ツイートテレビ ホームページ ~あなたもテレビに騙されてませんか~ ※不確実な情報も含みます(^_^;)

最新のツイッター情報から平日、朝8時頃からモーニング地球ニュースをお届けしています。ニュースの動画はYouTube,USTREAM、ツイッター、ツイキャスからもご覧いただけます。(^_^;)

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

TweetTV

Author:TweetTV
ツイートテレビへようこそ。
ここからYouTubeのニュース画面や中継画面を見ることができます。(平日、朝8時頃より放送)
※寄付と買って支援のお願い
アマゾンから買って支援
ここをクリック

 私たち市民メディアは従来のマスコミが追求できない真実を伝えています。
現在の主なテーマは 
■脱原発への道を開く政治を応援

■小沢裁判や冤罪事件を通して
司法も含む官僚体制や創価学会
金融マフィア(財閥)の陰謀を暴く
 
■世界で戦争や金融テロなどを
引き起こす金融マフィアの実態
とそれに対抗する市民活動

 2013年もツイートテレビを
サポートしていただき
明るい未来に向かった活動を
続けられるようよろしく寄付、
声援のほどお願いいたします。

2011年9月20日開局
 ツイートテレビ
めざまし政治ブログ」の服部順治と「和順庭」ブログの服部(旧姓熊木)和枝の二人だけで運営
♥なお私達11月22日の前日に結婚しました♥

口座名 ツイートテレビ

■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10090 
番号 98084911

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 9808491

最新トラックバック

1/16(水) ニュース

2013/1/16(水) ニュース

<今日のツイートテレビニュースの話題>
                                                                                                                    Font MSP ゴシック サイズ11

2013/1/16(水) ツイートTV








1 生活党の乗っ取りまで視野に置いていたユダ飯田哲也
2 除染はムダを再認識:ガレキ処理で放射能焼却が全国各地に
3 オバマ独裁で進める警察国家への道:まず銃規制で武装解除
4 和歌山毒カレー事件の犯人は林眞須美にし保険金殺人Gを隠せ







<ニュースウォッチ12:今日のニュース>
1 生活党の乗っ取りまで視野に置いていたユダ飯田哲也

2013/1/16(水) 概要 生活党の乗っ取りまで視野に置いていたユダ飯田哲也
2013/1/16(水) ツイートテレビニュース 概要 生活党 乗っ取り 視野 置いていた ユダ 飯田哲也







him_beere ‏@him_beere
【平和主義者の私はけんかが苦手なので
☚自分を美化する党首、所詮は無理!
「甘かった」と言う言葉以下の問題です。】 

服部順治 ‏@JunjiHattori
ヒドイ週刊朝日の記事:単純に数の論理から客観的に見ても飯田哲也らが生活党を乗っ取ろうとしたんだよ!危ない、危ない。もしかして最初からそういう罠?




「私が甘かった」嘉田元代表が分党騒動の内幕を告白〈週刊朝日〉
dot. 1月16日(水)12時11分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130116-00000004-sasahi-pol

 昨年11月に結党した日本未来の党が、わずか1カ月余りで分党した。昨年12月の衆院選で衆院の議席が62から9に激減し、お家騒動が勃発。年の瀬も押し迫る中、衆参合わせた17議員のうち、小沢氏系の15人は「生活の党」(森ゆうこ代表)、阿部知子衆院議員は「日本未来の党」、亀井静香議員は「みどりの風」(共同代表は谷岡郁子参院議員ら)に参加する形で3分裂した。

 26日午後に、飯田哲也代表代行(当時)が小沢一郎氏と分党の協議をしたが、国政の世界は甘くなかった。「選挙に7、8億円かかった。年内に分党問題を決着できなければ、そちらが負債も引き継ぐことになる」と小沢氏側にすごまれ、未来の党は結局、生活系に乗っ取られる形となったのだ。

 小沢氏側は旧未来を生活に党名変更して継承することにこだわった。それを成就した結果、生活の党は今年、約8億6500万円の政党交付金を手にする。一方、看板と阿部議員だけが残った未来の党は、国政政党の資格を失って単なる政治団体となり、交付金は入ってこない。

 嘉田氏はこう言う。「未来の党は衆院選で得票率2%以上を取っていたので、議員が阿部さん1人になっても、1月1日まで未来の党を維持すれば、国政政党の資格を確保できました。しかし、平和主義者の私はけんかが苦手なので、仕方ないなと……。この結果は、相手がどうこうというより、私の判断が甘かったために招いたと反省しています」。

※週刊朝日 2013年1月25日号

-------------


マスゴミも騙されている「飯田哲也は脱原発」のウソ

http://ameblo.jp/mo-014925/entry-11303446273.html


東京電力と飯田哲也の環境利権 
グリーン電力証書


については 下記参照 ↓


http://zarutoro.livedoor.biz/archives/51767375.html



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


水力や太陽光、風力などの自然エネルギーによる
発電方式と原発は ともに地球温暖化を増大させる
CO2を排出しないからクリーンだとされてきた。


そこで化石燃料(石油、石炭、天然ガス)が悪者にされた
経緯があるが、CO2による地球温暖化は 一部科学者ら
による利権作りから生まれた捏造だった事が解っている。



一方、原発は本当にCO2を排出しないかというとウソだ。
核燃料の精製、使用済み燃料の処理過程で、いくらでも
CO2を吐き出すのであり、原発だけを見てCO2が出ない
というのは、まさに木を見て森を見ない愚と等しい。


しかしながら、再生エネと原発がクリーンエネルギとして
認知されてしまった現在、そのインチキを暴露し、多くの
騙された国民を目覚めさせるのは至難の業だ。


山口県知事選挙に立候補した飯田哲也が「脱原発」の
旗手のように言われるのは 大いなる虚構が作り上げた
怪物である事を 今こそ国民は知るべきだろう。


クリーンエネルギーという立場で東電と飯田哲也はタッグを
組んでグリーン電力証書システムを作り上げた。

新しい利権である。


この証書システムは既存の火力発電を排除している。

即ち、再生エネと原発が共存するシステムなのだ。

再生エネは表立っては原発を否定しているように見えるが
火力を排除する事によって、不安定で供給力が少ない
再生エネの不足分を原発で補充する事を暗黙のうちに
認めていることを、騙されている人々は気付かない。


実に巧妙な説明で再生エネと原発が共存する世界を
作り出しているのが東電と飯田らが構築した

   グリーン電力証書



なのである。



偶然にもつい最近、飯田哲也本人が

  火力を排除している

事実を喋ってしまっているから笑ったよ(呆!)。


      ↓(ゲンダイネットから抜粋転載)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

飯田氏は

 「私は政権交代直後、事業仕分け人のひとりとして
  問題点を指摘したが、ほとんど、無駄な予算は
  削られなかった。
  それなのに消費税増税は論外です」

 「原発や火力発電に頼らず、自然エネルギーを拡大
  させれば、雇用も生まれるし、地域振興が実現する。
  県民がエネルギーを買う1000億円が外国ではなく、
  地域に回るようになる」

と訴える。

http://gendai.net/articles/view/syakai/137527


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゲンダイネットも騙されているメディアの一つのようだ。

飯田は山口県の上関原発設置に反対し続けている
祝島の人々に「クリーンエネ」を押し付け、原発のことは
曖昧な表現で祝島の人を実質的に騙している。

即ち、原発には反対だが、再生エネシステムを祝島に
設置すると説き伏せ、再生エネで不足する分は原発だと
説明しないで黙っている・・・・実質、詐欺だ。



もし、飯田哲也が山口県知事に間違って当選した暁には
祝島の人は、やがて大きな失望に見舞われるだろう。


しかも多くの人が、飯田は自民党の安倍の親しい仲間だ
と言う事を何故、目くじら立てないのだろうか?

  「飯田が安倍陣営に殴り込みをかけた」

と言ってる連中こそ、もう一度、あらゆる視点から飯田なる
人物を洗い直す必要があるだろう。

--------------------
自由主義と社会主義の間で揺れる日本

http://japanese.ruvr.ru/2013_01_16/nihon-seiji/

なるほど尖閣(釣魚)諸島をめぐる中国との領土紛争は深刻である。現状、いつ軍事衝突に発展してもおかしくはない。しかし、この問題が、日本社会の抱えるもっと深刻なひとつの課題から目を背けさせるということも、また問題である。日本の指導部がこの課題を解決する能力をもたないために、日本は中国に世界第2の経済大国たる地位を明け渡してしまった。すなわち課題とは、経済・社会の正しい発展モデルの選択という問題である。
近年の財政危機の推移が既存の経済・社会モデルの長所と短所をめぐる議論を呼んだ。このテーマは現在の日本にとってもアクチュアルである。
日本では長らく、きわめて安定した経済・社会モデルが行われていた。1955年の自由民主党政権発足に始まる「55年体制」と呼ばれるシステムのことだ。社会主義者や共産主義者に対抗するべく、自民党と民主党が合同し、日本自由民主党を結成。与党となると、政権を維持するために、左陣営の綱領を借用し、社会的な公平という思想の実現に着手した。日本で三十数年間行われた、スウェーデンあるいはフィンランド流の社会経済政策は、実りをもたらした。日本に遍く安定と安全が浸透し、多くの人が「サラリーマン」になることを願うようになった。大企業のもとで落ち着いて働き、完全に見通し可能な人生をたどっていく、というものだ。

1990年代初頭、安定した経済・社会システムは調子を乱し始めた。不動産への投機を基礎とする「バブル」経済は、果たして、日本を停滞させた。停滞から抜け出るために、型破りな決断と、創造的なリーダーシップの発揮が求められた。当初その難しい舵取りを担ったのは官僚たちであったが、目に見えた成果は得られなかった。2001年、小泉純一郎氏は、社会基盤のラディカルな改造を、また起業精神を広く鼓舞するべく米国の自由主義的モデルにならって経済を立て直すことを、試みた。この試みはついに完成を見なかった。経済活性化の試みは社会階層の分化を進め、国民の不満を買った。そのため小泉氏の後に続いた諸政権は、自由主義的モデルへの移行にブレーキをかけることになった。結果、日本は今日にいたるまで、長引く停滞から抜け出すことが出来ずにいる。

いま、何をしたらよいか。全く不明である。エコノミストの一部は、2009年の金融危機は投機と貧富の格差に根ざす自由主義的モデルの不安定さを露呈したのであり、これを拒絶することが必要である、と捉えている。しかし、他方、社会経済政策の充実した欧州の一部諸国でも、深刻な問題が発生している。もっとも、スウェーデンやフィンランドのような国々の社会モデルが魅力を失ったわけではない。たとえば現在、公平と正義を求める気風が流れる韓国は、北欧流の社会経済モデルを導入しようとしている。ただし、その公平と正義を購うための高い税金を、スウェーデンで行われているようには、韓国市民は支払うことが出来ない、という点に問題がある。

同様の、すなわち末期的な状況は、日本でも見られる。日本国民は税率の引き上げを望まない。一方富裕層が急激に拡大することも望んでいない。日本国民は「55年体制」の遺産を守り、かつ停滞を克服することを望んでいる。しかし、それは不可能な話だ。何らかの具体的な決心を得るために、ラディカルな意識改革が行われねばならない。明治維新にも比すべき大規模な改新が、である。明治維新当時、伝統と慣習を守るか、国家の主権を護持するかという選択が焦眉の要となって、大胆な決断が行われた。

現在、状況は、当時に劣らずドラマチックである。国家主権喪失の危機とまでは言われないが、日本は既に、世界第2の経済大国たる地位を中国に明け渡している。そしていま、アジアおよび世界の中でどのような役を果たしていくかという問題が、いよいよ鋭く日本に突きつけられている。そこには2つの道があるだろう。

第1の道は、アジアの隣国たちとの統合を進めていく、というものである。すなわち、中国および韓国との、自由貿易圏の創設。この3ヶ国は伝統的に強い共同体意識を共有しているほか、経済における高い相互依存関係でも結ばれている。しかしこの計画は、東京と北京またソウルとの間の領土紛争の先鋭化によって空転している。

第2の道は、米国の主導する、環太平洋パートナーシップ(TPP)協定プロジェクトに参加することである。これに参加した場合、日本経済は、資本主義の庇護者をもって自認する大国の定めたルールによってプレイすることになる。その場合は、日本経済が相当な急角度で、自由主義的傾向を進めていくことになるだろう。ところで、TPPプロジェクトは、反中国という方向性を明瞭に持っている。TPPへの参加は、日本と中国、韓国の、一大経済共栄圏創設の可能性の埋葬を意味する。




ーーーーーーーーーーーーーーー

松元孝一(原発廃炉に一票) ‏@impulse92
新聞に軽減税率を求めるマスゴミに激怒。


http://matome.naver.jp/odai/2135831947308970401

… ⇒みんなで 怒ろう!!



「新聞には軽減税率を」-消費増税を支持した新聞業界の要求

軽減税率を求める理由は・・・
今後も国民がより少ない負担で、全国どこでも多様な新聞を容易に購読できる環境を維持していくことは、民主主義と文化の健全な発展に不可欠
出典
「新聞に軽減税率適用を」…日本新聞協会が声明 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
「軽減税率を求める新聞協会声明」
http://www.pressnet.or.jp/statement/pdf/keigen_zeiritsu.pdf
こないだまで消費税増税を歓迎していた新聞各紙
消費増税法案の成立へ政治の責務果たせ
出典
:日本経済新聞
「読売」の渡辺恒雄会長・主筆は、2012年の年始の賀詞交換会(5日)のあいさつで、次のようにのべています。
 「消費税にしてもTPPにしても、全国紙のほとんどが論調を同じにして、前向きに推進しろとなっている。だから政治も早く決断すればいい」
出典
消費税・TPP「共同社説」/「読売」渡辺会長が自認
朝日の論説委員の一人は社内の空気についてこう語っている。

「消費税増税については『国家財政が傾いているのだから、増税は当然』というのが大前提で、増税に反対だという意見は出たことがありません。(中略)消費税増税による庶民の痛みをどうするか、といったようなことは議論の対象にすらなりませんね」
出典
国税調査に震え上がった!?朝日新聞「消費税増税前のめり」 : J-CASTテレビウォッチ

フツコウ@god778
フォローする
軽減税率適用を=消費増税で新聞協会が声明(時事通信) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130116-…ウソを垂れ流すだけの新聞など生活にまったく不要。軽減税率など適用する必要なし。自分たちの高給を下げればいいだけ。
返信 リツイート お気に入りに登録 2013.01.16 16:09
給与水準の高い新聞社
大手新聞社の平均年収は朝日新聞社で1,241万円、日本経済新聞社で1,204万円、毎日新聞社で796万円、産業経済新聞社で718万円(22年3月現在。(日本経済新聞社は21年12月現在)数字は記者を含む全社員の平均値。各社有価証券報告書より)
出典
新聞記者・雑誌記者の平均年収-年収ラボ
新聞業界で、給与水準が高いのは、全国紙の朝日、読売、日経、通信社の共同、ブロック紙の北海道や東京、中日などだ。
 朝日新聞の場合、おおむね30代後半で年収1000万円を突破し、40代の中ごろには1500万円にもなる。50代で第一線に残っていられれば、2000万円にもなるらしい。
出典
ガラパゴス業界なのにボーナス100万円。朝日、毎日、読売、日経……新聞社の給与格差 | Bizトピックス | キャリコネ
新聞各紙に疑問の声

畠山理仁@hatakezo
フォローする
消費税引き上げを望まない人の数は聞かなかったのかな…。→「新聞に軽減税率適用を」…日本新聞協会が声明 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) yomiuri.co.jp/national/news/…
返信 リツイート お気に入りに登録 2013.01.16 13:56

perspective@prspctv
フォローする
なぜ消費税増税そのものに抗議しないのか。「日本新聞協会は15日、消費税率引き上げに伴い、新聞への軽減税率適用を求める声明を発表」|1/16読売:「新聞に軽減税率適用を」…日本新聞協会が声明 yomiuri.co.jp/national/news/…
返信 リツイート お気に入りに登録 2013.01.16 11:30

大黒屋金兵衛@finefield2112
フォローする
メディアが多様化する中新聞だけを特別扱いするな!@新聞協会 軽減税率適用求める dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/pub…
返信 リツイート お気に入りに登録 2013.01.16 15:57

myzyu@hikaru_mm
フォローする
しかし新聞業界もずうずうしいにも程がある。散々増税をプッシュしておきながら、新聞は軽減税率だと。別に新聞は生活必需品ではなかろう。
返信 リツイート お気に入りに登録 2013.01.16 15:56

佐久間裕幸@hiro_skm
フォローする
本来、軽減税率は、普及しているヨーロッパでこそ「導入して失敗した」と言われている反省項目なのにそれを報じず自社の利益を主張するとは恥を知ってほしい。/新聞協会 軽減税率適用求める bit.ly/V7JT43
返信 リツイート お気に入りに登録 2013.01.16 16:03

まつかげ@kouku21
フォローする
笑止!さんざん新聞で消費増税を煽っておきながら、自分たちだけ逃れようとする愚か者。 軽減税率適用を=消費増税で新聞協会が声明(時事通信) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130116-…
返信 リツイート お気に入りに登録 2013.01.16 16:04

熊井憲章@kumaisrgs
フォローする
新聞協会は新聞への軽減税率を求めているというが、新聞の重要性は理解できるとしても、それを特別視する理由はなにもない。
返信 リツイート お気に入りに登録 2013.01.16 16:05

Hideo Matsumoto@pekeq
フォローする
ソシャゲーのガチャだって知識の集大成だから、軽減税率適用されるんですよね。
返信 リツイート お気に入りに登録 2013.01.16 16:10

加藤健@hageken
フォローする
お代官様、私ども瓦版屋は積極的に増税の世論形成に協力させていただきますので、ーーー例の件、よしなにお願い致します。  日本新聞協会(会長=山耿太郎朝日新聞社取締役会長)が声明を発表「新聞、書籍、雑誌には消費税の軽減税率を適用するよう求める」  瓦版屋、お主も悪よのう。
返信 リツイート お気に入りに登録 2013.01.16 16:11

mongrelP@一応求職中@mongrelP
フォローする
全メディアに適用するならわかるが / “「新聞に軽減税率適用を」…日本新聞協会が声明 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)” htn.to/5bwTqM
返信 リツイート お気に入りに登録 2013.01.16 16:15

tetsuhisa endo@Gkamya
フォローする
偏った意見や取捨選択された記事を知識と見なすのは抵抗がある。→ は新聞協会が軽減税率適用求める ネットでは否定意見が多数 : J-CASTニュース j-cast.com/s/2013/01/1616…
返信 リツイート お気に入りに登録 2013.01.16 16:20
昨年10月にも読売新聞が社説で軽減税率を求め批判された
軽減税率をねだる読売社説の恥知らず|永田町異聞
http://ameblo.jp/aratakyo/entry-11383043528.html
kyoの永田町異聞の記事、軽減税率をねだる読売社説の恥知らずです。
軽減税率求める読売社説に批判相次ぐ : J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2012/10/19150728.html
BLOGOSの議論ページにも100件を超える反対意見が
議論:新聞には軽減税率を適用したほうがいいと思いますか? - BLOGOS(ブロゴス)

------------
金子勝 ‏@masaru_kaneko
【1%のための政治2】相続税率引き上げの実施は先送りされなかったが、さっそく贈与税率の引き下げで抜け穴作りです。相続税の軽減対象になる宅地面積も240平方㍍から330平方㍍に拡大です。生活保護には厳しく、やはり金持ちには優しい政権? http://goo.gl/Xe6UN
______________________________



再生リスト:「国民の生活が第一」を支援する市民大集会 2012/9/1
http://www.youtube.com/playlist?list=PL2617FA4CFF36F3C5


______________________________

今日のイベント
原発関連:集会・イベント情報、Ustream番組表
http://2011shinsai.info/event/

______________________________

閑話休題

ツイッターの流行がわかる日刊ツイッターランキング 
http://twinavi.jp/news/daily?ref=top

今、話題の動画のランキング tweetmovie ツイートムービー 
http://tweetmovie.jp/

NAVERタブーまとめ

http://matome.naver.jp/topic/1LwS6







______________________________



<<日本 クローズアップ現代:国内の話題>
2 除染はムダを再認識:ガレキ処理で放射能焼却が全国各地に

2013/1/16 除染はムダを再認識:ガレキ処理で放射能焼却が全国各地に
クローズアップ現代 日本 国内問題 クロ現 除染 ムダ 再認識 ガレキ処理 放射能焼却 全国各地




金子勝 ‏@masaru_kaneko
一度徐染した松戸の公園で、再び国の基準を超える放射線量を観測。雨で再び濃縮したようです。福島原発事故は膨大な放射能をまき散らしたため、どこかで濃縮する危険性を抱えている。それでも原因解明もなく原発再稼働を目論む、この理不尽さは何だろう。


http://goo.gl/puEP7



放射性物質を取り除く除染を終えた千葉県松戸市の公園で、市が去年11月から改めて放射線量を測定したところ、28の公園で再び国の基準を超えるレベルにまで高くなっていたことが分かりました。
市は周辺の放射性物質が雨などによって集まったのが原因とみて、2度目の除染を行っています。

松戸市は市内のおよそ9割が国が費用を負担して除染を行う汚染状況重点調査地域に指定され、市はおととし12月から公園で表面の土を取り除くなどの除染をしています。
しかし、除染を終えたおよそ310の公園について、市が去年11月から改めて放射線量を測定したところ、28の公園では再び値が高くなり、地上から50センチの高さで1時間当たり0.23マイクロシーベルトという国の基準を超えていたことが分かりました。
このうち子どもたちが集まる広場や遊具の近くの値が基準を超えていたのは18の公園で、1時間当たり0.41マイクロシーベルトと、基準の2倍近くに上っていた場所もありました。
市は、雨などによって周辺の放射性物質が集まり濃縮したのが原因とみて、2度目の除染を行っています。
2度目の除染は、ほぼ終わったということですが、市は今後も値が上昇するおそれがあるとして測定を続けることにしています。
松戸市公園緑地課の島村宏之課長は、「除染は1度では終わらないことが分かった。今後も放射線量が上がるおそれがあり、定期的な測定と除染をしっかり行っていきたい」と話しています。

放射線量の上昇“地形が影響か”
松戸市新松戸の住宅街にある公園では、市が去年8月に表面の土を取り除くなどの除染を行った結果、広場や遊歩道、それに木の根元などすべての地点で、放射線量が地上から50センチの高さで1時間当たり0.23マイクロシーベルトという国の基準を下回っていることを確認していました。
ところが、除染から3か月後の去年11月に改めて測定したところ、広場にあるブランコの前で、1時間当たり0.37マイクロシーベルトと再び国の基準を超えていることが分かり、市は2度目の除染を行いました。
原因について市は、この場所の地形が影響しているとみています。
市によりますと、この場所には大きなくぼみがあり、雨が降ると水たまりが出来やすい場所だったということです。
このため周囲の放射性物質が雨などで集められ、濃縮したのが原因ではないかとみています。
市では、くぼみに土を入れて平らにし、雨水がたまりにくい地形にする対策を取ったということです。
松戸市公園緑地課の島村課長は、「雨水などで低い場所に放射性物質が集められたのが原因とみている。ほかの公園でもこうした場所では今後も上昇するおそれがあるので測定を続けていきたい」と話しています。

ーーーーーーーーーーー

モン=モジモジ ‏@mojimoji_x
大阪市がれきの住民説明会。謎の関係者の群れ=人のバリケード。みっともなさ過ぎ(苦笑)。 pic.twitter.com/zyOxSETV

https://twitter.com/mojimoji_x/status/291473886577561600/photo/1

______________________________









<世界 クローズアップ現代:海外の話題>
3 オバマ独裁で進める警察国家への道:まず銃規制で武装解除


2013/1/16 オバマ独裁で進める警察国家への道:まず銃規制で武装解除
クローズアップ現代 世界 クロ現 海外問題 オバマ独裁 進める 警察国家への道 まず 銃規制 武装解除




「警察国家へと進むアメリカで、複雑化する銃規制議論」(週刊現代連載記事)

http://blogs.yahoo.co.jp/bunbaba530/67410229.html

「乱射事件の凶器がバカ売れ!銃を捨てられないアメリカ市民の苦悩」
                                                    堤 未果

アメリカ・コネチカット州ニュータウンのサンディ フック小学校で、二十歳の男性が成人女性6名と小学生20名を殺害した銃乱射事件。
この事件を受けたラビエールNRA(全米ライフル協会)副会長の「全米に武装警官を配置すべき」発言は銃規制派の批判をあびた。          全米各地では「stand your ground(正当防衛)法」撤廃運動が再び強まり、議会内では多くの議員が規制派に転向、オバマ大統領も涙を拭いながらこう言った。
「私は全権限を使って、この問題に対応する」
だが、同事件後も、アメリカ国内の銃の売り上げは衰えていない。クリスマス広告には赤いリボンをつけたさまざまな銃が登場し、この事件で犯行に使われたAR15の売り上げは急騰中だ。
事件後、自分と家族用に合計3丁の銃を購入したという、ニュージャージー州在住の薬剤師バレリー・トッドはこう語る。
「ここまで銃所有が拡大した今、中途半端な銃規制をしても善良な市民が損をするだけ。乱射事件を起こすような人間に法規制など無意味でしょう。私はずっと民主党員で銃規制支持でしたが、今回、息子と同年代の子供が20人も犠牲になって考えが変わりました。学校職員も全員銃を持つべきです。オバマ大統領が行動を起こすと言っていますが、ねじれ国会とNRAの反対で厳しいでしょう」 
確かに銃規制法案はこれまで何度も議会で提出されている。だがそのたびに、全米で最も強力な政治圧力団体の一つであるNRAの反対で実現を阻まれてきた。
会員数400万人、年間予算1億8000万ドル(180億円)を誇るNRAは、アメリカ政治に圧倒的な影響力を行使し続けている。大統領選挙を左右する農村地域に強く、共和党と強く癒着しながら銃規制に反対する民主党議員を攻撃し、これまで多くの銃所有関連の規制緩和をさせてきた。
例えば共和党のブッシュ元大統領は当選直後、銃器購入時のFBI身元確認記録を24時間以内に廃棄させる大統領命令に署名。さらに銃犯罪における銃器製造企業の責任免責の法改正と、次々に着手した。 
なかでも最大の規制緩和は、アメリカ合衆国憲法修正第二条「米国民が武器を保有・携行する権利」箇所の拡大解釈だろう。
それまで最高裁は「市民の銃所有権に一定の規制を加える権利が政府にはある」という解釈を適用してきた。だがこれはブッシュ政権のアシュクロフト司法長官によって
「憲法が保障する銃所有の権利は、国家から派生するものではなく、あくまでも市民個人に属する」とNRA寄りの解釈に上書きされる。
連邦高裁はこの新解釈を適用し、30年間続いて来た首都ワシントン特区の拳銃所持禁止法に違憲判断を下した。 
今回の事件で銃規制を求める世論は拡大したが、別の理由で銃規制に反対する声もある。バージニア州在住の大学職員デニス・コンヤ―は、今の政府が法律で国民を非武装化することを懸念する一人だ。
「理由はここ10年ほどで加速した政府権限の拡大です。9・11直後の愛国者法で警察は過去最大の権力を手にし、ネット規制法案が次々に出されている。緊急時に国内の全交通、食料、医薬品、水、エネルギーが大統領の管轄下に置かれる法律もできた。自治体レベルでは信じられない事も始まっています」
アーカンソー州パラグールドでは、犯罪率上昇を理由にマイク・ガスキル市長が戒厳令を発令した。2013年からライフル銃で武装したSWAT(特殊火器戦術部隊)が街中に配置され、すべての住民が日常的IDチェックをはじめとする管理体制におかれることになる。
「罪のない子供達が犠牲になるのは耐えられない。だが同時に、アーカンソー州のようなケースが進めば、銃を手放すことは別の意味で不安になるのです」(コンヤー)
警察国家化が加速する中、かつてない程に複雑化した憲法修正第二条を巡る議論が、もう一つのアメリカを映し出している。


(週刊現代1月1日号連載記事)

ーーーーーーーーーーーーーーー
http://tanakanews.com/


◆独裁化する2期目のオバマ
 【2013年1月15日】 来週から2期目に入る米国のオバマ政権が、2大政党間の対立が解けず決定不能の傾向を強める米議会の意向を無視し、議会を通す民主主義のやり方をせず、議会を回避して大統領権限でやりたい政策をやる、独裁の傾向を強めようとしている。最大の案件は外交問題だ。議会多数派の共和党が、好戦的な世界戦略を変えることを拒否しているのに対し、オバマ政権は、財政難で軍事費の削減が必要なので好戦策を続けられないとの理屈で、議会の批准が必要な条約の締結などを経ず、国際協調策に転じようとしている。その筆頭は、ロシアとの相互核軍縮だ。

◆2期目のオバマは中国に接近しそう
 【2013年1月12日】 ヘーゲルとケリーの閣僚就任が日本にとって重要なのは、2人が中国と協調する姿勢を持っている点だ。彼らは、米国が軍事的・政治的に世界のことに介入しすぎて米政府の財政難を招いているので、台頭しつつある中国やロシアへの敵対をやめて、中露やブラジルなどBRICSや他の諸国が国際問題の解決に努力するのを後押しし、米国の国際介入の負担を減らすべきと考えている。

悪者にされるイスラエル
 【2013年1月9日】 英国がイスラエルを戦争犯罪の加害者扱いしたのは初めてだ。戦争犯罪の構図はもともと第二次大戦で英国が仇敵のドイツに恒久的に「悪」のレッテルを貼るために創設した考え方で、その後、ソ連やサダム・フセインなど、英米にとって都合が悪い勢力に難癖をつけて戦争犯罪のレッテルを貼ってきた。ナチスドイツの「ホロコースト」の「被害者」であるイスラエルは、ドイツを脅して金を取り続け、これまで戦争犯罪の構図の中の勝者・受益者だった。国際社会がイスラエルを従来の「善」から「悪」へと突き落とす流れが明確化している。




______________________________





<追跡!真相ゼロtoZ>
~ゼロの意味する原点の意味の原因を探り
 定量的、科学的にZの行き着く先の真相に迫る~

4 和歌山毒カレー事件の犯人は林眞須美にし保険金殺人Gを隠せ

2013/1/16 和歌山毒カレー事件の犯人は林眞須美にし保険金殺人Gを隠せ
追跡 真相 ゼロtoZ 和歌山毒カレー事件 犯人 林眞須美 保険金殺人G 隠せ





AS ‏@ActSludge
『●和歌山県警科学捜査研究所の鑑定結果捏造事件と和歌山毒カレー冤罪事件、そして死刑制度』(http://blog.goo.ne.jp/activated-sludge/e/d41aa6ea58527c073c25b924c2ad55b5 …) 「・・・2010年5月以降の7件で、和歌山カレー事件のものは含まれていない・・・」(http://www.accessjournal.jp/ ・・・)



1月12日 マイ君 ‏@mowchan
林眞須美の和歌山毒カレー事件も冤罪?-世界の真実の姿を求めて!-「『悪魔が日本を嘲笑っている』有賀裕二(第一企画出版)によれば、支配者は警察予備隊として発足させた自衛隊の内部組織を使って数々の事件を起こしてきたという。 http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-1059.html …




ーーーーーーーーーーーーーーーー

和歌山県警の鑑定結果捏造事件についての日刊ゲンダイの記事(http://gendai.net/articles/view/syakai/138261)。

 和歌山県警の鑑定結果捏造事件、うかつにも見落としていたようです。しかも、和歌山毒カレー事件との関連もあるようです。和歌山毒カレー事件については、あれだけバカ騒ぎしたのに、ほとんどマスコミで報道されないし、最近では、月刊『創』でもほとんど報じられていないように思う(購入してはいるのですが、ツンドク状態・・・)。
 足利事件の菅家利和さんは奇跡的に冤罪が晴れたが、当時のDNA鑑定の杜撰さが指摘され、ずっと指摘されていたにもかかわらず、これまで認めてこなかった。大変な不幸中の幸いであるが、菅家さんは冤罪が晴れた。しかし、同じDNAの鑑定方法で飯塚事件の久間三千年さんは死刑執行済みである。つまり、無辜の人、無罪の人を死刑・私刑にしてしまい、取り返し様の無いことをしてしまっている。死刑執行の瞬間の久間さんの脳裏には一体どんなことが過ったのだろう。警察官や検察、裁判官への怨嗟だろうか?

 今回、和歌山県警で、検定結果の捏造を行った主任研究員が和歌山毒カレー事件に直接に関係していたかどうかは分からない。ただ、和歌山県警の科学捜査研究所(和歌山県警科捜研)は和歌山毒カレー事件の際にもミスを犯しており、和歌山県警科捜研の「科学捜査研究」がかなり疑わしいものだったことは明らかになったようだ。
 和歌山毒カレー事件の死刑判決はかなり異様であり、マスコミのばか騒ぎに煽られて、警察庁科学警察研究所(科警研)や和歌山県警科捜研の具体的な証拠が示されるわけでもなく、「状況証拠だけで死刑判決となった異例の事件」である。しかも、「目撃」証言も非常に恣意的、曖昧であるにもかかわらず、そんないい加減な「状況証拠」だけで林真須美(林眞須美)氏に死刑判決が出されている。マスコミが疑わしいと烙印を押せば、罰せよ!、と言わんばかりである。こんな死刑判決を最高裁が支持するのだから、この国の司法制度・裁判制度はどこかが狂っている。
 裁判員制度になって、我々(私は絶対に拒否します: コレやコレを、ご参考まで)に「死刑のスイッチ」を押させて、死刑への意識のハードルを下げさせ、死刑存置に我々が貢献させられていることを意識する必要があるのじゃないか? 最高裁がやらせタウンミーティング(TM)までやって、裁判員制度導入を図った意図を我々は読み取った方がよい。


================================================================================
【http://gendai.net/articles/view/syakai/138261】

科捜研 鑑定デッチ上げで再注目される毒カレー事件
2012年8月17日 掲載

和歌山県警 激震
<再審請求の行方はどうなる>


 和歌山県警に激震が走っている。捜査で押収した証拠品を分析する県警科学捜査研究所(科捜研)で、男性主任研究員(49)による鑑定結果の捏造(ねつぞう)が発覚したからだ。主任研究員は、別の事件の鑑定データを流用したり、鑑定書に所長の公印を勝手に押したりする手口で鑑定結果をデッチ上げた。県警の捜査で、10年5月~12年6月の間に少なくとも計8回の捏造が確認されたという。
 捏造鑑定書が作られていたのは、交通事故や無理心中、変死などの事件。虚偽公文書作成・同行使容疑で捜査している県警は、これらの鑑定書について「内部の説明資料」「鑑定自体には問題なし」と平静を装っているが、とんでもない話である。


   「科捜研の鑑定結果は、裁判で有罪、無罪を判断するキメ手となる
    “超一級の証拠”です。その証拠を捏造なんて前代未聞。
    郵便不正事件や小沢事件で発覚した検察の捏造調書と同じか、
    それ以上にタチが悪い。主任研究員は『見栄えのよい資料を
    作りたかった』と出来心を強調しているが、証拠品に対する意識が
    低過ぎる。主任がこんな認識では、組織全体で捏造が常態化していた
    とみられても仕方ありませんよ」(元検事の弁護士)

 問題なのは、この捏造発覚が過去の重大事件にも影響を及ぼしかねないことだ。和歌山といえば、思い出すのは、98年7月の「和歌山毒カレー事件」だ。この事件では和歌山県警科捜研が当初、原因毒物を「青酸化合物」と誤鑑定する“大失態”を起こしていた。

   「『ヒ素』と特定したのは、警察庁科学警察研究所(科警研)で、
    事件発生から9日後でした。この初動捜査の遅れが事件解明を
    困難にさせ、捜査の迷走を招いたのは間違いないでしょう。
    そのうえ、公判では、弁護人が『鑑定資料の収集、保管の過程が
    ズサンで不透明』『保管や受け渡しの際の状況が、写真などの
    客観的証拠で保全されていない』と科捜研の不手際を批判しました。
    結局、事件は09年5月に最高裁で林真須美の死刑が
    確定=再審請求中=しましたが、状況証拠だけで死刑判決と
    なった異例の事件だけに、今回の科捜研の捏造事件はカレー事件にも
    波紋が広がるかもしれません」(司法ジャーナリスト)

 問題の主任研究員は、85年に技術職員として採用されたというから、カレー事件当時も在籍していたことになる。
 今回の捏造発覚で、林真須美の弁護団は再審請求の攻勢を増すだろう。今ごろ、和歌山県警は頭を抱えているんじゃないか。


-------------------

林眞須美の和歌山毒カレー事件も冤罪?

http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-1059.html

高橋清隆氏が『偽装報道を見抜け!』(ナビ出版)でこう言っている。

 「(マスコミが)うその事件報道を時折、大々的に行うのはなぜだろう。鈴木宗男氏は植草一秀氏のように、国策逮捕による見せしめもあるだろう。しかし、政治力もない一般人をさらし者にするのをどう考えたらいいのか。しかもやっていない人を。もちろん畠山被告や三浦一義元被告のように警察に抗して真犯人を突き止めようとした腹いせの要素もあると思われるが、それだけだろうか。
 恐らく、体制維持のためにいけにえに違いない。極悪人が近所を徘徊しているのではないかと不安になれば、警察権力への依存心が強まる。」

「『悪魔が日本を嘲笑っている』有賀裕二(第一企画出版)によれば、支配者は警察予備隊として発足させた自衛隊の内部組織を使って数々の事件を起こしてきたという。いずれにしても、警察が手を出せない特権集団が暗躍していることは間違いなさそうだ。」 とも書かれている。



今ではこの「和歌山毒カレー事件」を冤罪だと私は確信し、こんな裁判がよくまかり通ってきたものだと呆れている

カレー事件のようなことが起こって大騒ぎになれば、眞須美被告人はむしろ困る立場だったのだ。一円の得にもならない上、過去の保険金詐欺が発覚するリスクを背負ってまで、眞須美被告人がカレーに亜ヒ酸を混入したくなる動機など、何かありえるだろうか? 事件発生当時から指摘されていたこの疑問について、裁判で答えは何も見つかっていない。

保険業界の内部事情に精通した眞須美被告人が保険金詐欺の主犯で、共犯者の夫にすらも保険金目的でヒ素を飲ませていたと捜査本部が目星をつけ、それにマスコミも一斉に追随したわけだ。あの保険金疑惑報道によって当時、眞須美被告人がカレー事件の犯人だという心証を固めた人は決して少なくなかったろう。
 しかし、カレー事件と保険金詐欺はあくまで「別の事件」である。洪水のような犯人視報道と裏腹に、眞須美被告人を犯人とする証拠はきわめて貧しいのがカレー事件の実態だ。

健治氏は一審でこそ曖昧な証言に終始したが、二審では「保険金目的でヒ素は自分で飲んでいた」と、自分と妻が純粋な共犯関係だったと訴えている。詳細は割愛するが、その証言は、眞須美被告人の証言と細部までほとんど合致するものだった。

唯一物証とされた真須美被告宅から押収されたと言う(砒素が僅かに付着していた)プラスティックのコップは、警察の捏造としか考えれない、いわく付きのものだ。
警察は、80人以上の捜査官を無人の真須美被告宅に行かせ終日、物証を探させたが、二日たっても何も発見できなかった。それなのに3日目に、台所のありふれた場所から、このコップを発見、押収したという。問題は、このコップには指紋が全く付いて無かったという点だ。
えーっ!指紋が付いていない?そんな馬鹿な!
もし、それが真実なら、指紋を故意に消したとしか考えられないが、真須美被告が消す必要は無いはずだ。もし、仮に犯行に使ったコップなら、丹念に洗ったとしても、指紋を消す必要はない。自分の家に置いているものである以上、指紋など消さなくても真須美被告のものであることは、明々白々な事実だから。
指紋が全く付いていないのは、指紋を付けたくても、指紋をつけられ無かったからであって・・・・
二日間の大捜査で、物証が全くなくて焦った警察の何者かが、コッソリ置くことで、他の捜査員が発見するという 捏造の線しか考えられない。


いくつかある証拠の亜ヒ酸の中でも、何より不自然さが際立つのが、眞須美被告人の自宅の台所から発見された「プラスチック容器」に付着していた亜ヒ酸だ。
 まず、このプラスチック容器は、事件発生から約2ヶ月以上経ち、眞須美被告人が逮捕された後の家宅捜索で発見されている。つまり、眞須美被告人が本当に犯人ならば、そんな重要証拠を2ヶ月以上も自宅に置きっぱなしにしたことになるわけだ。
 この不自然さを二審判決は「被告人はマスコミの取材攻勢に遭い、同容器を投棄するなどして処分するのが困難な状況であった。その中で内容物を洗い流すなど、可能な限りの罪証隠滅をしていたと評価して差し支えない」などと一応、説明してはいる。
 しかし、この裁判官の論理ではまったく説明がつかないのが、この容器の側面にマジックで大きく「白アリ薬剤」と書いてあることだ。事件発生当時、「亜ヒ酸は白アリ駆除などに使われている」「疑惑の夫婦は白アリ駆除業を営んでいた」などと連日、盛んに報じられていたことを思えば、この事件において「白アリ薬剤」とは「亜ヒ酸」と同じ意味の言葉である。これでは、「可能な限りの罪証隠滅をしていた」とは到底言えないだろう。

林一家の旧宅のガレージから発見・押収されたという缶入りの亜ヒ酸についても、不可解なことがある。この缶の発見経緯から説明しよう。
 この家は善明寺という園部の隣町にあり、事件発生当時の住人は林夫婦の知人男性のT氏である。林夫婦は事件の約3年前、この家をT氏に売却したのだが、園部に引っ越し後もT氏に頼み、所有物の一部をこの家のガレージに置かせてもらっていた。そのことから警察はこの家のガレージを捜索し、亜ヒ酸入りの缶を見つけたという話になっている。
 ところが、T氏は3年以上もこの家に住んでいたにも関わらず、公判で弁護人の尋問に対し、そのような缶の存在に「全然気づかなかった」と証言しているのだ。
 このT氏とは、私は会うことができた。問題の缶入り亜ヒ酸が発見された家宅捜索をT氏は「ヒ素がガレージから出てきたと警察に言われたけど、俺はあんな缶、全然見覚えがない。あの時はビックリしたわ」と振り返り、こう言った。
「それから、俺はたしか居間におったと思うんやけど、警察にガレージに呼ばれ、棚にあった缶を『指させ』と言われたんや」
 これは、非常に興味深い話だ。
 というのも、この家宅捜索にあたった捜査員の証言によれば、T氏は缶入りの亜ヒ酸が発見された際、発見場所のガレージの捜索に「ずっと立ち会っていた」という話になっている。そして、そのことを裏づける証拠である捜査報告書には、ガレージの棚に置かれた亜ヒ酸の缶をT氏が指さしている写真が添付されている。
 しかし、T氏が私に語ったことが事実なら、捜査員の証言は虚偽であり、捜査員が問題の缶を発見した際にT氏は、その場に立ち会っていなかったことになる。本当にそうならば、この亜ヒ酸の缶について、T氏が見覚えがなかったという事実はきわめて重い意味を持つ。


起訴状では、健治氏やI氏の他にも4人の人間がカレー事件以前、眞須美被告人に保険金目的で亜ヒ酸や睡眠薬を飲まされたことになっていた。被害者だと認定された健治氏やI氏ですら、かくも被害者だとは信じがたい事実が多いのだから、被害者だと認定されていないその他の人物たちについても、推して知るべしだろう。
 たとえば、起訴状では、眞須美被告人に睡眠薬を飲まされ、交通事故を起こすなどしたとされていたD氏については、林夫婦が詐取した保険金の多くは、このD氏所有の休眠会社名義で契約されていた。また、起訴状では、眞須美被告人に保険金目的でヒ素入りのお好み焼きを提供され、ヒ素中毒に陥ったとされていたM氏については、退院後、独自に契約していた保険金を約2000万円受け取っていた事実が明らかになっている。


----------------------------

和歌山毒カレー事件 林真須美被告死刑確定に異論あり!



「ヒ素は自分で呑んだ。真須美はやっていない」


和歌山カレー事件はまだ終わっていない


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://www.asyura.com/09/nihon29/msg/184.html

「和歌山毒カレー事件」の「冤罪疑惑」 (「本当のことを言えば、裁判はひっくり返る」)
http://www.asyura2.com/09/nihon29/msg/184.html
投稿者 児童小説 日時 2009 年 4 月 22 日 03:50:03: nh40l4DMIETCQ
(回答先: サイト紹介:「林眞須美さんを支援する会」 鈴木邦男さんの挨拶あり。 投稿者 児童小説 日時 2009 年 4 月 22 日 03:45:17)


『真日本タブー事件史』(宝島社・2008年5月20日発行) | 林眞須美さんを支援する会 / 林真須美

『「静かに広がる「和歌山毒カレー事件」の「冤罪疑惑」、
浮上する捜査と証拠の「不自然」』


日本中から「毒婦」と呼ばれた林眞須美被告人が一、二審で有罪・死刑判決を受け、現在は上告中の和歌山毒カレー事件。状況証拠のみ、動機も未解明であるこの事件の冤罪疑惑が発生から約10年になる今、静かに広がってる。この事件には、たしかに冤罪と不正捜査を疑わせる事実があまりにも多い──。

「和歌山毒カレー事件 囁かれ始めた冤罪説を追う」と題した拙稿が、別冊宝島1441号『日本タブー事件史2』に掲載されたのは、今から約1年前になる。本稿は、その原稿をほぼ全面的に書き改めたものだ。
 原稿を全面的に改訂した理由は二点ある。
 第一に、この事件の冤罪疑惑が「囁かれ始めた」という時期をもうとっくに過ぎている。かつて日本中から「毒婦」と呼ばれた林眞須美被告人の有罪判決に疑問を持ち、事件の再検証をする取材者がこの1年でずいぶん増えたため、前回の原稿が現在(2008年4月)の状況にそぐわなくなってしまったのだ。
 第二に、前回の原稿を執筆後、公判記録などを元にこの1年間、事件の再検証を進めてきた私の考えがかなり変わっている。ありていに言うと、今ではこの事件を冤罪だと私は確信し、こんな裁判がよくまかり通ってきたものだと呆れているのだ。
「タブー事件史」と題された本書を手にされるような方なら、世間に広く流布していない論説を耳にしても、さほど驚くことはないはずだ。とはいえ、この事件が冤罪だと聞いても、ピンとこない方のほうが多いと予測する。私がそう予測するのは、この事件の公判の「本当のところ」がこれまでほとんど報じられていないに等しいからだ。
 この事件の一、二審では、弁護人によって、眞須美被告人をカレー事件の犯人だと信じるには不合理な事実や、捜査の不正を伺わせる事実が数多く明らかにされている。私の調査結果も交えながら、今回はその一端を紹介させて頂こう。読者諸氏が、本稿の情報すらも客観的・批判的に見つめながら、この事件の真相を再考察してくれたなら幸いだ。

───────────────────
直接証拠ゼロ、動機も未解明
───────────────────
 まず、和歌山毒カレー事件のあらましを一応、確認のために振り返っておく。
 この事件が発生したのは、今から約10年前、1998年7月25日午後6時頃である。和歌山市郊外の園部という新興住宅地で催された夏祭りで、亜ヒ酸が混入されたカレーを食べた67人が急性ヒ素中毒に陥り、うち4人が死亡した。そんな被害の甚大さに加え、マスコミ総出の熾烈な取材合戦をご記憶の方も多いだろう。
 メディアが眞須美被告人と、白アリ駆除業を営んでいた夫の健治氏を「疑惑の夫婦」と呼び、「保険金目的で周囲の人物たちにヒ素や睡眠薬を飲ませていたらしい」という夫婦の疑惑を洪水のように報じ始めたのは、事件発生から1ヶ月ほど経った頃からだった。それからほどなく、「疑惑の夫婦」のうち、元保険外交員の妻(眞須美被告人)こそがカレー事件の犯人だとほのめかす報道が増えていく。その根拠として当時、盛んに報じられていたのが、健治氏のほうは自分自身もヒ素中毒らしき症状で何度も入退院していたことだ。
 要するに、保険業界の内部事情に精通した眞須美被告人が保険金詐欺の主犯で、共犯者の夫にすらも保険金目的でヒ素を飲ませていたと捜査本部が目星をつけ、それにマスコミも一斉に追随したわけだ。あの保険金疑惑報道によって当時、眞須美被告人がカレー事件の犯人だという心証を固めた人は決して少なくなかったろう。
 しかし、カレー事件と保険金詐欺はあくまで「別の事件」である。洪水のような犯人視報道と裏腹に、眞須美被告人を犯人とする証拠はきわめて貧しいのがカレー事件の実態だ。
 げんに、捜査機関はカレー事件の直接証拠を一切発見できないまま、事件発生から約2ヶ月後の同年10月4日、保険金詐欺などの容疑で眞須美被告人を別件逮捕せざるをえなかった。その後も眞須美被告人は本件のカレー事件で逮捕されるまでに、二度も別件で再逮捕されている。このように捜査機関が逮捕・勾留を繰り返したのは、めぼしい証拠が見つからなかったため、眞須美被告人から自白を引き出したかったからに他ならない。
 それでも、眞須美被告人は黙秘したまま、2002年12月11日に一審の和歌山地裁で有罪・死刑判決を言い渡されている。さらに黙秘を撤回し、自分の言葉で無実を訴えた二審の大阪高裁で05年6月28日に下された判決も、再び有罪・死刑だった。テレビや新聞の言葉を借りれば、「検察が状況証拠の積み重ねで有罪の立証に成功した」わけだ。
 ただし、動機は結局、未解明である。世の中に衝動的な殺人はいくらでもあるが、カレー事件のようなことが起こって大騒ぎになれば、眞須美被告人はむしろ困る立場だったのだ。一円の得にもならない上、過去の保険金詐欺が発覚するリスクを背負ってまで、眞須美被告人がカレーに亜ヒ酸を混入したくなる動機など、何かありえるだろうか? 事件発生当時から指摘されていたこの疑問について、裁判で答えは何も見つかっていないのだ。


───────────────────
住民らの証言は激しく変遷
───────────────────
 では、裁判で眞須美被告人はどのような根拠で有罪とされているのか? 一、二審の判決文を検証すると、以下の4点に集約される。

①犯行に及ぶ機会があったのは、事件当日の午後0時20分頃から1時頃まで1人でカレー鍋の見張りをしていた被告人だけである。

②被告人はカレー鍋の見張りをしていた時、不自然な行動をしていた。

③被告人の周辺から発見された亜ヒ酸と、カレー鍋に混入されていた亜ヒ酸は、科学鑑定などから「同一」だと認められる。

④ヒ素を人を殺害する道具に使っていたのは、被告人以外の事件関係者には認められない特徴である。被告人は、人の命を奪うことに対する罪障感、抵抗感が鈍麻していた。

 ①~④はどれも詳細まで検証すると、きわめて胡散臭いのが実態だ。
 まず、①についてだが、事件当日、自治会の主婦らが民家のガレージで午前8時30分頃にカレーをつくり始めてから、被害者らが午後6時頃にカレーを食べ始めるまで、9時間以上もあったのだ。しかもその間、交代でカレーの調理や見張りを務めた10人以上の主婦に加え、無数の人間がカレー鍋の周りを行き来していたことが証拠上明らかになっている。にも関わらず、9時間以上の間に40分間だけ、カレー鍋の周りに眞須美被告人しかいなかった時間帯があったと検察官や裁判官は言うのだが、いささか都合が良すぎよう。
 げんに、検察がこのような立証をするため、公判で事件当日の行動をまさに「分刻み」で詳細に証言させた住民たちの記憶が、本当にオリジナルの記憶なのか、疑わざるをえない事実も明らかになっている。
 たとえば、住民らは捜査段階で事件現場や警察学校に一同に集められ、事件当日の再現検証をやらされていた。しかも、住民らは法廷に立つ前に一様に4~5回の証人テストを受けさせられていた。これなら、捜査機関が住民らの記憶を都合良く塗り替えようと思えば、いくらでも塗り替えられたろう。
 実際、住民らの供述は変遷が激しかった。事件発生まもない時期、警察官が録取した調書にはなかった供述が、事件発生から約4ヶ月とか、約1年3ヶ月経って検察官が録取した調書に現れている例もあったほどなのだ。

───────────────────
証拠の貧しさを物語る目撃証言
───────────────────
 眞須美被告人がカレー鍋の見張りをしていた時、不自然な行動をしていたとされている認定(前記②)についても、眉唾物というしかない。
 ここでは、眞須美被告人の「不自然な行動」を目撃したことになっている証人を仮にA子としよう。A子は、カレー鍋が置かれていた民家のガレージの向かい側の家の住人だ。A子証言の概要は次の通り。
「被告人は、カレー鍋の置かれていたガレージの中でクマみたいに行ったり来たりしながら、カレー鍋のフタをあけ、中をのぞきこんでいました」
 この証言については事件発生当時から、あたかも決定的な目撃証言であるかのように報じられていた。そして実際、この事件の裁判において、この証言は有罪の有力な証拠として取り扱われている。
 しかし、そのことは逆に、この事件がいかに証拠が貧しいかを如実に物語っている。というのも、A子証言における「カレー鍋」とは、正確に言うと、「事件現場に2つあったカレー鍋のうち、亜ヒ酸が混入されていなかったほうの鍋」に過ぎないのだ。亜ヒ酸が入っていなかった鍋のフタをあけたところで、一体どこが「不自然な行動」なのだろうか?
 普通に考えれば、有罪の証拠になりうるか否かすら疑問であるこの証言は、その信用性に疑問符がつく点も数多くある。とくに際立つ点を3点ほど紹介しよう。
 第一に、A子証言は捜査段階で不自然きわまりない変遷をしている。当初、「自宅1階のリビング」としていた目撃場所が途中から、「自宅2階の寝室」へと変わっていたのだ。捜査の過程で証人の供述が変遷すること自体は普通だが、それにしても、1階から2階とは、あまりにも大胆な変わり方である。
 第二に、このように供述が不自然に変遷したことについて、A子が事情を説明した供述も不自然だった。
 というのも、検察官調書では、A子は「目撃場所の勘違い」に気づいたキッカケとして、
「ガレージにあったコンロや赤いゴミ箱の見え方、被告人の目線や首、肩の見え方など、自宅1階のリビングからのガレージの見え方が記憶と違うことに疑問を持ちました」
 などと説明したことになっていた。A子は法廷でも、同様の供述をしている。
 しかし、先に述べたように事件当日、10人以上の主婦たちがカレーの調理や見張りのためにこのガレージを出入りしていたにも関わらず、「赤いゴミ箱を見た」と証言した者はA子以外に1人もいないのだ。
 第三に、事件当日の眞須美被告人の服装に関しても、A子の証言はその他の住民たちの証言と食い違っていた。
 具体的に言うと、事件当日に眞須美被告人を目撃した他の住民たちの誰もが、捜査段階では眞須美被告人の服装を「黒だった」「黒っぽかった」と証言していた。加えて、当の眞須美被告人も二審の公判で「事件当日は黒いTシャツを着ていた」と証言した。そんな中、A子だけが捜査段階から一貫して、眞須美被告人の服装を「白いTシャツ」だったと証言しているのだ。
 こうなると、A子が目撃したと言っている「白いTシャツ姿の人物」は、眞須美被告人ではなく、他の誰かではないかと考えるのが通常の感覚であるはずだ。
 実際、二審で眞須美被告人は「白いTシャツ姿だったのは、一緒にいた(自分の)次女。カレー鍋のフタをあけたのも次女で、味見をするためだった」と証言している。これは、次女の証言とも合致する内容だ。加えて、事件当時は中学2年生だった眞須美被告人の次女は、写真週刊誌『フライデー』に眞須美被告人と誤認され、その姿を撮影された写真を掲載されたほど、眞須美被告人と背格好が似てもいた。

 これらをもって弁護側は一、二審共に、A子が目撃した人物を「次女」だと主張した。これは、A子証言の信用性だけでなく、「犯行に及ぶ機会があったのは、事件当日の午後0時20分頃から1時頃まで1人でカレー鍋の見張りをしていた被告人だけである」とする前記①の検察のストーリーも突き崩すための主張だった。
 一、二審判決はこの主張を退けるにあたり、眞須美被告人の証言を「他の住民らの証言とことごとく矛盾する」(二審)、次女の証言を「関係住民の供述と大きく食い違う」(一審)、「母親をかばうための虚偽」(二審)などとしたのだが、これもいかがなものか。普通に考えれば、他の住民らの証言と矛盾するのは、A子証言のほうだろう。

───────────────────
不自然な証拠にまつわる核心証言
───────────────────
 眞須美被告人の周辺から発見された亜ヒ酸と、カレー鍋に混入されていた亜ヒ酸が「同一」だとされている点(前記③)については、大型放射光施設「スプリング8」をはじめとする最先端の科学技術を用いた3回の鑑定の結果を元に認定されている。
 しかし、公判では鑑定結果がどーこー以前の問題として、鑑定資料となった亜ヒ酸にまつわる不自然な事実が数多く明らかになっている。
 いくつかある証拠の亜ヒ酸の中でも、何より不自然さが際立つのが、眞須美被告人の自宅の台所から発見された「プラスチック容器」に付着していた亜ヒ酸だ。
 まず、このプラスチック容器は、事件発生から約2ヶ月以上経ち、眞須美被告人が逮捕された後の家宅捜索で発見されている。つまり、眞須美被告人が本当に犯人ならば、そんな重要証拠を2ヶ月以上も自宅に置きっぱなしにしたことになるわけだ。
 この不自然さを二審判決は「被告人はマスコミの取材攻勢に遭い、同容器を投棄するなどして処分するのが困難な状況であった。その中で内容物を洗い流すなど、可能な限りの罪証隠滅をしていたと評価して差し支えない」などと一応、説明してはいる。
 しかし、この裁判官の論理ではまったく説明がつかないのが、この容器の側面にマジックで大きく「白アリ薬剤」と書いてあることだ。事件発生当時、「亜ヒ酸は白アリ駆除などに使われている」「疑惑の夫婦は白アリ駆除業を営んでいた」などと連日、盛んに報じられていたことを思えば、この事件において「白アリ薬剤」とは「亜ヒ酸」と同じ意味の言葉である。これでは、「可能な限りの罪証隠滅をしていた」とは到底言えないだろう。
 また、林一家の旧宅のガレージから発見・押収されたという缶入りの亜ヒ酸についても、不可解なことがある。この缶の発見経緯から説明しよう。
 この家は善明寺という園部の隣町にあり、事件発生当時の住人は林夫婦の知人男性のT氏である。林夫婦は事件の約3年前、この家をT氏に売却したのだが、園部に引っ越し後もT氏に頼み、所有物の一部をこの家のガレージに置かせてもらっていた。そのことから警察はこの家のガレージを捜索し、亜ヒ酸入りの缶を見つけたという話になっている。
 ところが、T氏は3年以上もこの家に住んでいたにも関わらず、公判で弁護人の尋問に対し、そのような缶の存在に「全然気づかなかった」と証言しているのだ。
 このT氏とは、私は会うことができた。問題の缶入り亜ヒ酸が発見された家宅捜索をT氏は「ヒ素がガレージから出てきたと警察に言われたけど、俺はあんな缶、全然見覚えがない。あの時はビックリしたわ」と振り返り、こう言った。
「それから、俺はたしか居間におったと思うんやけど、警察にガレージに呼ばれ、棚にあった缶を『指させ』と言われたんや」
 これは、非常に興味深い話だ。
 というのも、この家宅捜索にあたった捜査員の証言によれば、T氏は缶入りの亜ヒ酸が発見された際、発見場所のガレージの捜索に「ずっと立ち会っていた」という話になっている。そして、そのことを裏づける証拠である捜査報告書には、ガレージの棚に置かれた亜ヒ酸の缶をT氏が指さしている写真が添付されている。
 しかし、T氏が私に語ったことが事実なら、捜査員の証言は虚偽であり、捜査員が問題の缶を発見した際にT氏は、その場に立ち会っていなかったことになる。本当にそうならば、この亜ヒ酸の缶について、T氏が見覚えがなかったという事実はきわめて重い意味を持つ。


───────────────────
強引に被害者にされた夫
───────────────────
 眞須美被告人がヒ素を人を殺害する道具に使っており、人の命を奪うことに対する罪障感、抵抗感が鈍麻していたとされている点(前記④)については、要するに「保険金目的で夫や周囲の人物たちにヒ素や睡眠薬を飲ませていたらしい」という別件の保険金詐欺疑惑が、本件のカレー事件の状況証拠として有罪の立証・認定に使われているわけだ。
 結論から言うと、このような茶番がどうしてまかり通ってきたのか、不思議である。
 はじめから説明すると、検察はカレー事件と同時に、眞須美被告人が保険金目的で夫の健治氏や知人男性らにヒ素を飲ませていたとする殺人未遂の疑惑4件と、保険金詐欺の疑惑4件の計8件を起訴している。それに加え、保険金目的のヒ素使用疑惑7件、保険金目的の睡眠薬使用疑惑12件の計19件を、検察は「類似事実」と称して立証を試みた。
 そんな数多くの疑惑のうち、裁判で眞須美被告人の犯行、もしくは関与があったと認定されているのは、ヒ素使用疑惑4件、睡眠薬使用疑惑2件の計6件(※A)だ。まずは、この6件に話を絞ってみよう。
 6件の疑惑のうち、1件の疑惑で被害者と認定されているのは、眞須美被告人の保険金詐欺の共犯者として懲役6年の実刑判決も受けた夫の健治氏(2005年6月まで服役)だ。ちなみに起訴状では健治氏は、約9年間に4回も眞須美被告人に死亡保険金目的でヒ素を飲まされ、うち2回で予後不明の急性ヒ素中毒に陥ったことになっていた。
 賢明な読者諸氏なら、ここで早くも、検察が描いた事件の構図がそもそも不合理だったことに気づかれたろう。健治氏がそんなに何度も眞須美被告人に殺されかけながら、何も気づかずに一緒に暮らし続けたことを前提にする検察の主張はあまりにも無理がある。
 実際、健治氏は一審でこそ曖昧な証言に終始したが、二審では「保険金目的でヒ素は自分で飲んでいた」と、自分と妻が純粋な共犯関係だったと訴えている。詳細は割愛するが、その証言は、眞須美被告人の証言と細部までほとんど合致するものだった。
 それでも、二審判決は健治氏の証言を「妻をかばうための口裏合わせ」とみなして退け、健治氏を強引に被害者のイスに座らせたのだ。

 しかし、夫婦など、元々はアカの他人である。たとえ妻とはえ、自分を殺そうとした人間を、自分を貶めてまでかばうほどにお人好しな人間など、この世に存在するだろうか? その点について、健治氏は私にこう言った。
「検察や裁判官は、『林健治は妻をかばっている』なんて簡単に言いますけど、よく考えてみてください。私はカレー事件が起こったせいで過去の保険金詐欺がバレ、6年の懲役を食らった。出所後も4人の子供たちと離れて暮らすことになりました。もしも眞須美がカレー事件の犯人なら、かばう理由なんか何もありませんよ」
 これが、普通の感覚というものだろう。


───────────────────
被害者らしからぬ被害者
───────────────────
 問題の6件の疑惑(前記※A)のうち、健治氏の件以外の5件はすべて、同一人物が被害者とされている。林家に使用人的な立場で居候していたI氏だ。
 このI氏は公判では、検察側の最重要証人と言える存在でもあった。健治氏が眞須美被告人にヒ素を飲まされていたとする一、二審の認定も、I氏の証言が最大の拠り所にされている。それはたとえば、「被告人から提供されたくず湯を食べた健治が、激しい腹痛と嘔吐を発症するところを見た」とか、「健治が入院先の病院で意識障害に陥っていた時、病院にやってきた被告人は健治に『はよ死ね』と真剣な様子で言っていた」などである。
 しかし、一方でI氏には、本当に被害者だとは信じがたい事実があまりにも多いのだ。
 まず、I氏は起訴状では、約2年間で眞須美被告人にヒ素を4回、睡眠薬を10回飲まされ、そのたびに激しい腹痛や嘔吐を発症したり、意識不明状態になって入院したことになっていた。にも関わらず、I氏の病院のカルテには、I氏が自分の症状の原因を探ろうとした跡がまったく現れていなかったのだ。
 また、健治氏が保険金詐欺目的で入院するたび、I氏は健治氏に付き添い、健治氏が病院側に症状を重く偽るための協力もしていた。そしてその都度、ちゃんと健治氏から金銭も受け取っていたのだ。

 さらに、I氏は自らが体調が悪くなって入院した際も、いつも症状を実際より重く偽り、入院期間を引き延ばしていた。入院するたびに病院を無断外出し、パチンコをしたり、居候していた林家に戻って麻雀をするなど、入院生活をむしろ楽しんでいたとしか考えられない事実も明らかになっている。これで被害者だというのは、さすがにムシが良すぎよう。
 実際、裁判でI氏は「不正な保険金収入によって維持された林ファミリーの一員」だったと認定されている。とはいえ、これは「林夫婦の共犯者」とまでは認められていないということだ。I氏が林夫婦の保険金詐欺に協力していた事実について、一、二審判決共にI氏が林夫婦に経済的に依存していたことなどを根拠に「林夫婦に利用されていただけ」として片づけたのだ。
 さらにこの裁判では、I氏が「無口でおっとりしていて、要領の悪いタイプ」であるため、I氏が何度もヒ素や睡眠薬を飲まされながら、自分の症状の原因に気づかなかったとしても「不自然ではない」という話になっている。こうしてI氏は、被害者のイスに座らせてもらい、健治氏が眞須美被告人にヒ素を飲まされていたとする検察主張に沿うI氏の証言も、ことごとく信用性が認められているわけだ。
 このI氏にまつわる一、二審の認定は、あまりにも無理があろう。事実関係をみる限り、I氏と捜査機関が「デキている」とみたほうがはるかに自然であるはずだ。
 実際、そのことを伺わせる事実もある。カレー事件発生後まもない時期から、眞須美被告人と健治氏が起訴されるまで約4ヶ月に渡り、I氏は警察官官舎で捜査員と寝食を共にしながら取り調べを受けていたのだ。
 このいかがわしさについて、一、二審判決は共に「(林夫婦の知人ということで)取材攻勢にあっていたI本人の要請により警察官官舎に保護しただけ」という検察の主張をそのまま認めているのだが、少なくともI氏には、保険金詐欺の共犯者として立件されてもおかしくない弱みがあったのだ。仮に「保護」の実態が「身柄拘束」だったなら、捜査機関にとって約4ヶ月は、I氏から望み通りの供述を引き出すのに充分過ぎる時間だったろう。

───────────────────
直撃調査に重要証人は…
───────────────────
 私は実際、I氏の自宅を訪ね、自分が確信する「真相」を出勤前のI氏にぶつけてみた。
「ヒ素は、自分で飲んでいたんですよね?」
 横に並んで歩きながらの質問だったが、I氏は「へっ?」と驚いたような声をあげて歩みを止め、やや間があった後に不機嫌そうな顔をこちらに向け、「飲んでへんって」とだけ言った。
 その他にも、私はI氏と並んで歩きながら、I氏が本当に眞須美被告人にヒ素を飲まされた被害者ならば、失礼にあたる質問を次々にぶつけてみたのだが、I氏はほとんど私の顔を見ることなく、携帯電話をいじりながら押し黙ったまま歩き続けた。たまに返ってくる答えも、「ウソなんかついてへんって」などと短くつぶやくのみだった。
 私はI氏が、本当に眞須美被告人にヒ素を飲まされていたとはまったく思っていないが、それでもやはり、I氏は被害者だと思っている。警察官官舎で「身柄拘束」された4ヶ月間、I氏は相当厳しく締め上げられたのだろう。自分の証言により、かつて親しくしていた人間に死刑判決が言い渡されている現実はI氏にとって、相当心苦しいはずである。
「Iさんが本当のことを言えば、裁判はひっくり返ると思いますよ」
 私がそう言った時、終始むっつりしていたI氏が一瞬、戸惑ったような表情になったのが印象的だった。

───────────────────
保険金詐欺疑惑の真相
───────────────────
 起訴状では、健治氏やI氏の他にも4人の人間がカレー事件以前、眞須美被告人に保険金目的で亜ヒ酸や睡眠薬を飲まされたことになっていた。被害者だと認定された健治氏やI氏ですら、かくも被害者だとは信じがたい事実が多いのだから、被害者だと認定されていないその他の人物たちについても、推して知るべしだろう。
 たとえば、起訴状では、眞須美被告人に睡眠薬を飲まされ、交通事故を起こすなどしたとされていたD氏については、林夫婦が詐取した保険金の多くは、このD氏所有の休眠会社名義で契約されていた。また、起訴状では、眞須美被告人に保険金目的でヒ素入りのお好み焼きを提供され、ヒ素中毒に陥ったとされていたM氏については、退院後、独自に契約していた保険金を約2000万円受け取っていた事実が明らかになっている。
 そして一、二審では、こうした人物たちがI氏同様、保険金詐欺の罪を捜査機関に一切追及されることなく、眞須美被告人がカレー事件以前から「毒婦」だったとする検察の主張に沿う証言をしているのだ。眞須美被告人がカレー事件の犯人に違いないという心証を世間の多くの人に固めさせた保険金詐欺疑惑ストーリーの真相がどういうことか、賢明な読者諸氏なら、もうおわかり頂けたはずである。
「いくら捜査や裁判に怪しい点が多くても、林眞須美が犯人じゃなければ、他に誰が…」という疑念を拭いきれない人も多いだろう。その点については、残念ながら現時点では何も述べることができないが、機が熟せば、どこかで何らの形で報告したい。(文責・片岡健)





______________________________





<追跡!真相ゼロtoZ>
~ゼロの意味する原点の意味の原因を探り
 定量的、科学的にZの行き着く先の真相に迫る~

5 追跡!真相ゼロtoZ

2013/1/16 追跡!真相ゼロtoZ
追跡 真相 ゼロtoZ







______________________________






ツイートテレビからのお願い


※寄付と「買って支援」のお願い
アマゾンから買って支援
-----

服部順治 ‏ @JunjiHattori

原発再稼動を停めようと佐賀県庁にのりこんだ山本太郎さんを
刑事訴訟した京都の行政書士の方が
なぜか半年近くも経った今頃、下記のビデオを見て、
その行政書士は幸福の科学の信者ではない、とのことで
「名誉毀損及び名誉感情侵害行為」で
慰謝料 45万700円を支払うように
こんどは私を訴えてきました。
(^_^;)

どうも小沢一郎さんと市民との対話という番組に出て
「裁判所もおかしい」と言った直後に告発している感じです。
(^_^;)

この行政書士と戦うためにも
裁判の費用が必要です。
左記の寄付欄より、
みなさんからのご支援をよろしくお願いいたします。


口座名 ツイートテレビ

■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10090 
番号 98084911

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 9808491







ツイートテレビの中継/取材/講演などの要請の場合

 ツイートテレビもこれからUSTREAM中継やこのようなツイートテレビのやり方、ブログの作り方などのお話をさせてもらったり、取材要請があれば内容に応じてUSTREAM中継などもやってここで紹介させていただこうと思います。
 2人いっしょで中継時間、講演時間1時間あたり3000円で、実費の交通費も別にいただければありがたいかと思います。
 ツイートテレビのホームページのコメント欄で非公開コメントにチェックを入れていただき、メールアドレスや取材場所、時間(できれば午後3時以降)、お話の内容などを書いて送信していただければ、ご相談に応じます。
 よろしくお願いいたします。





主に日本の話題の元ネタ(^_^;)
歴史の真実の宝庫:八切止夫デジタル無料作品集
(次世代の人達と共有し戦争を繰り返さないために)

http://rekishi.info/library/yagiri/scrn1.cgi

東京新聞(日本で一番、真実を伝えてくれる新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/
クーリエ・ジャポン(日本のメディアは本当のことを言ってくれない、っていい宣伝文句だけど疑いながらチェック(^_^;))
http://courrier-japon.net/
阿修羅掲示板 拍手ランキング (24時間) (愛国者を気取る感情的なネット右翼や工作員などのコメントは除く(^_^;))
http://www.asyura.us/hks/ranking_list.php?term=1
オリーブニュース
http://www.olivenews.net/v3/
政治ブログ 注目記事ランキング(幸福の科学や創価学会など統一教会系は除く(^_^;))
http://politics.blogmura.com/ranking_entry.html

杉並からの情報発信です
http://blog.goo.ne.jp/yampr7

BLOGOS 意見をつなぐ、日本が変わる。
http://blogos.com/

ざまあみやがれい!
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/

子どもを守ろう
http://savechild.net/

金融マフィアの意向を知ることができる主なマスコミ
サンケイニュース(元は産業経済新聞より財界や自民党、アメリカ ロックフェラー(統一教会)の意向(^_^;))
http://sankei.jp.msn.com/
読売ニュース(元は正力オーナーで戦犯で死刑確定をアメリカ側のCIAに協力することで無罪で釈放:アメリカの意向(^_^;))
http://www.yomiuri.co.jp/
毎日新聞ニュース(創価学会の聖教新聞をメインで印刷しているため創価学会の意向:統一教会の仏教部よりアメリカの意向(^_^;))
http://mainichi.jp/
NHKニュース(政府、官僚(アメリカ)側の意向を反映している:結局、アメリカの意向(^_^;))
http://www3.nhk.or.jp/news/



______________________________


世界の報道:話題の元ネタ(^_^;)

田中宇の国際ニュース解説
http://tanakanews.com/


デモクラシーナウ(市民サイドに近いアメリカのメディアでアメリカを中心に世界の市民の今を伝える )
http://democracynow.jp/

シリア国営ニュース SANA
http://sana.sy/index_eng.html
シリアニューズ(シリアからの情報 なるべく新しい情報ならこのツイッター情報
http://www.syrianews.cc/

日本語イラン ラジオ(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を日本語で解説するイラン側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.irib.ir/


新唐人テレビ日本(アメリカ、香港の人たちから見た独立系中国テレビ:客観的に中国はもちろんアメリカも見れる(^_^;))
http://www.ntdtv.jp/

人民日報日本語版(中国から見た、日本の政治社会状況などがよくわかる(^_^;))
http://japanese.china.org.cn/

中国国際放送 日本語版(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を日本語で解説する中国側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.cri.cn/index.htm

ロシアの声 日本語版(ロシアの国営放送で建前としてのロシアの現状がよくわかる:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.ruvr.ru/

ロシア トゥデイ Russia Today(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を抉り出して見せてくれるロシア側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://rt.com/

Dprogram.net(従来のプロパガンダに対抗するためのサイトでプログラムで縛られた人を解放する? (^_^;))
http://dprogram.net/




動画リンク
アメリカの「ウォール街を占拠せよ!=Occupy WallStreet」の理解のため




おすすめのガイガーカウンター(線量計)は何でしょう? 
真宗大谷派 常福寺でやってるサイトで専門家の人のお奨めです。
http://johukuji.nanaoarchive.com/top/?p=1191
1万円台では
SOEKS-01M ホットスポットなどを探すにはいい。ただβ線も測ってしまうので高めの数値を表示。正確に数値を測るにはアルミの遮蔽版が必要。
なお2011年12月だとエステー化学のエアカウンターがいいようだ。(群馬大学の早川教授もおすすめ(^_^;)
その時、必ず9800円の定価に近いロープライスを選択して買うべきです(^_^;)
でも今からだと2/3発売で性能のいいエアカウンターSを待って、7800円で買ったほうがいいかも
3万円台では
手軽に正確な値を出すのにお奨めはDoseRAE2だけど、今だとエステー化学のエアカウンターがいいようだ。
(東京都からの貸し出し用で採用している機種だけど0.30μSv/h~2.50μSv/hふらつきあり)
私も「放射線測定器 Dose RAE2を買って」 (^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://tweettvjp.blog.fc2.com/tb.php/329-3648592e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |