ツイートテレビ ホームページ ~あなたもテレビに騙されてませんか~ ※不確実な情報も含みます(^_^;)

最新のツイッター情報から平日、朝8時頃からモーニング地球ニュースをお届けしています。ニュースの動画はYouTube,USTREAM、ツイッター、ツイキャスからもご覧いただけます。(^_^;)

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

TweetTV

Author:TweetTV
ツイートテレビへようこそ。
ここからYouTubeのニュース画面や中継画面を見ることができます。(平日、朝8時頃より放送)
※寄付と買って支援のお願い
アマゾンから買って支援
ここをクリック

 私たち市民メディアは従来のマスコミが追求できない真実を伝えています。
現在の主なテーマは 
■脱原発への道を開く政治を応援

■小沢裁判や冤罪事件を通して
司法も含む官僚体制や創価学会
金融マフィア(財閥)の陰謀を暴く
 
■世界で戦争や金融テロなどを
引き起こす金融マフィアの実態
とそれに対抗する市民活動

 2013年もツイートテレビを
サポートしていただき
明るい未来に向かった活動を
続けられるようよろしく寄付、
声援のほどお願いいたします。

2011年9月20日開局
 ツイートテレビ
めざまし政治ブログ」の服部順治と「和順庭」ブログの服部(旧姓熊木)和枝の二人だけで運営
♥なお私達11月22日の前日に結婚しました♥

口座名 ツイートテレビ

■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10090 
番号 98084911

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 9808491

最新トラックバック

2/5(火) ニュース

2013/2/5(火) ニュース

<今日のツイートテレビニュースの話題>
                                                                                                                    Font MSP ゴシック サイズ11

2013/2/5(火) ツイートTV

1 安倍晋三の苦しい踊り 冷静さを求めている中国メディア
2 早川マップも甘い!首都圏も放射能汚染が広がっている
3 究極の資本主義 警察国家への道をひた走り反対者は収容所
4 金融マフィアと仲良しじゃない奴に日銀総裁はやらすな!







<ニュースウォッチ12:今日のニュース>
1 安倍晋三の苦しい踊り 冷静さを求めている中国メディア

2013/2/5(火) 概要 安倍晋三の苦しい踊り 冷静さを求めている中国メディア
2013/2/5(火) ツイートテレビニュース 概要 安倍晋三 苦しい踊り 冷静さ 求めている 中国メディア





服部順治 ‏@JunjiHattori
「中国公船が射撃管制レーダを海自艦艇に照射」にしても、今日の夕方4時でこんな調子ですから言わずもがな。逆に何を安倍は煽って戦争への道を歩かせたいのかな? 「程永華大使、釣魚島領海巡視に対する抗議受け入れず」2013-02-05 16:15

http://japanese.cri.cn/881/2013/02/05/241s204300.htm


20分 服部順治 ‏@JunjiHattori
えっ!こんなカレンダー誰が買うの?国内向けみたいだけど、意外と中国の人達や外国の人達とか国際的に売れるのかなー?「日本で女体歴2013カレンダー発売開始」
http://japanese.china.org.cn/culture/2013-02/04/content_27879028.htm


28分 服部順治 ‏@JunjiHattori
ふむふむ、かなり客観的に見てるなー。特に「米国が第2次大戦以来、今なお「孫悟空の頭の輪」のように日本を締め付けており、日本の政治、経済、安全保障政策の選択と方向のほぼ全てを支配している」は的確な指摘だ。「安倍晋三の苦しい踊り」


http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2013-02/05/content_27895079.htm

大隈 重信 ‏@Asagaokunn
北朝鮮の核実験が秒読み段階、米原子力潜水艦は東海で訓練へ | Joongang Ilbo | 中央日報

http://japanese.joins.com/article/869/167869.html

●安倍晋三の苦しい踊り

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2013-02/05/content_27895079.htm

発信時間: 2013-02-05 16:46:57

 日本の新しい首相となった安倍晋三氏は最近、中日関係、日米関係、国内政策について一連の立場を表明したが、全体として方向がはっきりせず、迷って決断できず、情報が混乱しているとの印象を人々に与える。なぜこのような事になるのか。安倍氏の直面する情勢と試練が確かに複雑かつ厳しいもので、近代以降未曾有のものとさえ言えることが大きいと筆者は考える。(文:偉達・国際文化戦略研究と諮問の専門家。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

 歴史の変遷の過程から見ると、日本は現在、周辺の群雄の台頭という状況に直面している。1990年代まで、日本は第2次大戦で敗戦を喫したとはいえ、依然アジアを相当リードする地位にあった。当時の日本は東側の米国とは勝負にならないし、北側のソ連とも拮抗が困難だったが、西側と南側の伝統的アジア諸国と地域に対しては依然余裕綽々だった。

 だが今や事態は変った。東アジアでは中国と韓国がすでに台頭し、台湾地区と朝鮮もすでに弱者ではないし、東南アジア諸国も積極的に発展を図っている。日本は今後何を捨て何を取るか、どのように自らを位置づけるか、どのような発展戦略を取るか、いずれも策を練り、決定することが急がれている。

 昔からの政客が新たな試練に遭遇した。安倍氏は政治の舞台において、関心の全く異なるいくつかの観客層に向き合わなければならず、しかも自らの公演がその全てから拍手喝采を浴びることを望んでいる。これは口で言うほどたやすくはない。

 米国に対しては日本は当然愛憎入り混じっている。「愛」は米国が今なお日本を西太平洋の安全と利益を守るうえで要のパートナーと見なしているうえ、中国の台頭への日本の対応を支持する可能性があるからだ。「憎」は米国が第2次大戦以来、今なお「孫悟空の頭の輪」のように日本を締め付けており、日本の政治、経済、安全保障政策の選択と方向のほぼ全てを支配しているからだ。安倍氏はどう行動すれば「サムおじさん」を喜ばせられるのだろうか。これは回答が難しい。「サムおじさん」自身もここ数年、大変途方に暮れているからだ。1つはっきりしていると言えそうなのは、「サムおじさん」は日本の肩を持って中国を制約する必要があると同時に、日本を完全に独り立ちさせるわけにもいかないということだ。このため日本の頭の「輪」を、すぐには外すわけにいかないのだ。
 日本の民衆にとって現在の問題は経済的低迷であり、自信を失っていることだ。そこで日本の政治指導者は民衆のために新たな刺激を探し、経済のために新たな成長点を見出さなければならない。こうした時期に外来の脅威を煽り立ててみることは、民心を結束する助けにはなるかもしれないが、度を過ぎて煽り立てるわけにはいかない。さもなくばこのグローバル化の時代にあって、逆に自縄自縛に陥ることになるからだ。


 中国の台頭、および東中国海の大陸棚と釣魚島(日本名・尖閣諸島)の領有権をめぐる中国との紛争に対して、日本は「心はやれど力及ばず」の感を強めている。中国市場を捨てることは絶対にできないが、中国の強大化に対しては心理的適応も地政学的戦略の調整も難しい。日本が徹底的に昔の帝国の夢を捨て去り、歴史を反省し、根本的に改めない限り、その政客の最大の望みは中国自身が多くのミスを犯し、足並みを乱すことである。なぜなら19世紀半ば以降の歴史は、中国はひとたびミスを犯せば、日本につけいる隙を与えるということを繰り返し証明しているからだ。

 米国が手を放し、中国がミスを犯し、国民の心を立て直す。これが安倍氏が苦心して待ち望んでいることだろう。だがこうした「良い事」が、一方的に願えばやって来るなどということはない。そこで彼はどうしたらよいのか分からぬまま踊り続けるほかない。今日は東に向かって笑顔を振りまき、明日は西に向かって数歩歩み寄り、「腹痛」を覚えるまで注意深く慎重に踊り続けるが、最終的にはやはり誰からも喝采を得られないのだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2013年2月5日


______________________________



再生リスト:「国民の生活が第一」を支援する市民大集会 2012/9/1
http://www.youtube.com/playlist?list=PL2617FA4CFF36F3C5


______________________________

今日のイベント
原発関連:集会・イベント情報、Ustream番組表
http://2011shinsai.info/event/

______________________________

閑話休題

ツイッターの流行がわかる日刊ツイッターランキング 
http://twinavi.jp/news/daily?ref=top

今、話題の動画のランキング tweetmovie ツイートムービー 
http://tweetmovie.jp/

NAVERタブーまとめ

http://matome.naver.jp/topic/1LwS6







______________________________



<<日本 クローズアップ現代:国内の話題>
2 早川マップも甘い!首都圏も放射能汚染が広がっている

2013/2/5 早川マップも甘い!首都圏も放射能汚染が広がっている
クローズアップ現代 日本 国内問題 クロ現 早川マップ 甘い 首都圏 放射能汚染 広がっている





きっこ ‏@kikko_no_blog
生活費の高さのランキングで、ついに東京が世界1位、
大阪が世界2位のワンツーフィニッシュを飾った。
放射能汚染されてる上に4号機倒壊の危険と隣り合わせで、
さらには近いうちに直下型の巨大地震が起こると言われてる東京が
世界一生活費の高い都市だなんてシャレにならない。

Bell Boyd ‏@Bell_Boyd
首都圏も放射能汚染」とノーベル平和賞受賞医師組織:
早川マップでは東京の汚染がほとんど見られないが、
実際には東京も含めた日本の広い地域がセシウムで
重度に汚染されている、と断言した。


http://www.tax-hoken.com/news_aqhZeKiOd8.html …


「早川マップも甘い! 首都圏も放射能汚染」と
ノーベル平和賞受賞医師組織
 2012年12月6日 22:00 
独、ヨルク・シュミット博士が警告


http://www.tax-hoken.com/news_aqhZeKiOd8.html


核戦争防止国際医師会議(IPPNW)に所属する独の医師、ヨルク・シュミット博士は11月29日に講演を行い、放射能汚染に対する日本人の認識は甘すぎる、と警告。福島、栃木、茨城、宮城の4県から避難が必要、とアドバイスした。


「早川マップ」でも甘すぎる

各地の汚染度を知る目安として、日本ではしばしば群馬大学の早川教授が作成したいわゆる「早川マップ」が用いられる。これについてもシュミット博士は否定。

早川マップでは東京の汚染がほとんど見られないが、実際には東京も含めた日本の広い地域がセシウムで重度に汚染されている、と断言した。

同博士が講演で使用したマップによると、福島第一原発を起点に、内陸部に向かって帯状に伸びた地域では、福島県内と同等の汚染が見られるという。

さらにそれ以外にもホットスポットが点在しているが、こういった地域は避難が行われていない、と指摘する。

この池にはカモがくるから大丈夫

講演の中では、日本を訪れた同博士の友人、デルテ・シーデントプフ女医の談話も紹介された。同女医は各地で話を聞き、放射性物質に対する日本人の認識が甘いことに驚いたという。

「この池にはカモがくるから汚染していない」など、迷信に近い考えも見られたそうだ。

ノーベル平和賞を受賞した組織

IPPNWは1980年に組織された国際的な医師団体。核戦争を医療関係者の立場から防止することが主な活動目的で、世界83カ国から、約20万人の医師が参加している。

1985年には、ノーベル平和賞を受賞。隔年で行われる世界会議が、今年は11月に広島で開催された。

東京は高濃度汚染地域のど真ん中

こういった背景を持つ団体に所属する医師の講演だけに、その言葉には説得力がある。シュミット博士は、繰り返し、首都圏の危険を指摘。東京は風によって飛来した放射性物質によって高濃度に汚染された地域の真ん中にある、と警告した。

また福島、栃木、茨城、宮城の4県については、5000ベクレル/kgにも上る高濃度の土壌汚染が確認されていることから、避難が必要、と語った。



______________________________









<世界 クローズアップ現代:海外の話題>
3 究極の資本主義 警察国家への道をひた走り反対者は収容所


2013/2/5 究極の資本主義 警察国家への道をひた走り反対者は収容所
クローズアップ現代 世界 クロ現 海外問題 究極 資本主義 警察国家への道 ひた走り 反対者 収容所




すべてのアメリカ人はObamacareのあたり2013年にマイクロチップのインプラントを引き続き受け取る


http://dprogram.net/2013/01/23/all-americans-will-receive-a-microchip-implant-in-2013-per-obamacare/

3:30あたりから実際に埋め込まれます



(NewsWithViews) - 主要なニュース記事は、オバマのヘルスケア法案は、すべての米国市民との赤ちゃんは2013年3月23日でマイクロチップまたはMedchipを受信するために必要とすることは、AOLと無数の他の主要なニュースメディア、この一週間で壊れた。法案のマイクロチップの要件は、2013年に実装されているかどうかにかかわらず、見られることを残る。

2010年には、私の著書 "あなたには、マイクロチップのための準備はできていますか?"をリリースし、私が質問をした、 "医療ビルの中に隠されたマイクロチップインプラントはありますか?字幕:C-ぜひ選出された代表者は、読まずに投票した大規模な米国の医療ビルでは、タイトルのセクションがある "と、私が書いた、そして本の中で"出生直後にマイクロチップを受け取ることは2013年から新生児の子供である11秒。2521 - 米国国立医療機器レジストリ:

"長官は、''があること、(A)であるか、またはセキュリティサーバ上に使用されている各デバイス上の市販後安全性と結果データの分析を容易にするために、全国的な医療機器のレジストリを(以下この款において"レジストリ "と呼ばれる)を定めなければならない患者;と''(B)のクラスIIIデバイスです。または''埋め込み可能である(ⅱ)クラスIIデバイス。

言語は意図的に曖昧ですが、それはアメリカのすべての米国市民が医療を制御するために注入された無線周波数(RFID)のマイクロチップを受け取るために必要となる、世界で最初の国作るための構造を提供します。

バージニア州のような状態の数は、法律、この種のを止めるための努力で "獣の立法のマークを止める"に合格しています。

固体の文書に基づいて、私はについて書かれ、話されていることを、他の多くのものと同様に、私は定期的にいくつかの挑戦をしていて、特に何が起こっているかについて無知なキリスト教社会において、それら。私は上に何か書いたり、話すかについてアンケートを取ることはありませんので、彼らの批判は、事実を提示するから私を防止したことがない。クリスチャンは、それが受け入れられたかどうかにかかわらず、愛の真実を話すために呼び出されます。私はすべての省庁を非難したいわけではないが、私はそれが "シーカー友好的"、または人気があるかどうかに基づいて言うことを決定するわけではありません。唯一の問題は、あるそれは本当であり、それはその特定の時点でそれを伝えるのが賢明ですか?

彼らのソーシャルエンジニアリングの意識のボックスの外部にある真実に直面したときに、認知的不協和に入り、私たちの国であるためそこに多くの人々が、そこに私が言うことができることはたくさんあり​​ますが、ありません。マイクロチップのインプラントが日近い日に移動すると、不法移民の "製造危機"とともに、アリゾナ州などの問題は、チャールズ·シューマー上院議員(民主党、ニューヨーク州)、リンジー·グラハム(R-SC)が動いている環境を作成する米国内で動作するために、国立バイオメトリクスIDカードを入手し、実行するために、すべての米国の労働者、市民と同様に常駐を必要とするであろう楽しみに立法。あなたは恩赦や移民の問題にどこに立ってもかまいませんが、誰もが最終的にビッグブラザー電子データ·ベースは、個人情報のすべてを追跡することができますのRFID送信機が含まれています国立バイオメトリクスIDカードを持たなければならないとしている。それは別の名前で、単に国民IDカードです。それは技術的には、より効率的であるため、国民IDカードは、マイクロチップのインプラントに移行します。非常にすぐに発生しようとなっているこれのすべては、氷山の一角です。

ロナルド·レーガン大統領は、彼が立法、この "獣の刻印"と呼ばれるものを渡すことを拒否した。私の本では、 "あなたは、マイクロチップの準備はできていますか?"私はメッド·チップおよびマイクロチップのインプラントを求めるヘルスケア法案に慎重な言い回しを調べます。それが隠されたことはなかった、それは意図的にそれを無視することを選んだ私たちの企業コントロールとオーウェルメディアと共に、単に共和党と民主党である。Bilderbergのグループは、マイクロチップ全体の米国の人口、その後世界に命令を与えた。ヘルスケア法案が可決された前に、目標期日は、米国で生まれたすべての赤ちゃんは、出生時にマイクロチップを受け取るときに、2013年に設定されました。多くは、このため、オバマ大統領を攻撃しているが、それはオバマのヘルスケア法案であるが、マイクロチップ計画が何十年も前に作成されており、ブッシュ大統領と彼の容疑者 "が生まれ、再び"検事総長の共和党政権によってファストトラックに乗せ、 911の後にジョン·アシュクロフト、。それは、アシュクロフトは、彼は宗教の自由を含む私たちの憲法の自由を保護する程度であったのではなく、司法省の廊下にレディリバティー像の胸をカバーするより心配だったようです。

今日既に使用されているRFIDチップ注入。



彼らは第二の問題ではなく、重要な問題に焦点を当てるため、残念ながら、福音主義キリスト教徒は、優れた政治的な駒を作る。アメリカの福音派のキリスト教今日は本当に聖書の世界観を持っていないためです。私は本当に不親切な音にしたくないが、歴史的現実は、福音主義のキリスト教徒はレーニンと呼ばれるものの一部で果たしてきたことである "有用な馬鹿。"明らかに、これは神が人々のために計画したものではありません。しかし、聖書の世界観は、聖書を拒絶することによって、 "わたしの民は知識不足のために滅びる、"満たされている。アメリカの福音主義キリスト教徒の大半は、彼らが彼らの教会や神学校の多くで教えられていることの結果として、非常に表面的な信仰を持っている。

ガラス張りのRFIDチップ、移植の準備が整いました。

RFIDチップを使用して新しいマイクロチップ技術は、サイエンスフィクションのように聞こえるように進んでいます。使徒パウロは偽預言者は、獣の刻印を受け入れるように一つの世界宗教と力の人を率いる黙示録13日にどのようにこの発作を説明しています。マイクロチップのインプラント、バイオインプラントまたはMEDチップは、それ自体での、必然的に獣の刻印はありません。偽預言者の指示の下に獣の刻印は、主と神とキリストを崇拝することをコミットメント(確約)としてのイエス·キリストの意識的な拒絶反応を必要とします。

あなたはまだこの嘘は、HR 3200のPDFファイルをチェックアウトすること自由に感じていることを考えている場合

このリンクをクリック

ページ1000にスクロールダウンして、RFIDチップのための書き込みはページ1000に半分の方法を開始します。

キリスト教徒と他の課題は、獣の聖書のマークへというだけの理由でそのパラレルのマイクロチップインプラント、バイオインプラントまたはMEDチップを取るという行為になります。信仰の人々は宗教上の理由で免除されるか、彼らはそれを取ることを余儀なくされたり投獄されます。それが移植された後に加えて、任意のマイクロチップ技術が強化されたコントロールを使用してアクティブ化することができます。それでは、簡単なマイクロチップインプラントは経済システムに参加するためには、何らかの将来の時間に、あなたは神のように反キリストを崇拝しなければならない技術となって、主イエス·キリストを拒否できるようにして開始します。組み込みおよびマイクロチップ技術の能力を進化させる、この危険な可能性になります。

最終的な分析では、医療上の理由のためにマイクロチップの注入を受け入れるという単純な行為は、表面上は無害表示されます。しかし、一度は、それが獣技術のマークに関してはアクティブ化されないことを、移植されるという保証はありません。これは、私たちの前にある危険と挑戦です。

出典: http://www.newswithviews.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

体にICチップ埋め込み?国家破綻?完全支配??

0件
質問者:Stefanie 投稿日時:2012/07/20 23:49
私の知り合いが、(国家による?会社による?)ICチップの体内埋め込み(これにより誰かに完全支配される。埋めなければ殺される??)などという記事を読みあさっています。それらの記事には国家破綻やドルの破綻などとも結びつけて書かれているようで、最近はこのことばかり考えていて、頭がおかしくなっています。人と会ってもこんな話ばかりしているようで、みんなひいています。何度聞いてもポイントがさっぱり理解できません。

このような話は、誰がどのような目的で広めているのでしょうか?
もしICチップの体内埋め込みが医学的に現実的だとしても、それを「国家破綻」や「誰かに支配される(??)」などの恐怖と結びつけて書かれる理由は何でしょう?

また、こんな話を信じて頭がおかしくなるような人(私の知り合いのような人)はどんな特徴がある人なのでしょうか?

「体」「ICチップ」と検索したら以下のサイトがありました。
http://blog.livedoor.jp/zennninn/archives/925807 …
他にも詳しいウェブサイト(肯定的サイトも否定的サイトも)などありましたら教えてください。
--------------

正確には、通貨システムの破綻です。
ICチップを体内に埋め込み、この情報で労働、物の売買、税金などを一括管理すると言われています。
前世の記憶では、住んでいた地域で導入が見送られた為ロボット化がありませんでしたが、海外はこのシステムが導入され活用されていたようです。

この地球を支配する闇権力のパラダイム
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/yamikenryoku. …
「ダ・ヴィンチ・コード」に見る闇権力のメッセージ

  特に、聖書とは縁が薄い日本人には、徹底的に見せたいのでしょう。ヨハネの黙示録には、やがて人類はICチップを埋め込まれると暗示的に書いてあるのですが、こうしたことを日本人はあまり知りません。それだけに、こうしたメッセージを送り手の意のままに受け取りやすい。




ーーーーーーーーーーーーーーー

この地球を支配する闇権力のパラダイム

http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/yamikenryoku.html

本書で著者が力説しているのは、私のいう「サタンのシナリオ」への対処法です。2012年までに起こると考えられることが具体的に述べられています。食糧危機は間もなく起こると思われますので「ICチップ」も現実化する可能性が高いでしょう。
  あと2~3年もすれば、少なくとも、テレビの低俗な番組やスポーツ放送などをのどかに楽しんでおられるような社会状況ではなくなるかも知れません。しかも、そのような事態は徐々に訪れるのではなく、ある日、何かをきっかけに突然起こるはずです。それが「サタンのシナリオ」です。

  それでも「助ける人はどこにいても助ける」(日月神示)という「神のシナリオ」があります。私たちの対処法としては、「とにかく恐怖心を抱かず、苦難にめげることなく人事を尽くし、最後は神に委ねること」だと思います。1~2年は食べ物に不自由する事態は避けられないと思いますが、草木を食べてでも生き延びていれば、著者が言うように2012年には、新しい世界を迎えることができるはずです。
  私はこの本の著者の中丸氏に全面的に同調するものではありませんが(というより、氏に対してはいささか懐疑的ですが)、氏のように知名度の高い人が、このような「終末論」を堂々と唱える時代を迎えていることに注目したいと思います。2012年12月まであと5年半を切りました。

                                          (なわ・ふみひと)

 「ダ・ヴィンチ・コード」に見る闇権力のメッセージ 

  「ダ・ヴィンチ・コード」の映画の宣伝費の使い方は異常です。日本だけでも10億円以上使っています。なぜ、そこまで宣伝費をかけるのか。それは、「ダ・ヴィンチ・コード」が、これからヨーロッパから出るであろう「反キリスト宣言」だからです。
  「ばかばかしくて見ていられなかった」という声も聞きますが、イルミナティという秘密結社のおどろおどろしい内幕を、あれだけ克明に出したのは初めてです。恐怖心を煽り、このような魔の権力に近づける者はいないというメッセージを伝えるために、そちら側の何者かが書かせたのです。ダン・ブラウンは、こうした情報を世に出すために使われた表の顔にすぎないということです。
  特に、聖書とは縁が薄い日本人には、徹底的に見せたいのでしょう。ヨハネの黙示録には、やがて人類はICチップを埋め込まれると暗示的に書いてあるのですが、こうしたことを日本人はあまり知りません。それだけに、こうしたメッセージを送り手の意のままに受け取りやすい。
  キリスト教の人たちは、聖書でハルマゲドンについて読んでいますから、「ああ、やっぱりそういう魔の時代が来るんだな」とわかります。
  一方、原始キリスト教やユダヤ教、シオニストの人たちになると、ハルマゲドンの後、救世主がおりてくると信じています。だから、彼らはハルマゲドンを起こしたい。すべての宗教は、今や光を失い魔の洗脳ツールと化していると訴えているのはそのためです。
  おそらくドイツから、反キリストが出てくると思います。サッカーのワールドカップといったイベントも、そのシナリオにすべて組み込まれているのです。その人物は強大な魔力をもち、ドイツ、さらにはEU、ヨーロッパの大統領へと、権力の座を登りつめていくでしょう。
  一時的には、その反キリストが世界を牛耳ります。食糧危機などで人々を恐怖に陥れ、自ら進んで、魔に魂を売り渡すように持って行くのです。それがICチップの移植で、そうしなければ食料が確保できないとなれば、それに抗することは難しくなります。キャッシュレス時代への流れに潜む悪魔性を侮ってはなりません。それによって、魔の世界がすべてを管理するようにしむけます。
  「ヨハネの黙示録」で666の数字をもつ獣とあるのは、まさにこのことを意味します。どんなことがあっても、ICチップ埋め込みを絶対に受けてはいけません。それを受けると、肉体が滅ぶだけではありません。病気なら、肉体を脱いで魂に帰ればいいのですが、ICチップは魂にまでかなり影響するぐらいの毒々しいもののようです。
  実は、ICチップの埋め込みは、日本でもすでに始まっています。岡山県などの一部の老人ホームとか幼稚園では、迷子対策と称して、ICチップが埋め込まれてしまった人たちがすでにいると聞きました。


 日本の木がおかしいのは、黄砂ではなく、原子炉のせい!  [TOP]

  日本では、中国からの黄砂によって、木がおかしくなるといっていますが、実は原因は原子炉にあります。厚生労働省が出している分厚い報告書のデータを分析すると、稼動後6年たった頃から、突然精神的におかしな人が出てくるとか、ガンが増えるなど、明らかに原子炉と関係がある異常があるのです。それで日本人はどんどん発症しているのに、彼らはそのデータの使い方がわからない。そもそも、この狭くて地震大国の日本に、原子炉が54個もあること自体、日本の危機管理意識の希薄さが現れています。
  アメリカでは、原子炉周辺に住んでいるのは低所得のアフリカ系アメリカ人だし、原子炉のそばで飼育された牛のミルクは極端に安く売られていて、お金持ちが住んでいるところでは、そうしたミルクは店頭にすら置かれません。
  ケネディ大統領のとき、空中で核実験をしていたことがあります。それによって、乳幼児がずいぶん死んでしまったので、中止をケネディに直訴した科学者がいます。その人が日本にも来た際、日本の原発に対する危機感のなさと汚染の実情を目の当たりにして、「狂気の沙汰」とまでいっているのです。

 2012年までの6年間、闇権力は最後の力で、迫ってくる!  [TOP]

  これからの6年間をどう生きるかは、非常に重要になります。だから、こうした事実を知った私たちは、日本人に警告をどんどん出していかなければなりません。2012年には悪は生き残れませんが、その前に彼らは徹底的に悪さをします。この先、生き残れなくなることを感じているからです。彼らのあがきは2009年、2010年、2011年ぐらいがピークになっていくと思います。
  この6年間が勝負です。日本人が前もって用意していれば、「食料が欲しかったら体にICチップを埋めろ」と闇権力からいわれても、拒否することができます。そのためには、自分たちが3年分ぐらい食べつないでいけるものを用意する必要があります。スイスでは、いつも2年分はシェルターに用意しています。食糧危機は長期にわたって来ますから、3年分ぐらいを目安に貯蔵して、古いものから食べていくようにすればいいでしょう。

  ベランダのプランターでもいいので、家庭菜園をやったほうがいいと思います。私も八ヶ岳でバジルなどを植えてみましたが、葉っぱが次々に出てきます。ニューヨークでも、ユダヤ人がよく食べるアルファルファを育てている人がたくさんいて、体にいいというので、サラダみたいに生で食べています。すぐ芽が出て、何回もとれるようです。お米も玄米に切りかえれば、玄米と青いもの、たくわんと味噌汁だけで、私たちの健康はきちんと維持できます。
  高橋信次氏が宇宙に行って、こういうお釜がいいといわれて持ってきたものを、その通りつくった人がいます。お釜と75度ぐらいの保温器で、ゲルマニウムなどがふえ、3回目ぐらいからもっとおいしくなる。私は、圧力釜で1升ずつ炊いて、そこへ入れています。それで炊くと、1週間か10日ぐらいいい状態が保たれているのです。そのご飯と、青いものを何か少し食べていれば、栄養がとてもあって、おかずは何も要りません。
  このように、私たちが危機意識をもってそれに備えれば、悪魔の誘惑から逃れ、ICチップを埋められなくて済むのです。
  2012年まで、とにかく生き延びるということです。その後は、闇の連中は生きていけないから、それこそ黄金の時代に向かっていきます。
  私たち一人ひとりの中には、高次なる人格が引き出されるのを待っています。心の浄化と真実を知っていく努力で、私たちが長い間願ってきた、魂の願い(光)を生きることができるでしょう。
______________________________





<追跡!真相ゼロtoZ>
~ゼロの意味する原点の意味の原因を探り
 定量的、科学的にZの行き着く先の真相に迫る~

4 金融マフィアと仲良しじゃない奴に日銀総裁はやらすな!

2013/2/5 金融マフィアと仲良しじゃない奴に日銀総裁はやらすな!
追跡 真相 ゼロtoZ 金融マフィア 仲良しじゃない奴 日銀総裁 やらすな!



私が日銀総裁に財務省OBはダメと言っている理由
みんなの党 江田憲司


http://blogos.com/article/53702/

 私の日銀総裁人事についての発言が今日の朝刊で一部報道されている。相変わらず、その理由や説明を省いて、「財務省OBだから反対」ということだけ報じているので、誤解を避けるため、ここでその理由をはっきりさせたい。より詳しくは、私のノート(フェースブック)に昨日の記者会見録をアップしているので参考にしてください。

 私が日銀総裁に必要な資質としてあげているのは、
①経済や金融について、すくなくともPh.D.(博士号)を持っていること。
 (世界の中央銀行総裁をみても必須の条件。常識の類)
②「金融マフィア」といわれるように金融はプロフェッショナルな世界。
 そこにしっかりと人脈をもっていることが不可欠。語学ができるなどということは当然中の当然。

③市場と対話する能力をもっていること。「対話」とは比ゆ的な表現で、これは理論を勉強しただけでは体得できない「経験とノウハウ」の世界。そのためには若い時から金融界に身をおいて研鑽をつまないとだめ。


 私が財務省OBがだめだと言っている趣旨は、まさに、上記3つの条件をクリアーできないからに他ならない。特に、最有力といわれている元財務省事務次官は、東大法学部卒の法学士にすぎず、主計(予算)畑を歩んできた金融の素人。それが何年か日銀副総裁を天下りで務めたからといってカバーできるものではない。

 この春、にもかかわらず、安倍政権が財務官僚言いなりの麻生財務大臣の具申によって彼を登用すれば、あの鳩山政権時に、日本郵政の社長に元大蔵事務次官を天下らせたと同じような大きな躓き、政権の転換点となるだろう。

----------------
「日銀総裁人事を巡る与野党の駆け引きが本格化…」
誰が適任だと思う?


http://blogos.com/discussion/2013-02-04/president_of_centerbank/

与党が過半数を取れていない参議院において、動向が注目されるみんなの党の渡辺代表は、日銀の総裁人事について以下の人物を挙げています。
みんなの党の渡辺代表は2日の読売テレビの番組で、次期日本銀行総裁の適任者として、浜田宏一・米エール大名誉教授、岩田規久男学習院大教授、中原伸之・元日銀審議委員、竹中平蔵慶応大教授、高橋洋一嘉悦大教授の5人の名前を挙げ、安倍首相にも伝えたことを明らかにした。

 そのうえで、「大胆な金融緩和をできる人がいる。そういう(人を総裁に起用する)人事をやれるかどうかが(内閣の姿勢の)リトマス試験紙になる」とも述べた




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
K.Kengo ‏@KKnagomi
ついにIMFが誤りを認めた。流れが変わる。今後もIMFへの批判を緩めてはいけない。焦点:IMFが緊縮一辺倒の過ち認める、遅すぎた方向転換

 Reuters

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE89E04E20121015
… ワシントンコンセンサスをぶっ潰そう

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%B9 …


8時間 Bell Boyd ‏@Bell_Boyd
SYNODOS JOURNAL : 日銀がいかに仕事をしていないかが分かる、
たったひとつのグラフ 村上尚己(マネックス証券チーフエコノミスト)

http://synodos.livedoor.biz/archives/2022902.html

『日本人はなぜ貧乏になったか?』(中経出版)発売記念特別寄稿第二弾。http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000077.000003701.html

シノドスジャーナル上で、「アベノミクスでバブルが起きるは本当か?」という筆者の記事(http://synodos.livedoor.biz/archives/2021651.html)に対して、池田信夫さんより、「村上尚己氏の古代マネタリズム」というタイトルで次のような反論をいただいた(http://blogos.com/article/55259/)。

この反論記事への再反論はいずれまた書かせていただくとして、池田さんが、筆者への反論記事の冒頭で、次のようにお書きになっていることに注目したい(今回の筆者(村上)のこの記事は、池田さんから寄せられた筆者への反論への反論ではないのでご注意を)。

間違いを何回指摘されても同じバカな話を繰り返すのは、反原発派とリフレ派の共通点だ。村上尚己氏は、またいつもの変な図を出してアゴラの私の記事を批判しているが、こんな図は起点を変えれば何とでも描ける。対GDP比で描けば、次のように日銀のマネタリーベースはいまだに世界最大で、FRBの1.5倍である。
これは一言で言えば、「日銀は十分に(いや、どころかFRB以上に)金融緩和を行っている」という主張である。しかしそれは本当か。この問題について考えていきたい。

とはいえ筆者はちょうど、1月31日に上梓した拙著『日本人はなぜ貧乏になったか?』(中経出版)の「Chapter 4 日本人を貧乏にした「ウソ」にダマされるな!」の中で、「日本は大規模な金融緩和をしたが、ほとんど効果がなかった」という通説に対し、次のような反論を行っている。

この該当箇所を公開することで、読者の方には、今回の記事のコアになる「日銀は十分に金融緩和を行っているか?」という問題について考えるヒントにしていただきたい。
(※重ね重ね、今回の筆者のこの記事は、池田さんからの反論への反論ではないためご注意いただきたし。また以下に掲載している文章は、書籍になる前に、筆者が出版社に入稿した文章。文中の「◯◯ページ」という記述は、『日本人はなぜ貧乏になったか?』の該当ページを指すものである)

*  *  *

☓[通説]日本は大規模な金融緩和をしたが、ほとんど効果がなかった。
◯[真相]→否。緩和の金額が決定的に足りない。アメリカを見よ。



金融緩和の規模を明確に測ることのできるある計算方法

日銀に追加の大規模金融緩和を求める私のような意見に対しては、「日本でインフレ目標を含む大規模な金融緩和政策をとった場合、ハイパーインフレが起こる」という反論とは逆に、「日本銀行はかつて果敢な金融緩和を行ったが、デフレの鎮圧に効果はなかったので、これ以上の緩和を行なっても焼け石に水で意味がない(=インフレは起こせない)」という反論を寄せる「識者」もいる。

これがいかに誤っているかは91ページ以降で触れた通りだが、ここでは、厳密に金融緩和の“規模の観点”から、なぜこの反論が誤りであるかを見ていきたい。

日本の報道では、日銀の金融緩和について述べる場合、圧倒的に「それはどの規模での話をしているか?」の観点が決定的に不足してしまっている。だからこそ、時には「ハイパーインフレが起こる」と言ったり、同じ「識者やマスコミ」がその一方で、「インフレは起こせない」という真逆のことを言うような不可思議な現象が起こっていて嘆かわしい限りだ。この「金融緩和で必要な規模」について見る場合、必要になってくる知識は、米カーネギーメロン大学の著名な経済学者ベネット・T・マッカラムが考案した「マッカラムルール」という計算方法である。





マッカラムルールとは、目標とする経済成長(=名目成長=名目GDP成長率)を実現するためには、どの程度の規模、中央銀行が金融緩和政策(=ベースマネーの拡大政策)を行えばいいか? がわかる計算方法である。上のグラフは、そのマッカラムルールから算出される結果を可視化したものである。このグラフこそが、いかに日銀が仕事をしてこなかったかが一目でわかるグラフになっている。

このグラフを見れば、「日本が3.5%の名目経済成長を達成しようとした場合に、実際に日銀の金融緩和がどれだけ足りていなかった?」かが如実にわかる。この計算方式がいかに正しいかは、実際の日本の名目経済成長率と、日銀のこれまでのベースマネー拡大の実績値が、「-0.5%成長を名目経済成長を想定した場合の」マッカラムルールから算出される理論値のとおりに推移していることからわかるだろう。

このグラフからわかることは、「日本が3.5%の名目成長を達成するには、日銀が“追加で”あと100兆円のベースマネーを供給しなければいけない(=日銀の金融緩和の規模はあと100兆円も(!)足りていない)」ということである(これ実は、これまでの日銀の政策が、実際に日本を-0.5%の名目成長に陥らせる程度のベースマネー拡大しか行なっていなかったということもわかるグラフになっているから驚きだ)。

では、リーマンショック後の2009年にデフレ一歩手前までの危機に陥ったアメリカのFRBは、どれだけの“規模”の金融緩和政策を実際には行っていたのか? それがわかるのが次のグラフである。





このグラフでは、リーマンショック後のアメリカの金融緩和(=ベースマネー拡大)の規模があまりにも大きいため、「もしアメリカが4%の名目経済成長を目標とした場合はどうか?」という数字で計算しているが、FRBは実際、まさに4%の名目成長に本来必要なはずの金融緩和の“規模”を、大きく超える形で金融緩和政策を行っているのである(そして、リーマンショック前までのFRBは、名目4%の名目成長を目指して、果敢な金融政策運営を行なっていたことが見て取れるグラフだ)。

そして、リーマンショックという大きな危機を経験して以降も、アメリカがまた経済成長を取り戻しているというのは、50ページ以降で示した事実の通りなのである。ここからわかることは、いかに日銀の金融緩和の“規模“が足りていなくて、逆にFRBの金融緩和の“規模”があまりにも大きかったか? ということである(具体的には140兆円の“追加の“金融緩和を行った)。


絶望的に足りていない日銀の金融政策の規模


さらに数字を詳しく眺めてみれば、リーマンショック後、欧州の中央銀行であるECBと、アメリカのFRBに比べて、日本の日銀の金融緩和の“規模“が、いかに足りていなかったのかが直感的にわかるのが上のグラフである。

より具体的には、FRBとECB、日銀それぞれのリーマンショック以前と以後の実際にバランスシートの規模の推移を示しているもので、中央銀行のバランスシートの規模とは、106ページ以降で説明した通り、まさに各国の中央銀行が行っている金融緩和政策の“規模感”を如実に確認できるものである。

このグラフからは、リーマンショック後、FRBとECBがそれぞれ自行のバランスシートを一気に3倍と2.5倍に増やしているのに対し、日本銀行は1.4 倍しかバランスシートを拡大させていないということがわかるのである。

さらにより具体的にアメリカの数字(バランスシートではなく、ベースマネーそのもの)を眺めれば、FRBはリーマンショック以降QE1~QE4と呼ばれる4回に渡る金融緩和政策(=量的緩和政策)によって、実に“140兆円”ものベースマネーを市場に“追加”投入していて、一方の我らが日銀は……、リーマンショック以降“追加で”増やしたベースマネーの量は、40兆円にしかすぎなかったのである。

実際には、アメリカの経済規模は、日本の(1ドル80円で換算した場合の)経済規模(=名目GDP)の約2.4倍であるため、ここから換算して、「では日本の金融緩和の規模は、アメリカの経済規模と照らし合わせると、アメリカで何兆円規模の金融緩和政策を行ったことになるか?」を計算すれば、それでも日銀は、(FRBの140兆円に対し)96兆円しか“追加での”金融緩和政策を行なっていなかったということにあるのである。つまり、米国との単純比較でも、日銀の金融緩和は“約50兆円”も不足しているのだ。

103ページ以降でした、「リーマンショック後、国際的に見て、一番経済が落ち込んだのは、まったくリーマンショックとは関係のないように見えた日本経済であった」という話は、まさに「日銀だけが、大規模な金融緩和政策を拒んだために起こったことである」ということができるのである。結局に、「日銀はすでに大規模な金融緩和を行っている」というのはまったくの事実誤認であるということが言える。


日銀はあとどれだけの規模の「量的緩和」を行うべきか

かくして、日本経済が復活するために日銀がとるべき政策は、「2~4%のインフレ目標政策」と「ゼロ金利政策」とともに、 「“追加で”50~100兆円のベースマネーを市場に追加供給する『量的緩和政策』」であるということが言えるわけである。

「50~100兆円の量的緩和」と言えば、何だかあまりにも規模が大きすぎて、よろしくないことが起こるような気がしてしまうが、そのよろしくないことがもしもハイパーインフレのことを指しているとしたらやはり、「ではなぜアメリカでは、4年という短期間のうちに140兆円もの量的緩和政策を“追加で”行なってなお、ハイパーインフレなど起こらず、適切でゆるやかな2%程度のインフレしか起こっていないのか?」をよくよく考える必要があるだろう。

その答えは、「どれだけの“規模”の金融緩和を行えば、どれだけのインフレが起こるか? は、事前に“ある程度は”マッカラムルールからわかる」ということと、「金融緩和の規模を“適切に”管理すれば、目標とする適切で緩やかなインフレを起こすことができる」ということである。それはつまりは、日銀の量的緩和という名の金融緩和の是非を判断する場合、まずひとつの指標としてまず重要なのはその“規模である”ということである。なぜなら、このベースマネー拡大の規模は、市場の側が「その中央銀行がどれほど本気で金融緩和を行っているか?」を測る際の資料になるからだ。

もしも今後マスコミや識者などが「日銀の大規模金融緩和によって『インフレは起こせない』と言っていたり、逆に『ハイパーインフレが起こる』」などと言っている場合、「その論者は金融緩和(ここでは量的緩和)の“規模の話”をちゃんとしているか?」という視点で眺めてみるといいだろう。

そこでその論者が「規模の話をしていない」としたら、その論者は「直感とか勘で金融政策の話をしてしまっていて、その論者の話はかなり眉唾な話だ」と見ることができるようになる。 (引用ここまで)

*  *  *


かくして、もし「日本では大規模な金融緩和に効果がない」という論者がいるとしたら、その論者は「ではなぜアメリカでは大規模金融緩和の効果が出ているのに、日本でだけ大規模金融緩和の効果がないと言えるのか?」について、有用な論証をする必要にせまられるのである。

そして、ここまで中央銀行の金融政策の“規模”の話について論じてきた上で、「日銀はちゃんと金融緩和を行っているか?」と問われれば、明確に「否」ということができる。

しかし実際には、このマッカラムルールからの推計値は、「“大体”どのくらいのベースマネーの規模の拡大が必要か?」はわかるが、実際そこまで必要か? もしくはそれ以上必要か? は、確かに(目安としては有効だが)厳密に推定できるものでもない。しかし、マッカラムルールからの数字は、目安として使える程度で構わないのだ。

なぜなら、筆者が提唱している、日本人が貧乏になるのを防ぐための(=脱デフレのための)日銀による「ゼロ金利政策の継続」「+2~4%のインフレ目標政策の導入」「最低限、マッカラムルールから導出される数値レベルまでの大規模量的緩和の実施」という3つの策からなるリフレーション策は、それによって、「日本はこれでデフレから脱する」という市場の予想転換を引き起こすためのものであるからだ。そして最終的には、市場全体のプレイヤーの行動を(脱デフレ方向に)転換せしめることを目的とした政策が、筆者が提唱している三段階のリフレーション政策の目的なのだ(経済学の世界ではこれを、政策のレジーム・チェンジと呼んでいる)。

もしも、マッカラムルールから想定していた規模までベースマネーを拡大しなくても、予想の転換を呼び起こせるのであれば、その時はそれ以上ベースマネーを拡大する必要はないし、その逆もまたしかりである。実際、リーマンショック後に、FRBのバーナンキ議長がまさに、「アメリカの予想インフレ率の低下を防ぐには、通常規模の(マッカラムルールから算出される)ベースマネー拡大の規模よりも、さらに大規模なベースマネーの拡大が必要である」と考え、実際にそのように大規模な量的緩和(=ベースマネーの拡大)を行なってみせたことが、この記事の2つ目のグラフから見て取れるのである。

では「中央銀行の政策ルールの転換に伴う市場の側の予想の転換とは何か?」……という話をここでしたいのだが、あまりに長くなってしまうので、ちょうどこのシノドスジャーナル上で、「市場の予想と金融政策の関係」を、駒沢大学経済学部准教授の矢野浩一さんが的確におまとめになっているので、その記事を紹介することで解説にかえさせていただきたい。

1.「二つの悪」の悪い方と戦う ―― リフレーション政策と政策ゲームの変更 矢野浩一
http://synodos.livedoor.biz/archives/2005746.html
2.リフレ政策とは何か? ―― 合理的期待革命と政策レジームの変化 矢野浩一
http://synodos.livedoor.biz/archives/2008296.html


つまりは、今回のこの記事で筆者(村上)が言いたいことは、次の二つの話である。

1.「日銀は十分に金融緩和を行っている」とするのは、マッカラムルールから見ると妥当とは言えない。
2.もし「日銀の金融緩和の規模は十分である」と言い出せるのは、“最低限”マッカラムルースから推定される規模のベースマネーの供給量を、日銀が供給するベースマネーの量が超えてからであろう。

……といった形で、拙著『日本人はなぜ貧乏になったか?』(中経出版)のなかでは、「日本人はなぜ貧乏になってしまったのか?」にまつわる「21の通説」とそれに対する「真相」を、豊富なデータをもとに分析し、「日本をいままた世界の経済大国へと返り咲かせるチャンスである『アベノミクスとはなにか?』」を可能な限りわかりやすく、詳細に解説している。

筆者の単著処女作の発売を記念し、2013年1月31日(木)~2月7日(木)までの間に、『日本人はなぜ貧乏になったか?』(中経出版)をネットの書店や街の本屋さんでご購入いただいた方に、期間限定で以下のプレゼントをお贈りするキャンペーンを行っているので、ぜひこの機会にお買い求めいただきたい。
---------------------
2月3日 sakamow ‏@ysakamo
【なぜ日銀は(中略)「デフレ不況」を20年間も継続させてきたのか、その理由は以下のとおりです。一言で言えば、歴代の日銀総裁は日本の景気や国民生活などどうでもよく、彼らはロスチャイルド国際金融資本とFRBの世界戦略に従って日本の金融政策を】 http://s.ameblo.jp/http-ameblo-jp-blo7415/entry-11114570129.html …


2月2日 道産子詩人 不正選挙堂々の日本に未来な ‏@pikkipikki
@shinchannoujyou 戦争条件はー①経済的貧困→ファシズムや愛国運動②ロスチャイルドが欧米金融界を支配後は彼らが戦争筋書きを③明治初期ロスチャイルドから日銀設立を命令されて以来の外資支配・・大戦中には国際決済銀行に両陣営銀行が集結して戦費決済を→後継がIMFと世界銀行



ーーーーーーーーーーーーーー

焦点:IMFが緊縮一辺倒の過ち認める、遅すぎた方向転換

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE89E04E20121015?pageNumber=3&virtualBrandChannel=0

<失敗が約束された戦略>

アルゼンチンのロレンシノ経済財務相はIMFが失敗を認めたことについて、ユーロ圏危機に対する姿勢を改める「最初の一歩」になるはずだと言う。

経済財務相はIMFに寄せた公式声明で「IMFはまたしても失敗を約束された政策条件や改革戦略を支持している。これらは対象国における景気後退を深刻化させ、失業率を押し上げ、債務は持続不可能な道をたどって社会的な失敗も招くことになる」と訴えた。

アルゼンチンは過去10年間にIMFから合計約230億ドルの融資を受け、それを返済。現在はIMFが融資対象国に課す条件を声高に批判している。

韓国は1997年にIMFから210億ドルの融資枠を与えられ、成長率が97年の5.7%から98年には3%に減速することを前提とした改革プログラムに合意した。実際には韓国経済は98年に6%近くのマイナス成長に陥った。

97年のIMFとの交渉で韓国代表団を率いた鄭徳亀氏は、IMFは通貨危機の診断を誤り、財政政策の問題だとして間違った改革案を処方したと指摘。「すっかり手遅れになってから消防団が到着したが、十分な水を積んでおらず火事の性質も正確に把握していなかったようなものだ。その結果、火事はますます大きくなった」と話した。

IMFの示した処方箋から離れることによって成功を収めた国が少なくとも1つある。

ボリビアのアルセ経済・財務相は、IMFが他の国々で失敗を犯したのを見たため、ボリビア政府はIMFの勧告を無視することを決めたと説明。IMFの勧告と正反対の政策を実施したことにより、2005年に38%を超えていた貧困率を11年には24%強に抑え、一人当たり国内総生産(GDP)はこの間に倍増したと述べた。

財務相は「ボリビアでは国家の介入を強めることで、より良い富の配分を成し遂げた。われわれは市場をまったく信頼しておらず、2006年に市場主義経済を捨てた」と指摘。「IMF理事らの志は良いのだが、一部の局はIMF内で実施すべき改革にまったく耳を貸さない。ラガルド専務理事ができる最良の行動は、彼女の良い志を下のレベルまで浸透させることだ」と述べた。

(Emily Kaiser、Sophie Knight記者)





______________________________





<追跡!真相ゼロtoZ>
~ゼロの意味する原点の意味の原因を探り
 定量的、科学的にZの行き着く先の真相に迫る~

5 追跡!真相ゼロtoZ

2013/2/5 追跡!真相ゼロtoZ
追跡 真相 ゼロtoZ







______________________________






ツイートテレビからのお願い


※寄付と「買って支援」のお願い
アマゾンから買って支援
-----

服部順治 ‏ @JunjiHattori

原発再稼動を停めようと佐賀県庁にのりこんだ山本太郎さんを
刑事訴訟した京都の行政書士の方が
なぜか半年近くも経った今頃、下記のビデオを見て、
その行政書士は幸福の科学の信者ではない、とのことで
「名誉毀損及び名誉感情侵害行為」で
慰謝料 45万700円を支払うように
こんどは私を訴えてきました。
(^_^;)

どうも小沢一郎さんと市民との対話という番組に出て
「裁判所もおかしい」と言った直後に告発している感じです。
(^_^;)

この行政書士と戦うためにも
裁判の費用が必要です。
左記の寄付欄より、
みなさんからのご支援をよろしくお願いいたします。


口座名 ツイートテレビ

■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10090 
番号 98084911

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 9808491







ツイートテレビの中継/取材/講演などの要請の場合

 ツイートテレビもこれからUSTREAM中継やこのようなツイートテレビのやり方、ブログの作り方などのお話をさせてもらったり、取材要請があれば内容に応じてUSTREAM中継などもやってここで紹介させていただこうと思います。
 2人いっしょで中継時間、講演時間1時間あたり3000円で、実費の交通費も別にいただければありがたいかと思います。
 ツイートテレビのホームページのコメント欄で非公開コメントにチェックを入れていただき、メールアドレスや取材場所、時間(できれば午後3時以降)、お話の内容などを書いて送信していただければ、ご相談に応じます。
 よろしくお願いいたします。





主に日本の話題の元ネタ(^_^;)
歴史の真実の宝庫:八切止夫デジタル無料作品集
(次世代の人達と共有し戦争を繰り返さないために)

http://rekishi.info/library/yagiri/scrn1.cgi

東京新聞(日本で一番、真実を伝えてくれる新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/
クーリエ・ジャポン(日本のメディアは本当のことを言ってくれない、っていい宣伝文句だけど疑いながらチェック(^_^;))
http://courrier-japon.net/
阿修羅掲示板 拍手ランキング (24時間) (愛国者を気取る感情的なネット右翼や工作員などのコメントは除く(^_^;))
http://www.asyura.us/hks/ranking_list.php?term=1
オリーブニュース
http://www.olivenews.net/v3/
政治ブログ 注目記事ランキング(幸福の科学や創価学会など統一教会系は除く(^_^;))
http://politics.blogmura.com/ranking_entry.html

杉並からの情報発信です
http://blog.goo.ne.jp/yampr7

BLOGOS 意見をつなぐ、日本が変わる。
http://blogos.com/

ざまあみやがれい!
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/

子どもを守ろう
http://savechild.net/

金融マフィアの意向を知ることができる主なマスコミ
サンケイニュース(元は産業経済新聞より財界や自民党、アメリカ ロックフェラー(統一教会)の意向(^_^;))
http://sankei.jp.msn.com/
読売ニュース(元は正力オーナーで戦犯で死刑確定をアメリカ側のCIAに協力することで無罪で釈放:アメリカの意向(^_^;))
http://www.yomiuri.co.jp/
毎日新聞ニュース(創価学会の聖教新聞をメインで印刷しているため創価学会の意向:統一教会の仏教部よりアメリカの意向(^_^;))
http://mainichi.jp/
NHKニュース(政府、官僚(アメリカ)側の意向を反映している:結局、アメリカの意向(^_^;))
http://www3.nhk.or.jp/news/



______________________________


世界の報道:話題の元ネタ(^_^;)

田中宇の国際ニュース解説
http://tanakanews.com/


デモクラシーナウ(市民サイドに近いアメリカのメディアでアメリカを中心に世界の市民の今を伝える )
http://democracynow.jp/

シリア国営ニュース SANA
http://sana.sy/index_eng.html
シリアニューズ(シリアからの情報 なるべく新しい情報ならこのツイッター情報
http://www.syrianews.cc/

日本語イラン ラジオ(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を日本語で解説するイラン側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.irib.ir/


新唐人テレビ日本(アメリカ、香港の人たちから見た独立系中国テレビ:客観的に中国はもちろんアメリカも見れる(^_^;))
http://www.ntdtv.jp/

人民日報日本語版(中国から見た、日本の政治社会状況などがよくわかる(^_^;))
http://japanese.china.org.cn/

中国国際放送 日本語版(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を日本語で解説する中国側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.cri.cn/index.htm

ロシアの声 日本語版(ロシアの国営放送で建前としてのロシアの現状がよくわかる:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.ruvr.ru/

ロシア トゥデイ Russia Today(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を抉り出して見せてくれるロシア側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://rt.com/

Dprogram.net(従来のプロパガンダに対抗するためのサイトでプログラムで縛られた人を解放する? (^_^;))
http://dprogram.net/




動画リンク
アメリカの「ウォール街を占拠せよ!=Occupy WallStreet」の理解のため




おすすめのガイガーカウンター(線量計)は何でしょう? 
真宗大谷派 常福寺でやってるサイトで専門家の人のお奨めです。
http://johukuji.nanaoarchive.com/top/?p=1191
1万円台では
SOEKS-01M ホットスポットなどを探すにはいい。ただβ線も測ってしまうので高めの数値を表示。正確に数値を測るにはアルミの遮蔽版が必要。
なお2011年12月だとエステー化学のエアカウンターがいいようだ。(群馬大学の早川教授もおすすめ(^_^;)
その時、必ず9800円の定価に近いロープライスを選択して買うべきです(^_^;)
でも今からだと2/3発売で性能のいいエアカウンターSを待って、7800円で買ったほうがいいかも
3万円台では
手軽に正確な値を出すのにお奨めはDoseRAE2だけど、今だとエステー化学のエアカウンターがいいようだ。
(東京都からの貸し出し用で採用している機種だけど0.30μSv/h~2.50μSv/hふらつきあり)
私も「放射線測定器 Dose RAE2を買って」 (^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://tweettvjp.blog.fc2.com/tb.php/346-321d6139

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |