ツイートテレビ ホームページ ~あなたもテレビに騙されてませんか~ ※不確実な情報も含みます(^_^;)

最新のツイッター情報から平日、朝8時頃からモーニング地球ニュースをお届けしています。ニュースの動画はYouTube,USTREAM、ツイッター、ツイキャスからもご覧いただけます。(^_^;)

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

TweetTV

Author:TweetTV
ツイートテレビへようこそ。
ここからYouTubeのニュース画面や中継画面を見ることができます。(平日、朝8時頃より放送)
※寄付と買って支援のお願い
アマゾンから買って支援
ここをクリック

 私たち市民メディアは従来のマスコミが追求できない真実を伝えています。
現在の主なテーマは 
■脱原発への道を開く政治を応援

■小沢裁判や冤罪事件を通して
司法も含む官僚体制や創価学会
金融マフィア(財閥)の陰謀を暴く
 
■世界で戦争や金融テロなどを
引き起こす金融マフィアの実態
とそれに対抗する市民活動

 2013年もツイートテレビを
サポートしていただき
明るい未来に向かった活動を
続けられるようよろしく寄付、
声援のほどお願いいたします。

2011年9月20日開局
 ツイートテレビ
めざまし政治ブログ」の服部順治と「和順庭」ブログの服部(旧姓熊木)和枝の二人だけで運営
♥なお私達11月22日の前日に結婚しました♥

口座名 ツイートテレビ

■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10090 
番号 98084911

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 9808491

最新トラックバック

9/14(金) ニュース

2012/9/14(金) ニュース

<今日のツイートテレビニュースの話題>
                                                                                                                    Font MSP ゴシック サイズ11

2012/9/14(金) ツイートTV



1 金融マフィアが創価を使って橋下ら維新の会を操る訳
2 金融マフィアのジャパンハンドラーが原発を推進しろ!
3 911中東テロ 金融マフィアが起こす第3次世界大戦の火種
4 民主党はエタ非人の政党?天皇の藤原に対抗する反体制派
5 サウジアラビアを中心に中東で混乱を起こしドルを無価値に






<ニュースウォッチ12:今日のニュース>
1 金融マフィアが創価を使って橋下ら維新の会を操る訳

2012/9/14(金) 概要 金融マフィアが創価を使って橋下ら維新の会を操る訳
2012/9/14(金) ツイートテレビニュース 概要 金融マフィア 創価学会 橋下徹 日本維新の会 操る訳





電波式砂時計 ‏@fhair
尖閣国有化→中国抗議→日中イベント続々停止→アメリカのステルス機が山口の基地に緊急着陸→駐中国大使暗殺未遂 一体何が始まるんです!?

笹田 惣介‏@show_you_all
【時事ドットコム:西宮中国大使が病院に=路上で倒れる】http://www.jiji.com/jc/zc?k=201209/2012091300451&g=pol
瞳孔が開いたままで、重症だとか…。松下金融相といい、おかしいだろ?


HEAT‏@HEAT2009
駐中国大使に内定している西宮伸一外務審議官の大使就任について、中国側がアグレマン(同意)を出したことが7日、わかった。中国筋が明らかにした。日本政府の閣議決定を経て、10月下旬に着任する見通し。読売⇒http://bit.ly/Ty5miH
※西宮を審議官に起用したのは前原外相。

D・takeshita ‏@leana_star
@Miyauchi_moto これは、中国がやったとも言い切れないですよ。尖閣上陸団体には中国以外の意思があったし、日本と中国が敵対すれば儲かる所が仕組んだ暗殺も考えられますから。#中国
#大使 #暗殺

TAGRO落とし‏@TAGRO
なんか中国との緊張が。あちらの旅行会社が日本へのツアーを自粛し始めたり、香港で日本人への嫌がらせが負傷事件にまで激化して外務省が渡航注意してるし。中国大使は入院。16日にはまた漁船団が尖閣来るらしいし中国軍は上陸想定の演習してるという話も。

片山さつき‏@katayama_s
西宮新中国大使、通勤途上、松涛の路上で倒れて意識不明?中国では習新国家主席が、10日も姿を見せない、外交日程は軒並みキャンセル、何かがおきている!この緊張感と重圧に誰が一番耐久力あるか?今度の総裁は有事における、自衛隊の最高指揮官職に耐えうる人物でないと。

Kiyomasa_Miyauchi ‏@Miyauchi_moto
今日、次期中国大使が暗殺されかかりました(もうすぐ亡くなるでしょう)。中国は「日本の中でも中国領土に意見すれば殺すぞ」とメッセージを投げました。みなさん、覚悟をしましょう…今は新しい、日中戦争です。
#中国 #大使 #暗殺

マルコビ‏@marukobimaruko
習近平らに対する襲撃と、丹羽中国大使の乗った車から国旗を持ち去った事件は、どこかで繋がっているような気がします。中国共産党指導部に対する不満が鬱積していますから、大きな政変が起きる前触れなのかも知れません。習近平「暗殺未遂で重傷」の噂
http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-749.html

______________________________


創価学会は、覚醒剤密売擁護マネーロンダリング組織?
北朝鮮からの資金援助の要請

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1023104325


創価学会は、覚醒剤密売擁護マネーロンダリング組織?北朝鮮からの資金援助の要請を受け、それに応諾したのですか?
創価が「同胞」であることを知っている北朝鮮は、今度は、創価に直接、資金援助を求めてきました。さて、池田さんは一体どれだけの資金をピョンヤンの野蛮人政権の延命のために拠出(参考⑥)したのでしょうか?

北の体制維持は、創価学会の幹部の朝鮮人脈の方々にとっても死活問題です。北が倒れれば、その方々も大変な危機に直面します。創価学会には、ヤクザ業界の方々が多く出入りされています。ヤクザさんたちの「シノギ」は今では60%以上が覚醒剤です。

覚醒剤は、かつては中国が主産地でしたが、いまでは北朝鮮が最大手のサプライヤーです。北の閉鎖的な封建体制下で、組織的に行われる覚醒剤の製造。安価で安定した品質と供給が確保できます。まさに、北の体制が覚醒剤を供給してくれるからこそ、日本のヤクザが生きていられるのです。日本の暴力団組織の中で、朝鮮系の組員がどんどん勢力を拡大しているのも、当然のことです。そして、

創価は朝鮮ヤクザが麻薬で儲けた資金を中南米や米国で運用し、また儲けます。池田名誉会長が巨額の個人資産を海外にプール(参考⑦)しているのも、そういう金が溜まったものなのでしょう。

(創価学会には、「宗教非課税」の特権があります。ヤクザさんたちが、覚醒剤取引の汚れた金をロンダーリングするにも創価という閉鎖組織は役に立つのです。)日本人信者さんの必死の「財務」はこんな形で、麻薬業界に寄与しているわけです。こういうわけで、創価としてはキムジョンイルから支援を求められれば応じるしかないのです。覚醒剤商売維持のためにも。





というのをネットで見つけましたが、本当ですか?

本当ならば、日本人を騙している反日詐欺偽宗教鬼畜組織であり、日本一恐ろしい集団です。


-----

ベストアンサーに選ばれた回答


創価学会は、邪教だけでなく軍事スパイや覚醒剤密売擁護マネーロンダリング組織もおこなっているのですね。

変毒為薬とは、覚醒剤を金に換えることではありません。

世界征服を狙う北朝鮮直結邪教で、ほぼ間違いないでしょう。

テロ集団は世界の平和の為に滅ぶべきです。

日本と世界が協力して倒さねばならない時は今。

放っておくと大変なことになります。

南無仏。


-----------------------------

創価学会が麻薬ビジネスを影で支援したり、
麻薬で得た資金をマネーロンダリングしているというのは本当ですか?




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


創価学会が麻薬ビジネスを影で支援したり、
麻薬で得た資金をマネーロンダリングしているというのは本当ですか?


創価学会は日本の諸悪の根源であるとネット上であちこちで書き込みされている創価学会ですが、麻薬ビジネスにも深くかかわっているというネット上での書き込みを見ましたが、その内容は本当なのでしょうか?
一体、彼らは何をしたいのでしょうか?日本征服?世界征服?真実を教えてください。


投稿日時 - 2009-05-07 20:44:02


ーーーーーーー


質問者が選んだベストアンサー

麻薬関係あるでしょうね。NHKでも特集ありましたし。

BNFのあの底値で買って+20億という事件。
あれなんか、マネーロンダリングでしょうね。
個人を迂回して、掃除できる。

創価学会といってもその上はありそうです。上のほうというのは確かで、
だからこそ多くの人がその利益や権限、情報を得たいと加入しています。
日本征服か世界征服か、どちらか?難しい。

まずは日本征服では?世界征服しているころに生きているかはわからない。
創価学会の偉い人に韓国人がいるのは知りませんでした。
日本人のほとんどが韓国人を馬鹿にしていますが、
ネトゲを見る限りでも結構頭は良いのかな?と思います。
パチンコを日本へこれだけ広められたのも、暴力団勢力拡大できたのも、
韓国人の努力があったからでは?
日本人は、優越感にだけ浸って、結構他国を馬鹿にする面が強いですが、
それは自惚れだと思います。
サッカーだって、フィジカルにおいては日本人が劣っています。
中田だって、何か韓国あたりの血がある気はします。(報道ステーションで多かった)


まぁ、創価学会の人たちも、日本の企業の社長らも自分たちのことだけでいっぱいいっぱいで、
ほとんどの人が日本人が100年後にいなくなっても良いとか思ってますよ。
このままだともういなくなるというのに。日本人としてのプライドは無いのか?

投稿日時 - 2009-05-14 01:09:06

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

宗教団体とマネー・ロンダリング

http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20061023

ところで、オウム真理教は、なぜ利用されたのでしょう?

その理由の一つには、宗教が本質的に持つ性質があります。

哲学は論理的に「真理」を探求するものですが、宗教は「真理」とされるものを信じることが重視されます。

それが非論理的であっても、理不尽であっても、反社会的であっても、信じることが“尊い”とされる価値観を持っているのです。

誰かを利用しようとする者にとって、これほど都合の良いものはありません。

しかも人件費はタダ!それどころかなけなしの財産まで貢いでくれる!これほどオイシイ話はありません。

そして、こうした忠実な信者を“組織票”として、政治家を操るための“エサ”としても利用できます。

もう一つの理由は、宗教は日本でも外国でも“非課税”だということです。

宗教団体には、国税局も手が出せません。つまり、治外法権になっているのです。

国際金融資本家たちは、免税団体である「財団」を脱税に利用していることは知られていますが、宗教団体も同様に利用していることは容易に推測できます。

つまり、宗教団体によって“マネー・ロンダリング”がおこなえるのです。

例えば、戦後長い間、CIAの資金が創価学会を通して自民党に流れ込んできました。

(これは最近機密解除されたCIAの文書から発覚したことですが、ネタ元を忘れてしまいました。)

また、創価学会は麻薬ビジネスにも手を貸しています。

池田大作氏は信者から集めた金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りに使わせていました。

そして、そこで得た利益を当時の自民党のドン・小沢一郎氏に渡し、小沢氏はその金で政界工作をするというカラクリでした。

以下は鶴見芳浩著『アメリカ殺しの超発想』から引用です。

94年5月以来、ワシントンを起点にしてアメリカの各所に配られた「オザワ批判リポート」はもう1つ重大なことに触れている。まず、小沢氏が唱える「普通の国日本」は、その実態は日本戦略研究センターの「指針」でも明らかなように、日本の昔来た道、つまり、アジアでの軍事大国化と帝国主義的海外膨張を狙うものだとリポートでは的確に指摘している。実際に、アジア・太平洋諸国が「小沢ヒットラー」の出現かと、警戒し始めてもいる。そうした事情を背景に、小沢レバーがこれまで便利だったとはいえ、アメリカとしてこんな小沢氏の勢力拡大に力を貸していると、先々で大変な目に遭うよ、と問題のリポートが指摘したことは、すでにお話ししたとおりである。
そして次に、これに関連して同リポートは、小沢氏が創価学会名誉会長で偽本尊を作ったりしてとか会員の中でも批判のある池田大作氏と連携して、池田大作氏の野望である政教一致による日本の支配と、そのためのハク付けとして「ノーベル平和賞」の獲得に、小沢氏が協力している事実も暴露する。池田氏と同盟を結んでいる小沢氏は、アメリカにとってはますます好ましくない人間だとも明言している。実はこのくだりを読んだとき、私もひとつ思い出すことがあった。それは、ブッシュ前大統領が金丸、そして小沢両氏を思うままに操っていたころ、両氏に与えるアメ玉だけでは説明がつかないと思うことがいくつかあったのだ。そこで、CIAに近いアメリカ人が聞かせてくれたのが、小沢氏、池田氏、そしてパナマの独裁者だったノリエガ将軍を結ぶ線だった。
ノリエガ将軍は、ブッシュ氏がCIA長官時代には、その手先となって、キューバのカストロ首相やニカラグアなど中米の革命グループの撹乱に協力した。そして、その代償として、パナマを中継地として、時にはCIAの輸送機も使ってアメリカに南米コロンビア産のコカインを輸出(?)する暴挙を大目に見てもらっていた。このためにブッシュ氏の弱味を握ったとして、ノリエガ将軍は、ブッシュ氏が大統領となったアメリカを、好きなように操れると過信したのだ。
しかし、こんなノリエガを放置しておいたら自分の政治生命が危ないと知って、ブッシュ大統領は89年就任早々に、米軍による電撃的なパナマ侵攻をやって、ノリエガ将軍を「戦犯」として捕え、アメリカのフロリダにさらって来た。そして、同将軍を「アメリカへのコカイン麻薬供給の罪」もつけて秘密裁判にかけて有罪とし特別監獄の奥に閉じ込めてしまった。
このノリエガ将軍が吐かされたものの中に、池田大作氏が創価学界の金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りにも使わせていたことと、このあがりから、池田氏は小沢氏へ相当な額を常時渡していたというものがあった。ブッシュ氏はこの自白の証拠書類もがっちりと手に入れて、金丸、そして小沢の両氏を操作するムチとして使っていた。もちろん、アマコスト駐日大使は、このムチを必要に応じて直接使用した中心人物であったということだった。この話は「小沢のパナマコネクション」として、アジア・太平洋諸国の政府の間にも知れ渡っている、と教えてくれたアジアの外交官もいる。知らぬは日本のみということだろうか。
ノリエガ将軍は池田氏に感謝の気持ちを表すため、1986年パナマに「池田パーク」を作り、また池田氏も翌年、そのお返しに富士山の麓に「ノリエガ将軍の石碑」を建立しているという。なぜ日本にはこのような情報が入ってこないのだろうか。
ちなみに本書には、現在、反自民党の一部の人たちから、まるで救世主のように言われている小沢一郎氏が、かつて如何に米国の走狗であったかが描かれていて面白いです。まぁ、人間、変わる可能性があることは否定しませんが、『私物国家』にも頻繁に登場する小沢氏が、その“黒い関係”を簡単に断ち切れるものか、疑問です。

話が少し飛びますが、上記の件について藤原肇氏が『日本が本当に危ない』の中で興味深い情報を載せてくれています。

何とも胡散臭い児玉、小佐野、中曽根、笹川、そして小沢と続くCIA人脈
共通する放置現象として思い出されるのは、児玉誉士夫、小佐野賢治、中曽根康弘、笹川良一など疑惑がらみで注目された人物が、多くのスキャンダルでも厳しい追及も受けず、奇妙な具合に逃げのびてしまった事実だ。
これらの人物は謎に包まれた影の部分を持ち、CIAとの特殊な繋がりを取り沙汰されたものだが、この中に最近やたらに不審な行動が目立つ小沢を加えるなら、何ともウサン臭い人脈のパターンが浮かび出す。
日本の検察には奇妙な不文律が伝統としてあるようで、CIA絡みの事件は国際上の取り扱いや、厄介な日米政府間の暗黙の了解により、できるだけ介入しないことになっているとか。だから、M資金絡みの事件は解明された試しがないし、大蔵省には絶対に摘発の手が伸びないとヒントをくれたのは、「日本の黒い霧」でそれを追った松本清張だが、似た話を私は別のいくつかの情報筋から聞いている。
そんな話を下敷きにして思い描くなら、湾岸戦争の時に自民党幹事長だった小沢が、アメリカに約一億七千億円の戦費を貢いだ時に、それを取り仕切った米国のアマコスト大使が、外交官よりCIAエージェントとして動いた点が気になる。
しかも、CIAは政治家やフィクサーの弱みを掴んで、それを利用して政治を動かす戦法を得意にしており、麻薬がらみで米国に拘留されたパナマのノリエガの自白や、池田大作とノリエガの密着関係の背後に、未だ誰も指摘しない不吉な影が見え隠れしている。
池田はパナマに出向いて公園を寄贈したので、ノリエガは池田に友好勲章を授けているし、お礼に創価学会は富士宮にノリエガの銅像のある公園を作っている。また、新日鉄の大将が第二パナマ運河計画に熱を入れ、新日鉄釜石のレジャー投資の関係で、岩手の小沢が便宜を図ったことから、小沢はパナマの縁で創価学会と密着し、そこをCIAが押さえたとも言われている。また、池田コネクションで創価学会の資金と結びつき、不用意に見せる最近の小沢の高圧的な姿勢が、得意満面とした時期の中曽根に二重写しになり、国民は安心していられなくなるのである。
湾岸戦争時、日本政府は総計135億ドルを“国際貢献”の為に支払いました。これを決定したのが当時の自民党幹事長だった小沢一郎氏。ところが、米国政府の報告書では日本からの戦費は100億ドルと記載されていて、35億ドルの行方は不明のまま。

また、イラク攻撃を支持した小泉首相に異議申し立てをして外務省を辞めた天木直人氏によれば、日本は約31億円の戦闘機F-15を108億円で、約16億円の戦闘ヘリコプター「アパッチ」を72億円で買っているそうです。これは米国が日本に兵器開発費を転嫁させているという側面もありますが、こうして軍需産業は防衛庁から儲けさせてもらい、その見返りに防衛庁は軍需産業に天下りのポストを要求するという構図になりっています。また、この差額から“防衛族議員”へのリベートも生まれるようです。

兵器の輸出入は機密保持を理由に政府間で決定されるので、国民が本当のことを知ることはまずできませんが、こういった“こぼれ話”によって「軍備増強」を主張する政・官・財の“背景”をうかがい知ることができるのではないでしょうか?

閑話休題。

オウム真理教も、このようなマネーロンダリング機関として使われていた可能性があります。

北朝鮮は1970年代から、東南アジアなどで買い集めた麻薬を在外公館や北朝鮮系商社を通じて密輸・密売していました。

1980年代半ばから北朝鮮国内でケシの自家栽培を始め、1991年9月からは外貨獲得策として本格化。

1993年に約30t、1994年に約40tの阿片を生産し、その後は年間数百㎏のヘロインを日本や香港などに密輸出し、国際麻薬市場にも供給しています。

日本は世界最大の覚醒剤の消費国家です。密売しているのは、もちろん暴力団。覚醒剤は暴力団の収入の60%を占めると言われています。そして、日本で消費される覚醒剤の60%以上が北朝鮮産。

オウムは自ら覚醒剤を製造していましたし、山口組系の後藤組とつるんでいました。後藤組は日本の覚醒剤取引の中核的存在でもあります。

『オウム帝国の正体』(一橋文哉著)によれば、「1993年頃、関東で供給源の解らない覚醒剤が大量に流れたことがあり、暴力団が出所を調べたところ、オウムとわかった。通常の密輸ルート品の三分の一の価格だった。」とあります。どうやらオウムは、サリンを製造していたとされる第7サティアンで覚醒剤を密造していたようです。その第7サティアンは、外部の専門家が入ることを警視庁が阻止し、裁判半ばにもかかわらず、まるで証拠を隠滅するかのごとく解体されてしまいました。

オウム‐暴力団‐北朝鮮の麻薬コネクションが存在し、それに日本の“権力者”が関わっていたことに間違いないでしょう。

創価学会の会員に、稲川会前会長の石井進氏、山口組若頭の山本健一元氏、会津小鉄会長の高山登久太郎氏など、著名なヤクザさんたちが、軒並み名を連ねているのは、おそらくマネー・ロンダリングが目的なのでは…と邪推してしまいます。(^^;)

そういえば、オウムとつるんでいた山口組系後藤組も、創価学会と深いつながりがあるようです。



--------------------------------------------------------











______________________________

再生リスト:「国民の生活が第一」を支援する市民大集会 2012/9/1
http://www.youtube.com/playlist?list=PL2617FA4CFF36F3C5


______________________________

今日のイベント
原発関連:集会・イベント情報、Ustream番組表
http://2011shinsai.info/event/

______________________________

閑話休題

ツイッターの流行がわかる日刊ツイッターランキング 
http://twinavi.jp/news/daily?ref=top

今、話題の動画のランキング tweetmovie ツイートムービー 
http://tweetmovie.jp/

NAVERタブーまとめ

http://matome.naver.jp/topic/1LwS6








<<日本 クローズアップ現代:国内の話題>
2 金融マフィアのジャパンハンドラーが原発を推進しろ!

2012/9/14 金融マフィアのジャパンハンドラーが原発を推進しろ!
クローズアップ現代 日本 国内問題 クロ現 金融マフィア ジャパンハンドラー 原発 推進




岩上安身 ‏@iwakamiyasumi
福一の事故も、その後相次ぐ労働者の突然死にも、
捜査に入らない警察のトップが、原子力を規制?
RT @enepare: 原子力規制庁長官に池田前警視総監を起用へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120911-00001645-yom-pol

原子力規制委員会の事務局となる「原子力規制庁」の初代長官に、池田克彦前警視総監
原子力規制委員会委員長は従来どおり田中俊一氏


田中原子力規制委員長が事務TOPの規制庁長官に
池田前警視総監が適任か最終判断したことになる

ーーーーーーーーーーーーーーー
規制庁長官に池田前総監、危機管理の経験重視
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120914/plc12091416290018-n1.htm

2012.9.14 16:26

 政府は14日、原子力安全規制の新組織「原子力規制委員会」の事務局に当たる原子力規制庁の初代長官に池田克彦前警視総監(59)を起用する人事を閣議で了承した。発令は規制委が発足する19日付。

 細野豪志環境相は、14日の閣議後の記者会見で「池田氏は災害関連の警備活動や有事対応など危機管理の経験が豊富だ。原子力分野にも一定の知識を有している」と起用理由を説明した。

 人選の経緯について細野氏は、環境事務次官らと人事案を検討した上で、規制委委員長に就任予定の田中俊一・前原子力委員会委員長代理に提示し、田中氏が最終判断したと明らかにした。

 池田氏は規制庁の発足準備に当たるため、14日付で環境省参与に任命された。


ーーーーーーーーーーーーーーー

原子力規制庁長官に池田前警視総監を起用へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120911-00001645-yom-pol

原子力規制委員会の事務局となる「原子力規制庁」の初代長官に、池田克彦前警視総監(59)の起用が11日固まった。

 政府は14日にも閣議了解したうえで、19日に規制委と規制庁を発足させる。

 池田氏は警察庁警備課長、警視庁警備部長などを経て、2010年1月から11年8月まで警視総監を務めた。規制庁は原子力発電所事故が起きた場合、迅速な対応が求められるため、警察庁出身の池田氏の起用で危機管理対応を重視する狙いがあるとみられる。

 規制庁長官は、原子力規制委の委員長に内定した田中俊一氏が任命する形を取る。次長には、森本英香・内閣官房原子力安全規制組織等改革準備室長を起用する方向だ。

 これに関連し、細野原発相は11日、規制委の発足準備の関係で田中氏と会談した際、「原子力の安全規制は(原子力事業者に)十分厳しい姿勢で臨めなかった反省がある。原子力に厳しい意見を持つ人々から声を聞いてほしい」と要請した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金子勝 ‏@masaru_kaneko
田中俊一氏らが内閣府参与に任命。原子力事業者の原子力研究開発機構の元・現幹部を委員とし、しかも国会同意人事なしに本気で任命する。暴挙です。福島原発事故後の新しい原子力規制委員会を原子力ムラで固めた細野環境相は歴史に汚名を残すだろう。


批判聞く場を設置へ 原子力規制委員長候補の田中氏
内閣官房参与に任命され、細野原発相(右)から
辞令を受ける田中俊一氏
=11日午後、東京・霞が関



http://sankei.jp.msn.com/science/news/120911/scn12091122340001-n1.htm

原子力の安全規制を一元化する「原子力規制委員会」委員長候補の田中俊一・前原子力委員会委員長代理は11日、報道各社の取材に応じ、規制委として原発に批判的な立場の意見を聞く場を設ける意向を表明した。田中氏は「今後、他の委員とも相談しながら、何らかの対応をしていきたい」と述べ、前向きな姿勢を示した。

 また田中氏は「安全規制行政の信頼を確保するには、説明をどういう形でするかだ」と述べ、情報発信の在り方の重要性を強調した。

 現在の規制機関である経済産業省原子力安全・保安院との違いには「今度は政治や(原子力関連の)事業者から独立した組織になり、事業者の意向をくむ必要はない。国民の生命と財産、環境を守るという視点で必要なことはきちんと(事業者に)求めていく。全く質が変わる」と述べた。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本は二流国に転落してもいいのか!?
 ~第3次「アーミテージ報告」にみる日米関係の重要論点


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33403

米国のアーミテージ元国務副長官とナイ元国防次官補ら超党派グループが最近、日米同盟に関する報告書「The U.S.-Japan Alliance」をまとめた。2000年と07年に続いて第3次の「アーミテージ報告」と呼ばれるリポートは、今後の日米関係を占ううえで基礎となる文献として各方面から注目されている。

 論点はエネルギー安全保障から経済・貿易、近隣諸国との関係、新たな安全保障戦略など多岐にわたる。ここですべては網羅できないが、私の独断と偏見で興味深いと思われる論点をいくつか紹介する。

「指導者を選ぶことで一流国のステータスを維持できる」


 まず日本の位置づけだ。報告は冒頭で「一流国」の条件として大きな経済力と軍事力、グローバルなビジョン、国際問題に関する指導力の4点を挙げている。そのうえで高齢化や出生率の低下、巨額の公的債務、日本の若者の間に広がる悲観論と内向き志向などを背景に、冒頭で「日本は一流国でありたいのか、それとも二流国に転落してもいいのか」と問いを投げかけた。

 しかも「二流国で満足するなら、この報告は興味を引かないだろう」と挑発している。この種のペーパーの書き出しとしては、しかも同盟国である日本に対する問いかけとしては、かなり挑発的だ。それくらい危機感を抱いていることの表れである。

 しかも結論部分では「日本は決定的な岐路に立っている」として「アジア・太平洋地域でダイナミックな変化が起きているとき、日本は二度と同じ機会を手にすることはできない」と通告する。

 続けて「指導者を選ぶことで、日本は一流国のステータスを維持できる」とさりげなく指摘したあたりは、いずれ近い将来にある衆院解散・総選挙を意識したかのようだ。このあたりはさすがと思う。報告の価値を高めるタイミングを計算しているのだ。

 原発については、野田佳彦首相が下した関西電力・大飯原発の再稼働決定を「正しい」と高く評価している。環境省のデータに言及して「もしも再稼働がなければ、日本の二酸化炭素排出量は2020年までにせいぜい11%削減できるにすぎないが、再稼働で20%に近づく」と指摘した。はたして環境省の推計が妥当かどうか、私は留保する。

 それより、報告が注目しているのは中国ファクターである。日本が原発を停止、凍結してしまうと、中国が「原発の売り手」として世界で存在感を増すのを懸念している。日本が原発輸出国でなくなると、米国としてもまずいと考えている思惑がみてとれる。


 福島の教訓に学ぶのは当然として、多くの日本人は政府を信頼していないから再稼働には反対論が多いが、直接の被害を被ったわけでもない米国は、日本の規制当局の仕事ぶりに日本人ほど心配していないような感じである。

 石油に代わるエネルギー源として注目されているシェールガスについても言及している。米国ではシェールガス革命が進行しており、日本も液化天然ガス(LNG)に加工して輸入したい。ところが、米国は基本的に自由貿易協定(FTA)を結んでいない国に対しては、エネルギー省が輸出に同意しない限り、LNGを輸出できない。そこで報告は「米国はナショナリズムに訴えるべきではない。日本にLNG供給を妨げない保証を与えるべきだ」と提言している。ここは、もちろん賛成である。

日韓対立の緩和に米国が仲介する意図

 それから環太平洋連携協定(TPP)問題だ。報告は「我々は日本にTPP交渉に入るよう強く勧める。一方、米国としても交渉経過と合意草案の内容について透明性を高めよ」という。日本にとって経済安全保障の利益になるし「日本がもっとも重要な同盟国とFTA(TPPはその一種)を結んでいないのは、ちぐはぐだ」と書いた。これはLNG輸入問題に直結する。

 話はTPPにとどまらない。さらに一歩進めて「包括的経済・エネルギー安全保障協定」(CEESA)の締結を提言している。これは日本がメキシコとの現行FTAに加えて米国、カナダともFTAを結ぶ、米国は日本へのLNG供給を保証する、日本は北米にエネルギー開発で1,000億~2,000億ドル(約8兆~16兆円)の投資を約束する、という内容の協定だ。もちろん内容次第だが、エネルギー開発という点は資源小国の日本に魅力的にも響く。

 いま焦点になっている日韓関係と中国への対応については、どうか。

 北朝鮮の核開発を阻止し、中国の興隆に対応した地域環境を整えるために「東京とソウルは共通の外交資源を生かすべきだ」というのが基本線だ。やっかいなのは韓国との歴史問題である。米国は日韓の歴史問題について判断すべき立場にはないが、両国の安保上の核心的利害に目を向けるために「最大の外交努力を払うべきだ」という。

 具体的には、日米韓の3国で歴史問題を検討する非公式有識者会合の活用を提案した。日韓の対立は台頭する中国を牽制するうえでも、米国にとってプラスにならないとみているのだ。日韓対立の緩和に米国が仲介する意図がある。

中国の台頭については「中国が新たに身につけたパワーをどう使うつもりなのか、意図が不透明であいまいなことが地域の懸念材料になっている」と指摘した。

 とりわけ尖閣諸島については、中国が台湾、チベット、新疆ウィグルという公式表明済みの「核心的利益」に加えて「新興の利益(の地域)」とたびたび言及し、人民解放軍が南・東シナ海でプレゼンスを高めている事実を指摘して「(非公式とか未宣言の利益)ではない(事実上の核心的利益)と推測させる」(leads us deduce otherwise)と注意深く書いている。このあたりは中国を刺激するのを避けて、きわめて微妙な認識表明である。

「不必要な政治的声明は避けるべきだ」

 論議を呼びそうなのは、日本の自衛隊の位置づけだ。日本の利害関係地域はいまや東アジアからずっと南西に広がり「中東地域にまで及ぶ」と指摘した。

 日本にとって重要なのは、中国が「接近阻止・領域拒否(anti-access/area denial,A2AD)」の方針を貫いている第1列島線(日本・台湾・フィリピンを結ぶ線)の内側でどう日米が協力するかという問題である。報告は米国の「エアシーバトル」という概念と日本の「機動的防衛」概念をより合流させていくよう求めている。

 かつて言われた「日本が盾、米国が矛を担う」という比喩は現在の安保環境を説明するには単純すぎて、日本が防衛のために攻撃的な責任を求めているという事実をあいまいにしている(glosses over)と書いた。

 普天間問題は意外なほど、あっさりした言及だ。米海兵隊の移転問題など「第三順位の問題(a third-order issue)」にすぎないとして「将来に目を向ければ、我々はもっと簡単な解決法を見つけられるだろう」というのだ。本当にそうなのだろうか。

 日本の集団的自衛権についても述べている。東日本大震災で「米国の艦船が北海道の自衛隊を東北地方に運んだ」トモダチ作戦が成功した例を挙げて、集団的自衛権行使を禁止する政府解釈の変更を求めた。ただし、それは米軍との指揮命令系統の統合、より攻撃的な日本、まして改憲を求めるわけではないと釘を刺した。

 中国や韓国、ロシアとの領海、領域問題に関する先の野田佳彦首相会見を先取りしたような部分もある。それは微妙な歴史問題を抱えている韓国について「不必要な政治的声明は避けるべきだ」という提言である。

 野田は会見で「竹島は不法占拠されている」と語った。それは日本の立場表明であっても、新たな政策提言でもなんでもない。そう言ったからといって、問題が良い方向に向かうわけでもない。野田の無策を読み切ったような一文である。


--------------------------------------------------------

ACTA(Anti-Counterfeiting Trade
Agreement)は各国が締結に向けて動いている国際条約。日本では「偽造品の取引の防止に関する協定」と仮称されている。

http://dic.nicovideo.jp/a/acta

概要
知的財産権の執行を強化するための新しい国際的な法的枠組、らしい。

参加国はオーストラリア、カナダ、EU、日本、メキシコ、韓国、モロッコ、ニュージーランド、シンガポール、スイス、アメリカ合衆国。(中国、ロシア、インド、ブラジルは不参加)

2005年のグレンイーグルズ・サミットで小泉首相が提唱。2008年6月から条文案に関する交渉を開始。

策定の過程は全く公開されず、内容が全く出てこなかったが、2008年5月にWikileaksにディスカッションペーパーが流出、2010年3月には当時の条約案が流出した。(逆にWikileaks以外では情報流出がほぼ無かったようだ。)
これにより(日本を除いて)世界的にACTAへの反対運動が起こり、ニュージーランドでウェリントン宣言が出された。

2010年9月23日~10月2日の第11回関係国会合で大筋合意に至ったとされる。(http://www.meti.go.jp/press/20101002001/20101002001.html)

条文案の翻訳版は公開されず、MIAUで有志による翻訳を公開していたが(http://miau.jp/acta/index.html)、その後外務省の仮訳が公開された。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/ipr/pdfs/acta1105_jp.pdf

条約は成立(発効)するか?
日本においては、2012年9月6日の衆議院本会議においてACTAの締結を承認、批准することが決定した。条約の第40条により6ヶ国が批准すれば発効する為、あと5ヶ国が批准すれば発効する。ただし日本以外に批准しそうな国は出てきていない。(欧州議会は2012年7月に否決、メキシコも否決している)


/////////////////////////////////////////////////


ACTA(アクタ) インターネット上の表現の自由を阻害するACTA法案を廃案にしよう!

http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/133.html

投稿者 DreamStarAngels 日時 2012 年 8 月 07 日 01:27:56: BooC1rlxA3BKw

【ACTA(アクタ)】インターネット上の表現の自由を阻害するACTA法案を廃案にしよう!
The Anti-Counterfeiting Trade Agreement (ACTA)
ACTA(アクタ)は、基本的に反民主的であり、その条項は抑圧的なものであり、
インターネット上の表現の自由を阻害します。

ACTA 偽造品の取引の防止協定でネット検閲が強化される!Say NO to ACTA【YouTube】




http://youtu.be/EiMkamiAPHA
http://ameblo.jp/dream-star-angels/entry-11322110708.html
http://dreamstar-angels.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=8411542

※表現が不自然な部分は一部編集しました。
▼YouTubeから引用開始
あなたのインターネットプロバイダーがあなたの
すべてのオンライン行動を監視するとしたら?

命を救うジェネリック医薬品が禁止されるとしたら?
数千の食料になる種が、特許のもとに
支配され、制限されてしまったら?

これが、ACTA模倣品海賊版拡散防止条約によって
現実になるのです。

ACTAとは、反、模造品、貿易、協定のことのはずですが、
貿易協定と偽って、もっともっと
これ以上のことをしようとしています。

過去3年間、ACTAは秘密裏に39カ国で交渉されてきました。
しかし、交渉者は民主的に選ばれた代表ではないのです。
彼等は私達の代表ではありません。
しかし、彼等は私たちの法律を裏から決定しようとしています。
民主的な手続きを飛ばして、
オンラインのファイル共有を阻止するために新しい犯罪制裁を作ろうとしています。

ACTA法案はインターネット&アクセスプロバイダーが
彼等の顧客がオンラインでしていることに法的に責任を課すものです。
プロバイダーが私設の著作権警察官と裁判官になり、
ネットワークを検問するのです。

言論の自由についての、このおぞましい試みは、悲惨な将来を招くでしょう。
著作権という名において、ACTAは後発医薬品を必要としている貧しい人々に届くのを阻止し
特定の作物の種子の使用を禁止させる権利を一企業に与えるかもしれません。

ヨーロッパ議会ではACTA法案について採決がされます。
すべての人に対してこの危険な条約にNOときっぱり言うべきです。
市民として、私たちは我々の代表者じゃない人が決めようとしている条約に、
我々の代表者がACTAを拒否するように強く主張しなくてはなりません。

日本が主張した法案に世界の著作権ロビイストがのって、
とんでもないお化け法案になってしまいました。
いかなる理由があろうとも検閲を認めてはいけません。

ヨーロッパの人たちは嫌悪し怒っています。
インターネットが日本のせいで歪められたと
後世の外国の人たちが思うかもしれません。

日本の市民も目覚めて、率先して、
市民の代表でない人たちが決めたこの法案(ACTA)に反対して行きましょう。

過度な著作権保護が、市場の発展の停滞、
技術革新の停滞を招くという議論も否定できません。

この条約(ACTA)ではクラウド技術なども停滞してしまうでしょう。
▼YouTubeから引用終了

※変更前→ACTAは後発医薬品が貧しい必要としている人々に届くのを阻止し

YouTube以外の海外の記事の一部を参照すると、
ACTAに関連する記事の一部(自動翻訳の一部変更)
正しい記事は原文を参照し、判断してください。

模造品対策貿易協定(ACTA)が加盟国に代わって委員会が交渉し、
オーストラリア、カナダ、日本、韓国、メキシコ、モロッコ、ニュージーランド、シンガポール、スイス、との契約だった。
アメリカが作成した詳細がリークし、国際的な抗議に発展!契約が秘密裏に交渉されていた。
ACTAは、基本的に反民主的である。
その条項は抑圧的なものであり、インターネット上の表現の自由を阻害します。
市民社会グループと途上国は、立法の準備につながる交渉から除外された人道支援や福祉団体、
グループは、ACTAは、基本的な自由と表現の自由に対する重大な脅威であると主張している。
救命発展途上国の医薬品や市民的自由の供給に関する協定の影響の深刻な懸念を表明している。
ACTAに反対するキャンペーンでは、請願書に含まれている250万人と欧州議会議員が署名し対応が殺到

BEWARE OF COUNTERFEIT DEMOCRACY
http://www.ukip.org/content/latest-news/2730-beware-of-counterfeit-democracy
EU accused of trying to introduce Acta 'through the back door

http://t.co/2KdD6d3c
http://www.theparliament.com/latest-news/article/newsarticle/eu-accused-of-trying-to-introduce-acta-through-the-back-door/#.UB-DpvaTtZ8

______________________________









<世界 クローズアップ現代:海外の話題>
3 911中東テロ 金融マフィアが起こす第3次世界大戦の火種


2012/9/14 911中東テロ 金融マフィアが起こす第3次世界大戦の火種
クローズアップ現代 世界 クロ現 海外問題 911 中東テロ 金融マフィア 起こす 第3次世界大戦 火種




9.11にユダヤ系アメリカ人が製作の映画を
YouTubeにアップ「預言者」



http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120914/k10015013021000.html

9月14日 5時56分


アメリカで制作された映像がイスラム教の預言者を侮辱したとして、イスラム教徒が反発を強めている問題で、アメリカに対する抗議デモは、中東やアジアなどのイスラム諸国に広がり、治安当局との間で衝突が起きるなど、各国で緊張が高まっています。

この問題では、アメリカで制作された映像がイスラム教の預言者を侮辱しているとして世界のイスラム教徒が反発を強め、アメリカに対する抗議のデモが、中東やアジアなどのイスラム諸国に拡大し、リビアではアメリカの領事館への襲撃で大使を含む4人が死亡しました。
中東で人口が最も多いエジプトでは、13日、首都カイロのアメリカ大使館に数千人のデモ隊が近づこうとして治安部隊と衝突し、一部が石を投げたり警察の車に火をつけたりして暴徒化しました。
これに対し、治安部隊は催涙ガスなどを使ってデモ隊を大使館から遠ざけようとしていますが、デモ隊の数は増える一方で、抗議デモはいっこうに収まる気配がありません。
デモ隊の1人は「預言者の侮辱は絶対に許さない。アメリカとの関係を切るべきだ」と怒りをあらわにしていました。
同じような抗議デモは、イエメンやバングラデシュなど各国に広がっていて、イエメンでは、治安部隊による発砲で死者が出るなど衝突による犠牲者も増えています。
14日は、イスラム教の金曜礼拝の日で、エジプトなどでは、大規模な抗議デモが呼びかけられていて、治安当局は暴動に発展するおそれがあるとして警戒を強めています。

イランでも抗議デモ
イランの首都テヘランでも13日、若者たちが、「アメリカを倒せ」などと叫んで抗議デモを行いました。
テヘランでは13日、国交のないアメリカの利益代表を務めるスイス大使館の近くにおよそ500人の若者が集まりました。
若者たちは「アメリカを倒せ」、「映像の制作者に死を」などと叫び、アメリカの国旗を燃やしました。
治安当局が大使館周辺の道路を封鎖するなど警備を強化していたため、若者たちは大使館のすぐそばまで近づくことができず、衝突などは起きませんでした。
イスラム教徒の金曜礼拝が行われる14日にはイラン各地でアメリカに対する抗議デモが呼びかけられていて、今後、緊張が高まる可能性も出ています。
イランでは、1979年に若者たちがアメリカ大使館を襲撃し、400日間以上にわたって占拠した事件をきっかけにアメリカと国交を断絶し、敵対関係が続いており、以前から国民の間に根強い反米感情が浸透しています。

バングラデシュでも
南アジアのバングラデシュでも13日、イスラム教徒がアメリカへの抗議デモを行いました。
バングラデシュの首都ダッカでは中心部にあるモスクに数百人のイスラム教徒の住民が集まり、アメリカの国旗に見立てた旗に火をつけたり、映像の制作者を処罰すべきだと訴えたりして抗議しました。
その後、参加者らは大勢の警官隊が警戒に当たる中大通りをデモ行進しましたが、警官隊と衝突するなどの混乱はなく、けがをした人はいませんでした。
一方、リビアで、11日に、アメリカの領事館が襲撃された事件を受けて、ダッカの警察はアメリカ大使館の周辺に多くの警察官を配置して警戒を強めています。


////////////////////////////////////////////////////////////

(CNN)
http://www.cnn.co.jp/world/35021753-2.html

イスラム教を冒とくしたとされる映画をきっかけにエジプトとリビアで始まった反米デモは、13日までに北アフリカと中東の各国・地域に広がり、イエメンでは死者も出ている。リビアの米領事館が襲撃され、駐リビア米大使ら4人が殺害された事件では、リビア首相が同日、容疑者1人を逮捕し、数人の行方を追っていることを明らかにした。
リビアのアブシャグル首相は東部ベンガジで11日に起きた米領事館襲撃について、「リビア国民にとって容認できない事態」との認識を示し、事件に関与した疑いで1人を逮捕、3~4人の行方を追っていることを明らかにした。いずれもリビア人で、「過激派組織に所属している疑いがある」としている。
一方、各国の反米デモは、イスラエル、パレスチナ自治区ガザ、イエメン、スーダン、チュニジア、モロッコ、イラク、イランおよびインドのカシミール地方に飛び火した。米国は各国の外交施設で警備態勢を強化している。
エジプトの首都カイロの米大使館前では13日も衝突が続き、催涙弾を発射して解散させようとする警察に対し、デモ隊が石や火炎瓶で応酬。同国政府によると、デモ隊の少なくとも13人と、警察官6人が負傷した。
オバマ大統領は米テレビ局テレムンドのインタビューで、エジプトの指導部が同国における米国の利益を守れないとすれば、「重大な問題」になると警告した。

イエメンの首都サヌアでは同日、米大使館前に数千人が集まり、デモ隊の一部が塀を越えるなどして敷地内に入った。当局によると、治安部隊との衝突でデモ隊の4人が死亡。治安部隊の24人とデモ隊の11人が負傷した。
チュニジアとモロッコ、イスラエルのテルアビブでも米大使館前で反米デモが行われ、ガザでは200人が集まって星条旗を燃やすなどした。
スーダンの首都ハルツームでも大使館前でデモが続き、米政府は米国民に対し、大使館に近寄らないよう呼びかけている。
イランの首都テヘランでは、米国の利益を代表するスイスの大使館前に500人が集まった。この日のデモは約2時間で終了したが、同国のイスラム組織は14日にイラン全土でデモを呼びかける声明を出している。
デモの発端となった映画は7月に動画投稿サイトのユーチューブに掲載され、エジプトのテレビが取り上げたことなどをきっかけとしてイスラム圏で反発が強まった。
米当局者はこの映画に対する批判を強めており、クリントン米国務長官は同日、「偉大な宗教を中傷し、挑発する意図があるように思える」と批判。米連邦捜査局(FBI)はこの映画を制作したとみられる人物に接触したという。








______________________________





<追跡!真相0toZ>
~0の意味する原点の意味の原因を探り
 定量的、科学的にZの行き着く先の真相に迫る~

4 民主党はエタ非人の政党?天皇の藤原に対抗する反体制派

2012/9/14 民主党はエタ非人の政党?天皇の藤原に対抗する反体制派
追跡 真相 0toZ 民主党 エタ非人 政党 天皇 藤原 対抗 反体制派




史疑 徳川家康
http://www2.odn.ne.jp/~caj52560/ieyasu.htm

【紹介者・注】

この一連の徳川物は、以前歴史会議室で議論されたものを、加筆訂正してここに改めてUPするものである。重複する箇所も多いが何卒御容赦願いたい。

現代、家康を尊敬している人間は非常に多く、彼の生き方を経営戦略の手引きとしている本もある。しかし、ここに敢えて水を差すような一文を書いたのは、事、日本史に関しては相当の碩学といえども、既成概念が強く、なかなか文部省歴史から脱却できないという現実が在るからである。以下に書かれている内容に驚かれ、反発されるも御自由です。しかし、人類の生活が大きく変わろうとしている今、この国の現状はどうでしょう。

今こそ新しい、高い目線で”新史観”が必要ではないでしょうか。それには勿論隣国の韓国や、中国との歴史の「スリアワセ」は不可欠す。さすれば日本は何時までも過去の呪縛から脱却出来ないでいる、「自己悪逆史観」や「お詫び史観」から脱却できると想うからです。さて、家康は天下を平定するまで随分と邪魔者を殺しております。

しかし時は、人肉を食べるまでに追い詰められた悲惨な時代でした。古今の英雄で「殺し」という行為を成さなかった人物は少ないでしょう。弱肉強食の中世にあっては、致し方もなかった事でしょう。父親に去られ、母親に売られた幼い家康は辛酸をなめました。戦乱で百姓も疲弊し、庶民も貧困のどん底の状況を見て育った家康は、徒手空拳の一介の土民の身から革命を志し、「おりゃあ、偉くなったる。世直しせなあかんぎゃあ」と、同じ虐げられた仲間を糾合して、ついには徳川政権を作りました。

そして家康は同族を解放し差別の撤廃を断行しました。これは立派な事です。これは秀忠の時代まで続きます。(現代で言えば、お上から搾取され続け、ただ黙々と体毛を剃られるため、働き続ける羊のような従順なサラリーマンを団結させ、政権を奪還するようなものでしょう)しかし、三代将軍家光の時から家康の意志は踏みにじられ、これが幕末まで続く事になる訳です。即ち、現代にま尾を引く差別問題です。
(以下から、どうぞこのイントロ部分を頭の片隅に置いて読んで下さい)

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・

八切史観にも反論出来ず無視を決め込んでいます。酷い人間は「とんでも本」と侮辱しています。日本はまさに巨大な”偽史シンジケート”が牛耳っているのです。以前、和歌森太郎、梅原猛、八切止夫の三氏の週間読売で座談会がありました。その時和歌森氏が梅原氏をつかまえて「俺はリースの直系の孫弟子にあたるぞ」と言ったら、梅原氏が畳に手を突いて最敬礼したといいます。ルドウイッヒ・リースは日本の学校歴史を作った最高権威者で、その直系門下は虎の威をかる狐なのです。八切氏は面前なので冗談かおふざけかと思ったら、「いや、愕くなかれ二人とも真面目で本気なんです。故和歌森太郎が言いたかったのはリースの直系だと毛並みと言うか、その誇りなんですね。

リースの直系の弟子というのが小川銀次郎、それから三上参次、その教え子が直系の弟子なんです。そして又その教え子の和歌森太郎はその孫弟子になる。サラブレットの血統書なみ・・・」と言っています。医学界も白い巨塔ですが、こんな徒弟制度では、師と全く違う新説など出しようがないでしょう。 だから私学や民間の研究者の方が大胆な仮説をどんどん出していますが、反論もせずこれらは無視です。そして重箱の隅を突っつくようなことばかりやっています。何しろ師は就職や昇進、儲けの大きい教科書編修員の斡旋など、強大な権力を握っているので、たいがいの人間はナエてしまいます。何と言っても”生きる”ということは大変ですから。大学全般に言われていることですが、制度改革が急務です。余談ですが以前、官学理系の助教授と話していたら「○○さん、大学は解体ししなければダメです」と過激な発言です。

「君たちが内部改革できないのか」と聞けば「やりたいが、やればクビが飛んで食えなくなる、それに危機意識なんか無い奴が多い」と言います。現在、日本的システムの世界化が急務ですが、21世紀を見据えた、大学改革も含めたゼロベースでの大改革が必要です。中でも教育、特に世界史に合わせた日本史の見直しが大切です。

前半が神話で後半が歴史だという記紀が根本史料では日本史は霧の彼方です。さて、あらゆる史書は政治的です。が、その内容は同質ではありません。何を以って史書となすべきかと言えば、日本側はさんざん改竄、偽造したけれど巧く偽造しきれなかった文書ー国家的な偽造でない<上記><宮下文書><秀真伝>等に史料価値があります。拙劣な偽造と言う意味では<旧事紀大成経>や<東日流三郡誌>もあります。朝鮮側では形式化しすぎた嫌いはあるけれど<桓壇古記>系の一連の史書が在ります。その他<契丹文書>も在ります。これらを総合すれば日本史の復元は可能です。しかしこれをやっても儲からないから誰もやりません。民間の鹿島昇氏、佐治芳彦氏、八切止夫氏ら極少数です


・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

水平社運動

中国の唐の藤原家が支配していた天皇システム

それに対抗してそれまで虐待され続けた
ペルシャ(イラン)から渡来していたユダヤの平 赤の一族(いわゆる平民)
中国 元から渡来していた源 白の一族が反乱を起こした。

ただ藤原の公家らの「夷をもって夷を制する」政治手法には翻弄され続けていた。

ただし徳川時代には自分自身もエタ非人だったこともあり
4つと8つをうまくコントロールし、

明治時代には大隈重信の提案でサンカ(エの者、エケセテ姓)も開放し
社会に組み込んでいった。
-----------------------------



大正十二年の関東大震災前後から、日本全国の特殊部落の人々が、ただ恰好だけに過ぎない、明治四年に発令された「エタ非人称号廃止令」は返上し、昔のように自分たちの限定職業を戻して欲しいと各地で集まったのが、この運動である。明治維新後、近代国家建設を目指した薩長政府は、国民に税金を課すことになり、新しく戸籍を作ることになった。これを明治壬申戸籍という。

江戸時代までは百姓は寺人別帳、町人は町人別帳として、それぞれの人口把握はなされていた。しかし、これらの何れにも属さない限定地に住む日本原住民の数は把握されておらず、この当時、お上は数十万人と軽視していた。所がそれは家長のみの数で、大正時代にはいると自らエタと誇らしげに叫ぶ原住民でさえ三百万。

まだ身元を隠して都会などに流入している潜在人口を推定すると二千万に近いことが判明した。そこで叛乱を恐れた政府は慌てて「大和同志会」なるものを官費で各地に作って懐柔策に出た。この時出獄してきた松本治一郎が水平社を作り、小学校での差別や各企業での故なき解雇に対して、むしろ旗をたてて、人間は平等なり、の戦いを開始した。

これが日本労働運動の嚆矢である。
こうなると政府としては「大和民族は単一民族なり」とする看板に傷が付くのを怖れ、時の山本権兵衛内閣は己も同系の出身なのにも係わらず、国家機密費をもって、金で動く右翼を作り、それによって水平社退治を全国的に官憲の応援のもとでやらせた。

「水平社運動史」の血生臭い各頁を見れば出ているが、縄文時代さながらに、竹槍で対抗する水平社の闘志に対し、日本刀や散弾銃、時には軍隊払下げ銃の右翼各団体が、一部落つぶせば何百万円の懸賞で襲撃した。当時奈良から岡山にかけては、殺されるのを恐れて部落民が各地区から次々と逃亡が続出した。妙な話だが、博徒系の右翼団体は歴っきとした日本原住民なのである。それか゛大正時代になってもまだ「夷をもって夷を制する」と藤原時代そのままで、金でつって戦わせたものらしいが、全く金が義理のこらえ性のない奴隷根性の民族性である。

勿論協力しなければ弾圧されるので泣く泣く右翼の連中は命令に従ったのだと「酒井栄蔵回顧録」には出ていて仕方がなかったらしい。昭和56年3月。NHKで当時の生き残りの水平社の人々の回顧放送があったが、苗字にみんな石とか伊の字が付いていて、当人は知らずだろうが、壬申戸籍で新しく部落の者にも苗字を付ける際、多くはその出身地名をつけたがその他は「夷」の当て字変えをしたからである。




夷とは異民族の意味で
えびすも同じ意味

えびすら七福神も結局、
海外から船に乗ってお金や農耕などあらゆる技術を持って日本に渡来した異民族だった



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

史疑 徳川家康
http://www2.odn.ne.jp/~caj52560/ieyasu.htm



●徳川家康について、明治三十五年四月十八日、村岡素一郎が『史疑徳川家康』を東京の民友社から出しました。八切説でも「家康二人説」ですが、明治史学界は『松平記』を出してこの説を封じ込んだ。しかし、明治の学会でも村岡説に同調というか、理解を示したような学者は皆無だった訳ではない。時の内閣修史局編修官東京帝国大学教授、重野安繹博士がそれである。博士は『史疑徳川家康事蹟』の刊行に際して序文を書き、

「東照公は幕府の烈祖三百年の基業を開く。世にその事蹟を云うる者粉飾避諱なき能はず。仮に豊臣氏の子孫歴世絶たざりしならば、則ちその太閤微賤の時を伝ふる、未だ必ずしも今日の史上の如くならざりしならん。流離関関、変故百出、而も功業を意料の外に成す。古今の大豪傑皆かくの如し。何ぞ独り東照公を怪しまんや」といっています。さらに「もし豊臣秀吉の子孫が現存し公爵にでもなっていたならば、やはり秀吉の卑賤な素性を糊塗し、先祖を藤原氏か源氏に持っていったであろう。だから家康もそのような工作を試みなかったとは言い切れぬ」と述べています。

また南条範夫著「三百年のベール」によれば、重野博士は村岡説に対して、「自分も徳川氏の出自が新田源氏だなどということは全く出たらめだと思っていた。しかし家康自身がささら者の倅だとは夢にも考えていなかった。全く驚くべき新説である」と批評し、村岡が「史実として成立し得るとお考えですか」という質問に対しては、「いやそこまでは断定できない。今君の挙げた全資料を自分は同じくらいの反対資料で片端から反駁できる」と答えた。

しかし、「自分の出来る限りの反論の方が正しいか、君の立場の方が正しいか、それは今のところ何ともいえない。徳川幕府は二百七十年続いたのだ。開祖家康についての不利な資料は悉くこれを破却し湮滅させた。公的、半公的な徳川氏の歴史は粉飾の極を尽くしたに相違ないし、又民間の史的述作も徳川氏に極力おもねってきたであろうことは疑いない。してみれば、君の立場もその粉飾され阿諛されつくした歴史に対する爆弾的宣言として大いに意義がある」ともいったという。ここまで理解していて尚かつ「松平記」を正史としているのですから、一体明治の歴史家と称する人達はどうなっているのでしょう。

(この辺は鹿島史観の「国史大儀」では「明治のボンクラ学者」と痛烈に批判してます)何といっても、明治史学会は華族会がスポンサーでしたから、致し方も無かったのでしょう。「学者の良心という概念」もこの頃には未だ無かったのでしょう。と、同情します。まあ考えて見れば、彼らは明治政府の親衛隊的存在の側面がありますから、重野博士の言っていることを良く解釈すれば、天皇家周辺の権力者に極力おもねった歴史を作った事実を、自嘲しているようにも思えます。
【家康二人説】(1)
さて、この資料は公開されたのだろうか?また、いわゆる歴史家との討論はなぜなされていないのだろうか?不思議なところである。八切先生は亡くなる二年ほど前、ご自分の史資料をフアンに限定販売や無料贈呈しました。明治三十七年、名古屋市役所編纂の「名古屋史要」は古書価格で百三十万。現在残存一部といわれる、小谷圭一郎の「ジンギスカン義経」の種本の明治刊の内田弥八著「義経再興記」や、本物の「松平記」「手書き兵法雄鑑」等の珍奇本、赤穂義人纂書、1、2、3、巻、幕末確定史資料大成、徳川合戦史資料集大成、日本歴史史料集大成明治史学会雑誌などなど。これらは古書相場十万から八十万です。先生は三十年間に約二億円位かけて、二万点余の史資料を集めています。

嫌みったらしく値段を書いたのには訳が在ります。史資料は、真実探求の飽くなき情熱があり、足を使い、金を惜しまなければある、と言うことを、いいたかったのです。勿論、活字本になっているものも沢山在ります。

現物でなくとも写本だってまだまだ在ります。東大歴史編纂所には、豊富な史資料が在るので、研究する気が在れば出来るのです。しかし現在のような、記紀金科玉条主義、足利史観、徳川史観、皇国史観その儘の学会からでは無理でしょう。むしろ、唯物史観の連中の方がよく勉強しています。

だから八切史観にも反論出来ず無視を決め込んでいます。酷い人間は「とんでも本」と侮辱しています。日本はまさに巨大な”偽史シンジケート”が牛耳っているのです。以前、和歌森太郎、梅原猛、八切止夫の三氏の週間読売で座談会がありました。その時和歌森氏が梅原氏をつかまえて「俺はリースの直系の孫弟子にあたるぞ」と言ったら、梅原氏が畳に手を突いて最敬礼したといいます。ルドウイッヒ・リースは日本の学校歴史を作った最高権威者で、その直系門下は虎の威をかる狐なのです。八切氏は面前なので冗談かおふざけかと思ったら、「いや、愕くなかれ二人とも真面目で本気なんです。故和歌森太郎が言いたかったのはリースの直系だと毛並みと言うか、その誇りなんですね。

リースの直系の弟子というのが小川銀次郎、それから三上参次、その教え子が直系の弟子なんです。そして又その教え子の和歌森太郎はその孫弟子になる。サラブレットの血統書なみ・・・」と言っています。医学界も白い巨塔ですが、こんな徒弟制度では、師と全く違う新説など出しようがないでしょう。 だから私学や民間の研究者の方が大胆な仮説をどんどん出していますが、反論もせずこれらは無視です。そして重箱の隅を突っつくようなことばかりやっています。何しろ師は就職や昇進、儲けの大きい教科書編修員の斡旋など、強大な権力を握っているので、たいがいの人間はナエてしまいます。何と言っても”生きる”ということは大変ですから。大学全般に言われていることですが、制度改革が急務です。余談ですが以前、官学理系の助教授と話していたら「○○さん、大学は解体ししなければダメです」と過激な発言です。

「君たちが内部改革できないのか」と聞けば「やりたいが、やればクビが飛んで食えなくなる、それに危機意識なんか無い奴が多い」と言います。現在、日本的システムの世界化が急務ですが、21世紀を見据えた、大学改革も含めたゼロベースでの大改革が必要です。中でも教育、特に世界史に合わせた日本史の見直しが大切です。

前半が神話で後半が歴史だという記紀が根本史料では日本史は霧の彼方です。さて、あらゆる史書は政治的です。が、その内容は同質ではありません。何を以って史書となすべきかと言えば、日本側はさんざん改竄、偽造したけれど巧く偽造しきれなかった文書ー国家的な偽造でない<上記><宮下文書><秀真伝>等に史料価値があります。拙劣な偽造と言う意味では<旧事紀大成経>や<東日流三郡誌>もあります。朝鮮側では形式化しすぎた嫌いはあるけれど<桓壇古記>系の一連の史書が在ります。その他<契丹文書>も在ります。これらを総合すれば日本史の復元は可能です。しかしこれをやっても儲からないから誰もやりません。民間の鹿島昇氏、佐治芳彦氏、八切止夫氏ら極少数です


○家康、元康入れ替わり説について、謎の徳川家康の続編として紹介します。

次郎三郎は今川義元が上洛するにあたって、三河の当主松平元康の子、竹千代を誘惑した。というのは、今川の先駆けとしての元康が討ち死にでもすれば、三河の当主の跡継ぎを次郎らが押さえておけば、三河一国は握れるだろう、という深謀からである。だから狐が崎の人質屋敷から、大久保、板倉、酒井らと共に竹千代をさらった。

さて、この時の事。次郎は大河内源三郎の妻である乳母の協力のもとに、竹千代を誘拐して、慈悲尾の増善寺へひとまず逃げ込んで、ここに暫く隠れていたいた後、その寺の等善坊の助けで小舟を借り、寺男の瀬平が葛籠に竹千代を匿し、共に石田湊に出て、鍛冶屋の娘おあい(後の西郷の局、秀忠の母)のいる、掛塚へ戻った。

次郎が家康となって天下平定後、等善坊はこの時の手柄で遠州可睡斎という拝み堂を新築して貰い、土地では「恩禄を得た有徳な修験者」として評判だった。寺男瀬平も、神君より召し出されて、「味知」という姓を道案内の故事からとって安倍川の西の持舟山一帯の朱印状を貰った。「神君御難の時背負いまいらせた名誉の者の家柄」ということで、この子孫は幕末まで連綿として続き、苗字帯刀だったと「駿府志」にある。

しかしこれは運の良い方の話しである。酷い目にあったのは、誰が松平の世継ぎを奪って逃げたか直ぐ判ったから、乳母の大河内源三郎の妻や、次郎の祖母源応尼がそれぞれ捕らえられ殺された。桶狭間合戦は永禄三年五月十九日だが、その当時のことゆえ狐が崎の刑場で殺された源応尼の屍は部落の者に分けられ、内蔵や脳味噌がそこの唐人薬屋へ渡されたのは、華陽院の墓碑名によれば「永禄三年五月六日」となっている。

つまり桶狭間合戦の十三日前に源応尼が処刑されたのだから、次郎が松平竹千代を奪取したのは四月ということになる。そして、「松平啓運録」に「狐が崎の知恩院に尼を葬り奉りのち、慶長十四年にこれを移す」とある静岡の玉桂山華陽院府中寺の寺宝になっている徳川家康自署という掛額がこの間の事情を裏書きしている。ここに原文のまま一部引用する。

-------------------------------------

______________________________





<追跡!真相0toZ>
~0の意味する原点の意味の原因を探り
 定量的、科学的にZの行き着く先の真相に迫る~

5 サウジアラビアを中心に中東で混乱を起こしドルを無価値に

2012/9/14 サウジアラビアを中心に中東で混乱を起こしドルを無価値に
追跡 真相 0toZ サウジアラビア 中心 中東 混乱 起こし ドル 無価値











リンゼー・ウィリアムスの最新情報

http://ytaka2011.blog105.fc2.com/

以下がリンゼー・ウィリアムスの最新情報である。ウィリアムスにインタビューは内容が多岐にわたる。また話題が急に逸れたりするので、分かりやすくするために、項目別にまとめて掲載することにした。

リバティー油田の採掘停止

・私は数日前に奇妙なメールを受信した。メールの差出人は私にグローバルエリートの機密情報をリークしてくれているARCO社(Atlantic Richfield社)の元重役であった。70代の人物である。

・そのメールによると、「アラスカ州、プルドー湾のガル島にあるリバティー油田からの原油の採掘を一時的に停止した」という。メールを読んだ後、私はこの人物に直接電話した。すると、「採掘の停止は一時的な処置」だという。原油価格が1バーレル、150ドルになった時点で産出を再開する計画のようだ。

・1976年、私がアラスカ州でARCO社の牧師として石油採掘労働者のカウンセリングをしていたころ、アラスカ州北部、プルドー湾のガル島で北米最大の埋蔵量の油田が発見された。

・このとき、重役のひとりであったケン・フロムという人物は、「この油田は原油価格が1バーレル、150ドルになるまでは採掘しない」と私に明言した。ケン・フロムは、その後私に情報をリークしてくれたグローバルエリートのひとりである。彼は最近亡くなったが、亡くなる前に名前を公表する許可をもらったので、こうして名前を言うことができる。



中東の計画

・グローバルエリートには原油価格を引き上げるための計画が存在する。それは、エジプトから順次中東の政権を倒す革命を開始し、中東を混乱させるという計画だ。エジプトを始め、中東の多くの国々はイスラム原理主義の「イスラム同胞団」の手にわたることになる。

・当初の計画は、エジプト革命が起こってから1年で中東の国々は次々とイスラム原理主義化し、混乱が拡大する。その結果、1バーレル、150ドルの原油価格を実現するはずだった。だが、その計画は8カ月ほど遅れている。

計画の遅れとロシア軍のシリア撤退、アサド政権の崩壊

・その原因のひとつはシリアだ。シリアのアサド政権は、グローバルエリートの予想に反してしぶとく生き延び、そのため計画が6カ月遅れたのだ。

・だが、いまシリアからシリアを援助していたロシア軍が一斉に撤退を開始した。最近ロシアは、大規模な海軍の演習を中止した。また、北海艦隊、バルチック艦隊、黒海艦隊は、シリアにおける一切の活動を停止した。

・さらにロシアは、アサド政権に対し、すべての援助を停止すると告げた。現在はロシア海軍の軍艦でシリアをに停泊しているのは一隻だけだが、それも近いうちに引き上げる予定である。

・グローバルエリートはすでにロシアと中国をコントロールしている。ただ、コントロールの方法がアメリカとは異なっているだけだ。どのような方法を使ったかは分からないが、グローバルエリートはプーチン大統領の説得に成功したようだ。

・アサド政権の崩壊はかなり近い。アサド政権が崩壊した後、シリアは「イスラム同胞団」が支配するイスラム原理主義の国になる。グローバルエリートは、アサド政権が倒れるのを待って、リバティー油田の採掘を再開する。



次のターゲットはサウジアラビア、
クラーク元将軍のインタビュー


・ユーチューブで退官したウェズリー・クラーク将軍のインタビューを見るべきだ。このインタビューでは、グローバルエリートが私に告げたと同じ情報が語られている。中東地域の政権を次々と打倒する計画だ。

・グローバルエリートの次のターゲットはサウジアラビアだ。サウジアラビアの現政権を打倒するのだ。



エクスプローラでユーチューブから動画を開き、右から6番目の「字幕」を選び日本語を選択すると、日本語字幕で見ることができます。

グローバルエリートの計画の全容

・これがグローバルエリートの計画の全容だ。

1)中東全域で革命を起こして政権を打倒した後、各国でイスラム原理主義の「イスラム同胞団」の政権を樹立する。

2)これで中東は混乱するので、原油価格は1バール、150ドル、金は1オンス、3000ドル、銀は1オンス、750ドルまで高騰し、ドルの価値は大幅に低下する。

3)これとともに、デリバティブの崩壊から、全面的な金融崩壊を引き起こし、金本位制に基づく新世界秩序を導入する。

・しかし、この当初の計画は大幅に遅れている。リビアのカダフィー政権の打倒に手間取り2カ月の遅れが生じた。さらに、シリアのアサド政権では6カ月の遅れが生じている。計画全体では、8カ月遅れている。このため、グローバルエリートは大変に焦っている。彼らは必死だ。


オバマに激怒したグローバルエリート

・オバマの支持率は上がっていない。その背景のひとつは、オバマに対しグローバルエリートが激怒しているからだ。

・ガル島のリバティー油田の原油を輸送するために、グローバルエリートはカナダとアメリカを通るパイプラインの建設を計画した。

・実はオバマはイスラム教徒である。「イスラム同胞団」からの莫大な献金と引き換えに、このパイプラインの建設を許可する約束だった。

・だがオバマは、実際に献金が行われると態度をひるがえし、パイプラインの建設を保留してしまった。



イラン攻撃とサウジアラビア

・イスラエルによるイラン攻撃はない。グローバルエリートは混乱を引き起こす地域を変更したからだ。すでにイランはターゲットではない。

・これからのターゲットはサウジアラビアだ。サウジアラビアは世界最大の原油産出国なので、サウジアラビアが混乱すると原油価格は高騰することは間違いないからだ。



リバティー油田採掘中断のもうひとつの理由

・プルドー湾、ガル島のリバティー油田の採掘の一時的な中断には、もうひとつ別な理由がある。それは、2010年にメキシコ湾で起こった原油流出事故と同様の事故が起きないように、油井を強化する工事を実施するからでもある。原油採掘中断の表向きの理由はこれである。



これから起こることとその準備

・グローバルエリートによると、自分と自分の家族を守るために、これから以下のことを念頭におくべきだという。

1)モンタナ州とノースダコタ州にまたがる地域には、バッケン油田という大規模な油田が存在する。これから本格的な採掘を開始する。これから始まる金融崩壊で職を失い路頭に迷うことになったら、この油田に行くようにするとよい。仕事はたくさんあり、かなり稼げるはずだ。私はここに実際に行ってきたばかりだが、原油ブームで沸いていた。

2)ウォールストリートで起こっていることは一切信用してはならない。ウォールストリートはグローバルエリートが完全にコントロールしている。これから市場は崩壊するが、崩壊してから準備しても間に合わない。

3)ユーロ圏で起こっていることは重要ではない。関心をそちらに奪われてはならない。たとえギリシャがデフォルトしてもユーロに影響はない。

4)また、スペインやイタリアの財政状況は悪化するだろうが、これはグローバルエリートの計画を読み取るための指標にはならない。新世界秩序が導入されたとき、借金の増大という、グローバルエリートがこれらの国々を支配しやすくするための条件を作っているにすぎない。


金融崩壊の引き金

・グローバルエリートの計画でもっとも重要なのはデリバティブの崩壊である。

・トム・ファラという人物がいる。彼は40年前、金融産業に深くかかわりグローバルエリートの計画を知ることになった人物だ。私はトム・ファラに実際に会った。彼はグローバルエリートに嫌気がさし、金融界を去った人物だ。彼は、「デリバティブの目的は、デリバティブ崩壊の引き金を引くことによって、グローバルエリートが希望する時期に金融崩壊を引き起こすために開発された特別な商品である」と言っている。

・連銀はQE1とQE2の量的緩和で大量の資金を銀行に流したが、銀行はすべての資金をデリバティブの購入にあてた。アメリカの主要銀行だけですでに250兆ドルのデリバティブを保有している。これが崩壊すると、アメリカの金融システムは崩壊する。

・私は金融崩壊がいつくるかは分からない。半年後かもしれないし、1年後かもしれない。だが、確実にやってくることは間違いない。




ドルは無価値化とグローバルエリートの目的

・グローバルエリートの目的は、世界やアメリカを破壊することではない。崩壊した世界をグローバルエリートの手で復興し、彼らが完全にコントロールできるような世界を構築するためである。特にアメリカはそうである。

・2012年末までのドルは無価値化する。ドルという通貨はなくならないだろうが、ドルの価値はほとんどなくなる。それまでに、ドルに基づく一切の投資や預金を引き上げ、金に変えておくべきだ。


デリバティブ崩壊の予兆

・デリバティブの崩壊が起こる前には、いくつかの予兆がある。ひとつは、通貨戦争の始まりである。2012年4月14日、中国は人民元を、これまでの0.5%から、1%の範囲でドルに対してフロートさせる決定した。このようなことが通貨戦争である。4月11日、ブラジルの大統領は絶対にQE3を絶対に実施しないように要請した。もしQE3を実施するなら、ブラジルは報復して通貨戦争を引き起こすと言った。

・通貨戦争の次に起こるのは貿易戦争だ。これがデリバティブ崩壊の第2の予兆だ。

・連銀が金利を1%引き上げることが、デリバティブと金融崩壊の最後の予兆となるはずだ。

以上である。

ある程度証明可能なウィリアムスの情報

これが9月5日にリークされた情報のすべてである。もちろん、こうした陰謀系の情報を頭から信じ込んでしまうことは危険である。あくまでも批判的な視点を失わずに、参考になる情報を取り入れるべきだろう。

一方、他の陰謀系の情報に比べて、ウィリアムスのリーク情報は証明できるものが非常に多い。その点ではウィリアムスの精度は群を抜いている。今回のリーク情報も実証できるものは多い。


アラスカ州、プルドー湾ガル島のリバティ油田

ウィリアムスが冒頭で述べているアラスカ州、プルドー湾ガル島のリバティ油田は、実際に存在する超深度掘削の海底油田である。以下の場所にある。





また、ニューヨークタイムスに掲載された公式の説明では、リバティー油田はBPが1997年に発見し、2008年に油井の建設が始まった。2010年4月に原油採掘の準備をしていたところ、メキシコ湾の原油流出事故があったため、採掘が遅れた。

しかし、2010年5月27日、オバマ政権は超深度掘削油田の掘削一時停止を宣言したが、停止される油田にはリバティー油田は含まれていなかったので、掘削が続けられた。2011年には毎日40000バーレルの採掘量になっている。

リバティー油田は、公式発表では1997年に発見されたことになっているが、ウィリアムスのリーク情報ではすでに1976年に発見され、原油の高騰を待ってから採掘が始まったということだろう。

油井の建設の動画を見ることができる。



バッケン油田

また、ウィリアムスの情報に出てくるバッケン油田も実際に存在する。以下はウィキペディアからの引用である。

1951年にノースダコタ州、タイオーガ近くで石油が発見され、1984年まで年間5,300万バーレル (8,430,000 キロリットル) の原油を産出した。可採埋蔵量も近年飛躍的に増加している。バッケン油田の埋蔵量は4,000億バーレル (640億 キロリットル) であり、北極野生生物国家保護区の埋蔵量の25倍に相当している。しかしアメリカ合衆国地質調査所が2008年4月に発行した報告書では、現在の技術で採掘できるバッケン油田の埋蔵量を、2桁少ない30なし40億バーレル (4.8 - 6.4億 キロリットル)、中央値を36.5億バーレル (5.8億 キロリットル) と推計している。 州西部は現在石油ブームにあり、ウィリストン、タイオーガ、スタンレー、マイノット、バーリントンの町が急成長している。2010年時点で州内石油産出量は1日355,000バーレル (56,000 キロリットル) と2007年水準の3倍以上となり、全米第4位になった。

保留になったアメリカーカナダパイプライン

また、グローバルエリートが激怒したとされるアメリカーカナダのパイプラインの建設が、オバマ政権によって許可されなかったとの情報だが、これも事実であった。2011年11月初旬にオバマはパイプライン建設を保留にしている。以下の記事で読むことができる。

「米大統領:給与税減税延長、パイプライン計画承認との抱き合わせ拒否

12月7日(ブルームバーグ):オバマ米大統領は7日、給与税減税措置の延長について、「キーストーンXL」パイプラン計画の政府承認迅速化と抱き合わせを狙う議会共和党の動きを拒否する考えを示した。

オバマ大統領はホワイトハウスでカナダのハーパー首相と会談した後、カナダから米国に原油を輸送するトランスカナダのパイプライン計画の承認など他の問題と絡めて、給与税減税を「人質に取るべきではない」と強調した。

大統領は、パイプライン計画に関する決定を大統領・議会選挙後の2013年初めまで延期したことについて、政治的な意図はないと言明。パイプライン建設をめぐっては「適切な環境影響評価」が必要だと述べた。

共和党指導部は、年末期限切れとなる給与税減税措置の延長法案にパイプライン計画の承認手続き迅速化を盛り込むことを検討している。オバマ政権と議会共和党の双方にとって減税措置の延長は最優先課題だが、税収の減少分を富裕層への増税で賄う民主党案に共和党は反対している。」

サウジアラビアの情勢

だが、我々にとってもっとも気になるのは、サウジアラビアでテロが起こるかどうかということだ。前回、第188回のメルマガで書いたように、これから起こる日本の地震に先行する出来事としてサウジアラビアの爆弾テロがあげられているからだ。興味のある読者は188回のメルマガを読むとよいだろう。本当にそのような出来事が起こるのだろうか?

サウジアラビアの東部地域

サウジアラビアは、スンニ派のなかでも厳格なワッハービ派が統治する国である。人口の12%のシーア派は、油田の90%が集中する東部地域に居住しており、さまざまな規制や差別を受けているとされている。世界最大のガワール油田もこの地域にある。

一方、これまでサウジ国内のシーア派は露骨な抗議運動を控えてきたが、2010年12月から始まった「アラブの春」が拡大するにしたがって、東部地域でも抗議運動が激しくなった。だがサウジ政府は、要求を受け入れるどころか、これを徹底的に弾圧した。

特に抗議運動は、今年の7月に著名な反体制派シーア派の聖職者ナムル師が、治安部隊の襲撃により逮捕されて以来、激化している。以下は東部の町、カティーフで8月に実施されたデモだ。

他の地域にも拡大

しかし、東部地域で始まった抗議運動は宗派の違いを越えて、サウジアラビアのスンニ派地域にまで拡大している。以下は、イランのプレステレビのニュースだ。

バーレーンとサウジで、反政府デモ拡大

サウジアラビアで、これまでは同国東部地域のみに限られていた反政府デモが、西部地域にまで拡大しています。

サウジアラビアではここ数日、首都のリヤドやメディナ、ターイフなどの都市で、激しい抗議行動が行われています。

サウジアラビア西部の町ターイフでは、地元住民がここ数日、街頭に繰り出してサウード政権の弾圧措置に反対する抗議行動を実施しました。

抗議行動の参加者は、反政府スローガンを掲げ、現在身柄を拘束されている政治犯全員、特に女性の釈放を求めています。

現在拘束されている女性の政治犯は、裁判を受けないまま長期間拘置所に拘留されています。

1ヶ月前に、サウジアラビアの著名な反体制派シーア派聖職者のナムル師が、同国の治安部隊の襲撃により逮捕されて以来、同国の東部地域では抗議デモが激化し、他の地域にまで広がっています。

サウジアラビアの隣国バーレーンでも、同様の状況が見られ、国民による平和的な抗議デモが日々高まっています。

バーレーンでは10日金曜、数千人の国民が反政府団体の呼びかけに応じて街頭に繰り出し、ハリーファ政権への反対を訴えました。

バーレーンとサウジアラビアは、情勢が安定していた時期もありましたが、現在は地域でのアラブ革命の影響を受け、この2つの国でも状況は緊迫しており、地域の政界の大部分は、この2つの国の王制が衰退する日が近いと見ています。

反体制戦闘組織

さらに、拡大するに抗議運動から武力による政権打倒を目指す反体制戦闘組織も設立されている。


以下はl、中東情勢の分析では非常に定評のある「中東TODAY」からの引用である。

サウジアラビアにスンニーの反体制組織誕生

サウジアラビアに敵対す立場にあるイランからは、これまでもサウジアラビアの体制不安や、反体制の動きに関する情報が、何度と無く報じられてきている。そのような状況から発しられる情報なので、何処まで信頼性があるかについては断言できないのだが、そのような情報が出てきた以上は、いちおう把握しておく必要があろう。

イランのプレス・テレビというネットが報じたところによれば、サウジアラビアにスンニー派の反体制戦闘組織が、誕生したということだ。その組織の名前はバタル・アルウバイリスで、戦闘を専門に展開する集団だということだ。

つまり穏やかな政治経済社会の条件闘争などではなく、武力でサウジアラビアの現体制を打倒することを、目的とした集団だということだ。

このバタル。アルウバイリス組織のメンバーは、サウジアラビア国家が国民の要望に全く応えていないとし、生命を賭して体制に挑戦すると主張している。つまり、特攻攻撃をも含む闘争方針を立てており、その戦闘方針を宣言しているのだ。

特攻攻撃といえば、車に爆弾を搭載した車を、自身が運転して目標に近づき、自爆テロを行うことを言う。イラクではこの闘争方式で、これまでに何万人という人たちが、犠牲になっているのだ。

このバタル・アルウバイリス組織は、国民と宗教の敵を打倒する、とも宣言している。

サウジアラビアはこれと似たようなグループによる、体制への挑戦が1979年に起こっている。それは、オタイビという名の青年を中心とし、彼をマハデイ(救世主)とあがめるメンバーが、サウジアラビア政府の支配するイスラムの聖地メッカを占拠し、そこに立てこもってサウジアラビア軍と、戦闘を展開するというものだった。

このオタイビ一派の抵抗に対し、サウジアラビア軍は対応に苦慮し、最終的にはフランスの特殊部隊に、掃討作戦を依頼して、問題を解決したという経緯がある。

今回、イランのプレス・テレビが報じた情報が、正しいものであるとすれば、サウジアラビアでも遂に反体制の、武力闘争が始まるということであろう。それは世界経済にも、大きな不安を抱かせるものになろう。従って、サウジアラビア国内の状況を、今後も注視し続ける必要がありそうだ。

以上である。

ウィリアムスのリーク情報が正しければ、サウジアラビアで起こっているこれらの一連の出来事は、グローバルエリートが中東全域を混乱させ、原油価格を1バーレル、150ドルを越えて高騰させるために仕掛けていることだということになる。

以前の記事でも紹介したが、抗議運動によって政権を打倒するためのプロ集団が存在しており、彼らの手口を撮影した優秀なドキュメンタリーが撮られている。以下のビデオがそうだが、ブラウザーはエクスプローラーを使い、ユーチューブ本体で動画を見てほしい。右から6番目のボタンをクリックして日本字幕を選び、見てほしい。日本語の字幕が現れる。








______________________________






ツイートテレビからのお願い


※寄付と「買って支援」のお願い
アマゾンから買って支援
-----

服部順治 ‏ @JunjiHattori

原発再稼動を停めようと佐賀県庁にのりこんだ山本太郎さんを
刑事訴訟した京都の行政書士の方が
なぜか半年近くも経った今頃、下記のビデオを見て、
その行政書士は幸福の科学の信者ではない、とのことで
「名誉毀損及び名誉感情侵害行為」で
慰謝料 45万700円を支払うように
こんどは私を訴えてきました。
(^_^;)

どうも小沢一郎さんと市民との対話という番組に出て
「裁判所もおかしい」と言った直後に告発している感じです。
(^_^;)

この行政書士と戦うためにも
裁判の費用が必要です。
左記の寄付欄より、
みなさんからのご支援をよろしくお願いいたします。


口座名 ツイートテレビ

■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10090 
番号 98084911

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 9808491







ツイートテレビの中継/取材/講演などの要請の場合

 ツイートテレビもこれからUSTREAM中継やこのようなツイートテレビのやり方、ブログの作り方などのお話をさせてもらったり、取材要請があれば内容に応じてUSTREAM中継などもやってここで紹介させていただこうと思います。
 2人いっしょで中継時間、講演時間1時間あたり3000円で、実費の交通費も別にいただければありがたいかと思います。
 ツイートテレビのホームページのコメント欄で非公開コメントにチェックを入れていただき、メールアドレスや取材場所、時間(できれば午後3時以降)、お話の内容などを書いて送信していただければ、ご相談に応じます。
 よろしくお願いいたします。





主に日本の話題の元ネタ(^_^;)
歴史の真実の宝庫:八切止夫デジタル無料作品集
(次世代の人達と共有し戦争を繰り返さないために)

http://rekishi.info/library/yagiri/scrn1.cgi

東京新聞(日本で一番、真実を伝えてくれる新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/
クーリエ・ジャポン(日本のメディアは本当のことを言ってくれない、っていい宣伝文句だけど疑いながらチェック(^_^;))
http://courrier-japon.net/
阿修羅掲示板 拍手ランキング (24時間) (愛国者を気取る感情的なネット右翼や工作員などのコメントは除く(^_^;))
http://www.asyura.us/hks/ranking_list.php?term=1
オリーブニュース
http://www.olivenews.net/v3/
政治ブログ 注目記事ランキング(幸福の科学や創価学会など統一教会系は除く(^_^;))
http://politics.blogmura.com/ranking_entry.html

杉並からの情報発信です
http://blog.goo.ne.jp/yampr7

BLOGOS 意見をつなぐ、日本が変わる。
http://blogos.com/

ざまあみやがれい!
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/

子どもを守ろう
http://savechild.net/

金融マフィアの意向を知ることができる主なマスコミ
サンケイニュース(元は産業経済新聞より財界や自民党、アメリカ ロックフェラー(統一教会)の意向(^_^;))
http://sankei.jp.msn.com/
読売ニュース(元は正力オーナーで戦犯で死刑確定をアメリカ側のCIAに協力することで無罪で釈放:アメリカの意向(^_^;))
http://www.yomiuri.co.jp/
毎日新聞ニュース(創価学会の聖教新聞をメインで印刷しているため創価学会の意向:統一教会の仏教部よりアメリカの意向(^_^;))
http://mainichi.jp/
NHKニュース(政府、官僚(アメリカ)側の意向を反映している:結局、アメリカの意向(^_^;))
http://www3.nhk.or.jp/news/



______________________________


世界の報道:話題の元ネタ(^_^;)

田中宇の国際ニュース解説
http://tanakanews.com/


デモクラシーナウ(市民サイドに近いアメリカのメディアでアメリカを中心に世界の市民の今を伝える )
http://democracynow.jp/

シリアニューズ(シリアからの情報 なるべく新しい情報ならこのツイッター情報
http://www.syrianews.cc/

日本語イラン ラジオ(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を日本語で解説するイラン側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.irib.ir/


新唐人テレビ日本(アメリカ、香港の人たちから見た独立系中国テレビ:客観的に中国はもちろんアメリカも見れる(^_^;))
http://www.ntdtv.jp/

人民日報日本語版(中国から見た、日本の政治社会状況などがよくわかる(^_^;))
http://japanese.china.org.cn/

中国国際放送 日本語版(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を日本語で解説する中国側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.cri.cn/index.htm

ロシアの声 日本語版(ロシアの国営放送で建前としてのロシアの現状がよくわかる:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.ruvr.ru/

ロシア トゥデイ Russia Today(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を抉り出して見せてくれるロシア側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://rt.com/

Dprogram.net(従来のプロパガンダに対抗するためのサイトでプログラムで縛られた人を解放する? (^_^;))
http://dprogram.net/




動画リンク
アメリカの「ウォール街を占拠せよ!=Occupy WallStreet」の理解のため




おすすめのガイガーカウンター(線量計)は何でしょう? 
真宗大谷派 常福寺でやってるサイトで専門家の人のお奨めです。
http://johukuji.nanaoarchive.com/top/?p=1191
1万円台では
SOEKS-01M ホットスポットなどを探すにはいい。ただβ線も測ってしまうので高めの数値を表示。正確に数値を測るにはアルミの遮蔽版が必要。
なお2011年12月だとエステー化学のエアカウンターがいいようだ。(群馬大学の早川教授もおすすめ(^_^;)
その時、必ず9800円の定価に近いロープライスを選択して買うべきです(^_^;)
でも今からだと2/3発売で性能のいいエアカウンターSを待って、7800円で買ったほうがいいかも
3万円台では
手軽に正確な値を出すのにお奨めはDoseRAE2だけど、今だとエステー化学のエアカウンターがいいようだ。
(東京都からの貸し出し用で採用している機種だけど0.30μSv/h~2.50μSv/hふらつきあり)
私も「放射線測定器 Dose RAE2を買って」 (^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

「わずか10分たったの81票で地位協定破棄完了」

まーこないだからユダ金がいろんな仕掛けでマスゴミにあれやこれやと捏造殺人事件報道させているが、マスゴミ報道に絶対出てこない言葉がある。マスゴミの親玉ユダ金がその言葉がマスゴミに流れることを死ぬより怖がっているからだ。
その言葉は「地位協定破棄」。

こないだの外交条約ACTA批准は国会議員のたったの81票で可決された。

ということは外交条約「日米地位協定」も国会議員のわずか81票あれば批准停止すなわち「破棄」できるわけだ。

「地位協定破棄」という言葉を半世紀以上必死で隠してきたのにACTA批准で墓穴を掘ったアホユダ金みじめやねー。

「地位協定破棄宮内省破棄福一石棺桶化」

天下りの語源は天孫降臨です。そもそも人類百万年の歴史のなかで天孫とそれ以外の人類遺伝子に違いがあるはずがない。天孫降臨こそ人類に対する侮辱であり汚職です。一神教に共通する選民思想、血の生け贄を強要するペテン悪魔ヤーウェですね。
具体的にペテン悪魔ヤーウェが日本に巣くっている根城を示しましょう。宮内省です。日本では明治維新以来神仏分離してヤーウェが独裁体制を築き日本を破壊しました。そもそも悠久の歴史のなかで天皇ひとりが絶対不可侵の大権を持ったのは日本列島史上明治政府が初めてだったのです。それまではすべては空なりただ法(仏法)があるのみの仏教が日本人民衆の共通の悟りでした。天孫降臨族の間で神仏習合したのはおそらく聖徳太子でしょう。「世間虚仮唯仏是真」という太子の言葉がその証です。それを明治維新で悪魔がペテンを使って破壊した。そして絶対不可侵のペテン大権を手に入れ国民を生け贄の仔羊の地位へおとしめて天皇の大権を代理として執行する悪魔ペテン政府を作って仏教国日本を悪魔支配してきた。戦後は天皇を現人神から人間へ降格させさらに人間天皇から全ての人権を剥奪して象徴に祭り上げたうえで、天皇大権をそっくりそのまま奪い取った宮内省として絶対の権力と金力をペテン悪魔が変わらずふるいつづけています。
日本を江戸時代以前の真善美の民衆の国にもどすためには、まずペテン地位協定破棄してペテン宮内省を解体することが必要で、それだけで後は自然の摂理でもとの美しい善君子善女子民衆が争わず相和して慎ましく清らかに暮らす地球上で至上の蓬莱島真善美日本が戻ってくるでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://tweettvjp.blog.fc2.com/tb.php/266-51e44e5b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |