ツイートテレビ ホームページ ~あなたもテレビに騙されてませんか~ ※不確実な情報も含みます(^_^;)

最新のツイッター情報から平日、朝8時頃からモーニング地球ニュースをお届けしています。ニュースの動画はYouTube,USTREAM、ツイッター、ツイキャスからもご覧いただけます。(^_^;)

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

TweetTV

Author:TweetTV
ツイートテレビへようこそ。
ここからYouTubeのニュース画面や中継画面を見ることができます。(平日、朝8時頃より放送)
※寄付と買って支援のお願い
アマゾンから買って支援
ここをクリック

 私たち市民メディアは従来のマスコミが追求できない真実を伝えています。
現在の主なテーマは 
■脱原発への道を開く政治を応援

■小沢裁判や冤罪事件を通して
司法も含む官僚体制や創価学会
金融マフィア(財閥)の陰謀を暴く
 
■世界で戦争や金融テロなどを
引き起こす金融マフィアの実態
とそれに対抗する市民活動

 2013年もツイートテレビを
サポートしていただき
明るい未来に向かった活動を
続けられるようよろしく寄付、
声援のほどお願いいたします。

2011年9月20日開局
 ツイートテレビ
めざまし政治ブログ」の服部順治と「和順庭」ブログの服部(旧姓熊木)和枝の二人だけで運営
♥なお私達11月22日の前日に結婚しました♥

口座名 ツイートテレビ

■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10090 
番号 98084911

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 9808491

最新トラックバック

12/17(月) ニュース

2012/12/17(月) ニュース

<今日のツイートテレビニュースの話題>
                                                                                                                    Font MSP ゴシック サイズ11

2012/12/17(月) ツイートTV

1 天皇エタらサンカの創価学会 憲法変えて戦争させろ!
2 安倍、橋下、石原を使い原発再稼動をすすめろ!
3 海外メディアが報じる極右政権の誕生と戦争への懸念
4 百済の天皇はサンカをクダラない奴と奴隷化し藤原と戦争







<ニュースウォッチ12:今日のニュース>
1 天皇エタらサンカの創価学会 憲法変えて戦争させろ!

2012/12/17(月) 概要 天皇エタらサンカの創価学会 憲法変えて戦争させろ!
2012/12/17(月) ツイートテレビニュース 概要 天皇エタ サンカ 創価学会 憲法変えて 戦争させろ








★マスメディア情報工作が生んだ「元の木阿弥政権」   植草一秀の『知られざる真実』
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-35c4.html

今回の選挙結果をもたらした最大の原動力はメディアの情報操作にあった。

メディアは次の情報操作を展開した。

第一は、自民党圧勝予測を流布することによって、「勝ち馬に乗る」有権者の行動を引き出したことだ。いわゆる「バンドワゴン効果」が強く表れた。

第二は、選挙結果が確定的であるとのイメージを植え付け、投票率の上昇抑制が誘導されたこと。

第三は、小沢新党に関する報道を徹底的に封殺したことだ。これに先立ってメディアは、2009年以来、3年以上の長期にわたって、小沢一郎氏に対する「人物破壊工作」を徹底的に展開した。
今回総選挙の最大の目的は、小沢新党つぶしにあったと思われる。

すべては、既得権益が「主権者国民の政治」を力ずくで破壊しようとした、その流れに沿うものである


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


維新・橋下氏は安倍氏支持=石原氏「聞いてない」―首相指名【12衆院選】


2012.12.16 21:38:39 記者 : 時事通信社 カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ : 時事通信社


 日本維新の会の石原慎太郎代表と橋下徹代表代行が16日夜、首相指名選挙への対応をめぐり、早くも食い違いを見せた。

 橋下氏が関西テレビの番組で「自公両党でこれだけ(衆院の)議席を獲得された。それに従うのが民主主義だと思う」と述べ、1回目から自民党の安倍晋三総裁に投票する意向を示唆。これに対し、石原氏はテレビ東京の番組で「それはちょっと違う。そんな話は聞いてない」と強調し、いったんは自身への投票が望ましいとの考えを示唆した。

 さらに、石原氏はこの後の記者会見で「平沼赳夫国会議員団代表(への投票)が好ましいが、党で決めることだ」と述べ、発言を修正した。 

[時事通信社]
ーーーーーーーーーーーーーーー



日本国民は国際金融マフィアの奴隷となる道を選択したのであろうか・
http://blogs.yahoo.co.jp/jun777self/10602629.html


今回の選挙に思う、

国民の民度以上の政治は望めない! ! 是は 当然至極、自明の理である。

原発や消費税増税に反対しながら、投票態度が逆であったとしたら、
原発再稼働、消費税賛成となる。

自分で選択しながら、後で選択したことをコロリと忘れる愚かな国民。

愚かな国民は選択した政権から後で手ひどいしっぺ返しを受ける事になる。その時になって後悔し文句を言っても始まらないのだ。

欺す官僚や政治家(屋)は悪人、騙かされる愚かな国民は馬鹿としかいいようがない。

馬と鹿の類いだから、人としての智慧が足りないということになる。

政治家になる悪人はそれなりに悪智慧が発達しているから、言葉巧みに馬や鹿を欺すのは簡単な事だ。小泉、竹中の似非構造改革で国民の生活がボロボロになったのに、馬や鹿はそのことをケロリと忘れてしまった。これで二度目だよ。

馬や鹿並みだから痛みを受けても学習能力がない。テレビや新聞から流されたプロパガンダ情報をそのまま受けるだけ。

だからいつか来た道は、忘れた頃にまたやってくる。

今回の選挙結果について、オバマ大統領は野田佳彦に一番感謝していると言った。

オバマは何について感謝するのか?

さらに日本の富を吸い上げ、日本国民をアメリカの植民地にするため、その先鞭をつけてくれた事に感謝、感謝。

国を売る人の事を売国奴と云う。野田は国を売るぐらいの人だから、民主党の仲間を売るぐらいは平気だったわけだ。

これから売国奴と売国奴が手を結び、世界の金融マフィアにひれ伏すための儀式が始まる。

それにしてもこのマスゴミの奴ら、あちきは絶対に彼らを許さない。

鉛筆1本でピーヒャララ。軽い軽い、余りにも軽すぎて選挙を舐めきっている。
選挙は戦争と一緒だ。命のやりとりだという自覚がないから小沢一郎の足をひっぱるのだ。

分を知れ、分を!   お前らは、貫目不足ということだ。
 
お前らが小沢一郎を使いこなすのは百年早いと知れ。

小沢一郎が全面に出てこない限り、あちきも動かない。

政治活動から撤退して、
余生を魚釣りでもして暮らすべぇー。

あちきの思いは天空さんと全く一緒ですので、下記のブログを是非御覧下さい。

★嘉田代表が50数名の議員を落選させた「小沢氏」もこの嘉田代表選びは大失敗だった「旧国民の生活が第一」のままなら現有を確保できたもを実に残念!!
是々非々に論争、天空さんのブログを是非御覧下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/jigenryu007/67591242.html

(どんどん和尚コメント)





60馬力の小さな船で友達4人と魚釣り。その時のあちきだけの釣果をアップします。



60センチぐらいのでっかいフグが2本。

安倍自民党連立政権は国際金融マフィアの傀儡政権になり、一気にファシズム体制を敷くことになる危険性が大である。

神州の泉、さんは国民の投票態度を次ぎのようにつぶやいている。
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2012/12/post-47b1.html

信州の泉さんの国民に対する戸惑いをあちきも共有しているので、その文言を一部抜粋致します。

なぜか大きな違和感が拭えない開票結果(暗黒時代到来の予感が)                         ↓↓

国民が、上記3大争点を無視して、憲法改正や国防軍に意識がシフトしていたとは思えないのである。何か、今回の推移は奇妙過ぎる。

投票が正常に数えられ、選挙結果がマスコミの報じる通りだと仮定するなら、大多数の国民はマスコミの扇動に乗り、ほとんど問題意識もなく自民党の言い分に付和雷同したことになる。

大手マスコミの洗脳効果は絶大だったということなのか。それとも何か選管がらみの大掛かりな票操作があったのだろうか。アル・ゴアとブッシュJrの件を思い出す。米国であったことは日本にも起きる。

マスコミによる投票前の「自民党圧勝誘導報道」は確かに悪質である。しかし、これに大きく影響されるほど、国民の政治意識は軟弱なのだろうか。だったら、国民はB層以下の文楽人形ではないか。

少なくとも国民は、生活の救済よりも、国際金融マフィアの奴隷化を選んだことになる。

石原慎太郎氏は、ことあるごとに「自分の国は自分で守る!」を繰り返している。言葉上はまったくその通りなのであるが、彼の基本部分の間違いは、自分の国は中国から守るという一点であり、アメリカの経済侵略にはだんまりを決め込んでいる。このバイアスは橋下徹氏にも安倍晋三氏にも共通する。

日本を自国軍で守るというなら、日本から米軍を撤退させて、米系国際金融資本の侵略から日本の富や経済を守ることが先決である。

民主党への揺り戻しで自民党を選んだならば、それが小泉政権への回帰であるという意識がないのだろうか。

 橋下徹氏や石原慎太郎氏は、バックにCSIS(米戦略国際問題研究所)がついている。彼らが自民党と連立するということになれば、前に神州の泉が述べたように、安倍自民党連立政権は国際金融マフィアの傀儡政権になり、一気にファシズム体制を敷くことになる。

大手メディアの異常な偏向報道と、心理学を使った誘導作戦を見ると、来年の参院選でも彼らは必勝の卑怯な手を打ってくると考えられる。

 一番危惧することは、安倍連立政権が、野田佳彦氏の後を継いで、大言論弾圧体制を敷くという可能性が俄然高くなったということである。

そういう大政翼賛体制ができあがってしまえば、参院選で対米隷属の一極体制を切り崩すことはできなくなる。国際金融マフィアは必ず、日本版の「愛国者法」を制定しろと、安倍総裁に命令してくる。




飯山一郎みたいな生き方をあちきはお奨め致します。

● だけど、ま、常識はずれのことでも何でもヤルっきゃない!
と思ったときは、真面目に、同時に不真面目に、そして、
フザケながら、遊びながら…、徹底的に馬鹿みたいなコトを
ヤル! っちゅー生き方もあるんですわ。(爆)
常識的に生きるのって、面白くないし…。
常識的なコトばっか言ってるシトも、面白くない。
誰かさんみたいに。
飯山一郎のブログから
http://grnba.com/iiyama/



午後2時半まではテボ状態だったけど、カンパチの養殖筏にボートを横付けしたら
サバ、ウルメ、ガッツン(アジ)が入れ食い状態になった。わずか一時間半ぐらいで3人で
100匹ぐらい釣った。


● 無為の大道

もしわたしに明智があったとすれば、
わたしは”無為の大道”に従って歩き
自然の働きに逆らうようなことは戒めるであろう。

”無為の大道”は、この上もなく広く平坦であるのに、
なせ人々は無理に困難な脇道にそれたがるのだろうか。

大道を行かずして脇道にそれるから、
朝廷では汚職や不正が横行し、
田畑は戦乱で荒れほうだいになっている。

庶民は明日食べるコメもないというのに、
支配者はきれいな服で身を飾り、
立派な剣を腰におび、
贅沢をきわめて私財を貯め込んでいる。

これを盗人の栄華というんだ。
まったくわかっていない人だな。
わたしのいう”無為の大道”を
老子




カワハギは身を薄切りにして、味噌、酢、カワハギの肝、ワサビを潰してかきまぜタレを作る。
この味が絶品なんだよね。



●落選 未来飯田代表代行 が 小選挙区当選 小沢 亀井の前に立てるか
自民党的政治のパンツを剥ぐ
http://blog.livedoor.jp/pat11/


未来 嘉田代表は 
小沢氏の無役続行というが

意図的にそうしようとするなら
野田 佳彦と同じ 島国根性権力独占欲の罠にはまり この党は消滅する

ドシロウト落選飯田氏が プロ中のプロ 小沢 亀井に指図しようと考えることが
もはや ドシロートたる所以となる

「あんたは 卒原発のプロジェクトリーダー 以外口出しするな 生意気だぞ!」
と亀井氏に いわれてしまう
~~~~~~~

小沢代表代行 阿部副代表 飯田副代表 森幹事長 亀井国会対策委員長 
ぐらいの布陣としなければ 

民主党のように 平社員が常務に指図するような ことになり
そんな政党は破滅する
転載終わり。


★脱原発 世論6割、当選3割 3大争点すべてズレ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012121702000259.html?ref=rank



★小選挙区宿命 自民得票4割、議席8割
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012121702000302.html



東京新聞Web



●【衆院選】「死に票率」40%増加 政党乱立影響も
2012.12.17 10:24
中性脂肪、約20%低下!ニッスイがトクホ開発…[PR]
 小選挙区候補者の総得票のうち、比例復活も果たせず落選した候補者に投じられた「死に票率」は40・4%に上った。前回の33・5%から約7ポイント増えており、政党が乱立した影響といえそうだ。

 逆に小選挙区の当選者に投じられた「生き票」のトップは公明党で100%、87・1%の自民党が続いた。
 前回86・8%で首位だった民主党は17・5%に落ち込み、日本維新は18・1%、日本未来は5・7%にとどまった。

●死票率56%に上昇=民主は惨敗で8割超―衆院選【12衆院選】
時事通信 12月17日(月)16時31分配信
 16日投開票された衆院選で、小選挙区で落選候補に投じられ、有権者の投票行動が議席獲得に結びつかなかった「死票」は、全300小選挙区の合計で約3730万票に上った。小選挙区候補の全得票に占める「死票率」は56.0%で、前回の46.3%と比べ9.7ポイント増となった。



★鹿児島2区、奄美大島開票結果



______________________________



再生リスト:「国民の生活が第一」を支援する市民大集会 2012/9/1
http://www.youtube.com/playlist?list=PL2617FA4CFF36F3C5


______________________________

今日のイベント
原発関連:集会・イベント情報、Ustream番組表
http://2011shinsai.info/event/

______________________________

閑話休題

ツイッターの流行がわかる日刊ツイッターランキング 
http://twinavi.jp/news/daily?ref=top

今、話題の動画のランキング tweetmovie ツイートムービー 
http://tweetmovie.jp/

NAVERタブーまとめ

http://matome.naver.jp/topic/1LwS6







______________________________



<<日本 クローズアップ現代:国内の話題>
2 安倍、橋下、石原を使い原発再稼動をすすめろ!

2012/12/17 安倍、橋下、石原を使い原発再稼動をすすめろ!
クローズアップ現代 日本 国内問題 クロ現 安倍 橋下 石原 使い 原発再稼動





「脱原発」訴え続けた山本太郎候補 石原親子の組織票に及ばず

http://tanakaryusaku.jp/2012/12/0005869


「エッー」悲鳴のようなブーイングが起きた。高円寺のカラオケハウスを借り切って設えられた山本太郎陣営(無所属)の開票センター。午後8時過ぎテレビニュースが対立候補の当選確実を速報した瞬間だった。

 山本氏が選挙出馬を表明したのは公示直前の今月1日だ。「枝野さん、細野さん。この国のすべての人を被曝させた民主党は戦犯です。野田さんもそうです。首狩り族の一人として僕は行く必要がある」。悲壮なまでの決意だった。

 「脱原発、反TPP、反消費税、反憲法改正を唱える候補に入れて下さい」。
山本氏は街頭演説で繰り返した。「1%の人の利益のために99%の僕たちがなぜ生贄にならなくてはならないのか?」という理由からだ。

 主張を同じくする候補と党派の垣根を超えて共闘してゆきたい、が口癖だった。千葉4区で野田首相への刺客に立った三宅雪子候補(未来の党)の応援に駆け付けたりもした。



山本太郎候補の選挙運動を支えたボランティア。=高円寺。写真:島崎ろでぃ撮影=

 山本候補の選挙を支えたのは約300人のボランティアだった。九州、近畿、北関東などから「手伝いたい」と言って駆け付けてきたのである。寝袋持参で京都から“押し掛けてきた”学生もいる。

 「健康に生きたいだけ。次の世代にバトンタッチしたいだけ」。山本氏の訴えは、とりわけ子を持つ母親たちの共感を呼んだ。

 「田舎から東京に出てきて10年経つが、今回初めて選挙に行く。原発事故が起きるまでは選挙に全く興味がなかった。自分の票が大切だと教えてくれたのは太郎さんだった」。4歳の子供を抱いた母親(地元・杉並有権者=30代)は切々と語った。

 山本候補は、孫の将来を危ぶむ高齢者からも好感を得ていた。ビラ配りのボランティアに「(太郎氏に)期日前投票で入れたからね」「入れるからね」と声をかけるお年寄りが少なくなかった。

 組織に頼らず生活者一人ひとりの心に訴え続けた山本太郎氏だったが、業界票と学会票で固めた石原伸晃・前自民党幹事長の後塵を拝する結果となった。「原発ゼロを目指さない」と言い切る慎太郎前知事の高笑いが聞こえるようだ。

-----------------------------

電力株、軒並み大幅高=原発再稼働の思惑で
2012年12月17日(月)17:19


http://news.goo.ne.jp/article/jiji/business/jiji-121217X612.html



「脱原発」に慎重な自民党が衆院選で圧勝したことを受け、17日の東京株式市場では電力会社の株価が軒並み大幅に上昇した。東京電力には買い注文が殺到し、前週末終値比50円高の202円と値幅制限の上限となるストップ高を付けた。

 自民党は衆院選公約で、3年以内に全原発の再稼働の可否について結論を出すことを掲げた。市場では、自民党政権下で原発再稼働が進めば「電力会社の採算の改善が見込める」(大手証券)との思惑が広がっている。

 関西電力も一時150円高の932円とストップ高まで買われたほか、中部電力も一時166円高の1250円となるなど、原発を保有する電力9社の株価が全て上昇した。 

[時事通信社]

-------------------------

服部順治 ‏@JunjiHattori
おいおい、安倍が勝ったと思ったら、とんでもない奴らもいっしょに調子にのりはじめて原発再稼動を訴える。どこが法の支配だよ!


「原発の再稼働で法の支配を取り戻せ」 #BLOGOS http://blogos.com/article/52384/

原発の再稼働で法の支配を取り戻せ

_

http://blogos.com/article/52384/

自民党が圧勝した、というより民主党が惨敗した。投票率が60%未満で自民の得票率が30%台と推定されるので、絶対得票率は20%程度。これは政治に絶望した無党派層が、民主も自民も含めて、政治を見放したということだろう。特に「卒原発」を掲げた未来の党が61議席から9議席に激減するなど、民意は「脱原発」より景気回復を選んだ。

安倍首相は麻生副総理・財務相で積極財政に転じるともいわれるが、今の財政状況で無理に国債を大量発行すると、長期金利が上昇に転じるおそれがある。それより経済成長を阻害している最大の要因は、エネルギー制約である。52基の原発が止まったままで真冬の北海道で7%節電が求められるのは異常であり、人命にもかかわる。

これを解決することは容易である。民主党政権の行なった超法規的な原発停止を解禁し、法にもとづいて再稼働すればいいのだ。昨年5月に菅氏が浜岡原発を止めて以来、民主党政権は原発の停止について1本の法律も閣議決定も出さず、非公式のメモで再稼働を止めてきた。これによって今までに失われた国富は5兆円を超す。

民主党政権も国会で認めたように、この停止措置には法的根拠がない。原子炉等規制法では、欠陥の発見されていない原発を予防的に止めることは認められていないのだ。原子力規制委員会の新基準ができるのは来年夏といわれているが、それまで待つ必要はない。新基準を適用して現在の運転を止めるのは、技術基準の違法な遡及適用である。

安全規制の強化が必要なら国会で立法すればいいが、それまでは現行法で運転することが法治国家の常識だ。定期検査に合格してストレステストにも合格した31基の原発については、ただちに再稼働を認めるべきだ。原発を再稼働し、エネルギーを低コストで十分使えるようにすることが最大の景気対策である。

自民党は選挙中は有権者の反発を恐れて「原発は10年以内に検討する」とか「再稼働は3年以内」とか、腰の引けた話をしてきたが、選挙で民意は明確になった。民主党がスケープゴートにしてきた原発を正常化し、日本に法の支配を取り戻すことが、政治が正常化する第一歩である。
_____________________________









<世界 クローズアップ現代:海外の話題>
3 海外メディアが報じる極右政権の誕生と戦争への懸念


2012/12/17 海外メディアが報じる極右政権の誕生と戦争への懸念
クローズアップ現代 世界 クロ現 海外問題 海外メディア 報じる 極右政権 誕生 戦争 懸念


英紙「保守派返り咲き」維新台頭も報じる
< 2012年12月17日 0:44 >

http://www.news24.jp/articles/2012/12/17/10219587.html  
 イギリスの新聞「ガーディアン」の電子版は、衆議院選挙の結果について、「保守派が選挙で劇的な返り咲き」との見出しで自民党の大勝を伝えた。また、「極右政党が第3党となる見込みだ」という表現で、日本維新の会の台頭を報じている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ナショナリストが復帰~米ワシントンポスト
< 2012年12月17日 0:02 >
http://www.news24.jp/articles/2012/12/17/10219572.html
 
 アメリカの新聞「ワシントンポスト」の電子版は日本時間16日午後11時、第46回衆議院選挙での自民党圧勝について、「(ナショナリストの)安倍晋三氏が復帰した」と伝えた。

 一方で、「日本には大きな変化だが、50年続いた元の体制に戻るだけだ」とも指摘している。


-----------------

安倍総裁の外交姿勢、東アジアの緊張高まる 英メディア
2012.12.17 16:12 [アジア・オセアニア]

http://sankei.jp.msn.com/world/news/121217/erp12121716130002-n1.htm


衆院選で自民党が勝利したことで、東アジア地域の緊張が高まっていると分析する17日付英主要紙(共同)

 英国の主要メディアは、16日の衆院選で勝利した安倍晋三自民党総裁の外交姿勢に注目。首相就任の見通しとなったことで、東アジア地域の緊張が高まっていると分析した。

 ガーディアン紙は「タカ派勝利で地域緊張の恐れ」と題した記事で、沖縄県・尖閣諸島などをめぐる中国の強硬姿勢や北朝鮮のミサイル・核開発計画を前に、安倍新政権は自衛隊の強化に乗り出す見通しだと指摘。「東アジアは緊張と対立の時代を迎えようとしている」と伝えた。

 インディペンデント紙は中国メディアが安倍氏を「主戦論者」と呼んでいるとした上で、平和主義の憲法の改正などを公約した安倍氏の選挙勝利が「アジア諸国を不安にしている」と報じた。(共同)


______________________________





<追跡!真相ゼロtoZ>
~ゼロの意味する原点の意味の原因を探り
 定量的、科学的にZの行き着く先の真相に迫る~

4 百済からの天皇はサンカをクダラない奴と奴隷化し藤原と戦争

2012/12/17 百済の天皇はサンカをクダラない奴と奴隷化し藤原と戦争
追跡 真相 ゼロtoZ 百済 天皇 サンカ 中国 藤原 クダラん奴 奴隷化






サンカ2 (八切史観)


http://www.asyura.com/09/reki02/msg/562.html



★阿修羅♪ > 近代史02 > 562.html  


投稿者 五月晴郎 日時 2011 年 10 月 16 日 16:20:09: ulZUCBWYQe7Lk
(回答先: サンカ (八切史観) 投稿者 五月晴郎 日時 2011 年 10 月 15 日 21:08:08)


http://www2.odn.ne.jp/~caj52560/sankaseikatu.htm

=転載開始=

   書くはじめに

 孔子や孟子が遊説して廻った春秋時代は、紀元前六百年にあたる。そこで重慶へたてこもり徹底抗戦を叫びだした蒋介石に対しバビロニア王朝を祖とし、紀元は二千六百年と荒木貞男が定め国民唱歌にまで唱わせた。今は故意にシュメールと呼ばせるが、スメラ山脈の並ぶ今のアブダビ海沿岸は、当時はスメルと呼称[ラテン語読みで『スメル』だそうです]。用紙不足の時代ではあったが、映画でユダヤ人が赤黒く塗ってインディアンとなって悪役。イラン人もターバンをまき顔を隠した悪役に仕立てられていたので、巻末に参考に少し援用させて戴いた私の旧恩師の「知識民族としてのスメル民族」の本も、日本出版協会承認で刊行できたのである。アラビア語の活字がないのでローマ字方式で並べておられるが、私がベイルートへ行っていた時は、うろ覚えのサンカ語で日常会話は通用。約二年いまのイランのヤスドでも話が通じたものである。

 という事は日本列島は裏日本へベーリング海流で渡ってきた騎馬民族。壱岐対馬経由の弁髪大陸人より早く西南アジア経由でアラブから黒潮で瀬戸内海を抜けてゆく途中、這い上がって最初の日本人となった者が、七世紀に進駐軍に制圧されるまで大多数だったらしい。
 十世紀に日本海から渡ってきてトウ[唐=藤]勢力に追われた契丹人に指導されるまで、彼らは所謂古代海人族で、山に追われても川畔にセブリを張っていたのもオアシス思考らしい。


    序説 前もって書く

 自分の事を書くのは私小説では当り前のことだが、かつて「青春遺書」や五作ほどは書いた覚えもあり原著も残ってはいるが、若かった前の筆名での三十五年も前の事でしかない。
 歴史小説を書きだしてからは、信長の青少年時代とくに「英雄誕生」には、己が自殺未遂の数々や私の生母との繋がりを、その侭で投影しきった。だからなまなましいのだ。


 若い時はそうでもないが、私ぐらいの年齢になると、過去は他の人に話しても判りそうもない。出鱈目きわまる圧迫も<塩尻百巻>[天野信景著。八切氏の復刻刊行版あり]の前の序説に書いた後も、日本セメントがエタパイを乗っ取る為に創立者を追い出した真相を法廷で明白にしようとして、相手方の顧問弁護士がヤメ検なので罠にかけられ、先輩の当時の小倉警視総監の許へ掛合いにも行った。

 しかし、巧妙にまんまとはめられてしまった。そうした挫折が、この世には真実などというものがはたしてあるかと、自殺するみたいに没頭しすぎ、昭和四十七年からの流行作家時代の印税稿料もみな調査費につぎ込んでしまった。昔の耶止説夫の名で出したベストセラーの入金で購わされた渋谷神南や千葉君津の土地の五億円までつぎこみ、<野史辞典>と<庶民史辞典>をどうにか、この世に残し得た。前人未到の八切史観をどうにか送り出した。

 私が二十歳ぐらいの時に、「文学建設」を主宰していた故海音寺潮五郎は、「史実」「史伝」といった冠詞を流行させたが、北畠親房の「神皇正統記」に桓武帝の一切の国史を焚書すと明記され、北条時宗の対外政策の為の国史禁焚も有名だが、もはや日本にては、本当の「史実」や「史伝」などというのは、後年に作られた当時の権威に迎合したものの他は何も残されていないのである。次々の時代に、時の権力者におもねったものが筆写され更に直されて、また都合よく次々書き変えられたものだけが、今度は活字本として出されている。

 はっきり言って明治時代に、売りやすいように「実録」という冠句をつけた講談と同じものが、歴史では困る創作ばかりだが、それを独自な史観などともち上げる。 なにしろ調べても調べなくとも稿料は同じゆえ、「駿府記」には明白に、高台院ことねねが約束の三万石をと何度も交渉に来るのを、うるさい婆めと家康がうるさがり、半額の一万五千石にしたのに千石だけイロをつけたような明白な事さえ誰も読まぬのか書いている者は一人もいぬ。

 さて、参考資料も二十年前から集めはしたものの、書く私の側の頭の中に全部が揃っていて、順に出してゆくのでもなく、また読者の方でも順番にというようには入手はできぬから、順序がこんがらかってしまう。これは致し方とてないかもしれぬが、
なにしろ八切史観は順番に読んでいってもらわない事には混乱する。はじめの「八切裏返し史セット」の五冊は、ただ判ってもらいたいため、進駐軍は墨染めの衣を着た宣教師の僧を送り込み、日本原住民を洗脳したので、それに対抗する地家としての中国語でいう「不信」つまりブシンとされる奴隷武士団が対抗するのを白と黒の戦いに書いた。二者選一の書き方は説得力があるので今まで六十万の人に読んでいただけた。

--------------------------------------------------------------------------------
が、である。新羅系を白木作りの社とし隷属した高麗系をコマ犬として入口におく神社はカラ神様。日本の庶民の殆どを占める平民つまり平氏は、スメラ山脈のあるアブダビ海より、首都スサよりヤサカ河の上のGIONを奉じて終結させられ、ヤバンことマレーシアのニコパルへ、MIKOTOと古代アラブ語でよぶ耕作奴隷に送られ途中で黒潮に逃げたのが、古平氏の夷津[伊豆]の夷頭[伊東]の北条一族。

 大進駐して天皇から上皇まで隠岐や佐渡へ配流し土牢へ生涯入れ、藤原の公家は斬首したから、北条政子ことサンカ人の女上位での女神だったらしいが、今では不敬罪ゆえ決してサンカ人は、この話は絶対に秘密にして話などせぬ。さて、神は明治以降は、アラヒトガミに天皇をしたので、神とは拝むものといった世に変った。しかし、神社と違って白木作りではなくて紅殻塗りの宮や堂が実に多い。昔は夷也とか異也とか書かれていたのが、戦国時代以降は「稲荷」の当て字に変わって川柳の中にさえ、「江戸名物、三河屋イナリに犬の糞」と徳川時代には増えて各町にある。


 稲の御守りなら田圃にあるべきなのに、私の仕事場の日本橋には今も銀杏稲荷、権太郎稲荷と町内にひしめきあっている。そこで第三弾として、白と黒との争いの中に、平[家]の民族カラーの紅を加え、「しょうもん伝説」がテレビ放映されたのを汐に、日本海からどんどん入ってきたが、藤原氏の先祖である唐を滅ぼした契丹ゆえ、公家は彼らを忌んで[同じ]大陸系なのに、賎民として東北へ追ったのが契丹日本人だった。これが判らぬ林陸朗あたりの国学院歴史派は、将門を同和地区に結び付けるのは論外と目下裁判中。判らぬではつける薬もない。

 「源平藤橘」という太田亮の姓氏辞典のもっともらしいインチキさは、源=元 平=ペイルシヤ 藤=唐 橘=契丹とは、各書に詳述して、<天の古代史研究>[八切氏の著書]までを完了した。なにしろ郭将軍こと日本名藤原鎌足が初め二千、後からも二千の鉄武器をもった進駐軍の権勢を率い、築城石の供出命令や漢字使用の命令から、すべて当て字だらけでよく判らぬ。

 ところが、これで庶民はいいつもりだったが、純血日本人の女達が進駐軍の弁髪人の混血児を次々と産まされる前に伴って逃げた純日本人のサンカ人も明白にせねばならない事になった。
「一犬嘘を吠え万犬それを伝う」というが、サンカつまり山海族ぐらい誤解されている例は滅多にない。何故かといえば、サンカ人は絶対に自分の事を用心して他人へは口外せぬから、謎に包まれた侭で秘密とされてきて、おかみは蔑視して弱小民族みたいにされる。
 自分こそ唯一の研究者であると言い残して他界した故三角寛先生は、「滅びゆくサンカ」と、その著書にもはっきりと書いている。 内務省警保局傘下の民族融和事業会によって実体を把握しようとして、各地に箕作組合を結成させ、セブリ数の申告をさせて統計をばとった。

 もちろん、たてまえ申告ゆえ、実数の百分の一にも満たぬ数字だが、オカミは満足をした。つまり、明治大正から昭和初期にかけても何も判らず、アイヌや琉球よりも僅少にみたのだ。
 
 ところがとんでもない話で、隠れ柳生の埋草はテレビだが、北条期から下克上の戦国時代へかけてのトケコミ。高成度[高度経済成長]と呼ばれる故池田のアメリカ公害産業の下請け時代から、河川や湖沼の水が呑めなく、したがってセブリが張れなくなった時から一斉に都市へトケコミした。

 だから表面的にはサンカ人間は全滅したごとく見えるが、純血日本人どうしの子供は、成績さえよければ、オオモトさまは原始無政府主義ゆえ、ホンゲとよばれる各戸よりの上納金を人頭税のごとくせず、代々にわたり公平に保管利殖し、分配金が育英用にと送られる。交通遺児になっても母子家庭になっても、ざっと五兆円を越すという溜めては利殖してきた資金がシノガラには給付されている。絶対権力反対体制で、弁髪人やオンモン人[朝鮮系]の子種は蔑み、自分らの純血種を減らさぬため、欲望のためでなく日夜これ女上位にて努力する。

 結婚三組に離婚一組の割合だというが、シノガラの純日本人は死別するまでは連れ添い、子供を作るため死ねば探してきてツナガリが再婚させる。上原謙さんは七十こして子供を作ったが、九十歳で子供作りした者さえもいる。
 
 なんせ、絶対他人に何も口外はせず誰とも打ち解けようとせず、黙々と産めよ増やせよとの使命感をもって汗している彼らは、いつかは日本列島は従順きわまる奴隷的な一般日本人の群れを出産力で追い抜いていき、真の単一民族にする日がやってくると想われる。それゆえ、源平藤橘の四民族の他に、私の体験が入るので書き難く渋りはしたが、思い切って知られざる彼らの実態を説きたいが、私が祖母にきかされた晩年の話の中には、絶対に口外すべきではない事があるのかもしれぬと、それを気に病んで、この序説を書いている。觝触するような個所があったら謹んで御詫びする。

 「見ぬもの清し」で、セブリが今では殆ど見られなくなったので、彼らは全滅したものと「オカミ」と自称する検事さえも豪語しているが、本当はシノガラの育英資金で東大を出ている人が多いのは間違いないらしい。最近は負けじと共産党も真似をしている話をきく。
 さて、月給袋の封を切らせずまるごと出させる女房がいるという。これがツナガリによる結婚なら間違いないが、うっかり結婚ならば相手はその血をひいているサンカ系女性。
 なにしろ私の祖母みたいに二世紀たってもホンゲをツナガリに納めていたくらいで、私はその孫にあたる。だから各自がよく調べていけば、サンカ人間つまり純日本種に繋がっているかもしれぬ。

 となると、何食わぬ顔で会社勤めしている人にもトケコミは多い。彼らが人口の半分を占めた時からは、本当に日本は世変りをするだろう事は判り得るといえる。 マンションやアパート等でも、隣どうしでも全く口をきかぬ人が多くなったのは、トケコミが都市集中化の一つの現象とみられぬ事はない。なにしろ、日本歴史なるものは、「華族は皇室の藩屏にして」の明治設定で、徳川家達公爵家が華族会長となり、各大学の歴史教授の学士会がその傘下に入ってから、村岡素一郎の「史疑徳川家康」がサンカ出身を発表するや、警保局に対して弾圧をさせ、青山堂より「松平記」を三百部刊行させて配布したのは、私の「徳川史料集成」[日本シェル出版)に入っているが、庇護をうけている史学会東大閥が、これを第一級史料に指定した。だから近世に近い徳川期の真実の解明はタブー化した。
 
 元禄まで通用の含金量の多い大小判を使用禁止し、銀本意制の京へ送りし堺の中村内蔵介に銅を倍以上混入の元禄小判金造りを吉良上野介に采配させた柳沢吉保は、隠居すると申し出る彼が抜刀するよう徴発させ、失敗すると、浪士に「再就職」の甘言で以って討入りも匿されている。


      サンカは反体制集団

 「前人未踏のサンカについては、尋念すべき文献は全くなく、ただ現存するセブリ生活者を求めて、その実生活を探求し、その実態を知る以外に研究の方法がなかった。
しかも、それを探求するには危険の伴う事が多々であった。研究は、昭和三年から同三十六年まで、三十三年間に及んだが、まだ満足すべきものとはいえない。その間には、日支事変や大東亜戦争があったために、セブリの実態は急変して、神代からの生態を持続してきた珍重なセブリの実態は、日に日に行作遷流(ぎょうさせんる)に押し流されて消滅しつつある現状である。

 したがって、サンカの実態も、私の生涯と共に絶滅して、私の死後においては、まったく記録することが不可能となることで、ここに三十三年間に得た資料を記録して、後世の論及に供する事とした」と、三角寛先生は昭和四十年十一月三十日刊行の朝日新聞社の「サンカの社会」の第一章の序論篇の冒頭に述べている。だが如何だろうかと、他社刊行の三冊をも共に読んでみて考える。

 故人とは直接には二回だが、山水楼で菊池寛の給仕役みたいな恰好だが会食もし、たしか四回は話しているので批判したり論難する気はない。しかし、人生座や文芸座を経営している遺族が、再版はおろか、他の何社よりの復
刻についても、どの本についても謝絶。そのため定価千四百円の本が今では三万円を越え、近く五万円の呼び声さえ古本業界には出ているときく。
 
 これは死後五十年たっても二等親か、その遺産相続したと称する者が、著作権法を楯にとって出版不能の額の要求をなし絶版にする怖れがある。著作権放棄の補遺のつもりで書くので三角寛の研究について、とやかく言う気は、まったくのところが、さらさらない点を前もってことわっておく。 

 私と彼との違いは、朝日新聞社のサツ廻りの新聞記者で、すべて研究の緒口から解明一切が「警視庁探索課大塚巡査部長からだった」と当人が書き残しているように、弾圧する側にあったので、古代史や民族学の素養もなく、警察情報から研究に着手し、のち内務省警保局傘下の「民族融和事業会」といった官制団体に関係してからも、そのオカミの肩書きで大威張りに調査した体制的研究であるのに反し、私の場合は、まったく立場を異にしているのである。

 それに、三角寛は、神奈川県から関東地方だけを研究対象にしているのに対し、私のは、愛知県から三重県といった「八」の本場の東海地方なのである。だから三角の研究は東、私のは西と思って読んでいただければ、それでよいのではないかと思う。

 それに、彼の方は昭和に入ってからであり、私のは大正時代。また、彼のは警官同行のオカミの側の徹底調査。私の場合は仲間の一員みたいな立場ゆえ、その点、事が食い違っている。
 「天の古代史研究」で従順きわまる日本原住民の成立を書いたから、その反対の徹底的反体制の彼らを今度は書いてみたいと想ったからである。記憶が鮮明なうちに、サンカ説は三角の独壇場ではないという事を、バビロニア語とサンカ言葉との対象表をつけて後学の参考に資したいと思うので、書き下しをするのである。私は律義で愚かだが、記憶力だけは取り柄である。


 「天の古代史研究」の前著で、西暦663年の白村江の敗戦で九州へまず進駐してきた郭務宗が、男っけなしの御所へ入り、各地に築城命令を出したり施政を代り執り行った。
 
 今の金大中の全羅南道の百済人が新興唐によって滅ぼされかけ、祖国救援に日本原住民を捕えられるだけ集めて二万七千。宮廷の百済系男子はみな将軍となり将校となって壱岐対馬から渡って逆攻したものの、それまで彼らは、今日でも用いられているような、「クダラぬやつ[クダラでない‥‥つまらぬ]」「クダラない事を言うな」と、日本原住民を非人扱いの奴隷として酷使していたので、いくら親方が金大中の御先祖で、将軍や将校だけは頑張っても、戦奴の原住民共はあまり戦意が高揚せず、あっさり負けてしまったのかもしれない。

 紙幣の想像画となっている藤原鎌足なる存在は、この時点の郭将軍ではないか?‥‥ことによったら人口僅かな時代に、男どもがみな向こうへ連れてゆかれて戻ってきていなくて、御所も女ばかりだったから居座ってロボットのような方を表面には立て、自分は闇将軍となって国政一切を指揮していたか、事によると占領軍の第一人者というので日本の国首になっていた疑いすらも今となってみれば推定される。なにしろ武力で次々と命令を出しているからである。
 
 しかし、戦奴として徴兵され連れてゆかれた侭戻ってこないのは二万七千でも、山に隠れ海中の島に身を潜めて隠れていた日本原住民は、その当時の事ゆえ十倍か、もっと多くて二十倍の余ぐらいはいたとみられる。つまり散らばっていても五十万人ぐらいの人口である。
 
 クダラ王国朝の時でも苛めぬかれてきていたが、今度は青竜刀を持った郭将軍の進駐である。「捕まったら殺される」と、隠れていた連中が今でいうレジスタンスで、青竹の先を焼いた竹槍や弓矢をもって奇襲を各地で弁髪進駐軍にしかけていたのが七世紀の実際の有様だったろう。


--------------------------------------------------------------------------------

 そこで郭将軍は全国に「進駐軍の命令により」と巨石の運搬を命じ、大野城、金田城、それに高安城まで、判っているだけで14ヵ所に築城。井戸を掘らせ食糧や塩類などをしまいこませた。
 面白いのは日本歴史で郭将軍が築城用の積石の供出命を布令した項目は、三省堂歴史年表にも出ているが、これは日本軍が進駐軍撃退の為の本土防衛のものと頭から決めつけている。
(各地のレジスタンスから身を守る為の退避用の城とはせず、あくまで日本の抗戦の為だ)として、よって郭将軍は二千名の追加を朝鮮半島から呼んで、アフガニスタンゲリラのような彼らと戦ったものの、あまりにも日本軍が勇ましくて戦に利あらずして九州より引上げた。

となっているからこそ、往年の本土防衛の功を認められ、最近の事だが、残っている金田城の遺跡などは国の重要文化財に指定されはしたが、当時の中国の華主席から礼などこなかった。「一枚の紙にも表と裏がある」というが、歴史も同じ事だろう。朝鮮半島を悉く占領し、壱岐対馬から九州へ入り、御所に本陣を敷き、百済美人をずらりと周囲にはべらし、「テンホウ、テンホウ」と連発している郭将軍らが、いくら竹槍隊が蜂起してきたからといって、追加軍まで呼んで九州各地から京以西の治安維持を完全にしてのけた彼らが、縄文日本人に怖れをなして、すごすごと戻っていくような阿呆らしい事が現実にまさかあるだろうか。


 郭将軍は応援に呼んだ二千の合計四千の鉄戈や青竜刀をもった弁髪軍によって、くまなく各地の原住民討伐を敢行。八母音を使う海人族は魚もとるし塩も作る。雲南経由で漂着した連中は焼畑や水田もできるから、彼らにアワ・コウリャン・米まで耕作させて食糧確保の奴隷とした。これが「アマ」とか「アメ」の「天」のつく民族で、現代の庶民の先祖様だった。 しかし彼らの中にも、いくら追討されても屈せずに頑張り抜き、降参しない連中もいた。が、郭将軍が一番てこずったのは、遊牧民族として裏日本へ、ベーリング寒流から押し渡ってきた騎馬民族の徒輩だった。彼らは桑を植えて蚕を飼う事もせず、土を耕して土毛と当時は呼ばれた農作物を作ろうともせず、放浪して廻っていて仕方がなく、彼らの降参後、女は開戸とか皆戸とよばれる進駐軍慰安所へ収容したが、男は役立たずゆえ捕らえて、初めは陸墓の副葬品として扱った。

 のち、外敵侵入の際に防人として血税を払わせるように利用の道がついたので、埴輪とよぶ素焼きを作らせ身代わりに土中に埋めさせた。そして、彼らは生かして仕え国のためと九州とか東北へ防人として出発させはしたが戦奴である。外国のように将校や下士官との間に友情など生れよう筈とてはなく、人間の楯みたいに伴われているのを諦めてしまって、「今日よりかえりみなくて大君の御楯となりて、出でたつシコ(飼戸の子)の身、われは」と、騎馬系の民族ゆえ馬を飼わされていた彼らは賎の身ゆえと、皆が皆揃って行ったわけではない。

 今でいうなら、「徴兵反対」「戦争は厭だ」といったプラカードをもってデモをやることはできないから、海から山へと逃げ廻って拒んだものもいたし、武具を持たされたのを誘帯して集団で脱走した反体制の者らも意外に、その当時はきわめて多かったらしい。
 所謂従順な奴隷になるのを拒否して、他の原住民の如く「長いものには捲かれろ」と弁髪人の毛髪の長い将校の命令に忠実に従おうとはせず、かえって渡された武器でもって逆襲をかけた連中である。 もちろん郭将軍の部下は戦奴を使って追いかけ廻し、捕らえると見せしめの為に吊るした。しかし、脱走した中には運よく木の上に登って身を匿したり、谷底でうまく追手をまいて逃げまくった者らもいた。

 徹底的に反体制の人間が、こうして奴隷になるのを嫌って独立してしまった集団が、次々とサンカとなって山野を彷徨しだした。元来、彼らは沿海州や羅津方面からベーリング寒流で日本海を渡ってきた先祖を持っているから、パオと呼ぶ天幕生活をした。さて、表日本へ怒涛の如く流れ込んできて、太平洋へ抜けていく黒潮暖流から日本列島に這い上がって住み着いた者等は、今の静岡・愛知・三重・滋賀あたりに、皆かたまって助け合っていたゆえ、貧弱な縄文器の石斧、石槍でも何十何万人と集団化していたゆえ討伐を防げ得たらしい。

 しかし、今の千葉県の仁右衛門島の蘇鉄や団扇椰子の茂っている対岸の安房の小湊あたりに這い上がった連中は難儀したものらしい。なにしろ近くに多賀城とよぶ(中華)城がある。単身で来ている弁髪兵の連中は、てんでに欲望のために女を捜しに手分けして、毎日の如く鉄剣を振り廻して巡回をしたのは、<続日本紀>の中にさえ堂々と記録されている。

 つまり、捕えられ素直に華城の中へつれてこられて慰安所へ収容。初めは将校専用。その後は一般兵用になるのだが、その内に華城の兵の警備がひろがってくると、城内へ次々と連行されるのは若い娘か美人だけに限られるようになる。
<野史辞典>や<庶民日本史辞典>にあるように、皆戸、海渡、開戸、垣内といった地名をつけられたタウンというのは、弁髪人兵がくるたびに女は集まって、それぞれ女隠の戸をひろげねばならぬが、その代り他の日は家事労働でもできるという仕組みだが、夫がいても占領軍を拒めば「野心を抱く女」として遠くへ連れてゆかれ、奴隷市場へ売られてしまう羽目になってしまう。
占領軍にしてみれば、原住民は被占領民で、みな奴隷だったから当然である。そこで命懸けで、かつての日本赤軍の永田房子らみたいに、榛名山系を越えて逃げ込んだのが、裏日本から追われて隠れていた連中と、逃げる者どうしで共に一緒になるようになった。

 サンカというと三角が山の字に蜂の巣の窩をあててしまったのを、当人も後になって悔いているが、決して山者つまり騎馬民族の血を引くだけの存在ではなく、逃亡者達の反体制集団。
 といって、何十何百と固まってしまっては、いくら隠れて逃げまわっても中華兵に見咎められる惧れがある。それゆえ、せいぜい二十人あまりの一団となって行動し、移動する時には連絡のため「界石」とよぶ、次の落着く先を人目につかぬよう埋めて残し、何日かで立ち去って行くのである。
 行動範囲というか縄張りが二ヶ国から三ヶ国に限られていたので、東北サンカが箱根を越したのはアテルイの原住民大進駐軍の時ぐらいで、せいぜい来たのは茨城あたりまでなので「イタコの伊太郎ちょっとみなれば」の潮来と、下北半島の恐山のイタコが同じサンカだったぐらいは地名で判る。

 なにしろ三角寛説では、日本人化の民族のような考察がされているが、とんでもない話で、彼らこそ日本人中の純粋血族で、完全に今もその血を伝えているのである。というのは、従順に仕方なく奴(ぬ)とされ、奈良時代には百済人に七世紀後半からは奴隷とされていた庶民の女は、すべて進駐軍の慰安婦とされ、共に黄色人種ゆえ一見しては判らぬが、混血児を産まされてきている。
 これは「野史辞典」の庭子の項目に詳細に出ているように、女を全て召し上げられて、男共は生涯単身で、「先住民」つまり「賎」から言源をとったセンズリでザーメンを垂れ流していたにすぎない。つまり、そうして原住民の男達の血は残らぬように混血児だけにして単一民族化しようとしたのは明治まで一般では慣行されていた。

 だから松前藩もコシヤマイン蜂起後はアイヌの血を絶やす為に、女は人妻であれ少女でも和人用にと徴用し、男だけは離島へ隔離して強制労働させて、血を伝えぬように別れさせ粛清を謀ったのである。「白山神信仰」のオシラ様の御神体が男女一対となっているのも、なんとかして原住民どうしの男と女が一緒に暮せる世の中が来るようにというので、その悲願を込めて祀ったもの。
 ところが、「白山島」と幕末まで呼ばれた今の新潟では「白」を上につける神社や御堂はみな古いものは毘を旗にしたイワカメシイ女武者。江戸期のものは黄と黒の楯縞を着た女人が馬の背に跨るもので、明治からの義務教育で「韓信の股くぐり」が修身の教科書で教えこまれたので、上杉於虎が父の名を継ぎ景虎、将軍家の名を貰って輝虎。その死後には、姉阿亀の子の喜平次景勝が跡目を継ぎ、男系相続の徳川期では「兼信」と、男女兼用の戒名をつけ、それを甲陽軍鑑の今の講談師のはしりが、武田信虎をやはり戒名の信玄で、張扇を叩いたから、それへの対抗上か、語り口を合わせるために、もっともらしく「謙信」にしてしまったのが本当のところ。


だが、学校で「韓信」を教えこまれ、明治三十年代に頭山満指導の桃中軒雲右衛門の「銘々伝」に「神崎与五郎の馬方の股くぐり」が広まったので、謙信と韓信がごっちゃになってしまい、「股くぐり姫」などと新潟は御神体を呼ぶ。死せる子はみめよかりきで、女は死ぬと美人にしたがるが、おそらく於虎はブスな大女でアバタだらけゆえ、いつも頭巾をしていたのだろうが、加賀の一向宗道場の坊主の率いる軍勢にいつも苛められていたから、女将として対抗したのは、現世では人外の者でも仏果によって来世は常人となると原住民を煽動して攻め込んで来る彼らに、女上位の体制を示して畏怖させねば、とても打ち払う事ができなかったからだろう。 

サンカ集団として春日山の鉢形城で天下に怖れられた上杉於虎は、上京のたびに時の将軍足利公方の奥方の許に滞在している。
 もし通俗歴史でいうごとく男だったら、足利将軍家が、女は他にいくらでもいるからと、御台所を滞在中は提供していた事になるが、まさか戦国時代の初めでも、室町御所の権威というか見得がある。将軍家が妻御台所を在京中は貸している筈はない。
ということは、紛れもなくケンシンと俗称される者は女体だったせいだろう。富士山頂に木花咲耶姫を祀ったり、裏日本ではきわめて女上位であったのは、今もモンゴルでは、長男が嫁取りすれば、弟共は我慢ならぬ時に御裾分けしてもらっていて、よって女に対しては頭の上がらなかった慣習が裏日本へ入ってきたモンゴール系の慣習であったからである。

それゆえ表日本の静岡あたりには、「姫街道」といって娘達を集団で連続的に市場へ運ぶ名称が今も残っているが、裏日本には全くそうした地名は残っていない。男共がみな必死になって女人を守ってきたからである。
 さて、サンカが日本の純血民族であるというのは、その妻や娘を占領軍に渡して己が命乞いをなさず、日本原住民の中で彼らだけが女と逃げ、同じ先住日本人の子孫を育て、その血脈を今に伝えているからである。この大切な事を、警察情報をもとに先入観とした三角寛は、人類学、言語学の基礎教養がなかったので、オカミの指示通りに考究してゆき誤ったのである。娼にされぬ純な女と伴っての逃避行ゆえ、さぞかし追われ追われて苦労したろうが、
彼らの間の子は純日本[原住]系である。そして、その子らも純血を今日まで混血せぬように保ってきている。


 「天の古代日本民族の研究」で太田竜も、やはり日本人は朝鮮や中国の男どもの落とし種の混血児によって成立しているから、統治者にしては何よりの優秀な奴隷と決めてかかっている。
 それゆえ三角説のような人外サンカ説。つまり日本人とは全く種族の違う人種みたいな論説が、唯一のものとして後世に伝わってしまってはとんでもない誤解を招く事になりかねない。 

それゆえ私は今まで書きたくなくて触れないようにしていた記憶を現世への名残りの著述の一つとして書き、ついでに古代バビロニア語とサンカ言葉との類似点をも、彼らが紀元前三世紀から先住日本人だった証明に付け加えて後学の為の参考にする。
 もちろん三角寛先生は、天下の朝日新聞をバックに、官僚機構の警察権力や、後には民族事業協和会によって集められた資料をもとにして統計的にも完成されたようなものである。
 それに対して私のサンカものは、なんらオカミの力を借りる事もなく、ただ一人で彼らと何ヶ月も同居して、足が遅いのでおぶわれて暮した。当時のサンカ生活の内側からのものゆえ比較にならぬくらい程度は落ちると思うが、反体制集団の彼らの実体はつかんでいる。

    散家がサンカか

これを書くと私小説になってしまう。だから山口氏でも血族を書くのに母方の脇屋を女郎屋だったとか秘密めかして書いてもいない。やはり書きにくいのだろう。私でも、これを書くのには渋った。できうる事なら誤解されぬよう書きたくはなかった。
 私の母はフサと万葉仮名で書く名を持った女性だった。昔の女学校を出た年に、今は亡き矢留節夫、それから何年かたって私を産み、その亡兄の名を冠せていたが、二人も子を産んだ女とは見えぬくらい若々しく、いつも着飾って外出ばかりしていた。
 だから、私は祖母といつも一緒で、「バアサン子は三文安‥‥」などと、いつも近所の子供にからかわれていたものだ。祖母は世間並な桃太郎の話などはしてくれなかった。桃太郎の絵本を友達から借りてきて眺めていると祖母は怖い顔をして、「わしらの頭に角が生えているか‥‥」と怒って取り上げてしまい、自分で借りた家へ返しに持っていき、
「‥‥変なもん、子供に見せんでちょう」と大声で文句を言って帰ってきた事がある。詳しくは教えてくれなかったが、善玉と悪玉が逆になっとるとだけはぶつぶつ言っていた。 

「中ツ国」と呼ばれるのは今の中国地方の岡山。隋を滅ぼした中国の唐が白村江、朝鮮半島で日本よりの派遣軍を大敗させて九州からの進駐。そして「唐」を「藤」と替字してからは、滅ぼした隋の人間には「桃」の字をばあてて区別していたと、<野史辞典>に書くまでは、桃(藤)から生れた桃太郎は凛々しい貴公子で、当時の事ゆえコウリャン団子だったのを、新羅系のサル、高麗のイヌ、百済系の戦士のキージーに食糧を給して、隠忍とよばれていた原住民討伐に行き、彼らが耕していた穀物や干魚や荒塩を宝物として掠奪してきただけの話だと納得できるようになったのは、私としては祖母の亡くなる後年の話だった。

当時は、(まさか幼時から一般庶民の洗脳教育に、そんな童話の絵本が広まっている)とは知る筈もないから、祖母は臍曲がりだと思っていた。 当時、祖父は名古屋市中区神楽坂町という目ぬき通りに、不動貯蓄銀行というのをやっていて、岐阜の芸妓上がりのおツルさんと、南呉服町で「ひさご」を経営していたオクニさんの外妾が二人いて滅多に夜は戻ってこなかった。
 
 といって、祖母より彼女達の方が綺麗とか愛らしいという事はなかった。これが不思議で、
「おじいちゃんは、どうして帰ってこんのやろ」と、中働きの婆にきいた事がある。すると、「ここの大奥様は上に跨りゃあすから、重とうて身体の自由がきかんとぼやいとるぎゃあ」と教えてくれた。つまり、顔はまずくても芸妓上がりの二人は、今いう正常位か下に横たわって相手の思うままなのに、祖母は反対に上から取っ組んでゆくので祖父は厭がって戻ってこない。

 だから祖母は、一人寝でなかなか眠れぬせいか、私を側へ寝かせては色々と話をしてくれたのだ。言い伝えの伝承話だろうが、彼女の口にかかると豊臣秀吉もサンカの一人だった。「弟の弾正たらいうのが薮塚にいて、その伜の虎之助が安土城を拵えた岡部又左の許へ弟子入りしたというのは、居付き(今では五木)サンカとなって暮していた証拠。

 また秀吉の妹の子の福島市松だって、後には正則とかいう大名になりゃあたが、親父様が桶のタガ作り、つまり今言やあす箕直しだで、やっぱし居付きサンカ。となると、秀吉のお婆様は気が強いも道理、サンカ女だぎゃあ‥‥近頃はオカミが変わってサーベルが追っかけやぁすが、秀吉かてサンカで、あん頃は大名というか殿様は、みんな
そうだったんじゃがなも」

 誇りをもってというか、自信慢々とした寝物語を欲望発散のためにくり返し聞かされたものである。私は幼くて判らなくなって途中でいつも寝ついていた。サンカが屯しているところを「ヤワタの薮知らず」というくらいだから、薮塚の弾
正の伜の加藤清正がその出身で、今も熊本に残っている清正堤などはサンカ工事で堅固なのは有名である。
 
 福島正則がササラ衆の箕作りや竹のタガを編んでいたのは「宿六列伝」にも詳しく書いたが、清正も他の本に書いてある。彼が長い兜をかぶっていたのは、サンカは夫婦で一セブリとなって分離しているが、何か集会があって多く集まるようになった時には、全体の長にあたる者が、「八方めぐり」と呼ぶ、地面に突き刺す自在鉤を外側から竹で編んだ筒で包み、頭上に乗せ、遠くからでも識別するためで、五セブリを一天人とよぶ団体が、それを中心に拡がる風習がある。
 
 現在加藤清正公愛用の長兜といって、藤の編んだのに黒塗りしたのが遺品として残っているが、好事家の後年の作り物で、本物は弓なりに曲げた四本の青竹を籠のような物でかぶせ、軽くて長かったものであったらしい。と、それに九州へ行くと同和地帯で「豊臣松園」といったように、豊臣を上につけた地区が多いのも、九州ではサンカを特に嫌っていたせいであろう。

 また、これから「秀頼薩摩落ち」の講釈が大坂以西では大正から昭和初期まで流行した。<天の古代史研究>で「世良田事件」の項目に詳述しておいたが、上州世良田庄徳川が、幕末までは神君発祥の地というので畏敬され、近郷八十ヶ村より納米させ、部落の頭目の岩佐満次郎がやがて新田男爵になったのに、徳川公爵家では華族会長様の出身が同和地区では困ると、明治三十年刊にして青山の青山堂より「家康は松平元康の改名が正しい」とする「松平記」を刊行配布。東大をはじめ各大学の教授で組織されていた学士院会は、直ちにこれを確定史料と認定した。 

 そこで近郷の村々では学士様や文学博士が[世良田と徳川家は無関係と]いうのに、これまでよくも村々より飯米をとりあげくさった、と世良田の庄を取り巻いた。新田男爵はロンドンへ留学という恰好で家族もろとも不在だったが、世良田に残っていた三十四名のところへ近村の三千人が石を投げつけ、鍬や鋤をもって押しかけた。そこで近在の鬼石などの部落へ応援を求め一致団結して戦った。
 これが後の水平社運動の始まりだが、村岡素一郎の「史疑徳川家康」によれば、秀吉がサンカなら、世良田二郎三郎、後の家康とても、出自はどっちもどっちでかわりはない事になる。

 サンカなれば秀吉は京を押さえ天下をとり、家康も徳川十五代の祖になれたのだろう。つまり純血の強みがこういうところに出てくるらしい。 日本列島の原住民というのは、紀元前何世紀も前から漂着して住みつき、海流が日本を起点としてはどこへも流れていかないので、仕方なく暮していた人々のもとへ、今日いうところの「古代海人族」、天地水火を拝むアブダビ海方面よりの者が戦火に追われれ入ってきて飛鳥人。

 その後に裏日本から、大きくても木曽駒くらいな馬を筏や小舟に乗せて入ってきた騎馬民族。彼らの中に後に白系ロシア人と呼ばれる沿海州からの白人も混じっていたので、今も秋田美人、新潟美人というように、肌の白い人も多く見かけられる。が、どっちも集団で攻め込んできたわけではない。共存共栄というか、牧草地の多いところを騎馬系は遊牧して廻り、マレーシアのヤバアンや、当時の雲南はベトナムまで延びていたが、そこからの古代海人族は漁や塩も作ったが、今日のベトナム方式の水田耕作もし、騎馬民族から鹿や兎の肉を貰えばお返しに穀物を出して、一緒に相互扶助しあい、それゆえ「豊芦原瑞穂の国」ということになる。

 騎馬系は主として新羅高麗[系]と沿海州の粛慎と呼ばれる後の白系ロシア人ゆえ、彼らが白頭山信仰を持ち込んできて加賀の白山を祖神とし、民族カラーを白とするのが源氏になるのだが、それに対して民族カラーを赤とする後の平氏になる飛鳥人は、生魚を手掴みで食べて日本へ来た海洋族。

 さて、サンカの女は決まって赤ネルの腰巻姿である。という事は、三角寛先生の説く「単一民族の日本人とは全く民族を別にする種族」という解明にはならないのである壱岐対馬から大陸よりの、鉄製武器をもって集団進攻してきた全羅南道の百済人によって討伐された時に、捕虜になってゲットーへ入れられ、騎馬系は飼戸(しこ)として馬飼いの牧夫。海洋系は食物作りの課役奴隷にされた時に、あくまで縄文武器で戦って逃亡した両方のレジスタンス連中が、やがて一つになって、夫婦単位のセブリを営んだものとみるのが至当ではなかろうか。

 サンカの発生について、三角寛先生は、その著の「サンカの定義」の名義考の中では、まず、

サンカの表語は、過去三十三年間における私の随筆ならびに小説等三百余篇の発表で、山窩の概念が既定されている。しかし、これは活字面の構成上、「山の窩(あな)」という表示に美的な響きがあるので、ことさらにこれを使用してきた。山の窩の発音はサンクワである。ところが、当のサンカは穴居生活者ではない。また山中深く隠れ住む生活者でもないので、山を冠する事も窩を当て字する事も実のところは不適当なのである。
 それではサンカとはどういう意味か?


 この言葉の追求には、私自身、三十三年間苦しんできた。それは、サンカは口が堅く、絶対にその実態について語ろうとしないからである。また、彼らの一味のうち、徒渉漂雨泊のセブリ生活者は、自分達の事を、殊更にサンカとは絶対に口外せず、何も言わないからである。しかしながら、彼らの事をサンカまたはサンクワと客観的にこの名称をつけられている事には、何かの理由がある筈である」と序文で述べてから、三角寛先生説では、

「彼らにその理由を訊ねると、まことに不機嫌で、『それは何の事だ?』と横を向いて答えようともしない。そもそも山の窩とは、彼らの真の生態を知らず、想像で深山の山窟にでも棲んでいる生活者であろうと断定して呼称したものだからであろう」とする。また、明治八年二月の島根県令井関盛良時代の羅卒文書に、「山家(さんか)の徒、山窩、浮浪の徒」などとあり、
「山窩(山家)は雲伯石三国辺偶の深山幽谷を占居する」とも記載されてある。おそらく、これが文字に書かれた山窩の、そもそも最初であると思われる。この山窩が、明治から大正にかけて特殊な犯罪捜査家達によって研究され、雄弁会発行の「明治大正犯罪実話」上下二巻となり、彼らはこれを特殊犯罪者の流浪群と誤断した。


 しかも、彼らはこの研究を絶対秘密にして、直属の上司にすら報告せず、隠密や、一般犯罪捜査の手先に「諜者(てふじゃ)」として山に入り込んだのを利用し、彼らの仲間を犯罪者として検挙していた。
 三角寛先生は、
「私がはじめてサンクワの言葉を耳にしたのは、昭和初年の例の『説教強盗』が、夜の帝都北郊の住宅街に出没して、東京市の内外が恐怖に襲われていた頃である。『あの説教強盗はサンカじゃあるまいか?』という風評が立った。『説教強盗』の命名者である私は、その風説を聞き捨てにはできなかった。私はその風評の火元を追求するのに十一日間を費やし、ようやくつきとめた火元は、下谷区萬年町に住んでいた警視廳捜査課勤務の巡査部長大塚大索氏であった。

 大塚氏は窃盗係の老刑事であったので、直接、強力犯の説教強盗の捜査には当たっていなかったが、その出没自在な行動から推理して、『あるいはサンカじゃあるまいか』と口走ったのが事の起りだ」と、当時サツ廻りの新聞記者の三角先生には判明した。 大塚巡査部長は、この萬年町がサンカの居附(ゐつき)地であったので、ここに居を定め、ここを探索の巣として、この特異な、社会に寄生する浮浪者群の中から多くの犯罪者を検挙していたが、この里で捕らえてしまうと来なくなるので、ここを立ち去って次の場所に移ったところで捕らえる事にし、それらの犯罪者をサンカの諜者に密告させていたのである。


 この特異な社会は内側と外側に分かれ、内側がサンカで、寄生浮浪者群はその外側であることを知っていた。(大塚氏は後に警部補になって退職した) では、その内側のサンカの実態は、はたしてどんなものであったか?(つまり内側が本物で、密告者や密偵は寄生虫のような贋者)という事になる。

 大塚老刑事の話によると、
「サンクワといっても、あれは当て推量の名稱で、深く研究して呼稱された訳でもない。また彼らを訊ねてみても満足な返事は誰もしないから知る由もない。彼らは岩洞や穴の中に住んではいないのだから、山窩でない事だけは事実である。あの連中は、箕づくりが生業で、大体が村里や町はずれの林の中や、川べりにと住んでいる。だから、山河者(さんがもの)とでもいう方が適当かも知れない。どうしてあれをサンクワというのか自分でさえも納得していないから、報告書にサンクワという文字を使った事は一度もない」と、三角先生が、はじめて知ったサンクワという名称の知識はこの程度のものであったという。掴んだのは、「その正体が箕つくりである事の事実」だけであったのである。
 農村に生れた者なら、箕つくり、箕直しを知らない者は少ない筈である。三角の生れた大分県竹田地方では、これらの連中を非人と呼んでいる。彼の母などは非民(ひみん)と言っていた。なぜなら、昔から農耕の民を百姓(おおみたから)(世襲私有財産の大遺宝)といった歴史があるが、あの連中は耕作をしないから非民だというのだと聞かされて、なるほどと先生も思った事がある。
 この箕つくりの非民あるいは非人のことを、地方によっては、川徒(かはと)、山徒、またはオゲとかポンズなど、さまざまの方言で呼称されている。地方々々での解釈があるのだが、いずれも、その正体を掴んではいない観念的、客観呼称にすぎないのである。サンクワとは、ただ何となくそんな気がするので、あて推量で、山の穴居者と誤認しているのである。
 
 また、サンクワは、多くが川の畔(ほとり)の林の中に棲むので、サンカ(散家)と呼ぶのが正しいと思うのではあるが、これとて観察概念からする呼称にすぎない。「かのごとく、サンクワとかサンカについて、何かありそうだと考え、色々追求を重ねているうちに、昭和十九年になって、彼らの中に、『ミツのケチの掟』といった厳然たる差別のあることを発見した。これはこの研究の決定的な意義をもつ事になった。この『ケチ』というコトバは、世間でよく云われている処の、『あいつにケチをつけられた』などという、あのケチの事だ。

    ミツクリの一(かみ) フキタカの一 エラギの一

 この三つの系統の差別(ケチ)がそれである。 そのミツのケチとは、三つの差別、即ち三つの區分(ケチ)ということである。(ミツクリの一とは、箕つくり系統の統領の事で、家元とか本家などの意味で総元ともいえる。つまり『夷元』なのに、金とり主義に代わったゆえ刃物をふるって花柳玄舟が抗議をしている。)フキタカの一とは、笛つくりの系統の統領のことだ。この一味は、太古には笛や琴を竹で作っていたのだが、今では竹製の楽器や茶筅などを作っている。また竹三味線も作った。(『四つ』のササラ衆も同じ事をしている)

 エラギの一とは、遊芸者系統の統領の事で、出雲阿国などがその出であった。今も川原芝居や門附けなどが残され、現存する『俵ころばし』『猿廻し』などが、この系統に属する。(弾左衛門支配の四ツの猿飼族も入る)
 このエラギの語は、嗤楽(わらいたのしみ)の事で、笛を吹竹(ふきたか)という古語と併せ考察すると妙味が深い。サンカの語源かもしれない。
 以上の三區分は、その一(かみ)が世襲的に専承されてきたのであるが、大正以後は、その一(かみ)味の上達者が、次代の一を継承している。このミツのケチのカミを彼らはきわめて尊び、セブリのミケ、またはミカと呼んでいる。それが三差(さんけ)、三一(さんか)などと呼ばれ、また三家(みさん)、三家(けさんか)などとも呼ばれたりするが、理解し合う相手なら、どう呼ぼうと咎めだてはされないのである。
 さらに彼らの中には、その上に、

      クズシリ一(かみ) クズコ一 ムレコ一

という三種のカミがいる。クズシリは国知り、クズコは国子(くにこ)、つまり都とか郷のこと。ムレコは群子(むれこ)で、村の事である。それぞれに一人ずつの長がいるので、それを第一人者の一をカミと呼ぶのである。この他に、さらに統率者として、

アヤタチの一(かみ) ミスカシの一 ツキサシの一

の三つの段階の頭領の身分(ケチ)がある。これは、権力の最高者であると三角寛先生は、その著書で説明する。
 アヤタチのアヤとは亂、即ち秩序の亂(みだ)れのあやの事で、タチは断(たち)または裁(たち)を意味する。
 ミスカシは透視を意味し、亂を破る意味が含まれている。
また、ツキサシは突き破る事で、亂脈を引き裂き、突き破る行為を意味する。これが戦国時代に到って利用され、アヤタチを亂破、ミスカシを透破、ツキサシを突破などと漢譯され、忍びの者の組織に利用されているという説すらも伝わっている。
 現存の彼らが數を讀むのに、いち、にい、さん、しい、ごう、と我々と同じ數え方をするにはするが、他人のいない身内同士の時や、何かあらたまった時には、一(かみ)、ニ(つぎ)、三(さん)、四(しい)と讀むのである。
 この一(かみ)という表意記號を、頭(かみ)と意味する彼らは、この数字に、物の肇(はじ)まりと統一を、また指示と統御を信念としていた。ここに特殊さがある。

 ここから出發して、三つの差別(ケチ)、三つの一(かみ)を、サンケ、またはサンカと意発発音してきたのが、いつはなしに外部に漏れて、サンケまたはサンカが山河と解され、山窩と誤られたのである。音表と意表の合意を誤解された結果が山窩であり、山河であると理解されたい。
 
 結論としてサンカは三一(さんかみ)であり、三區別(さんケチ)であり、強いて漢字で書くとすれば、三家である。過去三十三年に亘って、三百餘篇の著述の中で山窩の熟語を故意に社会に押しつけてきた三角寛としては、ここに謹んで、その罪を詫びて、その不正を正しくしておく次第である」
と、昭和四十年十一月三十日朝日新聞社刊の「サンカの社会」の28-33頁では述べているのである。これは正しい訂正である。立派なことである。
 しかし、漢字というものは、西暦663年、白村江敗戦の時に進駐軍によって「則天(漢)唐字使用令」とよぶ強制使用が命令された時から、みな何でも当てはめるだけの文字ゆえ、「三」にこだわるのはおかしい。おそらく本当のところは足利中期過ぎに明国から印度のカースト制度が入り[もっと前からという八切説もある]、日本列島でも賎民制度を確立した際、「まず前体制の北条一族をゲットーに入れ、次いで
足利創業の際に南朝方として邪魔をした新田、楠木、湯浅、菊池、足助といった連中の子孫が、東西に設けられた室町御所の新設した散所奉行の役人によって、山とか川の真ん中の州。つまり橋のない川の中へ、居つき限定収容させられた。これを散所とよぶ。地方によっては、別所、院(囲)地、界外と色々の名称があるけれど、これが全て語源である。
 
 つまり、散所はゲットーでタウンになっているのに、セブリは一世帯ごとゆえ、これを「散家」というのが正しいとも考えられる。足利後期の公卿の「夷詠朗詠集」の中にさえも、
「奥山にかくれ住むちょう散家ども、人とはみえで隠鬼ならむ」とまで明白に出ている。この朗詠集は、毎年五月五日、奴隷百姓となっている連中が、橋のない川の連中へ投石をしにゆき、州の中の鯉を分捕って竿にさしてきて勝ち誇って帰ってくる「院地打ち」の石合戦の歌が数多く詠みこまれていて、夷をもって夷を制する藤原体制の実体を明らかにするために、菊池山哉の「日本の特殊部落」にも引用されているものである。


      ウメガイの実相

「サンカの生態には、陰陽ニ態がある」と三角寛先生の説ではいう。そして、「陽態がセブリ・サンカ」であり、「陰態は居附サンカである」とする。この居附は、我々の生活に極めて接近し、そ知らぬ顔で一般に中和している。中和とは、サンカが一般人の中に入り、正しく節度にかなった生活をしていることをいう。彼らは元来がセブリモノであることを一般人に知られ嫌われるような事は絶対にしないのである、と説明をしてから、その形態を分けて分類し、中和しているトケコミサンカについて、「陽態の、セブリ・サンカとはどんな生活者なのであろうか?」と先生の考えを発表
する。

 彼らのコトツ(「言告(ことつけ)」の詰り語で、「つてごと」の意‥‥昭和十八、七、丹波にて採集)によると、セブリとは、アナイヌケということである。太古の我々の祖先が穴居生活であった事は論争の余地もなく、明治大正になっても地方の農家はまだ穴居生活が多かった。これには異論のないところだが、このセブリの始まりはほぼ、その穴居から地上に出た頃からと、彼らの間では傳承しているのである。
 それまで私は、コトツという言葉は、コットと聞いていた。「コットによりますと」とか、「コットでは」というふうに聞いていたのである。その意味も、「私どもの一族では」とか、「我々のセブリでは」という意味に解していた。

 ところが、昭和十八年の夏、戦争たけなわの頃、三角先生は郷里の大分に歸郷した折り、飯笊(めしざる)を売りに来たセブリの女の口から、「セブリのはじまりは、タニバのオヤマミという人に聞くと、よくわかります。その人はコトツの一(かみ)だから」と、意外な事実を聞いたのである。それは先生にとっては、まことに思いがけない大収穫であった。
「あんた、いまコトツと云ったが、コットのことですか?」ときくと、「他人様と話をする時には、はぐらかしを言うことになっているから、コトツのことをコットと言うのです」と、これまた意外な発覚である。それゆえ言葉を次いで、「コトツとはどんな事でしょうか?」ときくと、
「セブリのできた、そもそもの始まりの事から何から、先祖からの言い伝えをコトツというんです」と、教えてくれた。

 タニバとは丹波の古名であるが、鞍馬の山裾にあるというオヤマミのセブリの場所をきいて、東京に戻る途中、京都から北に入ってタニバのセブリ場を先生は訪ねた。
 セブリは、桂川の水上の大堰川の川縁(かわべり)にあった。セブリの主は、大山見一(おおやまみはじめ)といって、その時五十九歳で、職業は箕作りであった。ここで、コトツの語意について確かめてみると、その意味は「言告(ことつげ)」の語り語で、「つてごと」という事であるのが判った。これも貴重な一語である。今いう伝言だからである。
 更に、この大山見さんが、セブリの歴史を一切伝承していることを知って先生は狂喜した。
 

引用参考文献・八切止男著作「サンカ生活体験記」

【この項続く】

=転載終了=  
______________________________





<追跡!真相ゼロtoZ>
~ゼロの意味する原点の意味の原因を探り
 定量的、科学的にZの行き着く先の真相に迫る~

5 追跡!真相ゼロtoZ

2012/12/17 追跡!真相ゼロtoZ
追跡 真相 ゼロtoZ







______________________________






ツイートテレビからのお願い


※寄付と「買って支援」のお願い
アマゾンから買って支援
-----

服部順治 ‏ @JunjiHattori

原発再稼動を停めようと佐賀県庁にのりこんだ山本太郎さんを
刑事訴訟した京都の行政書士の方が
なぜか半年近くも経った今頃、下記のビデオを見て、
その行政書士は幸福の科学の信者ではない、とのことで
「名誉毀損及び名誉感情侵害行為」で
慰謝料 45万700円を支払うように
こんどは私を訴えてきました。
(^_^;)

どうも小沢一郎さんと市民との対話という番組に出て
「裁判所もおかしい」と言った直後に告発している感じです。
(^_^;)

この行政書士と戦うためにも
裁判の費用が必要です。
左記の寄付欄より、
みなさんからのご支援をよろしくお願いいたします。


口座名 ツイートテレビ

■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10090 
番号 98084911

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 9808491







ツイートテレビの中継/取材/講演などの要請の場合

 ツイートテレビもこれからUSTREAM中継やこのようなツイートテレビのやり方、ブログの作り方などのお話をさせてもらったり、取材要請があれば内容に応じてUSTREAM中継などもやってここで紹介させていただこうと思います。
 2人いっしょで中継時間、講演時間1時間あたり3000円で、実費の交通費も別にいただければありがたいかと思います。
 ツイートテレビのホームページのコメント欄で非公開コメントにチェックを入れていただき、メールアドレスや取材場所、時間(できれば午後3時以降)、お話の内容などを書いて送信していただければ、ご相談に応じます。
 よろしくお願いいたします。





主に日本の話題の元ネタ(^_^;)
歴史の真実の宝庫:八切止夫デジタル無料作品集
(次世代の人達と共有し戦争を繰り返さないために)

http://rekishi.info/library/yagiri/scrn1.cgi

東京新聞(日本で一番、真実を伝えてくれる新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/
クーリエ・ジャポン(日本のメディアは本当のことを言ってくれない、っていい宣伝文句だけど疑いながらチェック(^_^;))
http://courrier-japon.net/
阿修羅掲示板 拍手ランキング (24時間) (愛国者を気取る感情的なネット右翼や工作員などのコメントは除く(^_^;))
http://www.asyura.us/hks/ranking_list.php?term=1
オリーブニュース
http://www.olivenews.net/v3/
政治ブログ 注目記事ランキング(幸福の科学や創価学会など統一教会系は除く(^_^;))
http://politics.blogmura.com/ranking_entry.html

杉並からの情報発信です
http://blog.goo.ne.jp/yampr7

BLOGOS 意見をつなぐ、日本が変わる。
http://blogos.com/

ざまあみやがれい!
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/

子どもを守ろう
http://savechild.net/

金融マフィアの意向を知ることができる主なマスコミ
サンケイニュース(元は産業経済新聞より財界や自民党、アメリカ ロックフェラー(統一教会)の意向(^_^;))
http://sankei.jp.msn.com/
読売ニュース(元は正力オーナーで戦犯で死刑確定をアメリカ側のCIAに協力することで無罪で釈放:アメリカの意向(^_^;))
http://www.yomiuri.co.jp/
毎日新聞ニュース(創価学会の聖教新聞をメインで印刷しているため創価学会の意向:統一教会の仏教部よりアメリカの意向(^_^;))
http://mainichi.jp/
NHKニュース(政府、官僚(アメリカ)側の意向を反映している:結局、アメリカの意向(^_^;))
http://www3.nhk.or.jp/news/



______________________________


世界の報道:話題の元ネタ(^_^;)

田中宇の国際ニュース解説
http://tanakanews.com/


デモクラシーナウ(市民サイドに近いアメリカのメディアでアメリカを中心に世界の市民の今を伝える )
http://democracynow.jp/

シリア国営ニュース SANA
http://sana.sy/index_eng.html
シリアニューズ(シリアからの情報 なるべく新しい情報ならこのツイッター情報
http://www.syrianews.cc/

日本語イラン ラジオ(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を日本語で解説するイラン側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.irib.ir/


新唐人テレビ日本(アメリカ、香港の人たちから見た独立系中国テレビ:客観的に中国はもちろんアメリカも見れる(^_^;))
http://www.ntdtv.jp/

人民日報日本語版(中国から見た、日本の政治社会状況などがよくわかる(^_^;))
http://japanese.china.org.cn/

中国国際放送 日本語版(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を日本語で解説する中国側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.cri.cn/index.htm

ロシアの声 日本語版(ロシアの国営放送で建前としてのロシアの現状がよくわかる:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.ruvr.ru/

ロシア トゥデイ Russia Today(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を抉り出して見せてくれるロシア側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://rt.com/

Dprogram.net(従来のプロパガンダに対抗するためのサイトでプログラムで縛られた人を解放する? (^_^;))
http://dprogram.net/




動画リンク
アメリカの「ウォール街を占拠せよ!=Occupy WallStreet」の理解のため




おすすめのガイガーカウンター(線量計)は何でしょう? 
真宗大谷派 常福寺でやってるサイトで専門家の人のお奨めです。
http://johukuji.nanaoarchive.com/top/?p=1191
1万円台では
SOEKS-01M ホットスポットなどを探すにはいい。ただβ線も測ってしまうので高めの数値を表示。正確に数値を測るにはアルミの遮蔽版が必要。
なお2011年12月だとエステー化学のエアカウンターがいいようだ。(群馬大学の早川教授もおすすめ(^_^;)
その時、必ず9800円の定価に近いロープライスを選択して買うべきです(^_^;)
でも今からだと2/3発売で性能のいいエアカウンターSを待って、7800円で買ったほうがいいかも
3万円台では
手軽に正確な値を出すのにお奨めはDoseRAE2だけど、今だとエステー化学のエアカウンターがいいようだ。
(東京都からの貸し出し用で採用している機種だけど0.30μSv/h~2.50μSv/hふらつきあり)
私も「放射線測定器 Dose RAE2を買って」 (^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

『ユダキンジャッカルショックドクトリンの次の標的は自民党安倍総裁である』

163.http://www.asyura2.com/12/senkyo141/msg/327.html#c163
小沢がかつて自民党内閣不信任案に自民議員として賛成票を投じ自民党を辞めて自由党を結成し選挙で600万票集め自民党独裁を終わらせたときと、今回民主党を辞めて未来の党で自民党に惨敗した理由はただひとつである。
今回小沢は内閣不信任案に賛成票を一度も投じなかった。ゆえに国民の期待は高まらず未来の党は疑惑の目で見られ投票率の低下を招いた。結果だけ大勝利自民党の比例得票数の前回下野時より1600万票減らしたという少なさを見れば投票率が低かったことは明らかである。つまり自公維新は公明党の組織票にかんぜんにおんぶだっこで全国小選挙区で僅差の接戦を制したのである。

要は国会での政策活動(内閣不信任案は国政を預かる国会議員の最大の政策立法である)が国会議員にとってすべてであるということだ。

166.
>>163つまり自公維新は公明党の組織票にかんぜんにおんぶだっこで全国小選挙区で僅差の接戦を制したのである。
こんな大痔主になるとは思ってもいなかった痔眠の頭領運故タレあっへーはいまパニクってる真っ最中である。
池田大作氏の死去を隠している犯罪組織創価学会の選挙協力を受けていたことが明るみに出れば自民党は解党処分間違い無しだからである。
最高裁にも米軍にもいかんともしがたい由々しく禍禍しき「単独過半数大勝利」の大災難があっへーをいままさに直撃しているのである。

168.
ユダキンは今度の選挙で運故タレあっへーではなく橋下を総理にするべく画策してきたが、反道徳反憲法の工作活動は治外法権を持たない日本人スパイだけでは思うに任せず、低投票率誘導までは成功したが自公が維新をはるかに凌駕する自公400議席超を獲得してしまったのはユダキンにとっても青天の霹靂の直撃を受けたに等しい大誤算となった。
こんなことなら予定通り選挙戦の最中に石原慎太郎をジャッカルにヒットさせておけばよかった、と今ユダキンも大いに臍をかんでいるところである。

さればユダキンが次に打つ手は何か。ショックドクトリンである。橋下総理実現に近づくためには邪魔者を排除すればよい。ユダキンには日本国内治外法権があるのだから陰謀暗殺失脚攻撃は思いのままである。石原慎太郎ではジャッカルを出さずに失敗した。

次のユダキンジャッカルのターゲットは?

次期総理就任絶対確実の自民党安倍晋三総裁そのひとである。

故西村参院議長のごとく病院で急逝させれば難病を患う安倍総裁のことだから官憲の追及を封じることなどユダキンにとって無敵の治外法権をもってすれば赤子の首を絞めるごときに朝飯前なことである。

安倍総裁は今日から私邸に閉じこもって警備を固め、総理大臣を今上陛下から拝命するその暇では家人が毒見したもの以外のすべての飲食物を口にしてはならない。

男は家を出ると七人の仇敵が待っているのである。

169.
>>168安倍総裁は今日から私邸に閉じこもって警備を固め、総理大臣を今上陛下から拝命するその暇では

訂正

安倍総裁は・・・、総理大臣を今上陛下から拝命するその日(12月26日か27日)までは、家人が毒見したもの以外のすべての飲食物をいっさい口にしてはならない。また、病院を受診することも厳禁である。病院はもっとも無防備にジャッカルの攻撃を受けやすい場所である。自宅に閉じこもってみかんを食べてるる健康づくりに励むべし。

「日本国憲法は総務省にただちに最高裁判事国民審査全投票用紙再集計再開票の結果公開を厳命する」

発展途上国並の壮大なる不正選挙?(続き)、有り得ないことがありえーる(笑):いかりや爆師匠
http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/3cec4d06784d8569c86eb297df2cc1e1

師走の選挙 (通りがけ)
2012-12-19 06:22:22
さすがの私も忙しすぎて書き込みができない。かろうじて認知症の母親を手を曳いて投票所で認知障害者老人を介助者から引き離して孤立させようとする小役人を「憲法違反の投票妨害である」と怒鳴りつけて退け、保護責任者たる私が介助して黒ボールペンでともに国民審査オール×投票して帰ったのが精一杯である。認知症の母親には選挙違反にならぬよう候補者も政党も×印をつけるよう指導し、私は日本未来の党と書き候補者がいなかったので共産党候補者名を書いて投票した。

いかりや師匠の冷静で鋭い分析は、さすが我が師匠です。日本常民の慈悲倫理道徳平和の徳にあふれておられる本エントリーのご指摘はすべてご名答オール◎。

史上最低の投票率。
これを強調するのが今度のユダキン解散師走選挙の最大の狙いです。

かつて上の句にバカ森総理もとい神の国バカ森総理がばらした不正選挙のやり方「投票日には有権者は寝ててくれたら良い」を、師走のど真ん中投票というこの時期を狙って文字通り決行したバカユダキン捏造選挙です。ユダキンですから日本国憲法を無視して(ほんとは低脳すぎて知らないだけですがw)マスゴミが大暴れ公職選挙法違反憲法違反やりまくりの何でもありの、あの時と同じバカの一つ覚えで公明党組織票頼み一辺倒のまさに小泉詐欺師白痴テレビ劇場型ハリウッド西部劇無法選挙となりました。

反道徳ユダキンバカは最高裁判事国民審査のことも忘れて師走選挙を仕掛けてきたが、師走で多忙な道徳国民は選挙より国民審査にオール×投票して反道徳反憲法最高裁を自らの手で懲戒処罰するために師走で忙しい中じっちゃんもばっちゃんもみな投票所へせっせと足を運んだのです。私は手を引っ張って連れて行きましたがw

今まで選挙に行ったことが無い人も私の知り合いには何人もいますが今回はみな一様に「投票いってきたで。国民審査はオール×にきまっとるじゃろ」と口々に言っています。

史上最低の投票率とは真っ赤な嘘ですねw

まあ最高裁検審ソフトがバカの一つ覚えで使われたようですが、最高裁事務局が不正を認めない限り今度の選挙結果が合憲とされると見込んでいるのでしょう。
そして反道徳最高裁が黙秘で時間稼ぎをしている間にさっさと憲法9条を破壊して反道徳無慈悲戦争国家を「捏造」しようというのがユダキンの狙いです。
悲しいくらい丸わかりの低脳バカですな、ユダキン。最重症の知的発達障害者そのものです。

さて不正は明らかですが選挙の投票をすべて再開票再集計するのは物理的に時間がかかりすぎてなかなか当選無効を確定させるには至らないでしょう、ブッシュ大統領選のように。

しかし最高裁判事国民審査なら再開票再集計は小学生でもできる程度のあっという間も無くすんでしまうごく簡単な単純作業です。参考http://www.asyura2.com/12/senkyo141/msg/206.html#c204
信任か不信任かの○×二者択一だから、反道徳無法最高裁ご自慢の捏造ソフトも国民審査では通用しません。捏造したくても単純すぎて使いようが無いからw

しかも今回史上最低の投票率らしいが、国民審査の総投票数を数えるだけでほんとうの投票率がわかるのです。国勢調査よりもはるかに正確にね。

倫理道徳日本国民はただちにすべての国民審査投票済み投票用紙の総数再集計と不信任票の総数再集計を、主権者国民の公僕総務省に日本国憲法を用いて違背遅滞を許さず厳命しましょう。

総務省は全員「外患誘致罪」である。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://tweettvjp.blog.fc2.com/tb.php/317-e9d0f5ad

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |