ツイートテレビ ホームページ ~あなたもテレビに騙されてませんか~ ※不確実な情報も含みます(^_^;)

最新のツイッター情報から平日、朝8時頃からモーニング地球ニュースをお届けしています。ニュースの動画はYouTube,USTREAM、ツイッター、ツイキャスからもご覧いただけます。(^_^;)

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

TweetTV

Author:TweetTV
ツイートテレビへようこそ。
ここからYouTubeのニュース画面や中継画面を見ることができます。(平日、朝8時頃より放送)
※寄付と買って支援のお願い
アマゾンから買って支援
ここをクリック

 私たち市民メディアは従来のマスコミが追求できない真実を伝えています。
現在の主なテーマは 
■脱原発への道を開く政治を応援

■小沢裁判や冤罪事件を通して
司法も含む官僚体制や創価学会
金融マフィア(財閥)の陰謀を暴く
 
■世界で戦争や金融テロなどを
引き起こす金融マフィアの実態
とそれに対抗する市民活動

 2013年もツイートテレビを
サポートしていただき
明るい未来に向かった活動を
続けられるようよろしく寄付、
声援のほどお願いいたします。

2011年9月20日開局
 ツイートテレビ
めざまし政治ブログ」の服部順治と「和順庭」ブログの服部(旧姓熊木)和枝の二人だけで運営
♥なお私達11月22日の前日に結婚しました♥

口座名 ツイートテレビ

■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10090 
番号 98084911

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 9808491

最新トラックバック

10/16(火) ニュース

2012/10/16(火) ニュース

<今日のツイートテレビニュースの話題>
                                                                                                                    Font MSP ゴシック サイズ11

2012/10/16(火) ツイートTV



1 日本維新の会の橋下徹ら創価学会はみんなの党と連携強化
2 まやかしの原発ゼロ案:閣僚からも異論続出
3 アウンサンスーチ 金融マフィアの左手
4 ノーベル賞を逃した森口看護士は見た!米iPS細胞治験現場
5 ノーベルの罠:オリンピックの4年後借金返済激励に中国へ
○ ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○





<ニュースウォッチ12:今日のニュース>
1 日本維新の会の橋下徹ら創価学会はみんなの党と連携強化

2012/10/16(火) 概要 日本維新の会の橋下徹ら創価学会はみんなの党と連携強化
2012/10/16(火) ツイートテレビニュース 概要 日本維新の会 橋下徹 創価学会 みんなの党 連携 強化


●分解寸前の民主党 最後の望みを小沢氏の生活党へ



 小沢氏との連携をあきらめたCIA創価学会の日本維新の会
「日本維新の会」支持率急落、第3の勢力の結集を模索
「みんなの党」との連携を推進


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/10/16/2012101600458.html

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/10/16/2012101600458.html

 橋下徹・大阪市長(写真)が率いる政党「日本維新の会」の支持率が急落し、中小政党との連携を通じた「第3の勢力」の結集を模索している。

 橋下市長は15日、東京都内で「みんなの党」の渡辺喜美代表と会い、次期衆議院議員総選挙を念頭に共同で政策を打ち出すことで合意した。みんなの党は今年8月、日本維新の会の母体となった地域政党「大阪維新の会」に対等な立場での合同を呼び掛け、拒否されたことがある。橋下市長は当時、大阪維新の会の支持率が上昇傾向にあったため、みんなの党と連携する必要性をそれほど感じていなかった。

 ところが、自民党との連携を推進したことで「自民党の第2勢力ではないか」との批判を浴び、支持率の上昇にブレーキがかかったため、橋下市長は第3の勢力を結集させる方向に転換した。

 一時、日本維新の会との連携を推進していた自民党も、安倍晋三・元首相が総裁に選出されたことで支持率が急上昇し、日本維新の会と距離を置き始めている。これについてNHKは「大阪以外の地域で支持基盤が弱い日本維新の会が、首都圏に一定の支持基盤を確立しているみんなの党との連携を通じ、第3の勢力の結集を図ろうとしている」との見方を示した。

東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
達川雄一郎(素浪人) ‏@YuTatsukawa
本末転倒RT民主・輿石幹事長、小沢氏との連携模索か
(読売新聞) - Y!ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121012-00000366-yom-pol

民主党の輿石幹事長が10日夜、東京都内で鳩山元首相と会談し、新党「国民の生活が第一」の小沢代表と国会での連携を模索する考えを示していたことが分かった。

 離党者続出で、衆院での単独過半数(239人)割れまであと5人となった状況で、自民党などが内閣不信任決議案を提出した場合、「生活」に決議案への反対を呼びかけることなどが念頭にあるとみられる。

 会談には平野博文前文部科学相が同席。輿石氏は小沢氏に関し「国会でもう一度、野党でなく、一緒にやれないか」と発言したという。「生活」の衆院選候補の擁立が遅れていることから、同党が衆院解散・総選挙に直結する可能性が高い内閣不信任決議案の可決を避けるとの期待があると見られる。「自民党をけん制し、党内の離党予備軍を抑え込む狙い」(輿石氏周辺)との見方も出ている。


 一方、改正消費税法の採決での造反による党員資格停止3か月の処分が9日で解けた鳩山氏に、輿石氏は党最高顧問への復帰を打診した。鳩山氏は外交問題担当として党の支援を受けることが条件だとの考えを示唆し、即答は避けた。

ーーーーーーーーーーーーーーーー


10月11日 最高裁は小沢検審以外も「架空議決」!
東京第三検審「西松の二階元経産相パー券購入事件」!


http://civilopinions.main.jp/2012/10/1011.html

10 月6日 『最高裁は、「西松の二階派パー券購入事件」でも、検審架空議決という魔法の手を使った!?』と拙ブログに書いた。
http://civilopinions.main.jp/2012/10/106.html

多くの傍証はあったが決め手がなかったから「?」を付けたが、その後「架空議決」の確証を見つけることができた。


<阿修羅に『小沢一郎裁判の原点を探る 「検察審査会メンバーの告白」 (G2)』が掲載された>

『小沢一郎裁判の原点を探る 「検察審査会メンバーの告白」 (G2)』が阿修羅に紹介された。
http://www.asyura2.com/12/senkyo136/msg/840.html

G2という月刊誌に掲載された記事である。今西憲之なるフリージャナリストが「西松の二階派パー券購入事件」を審議した東京第三検察審査会の審査員Aに会ったという。そのAが語る検察審査会の模様を掲載している。そして、今西氏は、小沢事件の議決も西松事件のそれも、検察の誘導により議決が歪められたと説く。

この阿修羅記事のコメント欄に、Aは最高裁の工作員、架空議決間違いなし、架空議決を隠すための策略などの意見が多数書き込まれた。

一市民Tも、「検察審査会メンバーの告白」の真偽を検証してみた。


まずは、「検察審査会メンバーの告白」について知ってもらおう。

<『小沢一郎裁判の原点を探る 「検察審査会メンバーの告白」 (G2)』掲載>

第1回
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120807-00000303-gtwo-soci
第2回
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120827-00000303-gtwo-soci&pos=1
第3回
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120910-00000303-gtwo-soci
第4回
http://g2.kodansha.co.jp/14299/14412/16577/16578.html
第5回
http://g2.kodansha.co.jp/14299/14412/17051/17052.html


一市民Tも、この記事を読んで以下の疑いを持った。

<3年以上過ぎた今、何故告白したのか(第1回)>

Aさんの告白理由
「検察審査会に求められる役割は、法と証拠を照らしあわせて、国民が自分たちの視点を反映させることだと思います。だが、私が実際に経験した検察審査会は、検察のサジ加減で簡単に議決が左右されてしまう雰囲気があった。事務局にも、公正さに欠けるところがあるように思えました。結果として、くじで選ばれた国民が検察審査会によって、無実の人を罪に陥れる可能性がある。何らかの形で声をあげるべきではないかと思ったのです」


<審査員への質問票送付時期が間違っている(第1回)>

『2008年11月か12月だと記憶している。
Aさんのもとに、審査員の候補に選出されたという通知が届いた。封筒の中には、アンケートが同封されており、記入して返送した。』とある。
2008年11月上旬に送られるのは、2009年2月~8月任期の審査員(1群)候補者だけ。Aさんは2009年5月~11月任期の審査員(2群)の候補者だから、2009年2月中旬に質問票が送られてくるはず。
検察審査会業務フロー.pdf参照
Aさんが嘘を言っているのか、Aさんが審査員でないのかどちらかだ。


<「審査員の平均年齢は30代前半...」はわざとらしい(第2回)>

くじで選んだのなら、30代前半にはなりえない。
わざわざ、このようなことを言うのは、小沢検審の審査員平均年齢発表を意識しているのか。


<初回審査会議で、いきなり厚さ3cmの資料を渡し、「読んで下さい」はないだろう(第2回)>

そもそも申し立てを受けたのが6月2日。検察はそれから16日までに、検察審査員説明用として、わざわざ厚さ3cmの膨大な資料を作成したとは考えにくい。
数枚の資料を提示したというならわかるが。
「悪戦苦闘して読み込んでいると...」と言っているが、一般の人は、厚さ3cmの難しい内容の資料渡されて、これを2時間で読み切れる人はほとんどいない。
これも嘘だろう。


<初回審査会議開始1時間後に、木村検事が現れる不思議(第3回)>

検察審査会法35条では、「検察官は、検察審査会の要求があるときは、審査に必要な資料を提出し、又は会議に出席して意見を述べなければならない。」とある。
初回の審査会議で、審査会長もその日決まったのだから、検察審査会は検察官を呼びようがない。
呼んでいない検察官が何故現れるのか。
検察官が来たという話も作り話だろう。


<「議論が煮詰まってきた時...」(第4回)>

『議論がかなり煮詰まってきた時、議長が「議決をとりましょうか」と声をかけると、事務局から、それぞれの審査員の手元に用紙が配付された。』とある。
厚さ3cmの資料を2時間読んで、木村検事の話をちょっと聞いて、ほんのわずか議論して、その日の午後に議論が煮詰まることなどありえない。
これも嘘だろう。


<『配布された用紙には「起訴相当」「不起訴不当」「不起訴相当」とプリントされていて...』(第4回)>

『配布された用紙には「起訴相当」「不起訴不当」「不起訴相当」とプリントされていて、いずれかに印をつける仕組みだった』とある。

これはおかしい。
審査員に問うのは、「起訴相当」か「不起訴相当」かの二つ。
「不起訴不当」の判断は事務局が決める内容。
審査員が「起訴相当」か「不起訴相当」の判断をし、事務局が以下の判断をする。
「起訴相当」が8~11人だったら   「起訴相当」
         6ないし7人だったら 「不起訴不当」
         1~5人だったら    「不起訴」
事務局が「不起訴不当」という項目をプリントして出すわけがない。
これも全くの嘘。
この内容は審査会議が開かれていなかった決定的な証拠だ。


<『事務局が国沢元社長を「起訴相当」、二階派関係者を「不起訴不当」とした議決理由書の文案をまとめはじめた』(第4回)>

『事務局が国沢元社長を「起訴相当」、二階派関係者を「不起訴不当」とした議決理由書の文案をまとめはじめた。再度、それぞれが意見を述べて、とりまとめていく。文案を印刷した用紙が審査員にまわされて、全員でチェックした。』とある。
Aは事務局職員がさも優秀なようにいうが、職員は裁判所事務官であり、法律的な事件をまとめる能力は持ち合わせていない。
一市民Tは東京第五検審事務局の数人の職員と何度も話し、彼らのレベルを把握しているつもりだが、彼らは短時間に議決理由をまとめられるとは思えない。
この記事も嘘だと思う。


<「補佐役の弁護士ですか? 私の審査会議には、いたのかな。いなかったように思います」(第4回)>

審補助員がいたかいないかなど審査員がはっきりわからないなどありえない。


<『終了したのは、3時半だった』(第4回)>

二階秘書と国沢元社長の2つ案件を、初めて集まった素人11人が、前者は「不起訴不当」、後者は「起訴相当」と議決し、議決理由書も作ってしまった。たった4時間半の出来事だ。
これはありえない。


<『明日の新聞などで、この議決が大きな記事になっているはずです...』(第4回)>

『「明日の新聞などで、この議決が大きな記事になっているはずです」
新聞報道に興奮する事務局員
翌6月17日の新聞各紙では、Aさんたちの議決が、事務方の言葉通り大きな記事になっていた。』とある。

事務局員は、何故「明日の新聞などで、この議決が大きな記事になる」ことが分かるのか。
事務局員は何故こんなことを言わなければならないのか。


<一市民Tの結論:「西松の二階派パー券事件」の検審議決も架空議決、Aなる人物は最高裁側の工作員>

申し立てがあって2週間後に議決。
事件の理解から議決までに要した時間は4時間半。

短時間で、二階派側と国澤社長の双方の起訴処分が妥当かどうかを判断するのはとても無理。

議決されたとしたら架空議決でしかない。

最高裁は、小沢検審起訴議決が架空議決であることがばれそうになってきたので、
「審査員のアリバイ作り」と
「小沢起訴議決が検察の誘導でなされた」と見せかけたかった。

そこで、工作員Aを検察問題に詳しい今西憲之氏に近づけた。

今西憲之氏は見事に騙された。
今西氏は、小沢事件も二階事件も検察審査員が存在し、検察の誘導があったとした。
結果として、今西氏は、最高裁の片棒担ぎをやったのだ。

最高裁は相当焦っているようだ。




______________________________



再生リスト:「国民の生活が第一」を支援する市民大集会 2012/9/1
http://www.youtube.com/playlist?list=PL2617FA4CFF36F3C5


______________________________

今日のイベント
原発関連:集会・イベント情報、Ustream番組表
http://2011shinsai.info/event/

______________________________

閑話休題

ツイッターの流行がわかる日刊ツイッターランキング 
http://twinavi.jp/news/daily?ref=top

今、話題の動画のランキング tweetmovie ツイートムービー 
http://tweetmovie.jp/

NAVERタブーまとめ

http://matome.naver.jp/topic/1LwS6







______________________________



<<日本 クローズアップ現代:国内の話題>
2 まやかしの原発ゼロ案:閣僚からも異論続出

2012/10/16 まやかしの原発ゼロ案:閣僚からも異論続出
クローズアップ現代 日本 国内問題 クロ現 まやかし 原発ゼロ案 閣僚 異論 続出




原発・15日小沢記者会見(書き起し=来栖)「独が22年に原発ゼロという決定を国民の総意で決定し実行に移しつつある。我々(「国民の生活が第一」)の原発ゼロということが現実離れしたものでもなく、我々の方針が正しいものであるということを、わかっていただけたらと思っています」

----------------------------------------

長谷川幸洋 ‏@hasegawa24
まやかしの原発ゼロ案。続報です。
→ 「偽りの原発ゼロ」には閣僚からも異論が出ていた!
野田政権内部で回覧されていた「幻の脱原発ペーパー」をすっぱ抜く



http://bit.ly/VWvDdk

「偽りの原発ゼロ」には閣僚からも異論が出ていた!野田政権内部で回覧されていた「幻の脱原発ペーパー」をすっぱ抜く

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33769


野田佳彦政権の脱原発路線について、先週のコラムで「『2030年代に原発稼働ゼロ』という方針は、実は『30年に原発依存度15%』というシナリオだった」と書いた。初出は東京新聞と週刊ポストのコラムだったが、大きな反響を呼んで、その後も文化放送(「吉田照美ソコダイジナトコ」)やニッポン放送(「ザ・ボイス そこまで言うか!」)で内容を紹介した。

 30年代ゼロ方針を決めた9月14日の「革新的エネルギー・環境戦略」はコラムに書いたとおり、6月29日に発表した「エネルギー・環境に関する選択肢」が下敷きになっている。そこでは30年ゼロと15%、20~25%という3つの選択肢が用意されていたが、野田政権は最終的に「30年代ゼロ=30年15%」という言葉だけの姑息なゼロ案を発表した。

 このゼロ案をめぐっては、決定までに政府部内で激しい暗闘があった。「30年代ではなく、30年ゼロの目標を掲げるべきだ」という勢力と、事実上の原発維持を目指す勢力との対立である。維持派からみれば、30年15%案はどうしても死守したい、ぎりぎりの防衛ラインだった。


『脱原発依存』に向けた12の政策パッケージの宣言

 30年代ゼロという結論は、30年ゼロ派からみれば「うまくすれば30年ゼロも実現できる」と言える。一方、維持派は「39年でゼロもあるけど、戦略は『柔軟性を持って不断の検証と見直しを行いながら遂行する』と書いてあるのだから、見直しで先送りも十分可能」とも理解できる。つまり双方が都合良く解釈できる書きぶりになっているのだ。

 こういう文書を読まされると「野田政権は本気で脱原発を進めるつもりはない」と受け止めるのが自然だ。私はそう判断する。

 ただ、政府内に異論があったのも事実である。実際に「真剣に脱原発を考えるべきだ」という提言があり、当時の細野豪志原発担当相兼環境相や枝野幸男経済産業相、古川元久国家戦略相らが検討していたのである。

 私は政府内で回覧されていた脱原発を目指す戦略ペーパーを入手した。結果的に野田政権は一部を除いて採用しなかったが、今後の原発・エネルギー政策を考えるうえで貴重な参考になる。「幻の脱原発ペーパー」の中身を紹介する。

 ペーパーは「『脱原発依存』に向けた12の政策パッケージの宣言」と題された6枚紙だ。タイトル通り、以下のような12項目の提案からなっている。

1.「原発ゼロ社会」を目指す
2.「40年」で必ず廃炉にする
3. 原発の「新増設」は認めない
4. 核燃料サイクルを廃止する
5.「もんじゅ」を廃炉にする
6. 各電力会社の原発を「脱原発公社」の下で一元管理する
7. 青森、福島両県に「脱原発技術開発センター」(仮称)を設置する
8. 原子力環境安全産業と環境エネルギー産業を創出する
9. 電源三法交付金に代えて「脱原発交付金」を交付する
10. 省エネと自然エネルギーを推進する国民運動を始める
11.「脱原発基本法」を成立させる
12. 近い将来「脱原発国民投票」を実施する


原発・エネルギー政策を国民の手に取り戻せ

 以上のような政策の基本的考え方について、ペーパーは概略、次のように記している。

 原発に依存しない社会、原発ゼロ社会を可能な限り実現するために「原発寿命は40年」「新増設は認めない」という方針を堅持する。それによって、遅くとも2050年には必ず原発ゼロが実現する。

 原子力規制委員会の下で「活断層直近の原発再稼働は認めない」などの厳しい基準を適用し、危険性が高い原発は再稼働を認めず順次、廃炉にする。それによって50年ゼロを大きく前倒しする。

 政府は省エネと自然エネを加速し、原発ゼロの達成時期をさらに前倒しする。省エネと自然エネ普及は市民団体や非政府組織(NPO)の協力を得て国民運動にする。省エネと自然エネが原発何基分に相当するかを算出して運動の目標に掲げる。それで30年をさらに前倒しする。

 高速増殖炉「もんじゅ」は廃炉、核燃料サイクルは廃止し、原子力行政と原子力産業の徹底的改革を進める。国会に原子力行政改革委員会(仮称)、原子力規制委員会と原子力規制庁の下に原子力規制広聴室(仮称)を設置する。

 原子力産業改革のために「脱原発公社」を設立し、すべての原発をこの公社の下に集約する。原発を民間企業任せにせず、安全対策や再稼働申請、廃炉、使用済み核燃料の管理を政府が一元的に責任をもって行う。

発送電分離と電力系統の強化をする。

 もんじゅは脱原発公社に移管する。

 脱原発公社の下に「脱原発技術開発センター」を設置し、使用済み核燃料の最終処分技術や福島原発廃炉の研究を進める。青森県六ヶ所村の再処理施設は廃炉に伴う高レベル放射性廃棄物の処理施設として転用する。

 脱原発産業は原子力の安全と環境問題を解決する原子力環境安全産業と、省エネと自然エネを推進する環境エネルギー産業によって構成する。

 脱原発依存政策によって電源三法交付金が受けられなくなる原発立地自治体には、新たに脱原発交付金を交付する。それによって廃炉の後も地域産業を振興し、経済的に自立できるようにする。

 政府は以上の施策を進めるために脱原発基本法を制定する。施策の結果を踏まえて、国民の意思を改めて問うために国民投票を可能にする法律的整備を進める。

 以上である。

 ペーパーが提言する脱原発を目指す方向性に同意したとしても、原発を事実上の政府管理にすべきかどうか、など異論はあるに違いない。福島事故の原因を考えれば、私も「原発を霞が関官僚の手に任せて大丈夫か」という強い疑念を抱く。

 もっとも肝心なのは、原発・エネルギー政策を政府や電力会社任せにせず、国民の手に取り戻すことだ。普通の国民は専門家の知識を持ち合わせていないが、健全な常識と判断力がある。野田政権が決めた戦略は将来の原発・エネルギー政策について事実上、何も決めなかった。議論は始まったばかりだ。



______________________________









<世界 クローズアップ現代:海外の話題>
3 アウンサンスーチ 金融マフィアの左手


2012/10/16 アウンサンスーチ 金融マフィアの左手
クローズアップ現代 世界 クロ現 海外問題 アウンサンスーチ 金融マフィア 左手



アウンサンスーチーは、フリーメイソンの手先じゃないか。何を寝­ぼけた事を言っているんだ。
スーチーは、白人金融マフィアの代理人でしかない。ミャンマーの­軍事政権は、白人の再植民地化に対抗して国を守っていたと見るべ­きだろう。ユダヤ金融マフィアの勢力が落ちてきたから開国への道­筋がついただけの事


ーーーーーーーーーーーーーーーー
■アウンサンスーチーの正体+YUKI von MURATA氏から警告レポート 

http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20120719/1342756788

■悪友奥山氏の「アウンサンスーチーの正体 」
+YUKI von MURATA氏から警告レポート 
◆1)奥山篤信氏の映画批評65 ~欧米民主主義の偽善と欺瞞の仮面を剥がせ~
◆2)◎奥山篤信の芸術飛行 小菅 優(ピアノ)コンサート~感動した!~
◆3)YUKI von MURATA氏より日本政府が福島原発事故の真相を隠している。
◆国民の幸福なくして、なにが保守だ。なにが繁栄だ。なにが栄光だ。
◆福島原発事故におけるスタンフォード大学報告書(英語)
◆◇◆
曽野綾子+クライン孝子共著「いまを生きる覚悟」
http://shop.chichi.co.jp/item_detail.command?item_cd=958
===============================
今日は
映画とクラシックに造詣のある悪友奥山篤信氏の辛口エッセイと
YUKI von MURATA氏からの警告ポートをお送りします。 
◆1)◎奥山篤信氏の映画批評65 
<<フランス映画<The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛>2011 
~欧米民主主義の偽善と欺瞞の仮面を剥がせ~
http://melma.com/backnumber_133212_5611310/
<<このスーチーこそがアングロサクソンを代表する欧米の手先として、
<民主化とか軍事政権打倒>などという常套文句の偽善と欺瞞の
スローガンのもとに国民を扇動し平和なビルマを混乱に陥れたのである。
まさにスーチーの行ったことはマッチポンプに過ぎない。
コカコーラの必要のないアフリカの村落にこれを持ちこみ欧米流の
資本主義によってその地を消費奴隷とするやり方と同様である。
欧米の民主主義なる偽善と欺瞞に騙される日本よ、
自らが大東亜戦争の結果見事にアメリカに嵌められた歴史を
直視するが良い。スーチーのノーベル平和賞ほど茶番はないのである。>>
◆2)◎奥山篤信の芸術飛行 
小菅 優(ピアノ)コンサート@紀尾井ホール 7月20日
~感動した!~
http://melma.com/backnumber_133212_5612439/
◆3)YUKI von MURATA氏より  
2011年3月12日14時13分GMT(グリニッジ時間)に、
私は、私信:(原則非公開を条件)にてクラインさんに発信した。
インテリジェンス(情報)
日本政府が福島原発事故の真相を隠している。すなわち嘘を言っていると。
同時に、各国の海外情報機関が既につかんでいることも伝えている。
欧州内の友人達家にはチェルノブイリ原発事故同様な事態であると
報告した。
欧州内の自国政府と深いつながりがある友人達も、日本政府が嘘を言っている
ことを報告してきた。
翌日、クラインさんから公開したい旨のお返事を頂き公開に同意した。
クライン孝子の日記に15日掲載。
そして、チェルノブイリ原発事故後の現地で調査した。
公言することは賢明ではないが、自他も認めることだが、
私は、数千年に渡って体制側階級出身である。
今日も。
故に事故後も、無責任に、原発推進=右であり、
それ以外の反原発は=左派という
自称右派よるレッテルには強い疑問を感じた。
保守側の私にも経済の繁栄は重要である。
だが、私は、国民や我々の組織に属する(雇用する)人々の幸せ
なくして、お互いの繁栄はないと、
祖父母、両親からもそう教育された。

仮に両親などの教育がなくても、私は自分の魂の歩み、
帝国、軍と聖堂を思い出し、
魂が自分を教育し、そう生きることをしているだろう。
(そして、そこにプロイセン軍の誇り高き伝統も加わる。
不合理な命令には服従しなくても良い。)
それがその地位にあるいはその身分の責務だ。
ある意味戦場の最前線に立っているのと同じでなければならない。
そこで退くことは立場上できない。
国土が汚染され、国民の遺伝子蝕む可能性が高い中で、
あるいは未来への可能性がある子供から障害がでる可能性が高い中で、
問題解決できず、原発再稼動は国家の繁栄などという無責任なことはできない。
◆国民の幸福なくして、なにが保守だ。なにが繁栄だ。なにが栄光だ。
(私は共産主義や社会主義でもない。長年の読者はお判りのはず。)
自称保守の反論は認める。建設的な側面と彼らなりの国家への思いも
理解できる。
だが、チェルノブイリ事故の惨劇を見たのか!現地の異常な奇形児の
出産率と目のない子、手足のない子を見たことがあるのか!
福島の惨劇を見たのか!国土の汚染を!
それに対しての責任を持てるというのなら発言すればよい。
従って、私は昨年はモーセの十戒と同じ言葉を用いて、
「汝、、汝の遺伝子を守れ」と数百ページの原発事故に関する
事故報告を事故後4ヵ月後から書き出し警告をした。
そこには遺伝子DNAの損傷や事故後5年後ぐらいで
後遺症がでてくるであろうと。
未来を予測したインテリジェンスと分析の精度は、軍事、金融、政治同様に、
原発の分野でも精度は高いはずである。
そして、いま私が警告したようなレポートと
同様のスタンフォード大学による報告が、
事故後一年半後に出た。
今の状況では、官僚、地方公務員、自衛官、警官、公安関係者の家族からも
被害者は出るであろう。
私は彼らからも被害が出ないように警告したのである。
国のために尽くした彼らからも被害が出ることを私は望まない。
もし、彼らの中から被害者が出たらたならば、政府が隠蔽していたという事に、
秘守義務や政府からの暗黙の手当てがでても自分だけよければよいの
だろうかと耐えられなくなり、国民に公表する者でてくるであろう。
それは国家にとって、大きな損失になる。
現状の国家の無責任な態度ではその可能性も阻止できない。
このような事もあり、私は福島の事故による被害を少なくすることが
私の地位あるいは、
身分に与えられた責務だと信じている。
下記はご参考までに、
◆福島原発事故におけるスタンフォード大学報告書(英語)
福島第一原発の事故による死者は、各地で総計15人から1300人の間に
なるだろうと、アメリカ・スタンフォード大学の科学者たちの研究が
明らかにした。・・・
.風向きによっては被害は10倍になっていた。・・・
原発事故が原因の癌による死者数は130人程度、長期的な癌の罹患者数は
180人程度になると 試算している。
http://www.bloomberg.com/news/2012-07-17/fukushima-radiation-may-cause-1-300-cancer-deaths-study-finds.html >>
敬具
YUKI von MURATA >>  
◆◇◆
曽野綾子+クライン孝子共著「いまを生きる覚悟」
http://shop.chichi.co.jp/item_detail.command?item_cd=958
=======================
今年のわが4大キャンペーン
曽野綾子+クライン孝子共著
「いまを生きる覚悟」
http://shop.chichi.co.jp/item_detail.command?item_cd=958

チャンネル桜二千人委員会入会のお薦め
http://www.ch-sakura.jp/579.html

他紙より面白い産経紙購読のお薦め
http://reader.sankei.co.jp/reader/

曽野 綾子著「人間の基本」
http://www.shinchosha.co.jp/book/610458/

=========================

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_21世紀を迎えた今世界は混沌としています。日本もその渦て
政治経済ともに、国際的視点に立脚し欧州からの情報収集が不可欠に
なってきています。欧州の国際情勢を日記風にまとめドイツ滞在歴
40余年の経験を生かし、現地よりレポートします。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 上記につきクライン孝子名抜きのメルマガの転載・発言は固く
 お断りいたします。
(なお「クライン孝子」および「クライン孝子の日記」
と明記されていれば、転載・発言は大いに結構! 歓迎いたします)
・このメルマガは下記のホームページからの登録も可能です。
・このメルマガは下記のホームページの孝子日記でもご覧になれます。
 「クライン孝子のホームページ」 http://www.takakoklein.de
 「はてな 」  http://d.hatena.ne.jp/eschborn/
メールはこちらへ  E-mail: mail@takakoklein.de

メルマガ発行者: クライン孝子 (フランクフルト在住 )


______________________________





<追跡!真相ゼロtoZ>
~ゼロの意味する原点の意味の原因を探り
 定量的、科学的にZの行き着く先の真相に迫る~

4 ノーベル賞を逃した森口看護士は見た!米iPS細胞治験現場

2012/10/16 ノーベル賞を逃した森口看護士は見た!米iPS細胞治験現場
追跡 真相 ゼロtoZ ノーベル賞 逃した 森口看護士 見た 米iPS細胞 治験現場




【科学】疑惑の森口氏に新たな疑惑
 ノーベル賞の山中教授の論文を盗用か 海外誌が報じる

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1350183944/

22 :名前をあたえないでください:2012/10/14(日) 13:22:27.38 ID:ab+cRR3O

    山中伸弥   森口尚史
年齢   50     48
結婚   既婚     未婚
住所   大阪     市川
住居    -     1K(6万)
免許   医師免許  看護師免許

体型   スリム    デブ
髪型   短髪     ハゲ
職業   教授    当分無職予定

26 :名前をあたえないでください:2012/10/14(日) 14:52:32.52 ID:fCmgLtwU
>>22
なによりこのハゲデブ親爺がまだ40代だったことに愕然とする


27 :名前をあたえないでください:2012/10/14(日) 14:54:08.49 ID:okqSg5BT
【実像】
東京医科歯科大学看護卒業後
看護師免許取得
東京医科歯科大学、東大と勤務場所を転々とし
主にパートの研究補助員として従事
4年間だけ期限つき助教授として常勤勤務経験あり
研究補助員としての仕事内容は

実験は行わず専らエクセル・ワード入力、
研究室の掃除が主

ハーバード大学には観光ビザで聴講生経験あり
齢44にして論文博士
現在は48歳にして東大病院形成外科に
時給940円の研究補助員としてパート勤務

千葉県市川市の家賃6万円1Kのボロアパートで一人暮らし

http://news.harikonotora.net/img/24838-1.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新小児科医のつぶやき
報道と森口氏


http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20121015


ハーバード大学客員研究員
ハーバード大学研究員
これを名乗って発言された該当記事一覧が掲載されています。ちょっとまとめてみます。

No. 読売 タブ 日経
1. PASS 2009年7月9日付朝刊22面 iPS細胞:肝がん細胞から作成 ハーバード大の研究チーム成功 2009年7月9日付朝刊34面 『がん幹細胞』からiPS細胞 米大など成功 新治療法の開発も
2. 2009年9月2日付朝刊2面 肝臓のがん細胞9割が正常に戻る マウス実験で成功/ハーバード大 2009年9月2日付朝刊3面 肝がん細胞:大半を正常化 ハーバード大チーム、マウスで成功 2009年9月7日付朝刊13面 肝がん細胞、正常に 米ハーバード大 遺伝子など用い
3. 2009年11月8日付朝刊17面 [iPSどこへ行く](下)研究体制の差 戦略無く周回遅れに PASS PASS
4. 2009年11月29日付大阪版朝刊2面 米の手法より「がん化」少なく 山中iPS「安全」で軍配 ハーバード大研究 PASS PASS
5. 2010年2月24日付朝刊2面 肝臓がん細胞からiPS作製 米大の日本人研究員 2010年2月24日付朝刊29面 iPS細胞:薬品投与で作成成功 遺伝子やウイルス使わず-米ハーバード大チーム 2010年2月24日付朝刊42面 「iPS細胞 化学物質だけで作製 米大、発がんリスク減も
6. 2010年5月1日付東京版朝刊2面 iPS細胞を使って C型肝炎治療法発見」、同日付大阪版朝刊2面「iPS活用 初の創薬 C型肝炎 副作用少なく 東京医科歯科大など成功 PASS PASS
7. PASS 2012年2月22日付大阪版朝刊6面 肝臓がん:治療薬に「+糖尿病薬」で効果向上 ハーバード大チームが確認 PASS
8. 2012年7月28日付朝刊 卵巣の一部 凍結保存→4年後妊娠 米大学など成功 2012年8月4日付朝刊27面 卵巣凍結:がん治療後妊娠 2年後目標に「実用化」 東大・ハーバード大が開発 PASS
9. 2012年10月付朝刊1面 iPS心筋移植初の臨床医適用 ハーバード大日本人研究者 PASS PASS

ここでもう一度確認しておきますが、森口氏は1999年11月から2001年1月初旬までは「ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院客員研究員」であったとはハーバードも確認していますが、以後はまったく無関係と公式に表明しています。この記事でもっと古い2009.7.9時点ではハーバードとは研究員どころか無縁の存在です。
この2009年以前の森口氏とメディアの関係は不明ですが、2009年7月からでも計9本のネタに登場しています。一昨日はNo.9とNo.3は掘り起こせましたが、他はどうであろうです。なにぶん古いのも多いので探せるだけ探してみます。

■No.1のエピソード関連
同じ記事をなかなか探せ出せなかったのですが、まず関連記事が見つかりました。2009.12.19付タブで、
米科学誌「サイエンス」が19日号で発表する今年の「科学的進歩ベスト10」で、山中伸弥・京都大教授が開発した人工多能性幹細胞(iPS細胞)に基づく「細胞の再プログラミング(初期化)」が1位に選ばれた。
 具体的には米ハーバード大が成功した「難病患者細胞からのiPS細胞作成」。同大のチームは、筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)、1型糖尿病などの患者の細胞をiPS細胞にした。
日付からして1年の総集編的な内容ですが、7月時点でハーバード大が難病患者からのiPS細胞の作成に成功した事実です。ここで問題は肝がん細胞からの実験を行っていたかです。2008.9.1付再生医療が描く未来にはハーバードの実験を詳しく解説されています。正直なところ読んでも頭痛がする専門レベルなのですが、この時には10種類の難病に実験を行ったとなっています。
Daleyらは、アデノシンデアミナーゼ欠損による重症複合免疫不全症(ADA-SCID)、Shwachman-Bodian-Diamond症候群(SBDS)、3型ゴーシェ病(GD)、Duchenne型筋ジストロフィー(DMD)、ベッカー型筋ジストロフィー(BMD)、パーキンソン病(PD)、ハンチントン病(HD)、若年性1型糖尿病(JDM)、ダウン症/21番染色体トリソミー(DS)、レッシュ・ナイハン症候群(キャリアの状態)(LNSc)の10種類の難病患者からのiPS細胞樹立を試みました。
2009年12月の時点でサイエンスが評価した「難病患者細胞からのiPS細胞作成」の難病の中には肝がんは入っていないと見れます。では肝がん細胞からiPS細胞は実際に作れるかです。これは私の知見では不明ですが、やっとこさ元記事を見つけました。

タブ 日経
iPS細胞:肝がん細胞から作成 ハーバード大の研究チーム成功 『がん幹細胞』からiPS細胞 米大など成功 新治療法の開発も
人工多能性幹細胞(iPS細胞)を、肝臓がんの細胞から作ることに森口尚史・米ハーバード大研究員らが世界で初めて成功した。

できたiPS細胞から正常な肝臓の細胞も初めて作成した。

iPS細胞はさまざまな細胞になるが、その過程でがん化するのが課題になっている。

研究チームは得られた細胞の分析から、がん化を防ぐ遺伝子の働きを解明したといい、再生医療の実現に向けた一歩になると注目される。 米ハーバード大の森口尚史研究員と東京医科歯科大などは、がん細胞を作り続ける「がん幹細胞」を使って新型万能細胞(iPS細胞)を作り、これを正常な細胞に変化させることに成功した。新療法につながる成果で8日からスペインで始まった国際幹細胞研究学会で9日発表する。

がん幹細胞はがん細胞のうち、自己複製しながらがん細胞を作り続ける少数の細胞。抗がん剤が効きにくくがんの再発原因とみられている。

例の心臓移植記事で何故に肝癌治療のために取り出した肝臓癌を含む肝細胞から「わざわざ」iPS細胞を作成したのか疑問でしたが、森口氏のiPS細胞作成手法は肝癌細胞から作ることが必要であった事がわかります。

■No.2のエピソード関連
当時の読売記事がなんとか見つかりました。
 遺伝子と化学物質を使う手法をとった。新たながん治療につながる成果で、2日から米ボストンで開かれる幹細胞シンポジウムで発表する。
 研究チームは、がん細胞の7割近くを正常な細胞に変えられる2種類の化学物質を発見。がん細胞の一部を正常な細胞に変える能力を持つ遺伝子とともに、人のがん細胞を移植したマウスの肝臓に導入した。
 その結果、マウス8匹はすべて8週間生きており、がん細胞の85~90%は見た目も性質も正常な細胞となっていた。一方、何も導入しなかったマウス8匹は、がんによって3週間以内に死んだ。
 森口研究員は「今後はiPS細胞から作った肝臓の細胞を使って、より副作用が少なく治療効果の高い化学物質の投与量を探りたい」としている。
(2009年9月2日8時52分 読売新聞)
これも額面通りなら凄い研究です。推測を入れますが、7月時点で肝臓癌細胞からiPS細胞を作成する技術をさらに応用しているものと考えられます。肝臓癌に対して行った治療として、
がん細胞の7割近くを正常な細胞に変えられる2種類の化学物質を発見
がん細胞の一部を正常な細胞に変える能力を持つ遺伝子とともに
これらを肝臓癌由来のiPS細胞に組み込んで注入したら著効を示した「らしい」事を伝えています。しっかし「がん細胞の7割近くを正常な細胞に変えられる2種類の化学物質」の発見だけでも偉大な成果と思うのですが、詳細については確認できていません。これについてはタブも日経も掲載しています。

■No.3のエピソード関連
これは昨日もやったので簡単にしておきますが、上記2つのエピソードを踏まえた上で、「オレは山中並、いやそれ以上のレベルで研究をやっている」ぐらいの有識者コメントと解釈できます。

■No.4のエピソード関連
記事が見つかりました。
山中iPS「安全」で軍配、米の手法よりがん化少なく…ハーバード大研究
 山中伸弥・京都大教授らによるヒトiPS細胞(新型万能細胞)の作製技術は、米国で開発された方法よりもiPS細胞ががん化しにくいことが米ハーバード大の研究でわかった。近く米国肝臓学会誌で発表する。山中教授の技術は今月、国内特許が成立し、実用化に向けて弾みがつきそうだ。
 従来は、3月に米ウィスコンシン大のジェームズ・トムソン教授らが発表した、染色体に入り込まない方法で、7種類の遺伝子を細胞に入れる方法がより安全とみられていた。山中教授の方法は染色体に3種類の遺伝子を挿入するため、染色体を傷つけたり、遺伝子が残ったりして、がんになりやすいと指摘されていた。
 iPS細胞は、そのまま移植すると、様々な細胞に変わる能力を持つ証拠として、細胞が混ざった奇形腫(しゅ)を形成する。
 ハーバード大の森口尚史研究員はヒトiPS細胞をマウスに移植。奇形腫の悪性度を示す血管密度を測定した。
 山中教授の方法によるiPS細胞13個からできた奇形腫はすべて良性だったが、トムソン教授の方法による4個のiPS細胞のうち2個からできた奇形腫は、血管密度が約2倍高かった。
(2009年11月29日 読売新聞)
ここでの森口氏の活躍は
 ハーバード大の森口尚史研究員はヒトiPS細胞をマウスに移植。奇形腫の悪性度を示す血管密度を測定した。

 山中教授の方法によるiPS細胞13個からできた奇形腫はすべて良性だったが、トムソン教授の方法による4個のiPS細胞のうち2個からできた奇形腫は、血管密度が約2倍高かった。
ここでは森口氏がハーバードで山中教授の手法の検証の主体的研究者のような扱いになっています。記事の構成からすると、前半部は山中教授の業績を伝えていますが、後半部はその功績について読売記者が「ハーバード研究員」であり、同じiPS細胞の権威である森口氏に問い合わせたんじゃないかの形跡も考えられます。

■No.5のエピソード関連
3社の記事を表にしておきます。

読売 タブ 日経
肝臓がん細胞からiPS作製 米大の日本人研究員ら iPS細胞:薬品投与で作成成功 遺伝子やウイルス使わず--米ハーバード大チーム iPS細胞、化学物質だけで作製 米大、発がんリスク減も
  肝臓がんの細胞に低分子化合物を加えるだけで、人間のiPS細胞(新型万能細胞)を作り出すことに成功したと、米ハーバード大の森口尚史研究員らが23日、東京で開かれた国際会議で発表した。遺伝子操作を伴わない安全なiPS細胞の作製につながる方法で、再生医療の実現に向けた一歩として注目されそうだ。

 山中伸弥・京都大教授が開発したiPS細胞の作製方法は、皮膚細胞などに3~4種類の遺伝子を導入する。この方法では細胞の染色体が傷ついたり、発がん性のある導入遺伝子が細胞内に残留したりし、がん化しやすいのが課題だった。

森口さんらは、肝臓がんの細胞では元々、必要な遺伝子が過剰に働いていることに着目。化合物や抗がん剤で遺伝子の働きを10分の1~3分の1に抑えて正常な肝臓細胞に近い状態にした後、遺伝子の働きを少し元に戻すとiPS細胞ができた。がん細胞は染色体の数などに異常があるが、作られたiPS細胞は正常で、肝臓や腸管、筋肉などの細胞に変化させることができた。  遺伝子やウイルスを使わずに医薬品を投与して、がん細胞のもとからヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作ることに、米ハーバード大の森口尚史研究員らが成功した。医薬品の投与のみで作成したのは初めて。ウイルスが細胞内にある遺伝子を傷つけるなどの弊害を回避できる可能性がある。23日、東京都で開催中の国際会議で発表した。また、大学は特許出願の手続きを始めた。

 iPS細胞はさまざまな細胞になるが、がん化が課題になっている。チームはその仕組みを探る一環で、肝がん細胞の元である「肝がん幹細胞」に、2種類の抗がん剤の新薬候補物質を加えたところ、2日後にはほぼ正常な肝細胞に変化することに気付いた。

 また、この肝細胞に、山中伸弥・京都大教授が発見した遺伝子の働きを活性化させる別の抗がん剤4種類を4日間投与すると、2週間後にiPS細胞ができることを発見した。

 元の肝がん幹細胞は多くの染色体に異常があったが、iPS細胞になるとすべて正常化し、iPS細胞と同じように分化することも確かめた。肝がん幹細胞を肝細胞に戻した方法を応用すると、新しいがん治療薬の開発につながる可能性があるという。

 遺伝子などを使わないヒトiPS細胞作成法としては、米国の別チームが、山中教授が発見した遺伝子が作るたんぱく質を体外で作り、細胞内に入れる方法で報告している。  米ハーバード大学の森口尚史研究員らはヒトの細胞に化学物質だけを入れることで新型万能細胞(iPS細胞)を作ることに成功した。京都大学の山中伸弥教授らのiPS細胞は特定の遺伝子を必要とするので、がん化する場合があった。化学物質だけなら発がんリスクが小さくなる可能性があり、iPS細胞の安全性向上につながりそうだ。

これは読まれれば判るように2009年7月の2009年9月のエピソードの延長線上であるものが確認できます。ここまでの森口氏の業績を少しまとめておくと、
山中教授とは別の手法で肝臓癌細胞から安全性の高いiPS細胞の作成に成功した
臨床応用としてマウスの肝臓癌に対する画期的な治療法を開発した
日本に山中教授がいれば、ハーバードには森口氏ありと言う感じでしょうか。

■No.6のエピソード関連
これも記事が見つかりました。

読売東京朝刊 読売大阪朝刊
iPSでC型肝炎治療法発見、副作用検査に活用 iPS活用 初の創薬…C型肝炎 副作用少なく 東京医科歯科大など成功
 ヒトのiPS細胞(新型万能細胞)などを使って、C型肝炎を治療する効果的で副作用も少ない薬の組み合わせを見つけ出すことに、森口尚史・米ハーバード大学研究員らと東京医科歯科大学のグループが成功した。

 ヒトiPS細胞を創薬研究に活用した初のケースとして注目される。成果は米国肝臓病学会誌で発表した。

 難治性C型肝炎の治療ではインターフェロンとリバビリンの同時投与が一般的だが、インターフェロンには発熱やうつ症状、リバビリンには重い貧血などの副作用があった。

 森口研究員らは既存の治療薬など10種類から2~3種類を選択。C型肝炎ウイルスに感染した肝臓の培養細胞に同時投与して薬の効果を調べる一方、ヒトiPS細胞から作った心筋や肝臓の細胞にも同様に加えて薬の副作用を調べた。

 その結果、量を4分の1に減らしたインターフェロンと、高脂血症治療薬、臨床試験中の肝がんの新薬の計3種類を組み合わせて使うと、ウイルスは10%以下まで急減。iPS細胞由来の心筋の拍動や肝臓細胞へのダメージも少なかった。C型肝炎ウイルスが感染するのはヒトとチンパンジーだけなので、動物実験による研究が難しかった。 ヒトのiPS細胞(新型万能細胞)などを使って、C型肝炎を治療する効果的で副作用も少ない薬の組み合わせを見つけ出すことに、森口尚史・米ハーバード大学研究員らと東京医科歯科大のグループが成功した。ヒトiPS細胞を創薬研究に活用した初のケースとして注目される。米国肝臓病学会誌で発表された。



難治性C型肝炎の治療はインターフェロンと抗ウイルス薬リバビリンの同時投与が一般的だが、インターフェロンには発熱やうつ症状、リバビリンには重い貧血などの副作用があった。

森口研究員らは既存の治療薬など10種類から2~3種類を選択。C型肝炎ウイルスに感染した肝臓の培養細胞に同時投与して薬の効果を調べる一方、ヒトiPS細胞から作った心筋や肝臓の細胞にも同様に加えて薬の副作用を調べた。

その結果、量を4分の1に減らしたインターフェロンと、高脂血症治療薬、臨床試験中の肝がんの新薬の計3種類を組み合わせて使うと、ウイルスは10%以下まで急減。iPS細胞由来の心筋の拍動や肝臓細胞へのダメージも少なかった。C型肝炎ウイルスが感染するのはヒトとチンパンジーだけなので、動物実験による研究が難しかった。

2010年5月の記事ですが、この記事の特徴はハーバードではなく日本が舞台になっている事です。ハーバードの研究員と言っても謂わば”one of them"で「あのハーバードならそれぐらいやっているかもしれない」があります。しかし舞台が日本となると、かなり狭くて近いネットワークになります。この件については、2012.10.12付産経が簡潔に伝えています。
 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の臨床応用問題で、東京医科歯科大学は12日記者会見し、森口尚史氏と同大がiPS細胞を使ってC型肝炎の治療法を見つけたとする読売新聞の平成22年の記事について、「このような実験及び研究が行われた事実はない」と発表した。
 この記事は、同年5月1日付朝刊(大阪版)の「iPS活用 初の創薬」という記事。ヒトのiPS細胞などを使って、C型肝炎を治療する効果的で副作用も少ない薬の組み合わせを見つけ出すことに、森口氏と同大が成功したと伝えた。
つまりは公式に事実無根と確認されたたです。

■No.7のエピソード関連
これもありました。
肝臓がん治療薬に「+糖尿病薬」で効果向上 ハーバード大チームが確認
 効かないケースが多い肝臓がんの治療薬に糖尿病の治療薬を加えたところ、がん細胞を死滅させる効果が向上することを、森口尚史・米ハーバード大客員講師(幹細胞医学)らのチームが突き止めた。併用によって異常細胞が死滅するアポトーシス機能が復活した。肝臓がんは切除しても再発しやすく、手術後の効果的な治療薬になる可能性が期待されている。21日付の英科学誌ネイチャーの姉妹誌サイエンス・リポーツ(電子版)で発表した。
 肝臓がん再発予防薬「非環式レチノイド」(ACR)は効き目が表れない患者が多く、国内では未承認。チームは、米国人患者10人のがん細胞を調べたところ、ACRが効きにくい6人の細胞で、共通の酵素が大量に発生するのを確認した。
 この酵素がACRの効き目に影響しているとみて、酵素の生産を抑える薬剤を検討。糖尿病の合併症治療薬「ゾポルレスタット」をACRと合わせて6人のがん細胞にかけたところ、3日目までに正常な細胞に近い状態になってアポトーシス機能を取り戻し、6日目までに全て死滅した。ACRはがん細胞から排出されやすく、排出を促進する酵素を糖尿病治療薬が抑制したと結論づけた。
 チームは今後、米国内で臨床研究を実施する。森口客員講師は「正常な細胞に影響を与えず、がん細胞のみを死滅することができる。大腸など他のがんでも調べたい」と話している。
これが有効であるかどうか御存知の方は情報下さい。

■No.8のエピソード関連
記事を出します。

読売 タブ
卵巣の一部 凍結保存→4年後妊娠 米大学など成功 卵巣凍結:がん治療後妊娠 2年後目標に「実用化」 東大・ハーバード大が開発
女性がん患者の卵巣の一部を凍結保存して、がん治療の約4年後に解凍し、体外受精によって女性が妊娠することに、米ハーバード大学などが成功した。

不妊になるおそれがある治療を受ける女性患者への応用が、期待される成果。科学誌ネイチャー・プロトコルズなどに28日発表した。

がん治療では、抗がん剤投与などの副作用で女性患者が不妊になることがある。卵巣全体を凍結保存し治療後に移植する手法は、 がん細胞が混ざっている危険性がある。卵巣の一部や卵子の従来の凍結保存は、妊娠しにくいなどの問題がある。

同大の森口尚史客員講師らは、子宮頸 ( けい ) がんの 女性患者から卵巣の一部の「皮質 ( ひしつ)」を採取。 新開発した冷却装置を用いて、氷点下5度になっても水が氷に変わらない「過冷却」という状態で20分間おいた。その後、同140度まで冷やした状態にして保存した。

抗がん剤で女性が治ったことが確認された約4年後、卵巣皮質から卵子のもとを取り出し、女性の卵管へ移植。卵子に成長した後に取り出し、夫の精子との体外受精を経て女性は妊娠した。

今回と従来の凍結方法で、卵子のもとの遺伝子の働き具合を比べた。従来法は特定の九つの遺伝子の働きが低下したが、新手法は活発に働いており保存前とほぼ同じだった。  卵巣の一部を凍結保存し、不妊治療に生かす新しい手法を、東京大と米ハーバード大のチームが開発した。

食品の冷凍保存などに普及している「過冷却」を応用し、細胞を安全に凍結できるのが特徴で、がん患者が薬や放射線治療による不妊のリスクを回避し、治療後の生殖補助医療を受けやすくなるという。

チームは2年後を目標に日本の大学病院などで、この方法が利用できるよう体制を整える計画だ。

 ハーバード大の森口尚史客員講師(幹細胞医学)らは08年、子宮頸(けい)がんと診断された20代後半の米国人で治療前に腹腔(ふくくう)鏡手術を実施し、卵巣の表面を1センチ角の大きさで40枚分切り取った。がんの治療後、凍結保存しておいた一部を解凍し、卵母細胞(卵子のもと)70個を採取。このうち5個を女性の卵管内で24週間育てたところ、成熟した卵子5個を得た。女性はこの卵子で体外受精に成功し、現在妊娠中だという。

 がん患者が治療後の妊娠・出産を希望する場合、既婚女性なら夫婦の受精卵を凍結保存しておけるが、未婚の場合は卵子か卵巣組織を凍結するしかない。だがこれらは凍結に弱いうえ、卵子は採卵の負担が大きく、卵巣組織の場合はまぎれ込んだがん細胞が移植後に再発する可能性を否定できなかった。

 過冷却は野菜などを凍結するのに広く使われ、卵巣組織を健全に冷凍できる。

 健全な卵母細胞を選んで体内に戻すので、がん再発の心配もないという。

これもこういう実験が実際に行われていたかどうかについては情報下さい。ただし森口氏がハーバード側のリーダーとして活躍していた事はありえないとさせて頂いてもう宜しいかと存じます。

■2009年以前
一つだけ見つけました。2006.02.28読売東京夕刊(22頁)より、
抗がん剤イレッサ 延命効果、遺伝子が決定 東大助教授「無駄な投与回避も」
 副作用が問題となっている肺がん治療薬「イレッサ」(一般名ゲフィチニブ)が効くかどうかを決める遺伝子の変異を森口尚史・東大先端科学技術研究センター助教授らがほぼ特定した。延命効果を期待できる患者は、この遺伝子変異がある人か、非喫煙者に絞られるという。無駄な投薬の回避につながる可能性がある。英医学誌「ランセット」に発表した。
 同センターとソウル大医学部、東京医科歯科大の共同研究で、対象患者は、韓国人、中国人、台湾人計135人。腺がんなどの非小細胞肺がんの進行期にあって、他の薬物療法で効果が得られずにイレッサを使った患者を抽出し、個々のデータを詳しく分析した。
 注目したのは、細胞の増殖などを制御するL858Rと呼ばれるたんぱく質の遺伝子の変異。この変異がある患者の平均生存期間は22か月で、変異がない患者の9・3か月と比べて1年以上の延命効果が確認された。非喫煙者の場合は平均生存期間は24・3か月で、喫煙者の7・4か月より3倍以上長かった。
 森口助教授によると、L858Rの変異は、喫煙者にはほとんどみられない。喫煙歴のある非小細胞肺がんの患者に過剰に現れるAKR1B10という分子が遺伝子変異を抑え、イレッサの効果を激減させている可能性もあるという。
この記事自体はランセットに投稿採用されているようですし、ある程度東京大学先端科学技術研究センターの「本業」としても矛盾はないと考えています。つうか元はこれが本業ではないかと思わせる内容です。

■幻のハーバード森口研究室
研究者と言うのは地味なものです。ほんの一握りの日の当たる者以外は非常に地味です。地味とは活躍以前に身分が不安定であり、給与が安いです。真に才能があり時運に恵まれた者は、これを逆手にとって、それこそ世界の檜舞台に飛び出しますが、その次のクラスになると科研費の配分に一喜一憂し、さらのその下になると配分された科研費で自分が来年も雇われるだろうかを真剣に心配する世界になります。
森口氏もそういう日の当たらない研究者であっただろうとは十分に推測されます。そこに何かの拍子でマスコミとコネが出来たです。これが2006年の読売記事であるかどうかは不明ですが、とにかく何かの取材のついででもコネが出来たです。こういう有識者へのコネはマスコミ側も大事にしており、拾えるものは可能な限り拾っておく方針はあるそうです。そういう点で森口氏は東大の金看板を背負っており、マスコミ側にしても使いやすいタイプです。
でもって憶測なんですが、マスコミに自分の経歴を説明したとは思います。マスコミも有識者を紹介する時の基礎データとして必要なものです。森口氏がハーバードの附属病院の一つに短期ですが客員研究員として見学に行っていたのは事実です。言い様によっては短期留学と出来ない事もありませんが、それだけでは自分の肩書きの売り物にするのにチト寂しいと思ったような気がします。そこで出そうなのが、
元は短期の予定だったんだが、向こうに是非にと頼まれて・・・
ちょっと話を膨らませたです。この辺は話術もあり、記者はすっかり信じ込んでしまったです。一般記者程度なら捻るぐらいの専門知識もあるでしょうし、ハーバードも2ヵ月足らずですが実際に行っていた訳ですから、リアリティのありそうなお話を紡ぐ事は可能と思います。森口氏にしても、ある程度はその場限りの話にするつもりだったかもしれませんが、これがしっかりマスコミにインプットされてしまったです。
マスコミ価値的には東大の研究員とか特任助教授よりも「ハーバード研究員」の方が高いぐらいでしょうか。そのため有識者のコメンテーターとしてハーバード研究員の肩書きを重視されていったです。ハーバードに確認すれば良いようなものですが、ある時点まではとにかくハーバードの有識者が手頃にいるで満足しきってしまったです。

この自称ハーバード研究員が次のステップに進んでしまったのは、記者からの、
ハーバードで何を研究しているか
これも最初は「今は○○博士の下で・・・」ぐらいでお茶を濁していたんじゃないかと思いますが、お茶を濁しきれなくなってヒョイと選んだのがiPS細胞です。当初はES細胞(iPSとESの違いについては省略します)とも呼ばれていましたが、今に至るホットな研究テーマです。たぶん選んだのは記者でも「最先端だ!」と思わせる効果があり、当時のES細胞研究は倫理の問題もあり日本でそんなに進むとは思わなかったのもあるかもしれません。
ところが山中教授が猛烈な勢いで伸びてきます。山中教授の研究がメジャーになるにつれて、ハーバード研究員の森口氏への取材が増えるになったと思われます。そうなればiPS細胞関連の知識を本気で導入する必要があります。自分の嘘がばれないようにするには、そうするしかなくなります。結局のところ今さら、実は嘘でしたは言えない状況に追い込まれたです。
まあ、記者に最先端のiPS細胞研究を行っているハーバード研究員と信じられている立場が心地よく、捨てがたかったんじゃないかとも推測します。バレれば今度はなんとかしがみついている東大研究員の地位も危なくなるです。

これが飛躍と言うか突き抜けてしまったのが2009年ではなかろうかは記事内容から推測できます。森口氏は自らを山中教授のライバルに仕立て、ハーバードに幻の森口研究室を作り上げてしまったと考えます。ある種の妄想ですが、妄想は確固たるものになると本人の自覚として間違いなく存在するものになります。またその妄想は巧みに現実世界とマッチさせるようになります。
2009年からの一連の記事を読んで判るのは、一般記者レベルが信じるに足りるほど整然としている事です。もう一度追いかけておくと、
山中教授とは別の手法で、肝癌細胞からより安全性の高いiPS細胞を作る手法を確立した
その肝癌細胞から作り出したiPS細胞を使った実験でマウスの肝癌に驚異的な治療効果をあげた
さらにC型肝炎治療に効果をあげた
iPS細胞に糖尿病薬を組み合わせるとさらに肝癌治療の効果があがった
心臓への人体移植が成功した
研究の発展として無理なく連続して広がっています(そうはうまく進めものかの批判はともかく)。iPS細胞の応用範囲がなぜに肝臓関連ばかりなのかとも言われそうですが、それこそ「今の研究テーマだ」とされれば、発端は肝癌細胞からのiPS細胞作成ですから、なんとなく納得してしまうです。
実は心臓移植の前に新ネタを導入しています。卵細胞の凍結復活技術です。これはiPS細胞と一見関係がなさそうですが、前にも紹介しましたがモトネタは2011年の、
小児癌治療を支える磁場下過冷却凍結技術の開発 (解説特集 外科医を支援する生体医工学)
この技術に関しましては既存のものであるそうで、この論文自体はそれなりに真っ当だとされています。ただまとめにかえてに
 今後は特にヒトの細胞・組織・臓器ごとに最適な冷却条件および解凍条件の解明を更に進め、磁場下過冷却凍結装置の臨床応用を実現すべく、トランスレーショナルリサーチ(橋渡し的研究)を実施する予定である。
この橋渡し的研究を担ったのが幻のハーバード森口研究室です。人間の卵細胞の話になったのは、これもまとめにかえてにありますが、
ラットの卵巣やラットの各種組織あるいはヒトiPS細胞の磁場下過冷却凍結実験から、変動磁場の過冷却に対する有効性が示唆された。
ラットの卵巣を実験で取り扱ったための見ます。幻のハーバード森口研究室は人体での成功を2012年に発表している事になります。かくして森口氏にはiPS細胞と過冷却の2つの技術を獲得した事になり、これが心臓移植に結実します。問題の記事構成を読み直してみると、

事柄 解説
肝癌患者である 森口法のiPS細胞作成に肝癌細胞が必要
肝移植患者である
肝移植後に心臓病変 移植手術からiPS細胞心臓移植までの時間が発生
特殊な冷却装置 肝癌細胞を保存する森口法の冷凍保存技術

これまでの幻のハーバード森口研究室の成果が綺麗に網羅されています。専門家が読めばそれなりに矛盾点はあるでしょうが、一般記者なら山中教授に匹敵するような大研究者であると錯覚してもおかしくありません。キチンと年数をあけて並べていますから、話の展開に違和感をあんまり感じなかったんじゃないかです。

一部情報では幻のハーバード森口研究室による研究成果・臨床成果は森口氏自身がマスコミに売り込んでいたとされます。今回の心臓移植も幻のハーバード森口研究室による臨床成果です。これもわざわざ山中教授がノーベル賞を取った直後にやる杜撰さを私も指摘しましたが、森口氏の幻想の中では山中教授如きにノーベル賞は無理であり、相応しいのはオレ以外にないであった気もしています。
心臓移植の話もノーベル賞の前に売り込みがあったとされます。森口氏が計算外であったのは山中教授が本当に受賞してしまった点でしょう。山中氏の受賞さえなければ、私だって「アメリカはやるなぁ」ぐらいの感想を持っていたであろうと白状しておきます。山中教授が受賞してしまったが故に一面記事を飾る羽目になり、一面を飾ったが故に「ちょっと待った」になったわけです。
山中教授の受賞さえなければ掲載されても科学記事の小さな特集ぐらいの扱いであった可能性はあり、その程度なら従来通り「誰もが見逃していた」可能性は高いと思っています。森口氏も誤報に長年気が付かなかったマスコミを積極的に擁護する気はサラサラありませんが、身許確認と言う基本の重要さを改めて感じました。
よくある詐欺話の常套手段は、自分の身許を確認させずに相手を信用させてしまうのがあります。そのために舞台設定とか、もっともらしい書類をデッチあげて、後は巧みな話術で相手を騙してしまうです。考え様によっては2009年から5年ぐらいマスコミも、医療関係者も、世間も騙していたのですから、かなりの手腕があったのだけは間違いありません。
ただし本当の詐欺師ではないと考えています。本当の詐欺師であれば、詐欺芝居は商売のための手段であり、目的は金品を騙し取る事です。騙し取れば後はドロンです。森口氏の場合は手段が目的化した状態のように思えてなりません。そこまでやったのは・・・メディアのスポットライトを浴びる魔力でしょうか。電波芸者の特殊な類型なのかもしれません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「死の間際、これしかなかった」iPS心筋移植
 ハーバード大の森口尚史客員講師


http://newsworlds.blog129.fc2.com/blog-entry-2928.html

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2012/10/11(木) 17:12:46.48 ID:???
あらゆる種類の細胞に変化できるiPS細胞(新型万能細胞)から作製した心筋細胞を使い、
世界で初めて臨床応用した米ハーバード大学の森口尚史(ひさし)客員講師(48)は10日、
この画期的な治療法を学会発表するため訪れたニューヨーク市内で本紙のインタビューに
応じた。

「患者さんは死の間際にある人たち。これしかなかった。この移植は確立したばかりの技術だが、
患者さんの利益を考え、医者として前に進まなければならないこともある」と細胞移植を決断した
心境を語った。

森口氏によると、この男性患者(34)は、かつて肝臓移植を受けたうえ、重症心不全や
糖尿病を発症し、他の治療法がなくなった。
そこで、患者の肝臓から採取した細胞からiPS細胞をつくり、培養で大量の心筋細胞にして
心臓に注入した。この心筋細胞は患者の心筋と同等の機能をもつことを事前に確かめた。
培養は約45日でできた。

この治療に関係する研究費用は約1億5000万円。起業投資家から集めた。
森口氏は、「日本では税金が使われるから、成果を上げなければならないが、こちらでは
投資家がリスクをとってくれる」「日本では、いろいろな規制があって実施できなかっただろう」
と、新しい医療技術に対する日米の制度の違いを指摘。
研究者側についても、「日本にも優秀でやる気のある人はいるが、結集しにくい。懸命に働き、
本気で声を上げなければいけない」と述べた。

森口氏は成功の背景として、「少人数の機動的な研究チーム」の結成を挙げた。
同大やマサチューセッツ工科大で機械工学を学ぶ大学院生ら5人ほどが積極的に研究に参加し、
心筋細胞の増殖に必要な「過冷却」技術を提供したうえ、この治療に関係する研究費用の調達を
一手に担った。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20121011-OYT1T00882.htm?from=top
10日、ニューヨーク市内で読売新聞のインタビューに応じる森口氏

ーーーーーーーーーーー

服部順治 ‏@JunjiHattori

読売のスクープ:「iPS細胞の患者への移植成功」で嘘をついた(?)森口 尚史東大先端科学技術研究センター特任助教授(東京医科歯科大看護学卒の看護士):東大の削除されたページ



森口 尚史東大先端科学技術研究センター特任助教授は
結局、東京医科歯科大学医学部保健衛生学科看護学専攻を卒業しており
看護士として手術に参加?

ハーバード大学の裏で患者をモルモットに実験的に行う
治験の実態をしゃぺっただけなのかも?


ネットゲリラより http://blog.shadowcity.jp/my/2012/10/post-1324.html

森口 尚史東大先端科学技術研究センター特任助教授
東京医科歯科大学医学部保健衛生学科看護学専攻


これまでの流れ

iPS細胞を使って世界初の臨床応用、心臓手術に成功していた日本人研究者(森口尚史氏)がいた!スクープ!(読売夕刊1面ブチ抜き)
       ↓
夕方のニュースで、日テレのNEWS ZEROで大々的に特集
       ↓
他のマスコミも次々に報じる
 ttp://s.cyrill.lilect.net/uploader/files/201210120305140000.jpg
       ↓
山中教授などは信じられない感じで報道の内容を訝る

 (雲行きが怪しくなる)

森口氏が治療を行ったというマサチューセッツ総合病院が報道を否定、承認したというハーバード大学なども否定
       ↓
ハーバード大学との関係は1ヶ月の客員研究員でしかなく東大などで語っていた経歴にも疑惑が広がる
       ↓
ロックフェラー大学などで展示されていた研究結果が疑義があると撤去される
       ↓
東大がかつて特任助教授として在籍していた時のHPプロフを削除・逃亡、無関係を装う(2chねらに魚拓を取られる)
       ↓
毎日新聞、産経新聞などが疑惑報道
       ↓
読売新聞全ての記事をウェブ上から削除、逃亡。その他の釣られたマスコミも記事削除、逃亡
       ↓
森口氏がそもそも医者ではなく単なる看護師だったことが発覚 →本人は医師としてのプライドを読売新聞で語っていた(笑)
       ↓
数年前、森口氏が山中教授に研究予算が重点配分されてることに文句をつけ嫉妬しまくっていた記事を2chねらが発掘 ←今ここ




http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:1vhKYQBzRgEJ:www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/people/staff-moriguchi_hisashi.html+&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

特任助教授
森口 尚史
Associate Professor MORIGUCHI, Hisashi
次世代知的財産戦略研究ユニット

E-mailhisashi@ip.rcast.u-tokyo.ac.jp
Office56号館3階303号室
Tel 03-5452-5327
FAX 03-5452-5280
Link先端研 システム生物医学ラボラトリー 分野紹介のページへ
先端研 システム生物医学ラボラトリーのサイトへ
先端研 知的財産権分野のサイトへ


1995年3月 東京医科歯科大学 大学院医学系研究科修了

1995~1999年 財団法人医療経済研究機構主任研究員・調査部長 ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院客員研究員

1999年8月 東京大学先端科学技術研究センター知的財産権大部門研究員

2000年10月 東京大学先端科学技術研究センター客員助教授

2002年4月 東京大学先端科学技術研究センター特任助教授
研究分野:
先端医療技術評価研究:
主に、消化器病・肝臓病や循環器病、癌に関する先端医療技術の評価研究を学内外の医療・研究機関と共同して実施し、それらの疾患に関する現時点での「最適治療戦略」を臨床現場に提示している。また同時に先端医療技術のみならず既存の医療技術についても戦略的な評価を行い、それらに対する新たな臨床価値を見出す研究も実践している。
当研究室は特に消化器病学・肝臓病学に関するClinical Practice研究(Clinical Management Strategies, Epidemiology,Technology Assessment)に関しては世界のトップクラスであると評価されている。研究成果についてはGastroenterology, Hepatology, Lancet, N Engl J Medといった世界のトップ医療誌や学会で逐次発表している。
最近の主な成果としては、Clinical Genomics(臨床ゲノム科学)データ・患者QOL(生活の質)データ及び治療データを元に「難治性HCV患者に対するオーダーメイド医療戦略」を世界で初めて提示した。
また更に、難治性HCVに対するClinical Genomicsを用いた画期的な治療薬の開発戦略をデザインしている。

次世代医療・知的財産政策研究:
日本では、最近の「混合診療問題」や「抗がん剤承認問題」などの医療政策上の重要問題に関して相変わらず皮相的かつ定性的な議論がなされている。当研究室では上記1の研究を基盤にし、臨床的に有用であり、科学的根拠に基づいた「患者本位」の医療政策を医学・情報科学・経済学・知的財産権学等の「知」を総動員して探索している。
また、最近では慢性疾患に関する「疾病管理システム特許」や「医薬発明特許」に関する諸問題について学融合的に考究している。

______________________________








<追跡!真相ゼロtoZ>
~ゼロの意味する原点の意味の原因を探り
 定量的、科学的にZの行き着く先の真相に迫る~

5 ノーベルの罠:オリンピックの4年後借金返済激励に中国へ

2012/10/16 ノーベルの罠:オリンピックの4年後借金返済激励に中国へ
追跡 真相 ゼロtoZ ノーベルの罠 オリンピック 4年後 借金 返済 激励 中国





発展途上国でオリンピックを開催し
その借金返済で金融マフィアらが儲かったら
金融マフィアらの母国でオリンピックを開催。

もし借金を払えなかったらノーベル賞は与えず
IMFなど世界銀行はその国をのっとる

韓国もソウルオリンピック開催1988年の4年後、
1992年ノーベル賞の可能性?
1997年財政破綻でのっとられる。
2000年金大中がノーベル平和賞



http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-azuma/olympic.htm




原田 実 ‏@gishigaku
日本が注目され始めた時代に西欧人のイメージにあった「日本」を語る川端康成さんが受賞した賞を、
中国が注目されている時代に西欧人のイメージにあった「中国」を語る莫言氏が受賞するのはいわば必然。



1964年のニュース

東京オリンピック(とうきょうオリンピック)は、1964年(昭和39年)に日本の東京で開かれた第18回夏季オリンピック。

1968年のニュース
川端康成氏にノーベル文学賞
「雪国」「千羽鶴」「伊豆の踊子」「古都」などの作家、川端康成氏がノーべル文学賞を授賞されることになった。日本人として初めて、東洋人としては1913年に受賞したタゴール(インド)についで2人目。

2008年のニュース
北京オリンピック(ペキンオリンピック)は、2008年8月8日から8月24日までの期間、中華人民共和国の首都北京を主な会場として開催された第29回夏季オリンピックである。


@gishigaku なるほどそうですね。ちなみに1964年東京オリンピックで4年後1968年川端康成氏がノーベル文学賞受賞。2008年北京オリンピックで4年後の2012年莫言氏がノーベル文学賞受賞。お金がこれから儲かり金融の食いものにできそうな国にこの賞はあげるようです




[速報]村上春樹さん、またもノーベル文学賞受賞ならず
[これもユダヤの陰謀か?]


今年こそはノーベル賞を受賞するのではと、水面下でささやかれ続けた我らが日本の村上春樹さん。
残念ながら今回も惜しいことに受賞を逃したとのことです。山中教授に続いて欲しかったですね~
英国政府公認である賭博機関・ブックメーカーで村上春樹氏にBETした方もおおぜいいらっしゃったのではないでしょうか?

受賞したのは中国人作家の莫言(ばくげん)氏。中国初のノーベル文学賞受賞者になりました。

ところでノーベル賞受賞者の40%が世界人口0.02%のユダヤ人という現実はご存知ですか?
ユダヤ人の、ユダヤ人による、ユダヤ人のためのノーベル賞、といわれかねないですね。

などと少し大げさに書いてしまいましたが、実際のところネットでみるに諸説あるようです。

世界の人口の0.25%しかいないユダヤ人がノーベル賞の22%、

と考察するサイトもあるし、

ノーベル賞の25%がユダヤ人

と書く識者もいます。いずれにせよ、

「ユダヤ人が異常に高い割合で受賞している」

という事実があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・

wiki[より↓
ノーベル賞陰謀論
ノーベル賞制度に深謀があるとされる陰謀説、
主な論者はリチャード・コシミズ、副島隆彦、水島総、太田龍、日下公人。

ノーベル賞は「エスタブリッシュメントの世界経済コントロール政策提案に対する報償」と「反西欧エスタブリッシュメントの人間を権力側に取り込むための装置」と「特定の国家への世論操作や人為的な世論誘導」としての目的で機能しているとされる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本語でOKてな感じですが↑↑みたいな
陰謀論もでてきちゃうのも仕方ないか。

当サイトのスタンスではあくまで
陰謀に深入りするな
陰謀はネタとして楽しめ
であります。いうなればニュース記事のスパイスです。

村上春樹さんの。文学賞の分野ではさすがに陰謀臭さはないですよね。たぶん。
山中教授のIPS細胞なんかも、すばらしい研究だと思います。これを陰謀といったら全部が陰謀になってしまうよ。


その一方でノーベル平和賞、これは完全に出来レースというか、噴飯物の茶番です。たぶん。

バラク・フセイン・オバマは、世界皇帝と呼ばれるデイビッド・ロックフェラーの忠実な子分としてよく働きました。アフリカを共同体として統一し真に自立させようとする英雄カダフィ大佐を殺害し、リビアの石油利権を分捕りました。といってもこれはイギリスフランスと組んでの話ですが・・。

環境マフィアのドンであるアル・ゴアが受賞した時もあります。さかのぼって1973年にはあの忌まわしいベトナム戦争を推進したキッシンジャーが平和賞を受賞しております。

ことノーベル平和賞に関しては、世界に貧困と差別、そして戦争を広めた功績としても贈られるようです。

エスタブリッシュメントの世界経済コントロール政策提案に対する報償・特定の国家への世論操作や人為的な世論誘導とは中々言いえて妙ですね。

なにはともあれ、次回こそ、次回こそは村上春樹さんに受賞してほしいものです。





______________________________






ツイートテレビからのお願い


※寄付と「買って支援」のお願い
アマゾンから買って支援
-----

服部順治 ‏ @JunjiHattori

原発再稼動を停めようと佐賀県庁にのりこんだ山本太郎さんを
刑事訴訟した京都の行政書士の方が
なぜか半年近くも経った今頃、下記のビデオを見て、
その行政書士は幸福の科学の信者ではない、とのことで
「名誉毀損及び名誉感情侵害行為」で
慰謝料 45万700円を支払うように
こんどは私を訴えてきました。
(^_^;)

どうも小沢一郎さんと市民との対話という番組に出て
「裁判所もおかしい」と言った直後に告発している感じです。
(^_^;)

この行政書士と戦うためにも
裁判の費用が必要です。
左記の寄付欄より、
みなさんからのご支援をよろしくお願いいたします。


口座名 ツイートテレビ

■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10090 
番号 98084911

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 9808491







ツイートテレビの中継/取材/講演などの要請の場合

 ツイートテレビもこれからUSTREAM中継やこのようなツイートテレビのやり方、ブログの作り方などのお話をさせてもらったり、取材要請があれば内容に応じてUSTREAM中継などもやってここで紹介させていただこうと思います。
 2人いっしょで中継時間、講演時間1時間あたり3000円で、実費の交通費も別にいただければありがたいかと思います。
 ツイートテレビのホームページのコメント欄で非公開コメントにチェックを入れていただき、メールアドレスや取材場所、時間(できれば午後3時以降)、お話の内容などを書いて送信していただければ、ご相談に応じます。
 よろしくお願いいたします。





主に日本の話題の元ネタ(^_^;)
歴史の真実の宝庫:八切止夫デジタル無料作品集
(次世代の人達と共有し戦争を繰り返さないために)

http://rekishi.info/library/yagiri/scrn1.cgi

東京新聞(日本で一番、真実を伝えてくれる新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/
クーリエ・ジャポン(日本のメディアは本当のことを言ってくれない、っていい宣伝文句だけど疑いながらチェック(^_^;))
http://courrier-japon.net/
阿修羅掲示板 拍手ランキング (24時間) (愛国者を気取る感情的なネット右翼や工作員などのコメントは除く(^_^;))
http://www.asyura.us/hks/ranking_list.php?term=1
オリーブニュース
http://www.olivenews.net/v3/
政治ブログ 注目記事ランキング(幸福の科学や創価学会など統一教会系は除く(^_^;))
http://politics.blogmura.com/ranking_entry.html

杉並からの情報発信です
http://blog.goo.ne.jp/yampr7

BLOGOS 意見をつなぐ、日本が変わる。
http://blogos.com/

ざまあみやがれい!
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/

子どもを守ろう
http://savechild.net/

金融マフィアの意向を知ることができる主なマスコミ
サンケイニュース(元は産業経済新聞より財界や自民党、アメリカ ロックフェラー(統一教会)の意向(^_^;))
http://sankei.jp.msn.com/
読売ニュース(元は正力オーナーで戦犯で死刑確定をアメリカ側のCIAに協力することで無罪で釈放:アメリカの意向(^_^;))
http://www.yomiuri.co.jp/
毎日新聞ニュース(創価学会の聖教新聞をメインで印刷しているため創価学会の意向:統一教会の仏教部よりアメリカの意向(^_^;))
http://mainichi.jp/
NHKニュース(政府、官僚(アメリカ)側の意向を反映している:結局、アメリカの意向(^_^;))
http://www3.nhk.or.jp/news/



______________________________


世界の報道:話題の元ネタ(^_^;)

田中宇の国際ニュース解説
http://tanakanews.com/


デモクラシーナウ(市民サイドに近いアメリカのメディアでアメリカを中心に世界の市民の今を伝える )
http://democracynow.jp/

シリアニューズ(シリアからの情報 なるべく新しい情報ならこのツイッター情報
http://www.syrianews.cc/

日本語イラン ラジオ(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を日本語で解説するイラン側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.irib.ir/


新唐人テレビ日本(アメリカ、香港の人たちから見た独立系中国テレビ:客観的に中国はもちろんアメリカも見れる(^_^;))
http://www.ntdtv.jp/

人民日報日本語版(中国から見た、日本の政治社会状況などがよくわかる(^_^;))
http://japanese.china.org.cn/

中国国際放送 日本語版(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を日本語で解説する中国側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.cri.cn/index.htm

ロシアの声 日本語版(ロシアの国営放送で建前としてのロシアの現状がよくわかる:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.ruvr.ru/

ロシア トゥデイ Russia Today(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を抉り出して見せてくれるロシア側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://rt.com/

Dprogram.net(従来のプロパガンダに対抗するためのサイトでプログラムで縛られた人を解放する? (^_^;))
http://dprogram.net/




動画リンク
アメリカの「ウォール街を占拠せよ!=Occupy WallStreet」の理解のため




おすすめのガイガーカウンター(線量計)は何でしょう? 
真宗大谷派 常福寺でやってるサイトで専門家の人のお奨めです。
http://johukuji.nanaoarchive.com/top/?p=1191
1万円台では
SOEKS-01M ホットスポットなどを探すにはいい。ただβ線も測ってしまうので高めの数値を表示。正確に数値を測るにはアルミの遮蔽版が必要。
なお2011年12月だとエステー化学のエアカウンターがいいようだ。(群馬大学の早川教授もおすすめ(^_^;)
その時、必ず9800円の定価に近いロープライスを選択して買うべきです(^_^;)
でも今からだと2/3発売で性能のいいエアカウンターSを待って、7800円で買ったほうがいいかも
3万円台では
手軽に正確な値を出すのにお奨めはDoseRAE2だけど、今だとエステー化学のエアカウンターがいいようだ。
(東京都からの貸し出し用で採用している機種だけど0.30μSv/h~2.50μSv/hふらつきあり)
私も「放射線測定器 Dose RAE2を買って」 (^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://tweettvjp.blog.fc2.com/tb.php/280-467e0986

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |