登場し、一連の「小沢一郎事件」の捜査を陣頭指揮した「佐久間達哉」こそ張本人・主犯だろう。

そしてもう一人、内閣の方からこの小沢一郎事件に、途中で介入してきた政治家・仙谷由人官房長官(当時)である。仙谷由人官房長官(当時)や佐久間達哉特捜部長(当時)が逮捕されない限り、小沢一郎事件に終わりはない。


大衆の集合的無意識の力は強い。大衆衆愚論などを唱えているとろくなことはない。一連の「小沢一郎事件」と「小沢一郎暗黒裁判」の内幕を次々と暴きだし、情報拡散を繰り返してきたのは、文化人でもジャーナリストでも有識者でもなく、実は一般庶民たる大衆である。大衆の氾濫が、今、東京地検特捜部を追い詰めようとしていると言って間違いない。

僕は、本日(23日)、「一市民が斬る」氏に誘われて、「イカサマくじ引きソフト」問題の実地検証なるものの見学に出かける予定だ。まったく同じマシーンが何処かに保存されていたらしい。こういう企画をするのも、かつては「物言わぬ・・・」と言われていた一般庶民である。

さて、読売新聞が以下のようなニュースを伝えているそうだが、今まで、「小沢一郎批判」しか書いてこなかった読売新聞が東京地検特捜部の検事の「犯罪」について書き始めたということは、もうこれ以上、東京地検特捜部の暴走と犯罪に関して「沈黙」をつづけるわけにはいかなくなったということだろう。

すでにネットを中心に、タブロイド新聞、週刊誌が頻繁に報道していることである。子供でも知っていることである。新聞が書かないわけにはいかないだろう。「知らぬは読売新聞ばかりなりけり・・・」では、新聞ジャーナリズムとして失格と言うことになるからである。

しかし、この記事には、週刊誌やタブロイド新聞にも、今まで書かれていなかったことも書かれている。田代検事の偽造捜査報告書を、上司の副部長(吉田正喜検事)も「引用」しているというのだ。何故、今、こういう記事を、検察とグルの御用新聞・読売新聞が書くのか。

市民団体の刑事告発によって、すでに始まっている「小沢一郎冤罪デッチアゲ事件」の捜査が、東京地検特捜部の上層部、佐久間達哉部長等へ波及しないための「情報攪乱」が狙いなのか。そもそも読売新聞は、この検察内部の秘密情報を何処から入手したのか。検察側からのリーク情報ではないのか。とすれば、読売新聞は、東京地検特捜部の「イヌ」を演じているということだ。腐っているというしかない。






5 米オキュパイ運動サポーターがタクシーの中で誕生とウィスコンシン州の運動

2012/2/24 米オキュパイ運動サポーターがタクシーの中で誕生とウィスコンシン州の運動
米オキュパイ運動 サポーター タクシー 誕生 ウィスコンシン州 マディソン 橋下大阪市長 労働運動





米オキュパイ運動サポーターがタクシーの中でまた生まれた(^_^;)
米オキュパイ運動のビデオカメラマンの妻が陣痛を訴えたので
タクシーで病院に行く途中、生まれてしまった。
出産を手伝った後、すぐカメラをまわしはじめた
(^_^;)




反戦・反貧困・反差別共同行動 in 京都・
今後の取組みと集会等のご案内
もうひとつの世界は始まっている!米オキュパイ運動の原点 ウィスコンシンからの報告


http://d.hatena.ne.jp/hansenkyodo_kyoto/20120208/1328670402

(転載・転送大歓迎!)

州庁舎を公務員労働者など数万人が占拠(オキュパイ)、 550万人の州人口で100万人以上のリコール署名を集め、公教育と公務員労組解体(公務員の団交権剥奪等)攻撃を仕掛けた「ウィスコンシン州版橋下大阪市長」ウォーカー州知事リコールを達成した教員組合の活動家2人が来日、京都で報告会を行います。教員のストに高校生の生徒も連帯デモ。警察官もデモ隊排除の命令を拒否。警官も消防士も、果てには州兵までがスト支援に駆けつけた(ウォーカー知事の州兵動員の動きに対して州兵代表は「ウォーカー、州兵を呼ぶ必要は無いぞ。すでにここに州兵は来ている!」と大演説)前代未聞の闘い。高校生のデモや警官のスト支援、州兵の大演説など迫真の映像と現地からの報告で橋下リコールに向けた日本のオキュパイ運動の展望を共有化します。皆さま、ぜひ、お知り合いをご「招待」下さい!



【もうひとつの世界は始まっている!米オキュパイ運動連帯 2・24京都集会】
We are 99%! 米オキュパイ運動の原点 ウィスコンシンからの報告
http://d.hatena.ne.jp/hansenkyodo_kyoto/20120208/1328670402


(写真:米国ウィスコンシン州。ティーパーティーに支持されたウォーカー知事が「財政再建」を掲げ、公務員の団交権剥奪等の攻撃。昨年 2-3月に連日数万人が抗議デモ、州庁舎を占拠。教員のストに生徒も連帯。警察官もデモ隊排除の命令を拒否。現在は知事リコール運動中。法定数を大幅に超える 100万人以上の署名が集まった)

Another World Is Beginning! もうひとつの世界は始まっている!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

        米オキュパイ運動連帯 京都集会

 We are 99%! 米オキュパイ運動の原点 ウィスコンシンからの報告

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●日時:2012年 2月24日(金)18:30 開始

●場所:ひと・まち交流館 京都 第四会議室
http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

●入場カンパ:1000円

●内容

・ドキュメンタリー映画『最前線ウィスコンシン』上映(30分 )

・報告:★ペギー・コインさん(マディソン市教員組合委員長 )


★カスリン・バーンズさん(同組合員・小学校教員/写真上)
(カスリン・バーンズさん略歴)
・1997年から教員。現在はShorewood Hills Elementary Schoolの教員、幼稚園と第1学年の担当
・組合はマジソン教員組合 Madison Teachers Inc. (MTI)
・2011年2-10月にMTI Crisis Committee Co-Chair(MTI危機委員会の共同議長)
危機委員会はウォーカー知事の“Budget Repair Bill”(財政再建に関する州法)によって生じた危機に対応するために組織された委員会
・「39歳、マディソンで育ち、これまでの人生の大半をマディソンで過ごしてきたが、今日(17日)ほどこの州を誇りに思ったことはない。ウォーカー知事のリコール署名が100万人を超えた」

(呼びかけ文)

 米国・ウィスコンシンの闘いは、チュニジア革命とエジプト革命で始まった「アラブの春」に鼓吹され、その後米国全土に広がった「99%」の運動の先駆けとなりました。

 ウィスコンシン州議事堂占拠に始まったこの闘いは、米オキュパイ運動の原点です。

 この闘いの最先頭で闘った同州マディソン市の教員組合の現場教員と組合リーダーを招きました。

 今回の来日は2月24日から27日までの予定で、この間に労働組合や市民団体との交流も計画しています。

 全米労働運動の最前線ウィスコンシンからの報告会への多くの皆さんの参加を呼びかけます。


●主催:米オキュパイ運動連帯京都集会実行委員会 

●連絡先:反戦・反貧困・反差別共同行動(きょうと)(090-5166-1251)
E-mail:muchitomi@hotnail.com
URL:http://d.hatena.ne.jp/hansenkyodo_kyoto/

●労働組合関係者を中心に協賛団体を大募集中です!費用負担はありません。関係者へのイベント告知に関する協力をお願いしています。協賛申し込みは下記アドレスまでお願いします。

 連絡先:E-mail:muchitomi@hotmail.com



ウィスコンシンに人口は約550万人とか。100万を超す署名は地域全体の大変動が進行していることをものがたる。(ウィスコンシン現地の取材をされたマブイ・シネコープの木村修氏談)


橋本の公務員攻撃に身をすくめる大阪市の組合、立ち向かう米労働運動。今こそ米労働運動の息吹を日本にひろげたい。(ウィスコンシン現地の取材をされたマブイ・シネコープの木村修氏談)


問題となつたのは組合の団交権剥奪、まず大学・高校の教師が授業ボイコットで立ち上がる。それを大学生・高校生が支持する。やがて消防士、警察官まで闘いに立ち上がる。(ウィスコンシン現地の取材をされたマブイ・シネコープの木村修氏談)


来日されるカスリン・バーンズさん(労組委員長のペギー・コインさんも来日)
全米の焦点・ウィスコンシンから初ての代表が来阪されます。大阪社会フォーラム実行委の招きで、マディソン教員組合のカスリン・バーンズさん。またとない機会です。是非ご期待を。(ウィスコンシン現地の取材をされたマブイ・シネコープの木村修氏談)




【デモクラシー・ナウ!ジャパン】嘆願書に100万人の署名 ウィスコンシン州知事リコールへの歴史的取り組みに見る「民の力」 

共和党のウィスコンシン州知事スコット・ウォーカーに反対する人々が、州投票による知事のリコールを要求する100万人以上の署名を提出しました。その100万人強の署名は、必要数54万のほぼ2倍で、米国歴史上最大のリコール要求になりました。

ウォーカー知事は、ほとんどの公務員の団体交渉権を取り上げる問題の法律を押し通したことで、非難を浴びています。この100万人の署名は「前回、2010年の選挙で投票した人、と言うことは合理的に考えて、リコール選挙に投票に行く選挙民のほぼ半数と言うことになります」と、ネイション誌のジョン・ニコラスは言います。

「ワシントンの共和党指導部の緊縮経済政策を採り入れて公務員を犠牲にした財政改革をもくろみ、彼らの組合を破壊しようとし、学校予算の削減を試み、それに成功したことで、(ウォーカーは)選挙に直面せざるを得なくなるのです。われわれは経済問題のもっとも根幹について住民投票をするということになります。」

http://www.democracynow.org/2012/1/19/historic_effort_to_recall_wisconsin_gov



エジプトからアメリカ、イギリスへ:民衆vs新自由主義 世界に広がる






------------------------

世界の報道:話題の元ネタ(^_^;)

話題の元ネタ(^_^;)
東京新聞(日本で一番、真実を伝えてくれる新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/
クーリエ・ジャポン(日本のメディアは本当のことを言ってくれない、っていい宣伝文句だけど疑いながらチェック(^_^;))
http://courrier-japon.net/
阿修羅掲示板 拍手ランキング (24時間) (愛国者を気取る感情的なネット右翼や工作員などのコメントは除く(^_^;))
http://www.asyura.us/hks/ranking_list.php?term=1
オリーブニュース
http://www.olivenews.net/v3/
政治ブログ 注目記事ランキング(幸福の科学や創価学会など統一教会系は除く(^_^;))
http://politics.blogmura.com/ranking_entry.html
杉並からの情報発信です
http://blog.goo.ne.jp/yampr7
BLOGOS 意見をつなぐ、日本が変わる。
http://blogos.com/

金融マフィアの意向を知ることができる主なマスコミ
サンケイニュース(元は産業経済新聞より財界や自民党、アメリカ ロックフェラー(統一教会)の意向(^_^;))
http://sankei.jp.msn.com/
読売ニュース(元は正力オーナーで戦犯で死刑確定をアメリカ側のCIAに協力することで無罪で釈放:アメリカの意向(^_^;))
http://www.yomiuri.co.jp/
毎日新聞ニュース(創価学会の聖教新聞をメインで印刷しているため創価学会の意向:統一教会の仏教部よりアメリカの意向(^_^;))
http://mainichi.jp/
NHKニュース(政府、官僚(アメリカ)側の意向を反映している:結局、アメリカの意向(^_^;))
http://www3.nhk.or.jp/news/



-----------------------------------------------

話題の元ネタ(^_^;)
デモクラシーナウ(市民サイドに近いアメリカのメディアでアメリカを中心に世界の市民の今を伝える )
http://democracynow.jp/

日本語ラジオ イラン(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を日本語で解説するイラン側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.irib.ir/


新唐人テレビ日本(アメリカ、香港の人たちから見た独立系中国テレビ:客観的に中国はもちろんアメリカも見れる(^_^;))
http://www.ntdtv.jp/

人民日報日本語版(中国から見た、日本の政治社会状況などがよくわかる(^_^;))
http://japanese.china.org.cn/

中国国際放送 日本語版(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を日本語で解説する中国側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.cri.cn/index.htm

ロシアの声 日本語版(ロシアの国営放送で建前としてのロシアの現状がよくわかる:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.ruvr.ru/

ロシア トゥデイ Russia Today(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を抉り出して見せてくれるロシア側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://rt.com/

Dprogram.net(従来のプロパガンダに対抗するためのサイトでプログラムで縛られた人を解放する? (^_^;))
http://dprogram.net/




動画リンク
アメリカの「ウォール街を占拠せよ!=Occupy WallStreet」の理解のため







これからのイベント情報

-------------------
【イベント】 
-------------------


ツイートテレビからのお願い(^_^;)

 ツイートテレビもこれからUSTREAM中継やこのようなツイートテレビのやり方、ブログの作り方などのお話をさせてもらったり、取材要請があれば内容に応じてUSTREAM中継などもやってここで紹介させていただこうと思います。
 2人で1時間5000円で、実費の交通費も別にいただければありがたいかと思います。
 ツイートテレビのホームページのコメント欄で非公開コメントにチェックを入れていただき、メールアドレスや取材場所、時間(できれば午後3時以降)、お話の内容などを書いて送信していただければ、ご相談に応じます。
 よろしくお願いいたします。





おすすめのガイガーカウンター(線量計)は何でしょう? 
真宗大谷派 常福寺でやってるサイトで専門家の人のお奨めです。
http://johukuji.nanaoarchive.com/top/?p=1191
1万円台では
SOEKS-01M ホットスポットなどを探すにはいい。ただβ線も測ってしまうので高めの数値を表示。正確に数値を測るにはアルミの遮蔽版が必要。
なお2011年12月だとエステー化学のエアカウンターがいいようだ。(群馬大学の早川教授もおすすめ(^_^;)
その時、必ず9800円の定価に近いロープライスを選択して買うべきです(^_^;)
でも今からだと2/3発売で性能のいいエアカウンターSを待って、7800円で買ったほうがいいかも
3万円台では
手軽に正確な値を出すのにお奨めはDoseRAE2だけど、今だとエステー化学のエアカウンターがいいようだ。
(東京都からの貸し出し用で採用している機種だけど0.30μSv/h~2.50μSv/hふらつきあり)
私も「放射線測定器 Dose RAE2を買って」 (^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://tweettvjp.blog.fc2.com/tb.php/139-454b6fcb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |