ツイートテレビ ホームページ ~あなたもテレビに騙されてませんか~ ※不確実な情報も含みます(^_^;)

最新のツイッター情報から平日、朝8時頃からモーニング地球ニュースをお届けしています。ニュースの動画はYouTube,USTREAM、ツイッター、ツイキャスからもご覧いただけます。(^_^;)

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

TweetTV

Author:TweetTV
ツイートテレビへようこそ。
ここからYouTubeのニュース画面や中継画面を見ることができます。(平日、朝8時頃より放送)
※寄付と買って支援のお願い
アマゾンから買って支援
ここをクリック

 私たち市民メディアは従来のマスコミが追求できない真実を伝えています。
現在の主なテーマは 
■脱原発への道を開く政治を応援

■小沢裁判や冤罪事件を通して
司法も含む官僚体制や創価学会
金融マフィア(財閥)の陰謀を暴く
 
■世界で戦争や金融テロなどを
引き起こす金融マフィアの実態
とそれに対抗する市民活動

 2013年もツイートテレビを
サポートしていただき
明るい未来に向かった活動を
続けられるようよろしく寄付、
声援のほどお願いいたします。

2011年9月20日開局
 ツイートテレビ
めざまし政治ブログ」の服部順治と「和順庭」ブログの服部(旧姓熊木)和枝の二人だけで運営
♥なお私達11月22日の前日に結婚しました♥

口座名 ツイートテレビ

■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10090 
番号 98084911

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 9808491

最新トラックバック

3/22(金) ニュース

2013/3/22(金) ニュース

<今日のツイートテレビニュースの話題>
                                                                                                                    Font MSP ゴシック サイズ11

2013/3/22(金) ツイートTV

1 安倍と山口組の金庫番の写真:議員会館事務所より
2 いつもの東電を守る政府の対応と原発推進の体制
3 借金をストライキ!5%で売り払う金融業者から守れ
4 摩り替えられた明治天皇と橋本龍太郎の関係:田布施の秘密






<ニュースウォッチ12:今日のニュース>
1 安倍と山口組の金庫番の写真:議員会館事務所より

2013/3/22(金) 概要 安倍と山口組の金庫番の写真:議員会館事務所より
2013/3/22(金) ツイートテレビニュース 概要 安倍 山口組 金庫番 写真 議員会館事務所




明月社・山岸飛鳥 ‏@sensouhantai 3時間
号外】防衛局、辺野古埋め立てを申請 普天間移設 -

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-204318-storytopic-53.html
沖縄を犠牲にしてアメリカの歓心を買う。天皇の占領希望メッセージ以来の「日本」の伝統か。
その天皇ですら代替わりしたら「沖縄の苦労、皆で考えて」とか言ってるのに、安倍は埋立強行へ

K.Kengo ‏@KKnagomi 11分
「会議の名称が『即時撤回を求める』から「TPP交渉における国益を守り抜く会」に変更された」←過半数のくせに即時撤回求めなかったよね。彼らが国益を守り抜くわけがない。安倍首相も今まで慎重派・反対派の想定通りに動いたことはないです。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20130322-00000027-jnn-pol


かっつぁん ‏@diabloedge1104 3時間
『安倍晋三氏と朝鮮が繋がっている数々の証拠!大手マスコミが触れない安倍自民党総裁の秘密!』
http://amba.to/T1E9kB

要するにアメリカと繋がっているって事だよ!

---------------------

以下の写真は週刊ポストが取り上げた、安倍総裁が「山口組の金庫番」という言われる韓国人男性と一緒に写っている写真です。



ネット上ではこの写真について「偶然に撮影されたもので安倍氏は何も知らない」などというような書き込みがあったのですが、週刊ポストの記事よると「この写真は議員会館の安倍事務所内で撮影されたもの」と書かれており、偶然に議員会館の事務所にハッカビー氏とともに、「山口組の金庫番」と言われるような大物が写る確率って、物凄い低いような気がするのですが・・・。

少なくとも「偶然」という言葉で片付けるのは厳しいように私は感じます。


☆安倍晋三氏 逮捕された「山口組の金庫番」と一緒の写真発覚
URL http://www.news-postseven.com/archives/20121015_149154.html


引用:
 写真は、2008年6月のハッカビー氏の来日時に議員会館の安倍事務所内で撮られたものだ。安倍氏が「健康上の問題」を理由に、総理の職を自ら辞して、1年も経っていない頃である。

 問題は安倍氏の右側に立ち、悠然と笑みをたたえる人物である。真っ白のシルクのスーツにピンクのネクタイ、そして丸坊主姿の男性。現在、刑事被告人として公判中の韓国籍の男性、永本壹柱(本名・孫壹柱)氏だ。彼がこの大豪邸の家主である。

 永本氏が公判で問われているのは、中堅ゼネコンを舞台とした架空増資事件をめぐる貸金業法違反の罪だ。2008年、貸金業の登録がないにもかかわらず、同社の増資を引き受けた金融ブローカーらに計7億3000万円を貸し付けたとされる。今年3月、逃亡先の韓国から帰国したところを逮捕された。

 逮捕翌日の新聞には、〈指定暴力団山口組系組織の資金を運用していたとみられ、組対3課は収益が暴力団側に流れたとみて追及する〉(3月11日付毎日新聞)、〈捜査関係者によると永本容疑者は山口組系暴力団関係者〉(同日付朝日新聞)などと報じられたように、捜査当局は「山口組の金庫番」として、永本氏の背後人脈に注目していた。

 実際、公判では永本氏本人が山口組系組長との長年の交際や、祝儀名目で数百万円をわたしていたことを明かしている。

※週刊ポスト2012年10月26日号
:引用終了




写真に間違いがないか念の為に安倍事務所について調べてみたところ、以下の様な近江屋元衆議院議員が安倍元総理の元を訪れた時に撮影された写真を見つけました。


☆近江屋元衆議院議員ホームページ
URL http://www.omiyan.jp/katudou-2009.html 
引用:
★2009年3月12日
安倍晋三 元総理大臣と教育問題について意見交換
安倍晋三 元総理大臣を訪ねて、教育問題について意見交換を行った。
議員会館の安倍事務所にて

:引用終了


週刊ポストが報道した写真と見比べてみると分かりますが、後ろに置かれている物が完璧に一致しているので、この写真が週刊ポストの報道通り、議員会館の安倍事務所内で撮影されたというのは間違いないでしょう。




もっとも、こんな写真なんて、安倍総裁の顔の一角に過ぎないと言えます。

マスコミだけではなくネット上でも全く触れられていませんが、自民党の安倍総裁は韓国や北朝鮮など朝鮮系の勢力と相当深い関係にあると言われています。それも、父親世代からの長い付き合いであるとの指摘が多数されているのです。

信じられない方もいるかと思いますので、以下にまとめて安倍総裁と朝鮮関連の団体や組織に関する情報を並べてみます。


☆在日韓国商工会議所
URL http://www.kccj.org/kccbbs/kannews_viewbody.php?page=1&number=204&keyfield=&key=
引用:

○ 安倍晋三元首相を招き晩餐会開催
~地方参政権獲得への支援要請など幅広い意見交換行う~

本会議所ではホテルオークラ東京において5月20 日、安倍晋三元日本国総理大臣を招き晩餐会を開催した。当日は本会議所より崔鐘太会長、兪在根常任顧問、鄭幸男顧問、張勲顧問、朴忠弘副会長、黄永珠副会長、丁廣鎮副会長、柳和明常任理事、安健一常任理事、金守幸理
事の10 名が参加した。
安倍元総理は以前から韓国との親交が深く、副官房長官時代には羽田-金浦空港間シャトル便開設や日本を訪問する韓国人のノービザ実施など、両国の友好関係に尽力してこられた。晩餐会では、世界的金融危機克服に向けた韓日政府・民間レベルの協力の重要性、また躍動するアジア地域でのより成熟した両国のパートナー関係の構築、さらに永住
外国人の地方参政権獲得へ向けた支援要請や遊技機器の規制緩和要請など、経済問題のみならず幅広い分野で意見が交換された。
:引用終了



☆日韓議員連盟会員名簿 (魚拓)
URL http://megalodon.jp/2008-0506-1248-14/www.nikkan-giren.jp/aboutus.html
>麻生 太郎 自民 福岡8区 副会長
>安倍 晋三 自民 山口4区 副幹事長



☆安倍晋太郎氏(安倍総裁の父)wiki
URL http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%8B%E5%A4%AA%E9%838E#.E9.96.A2.E4.BF.82.E3.81.99.E3.82.8B.E4.BA.BA.E7.89.A9.E3.82.84.E5.9B.A3.E4.BD.93
引用:
義父・岸信介は「国際勝共連合」・「統一教会」(世界基督教統一神霊協会)と友好的な協力関係を持っていたが、晋太郎も同じく、関連が深いとの見方がたびたび取り沙汰されていた。
「自民党内部の統一教会シンパとしてさかんに議員に統一教会員を秘書として紹介し、セミナーへの勧誘をしていた」と言われており、1999年には『週刊現代』が統一教会と国会議員の繋がりを暴いた記事で「安倍晋太郎氏がセミナー等への勧誘を行っていた」と報じた(参考:現職国会議員128人の「勝共連合・統一教会」関係度リスト )。

事実、統一教会は晋太郎を総理大臣にするべく応援[してきており、当時、竹下を後継指名した中曽根を強く非難していた。

晋三が内閣総理大臣に就任した2006年9月には、『週刊朝日』(10月6日付)で晋太郎の家の元家政婦が晋太郎が生前、自ら「私は朝鮮(人)だ。朝鮮」と言っており、家政婦自身も、晋太郎の入棺のときその骨格を見て朝鮮人だと思ったという記事が載った。統一教会系の韓国の『世界日報』(セゲイルボ)もこの『週刊朝日』の記事を引用した。

:引用終了



______________________________



再生リスト:「国民の生活が第一」を支援する市民大集会 2012/9/1
http://www.youtube.com/playlist?list=PL2617FA4CFF36F3C5


______________________________

今日のイベント
原発関連:集会・イベント情報、Ustream番組表
http://2011shinsai.info/event/

______________________________

閑話休題

ツイッターの流行がわかる日刊ツイッターランキング 
http://twinavi.jp/news/daily?ref=top

今、話題の動画のランキング tweetmovie ツイートムービー 
http://tweetmovie.jp/

NAVERタブーまとめ

http://matome.naver.jp/topic/1LwS6







______________________________



<<日本 クローズアップ現代:国内の話題>
2 いつもの東電を守る政府の対応と原発推進の体制

2013/3/22 いつもの東電を守る政府の対応と原発推進の体制
クローズアップ現代 日本 国内問題 クロ現 いつもの 東電 守る 政府の対応 原発推進 体制



服部順治 ‏@JunjiHattori 8時間
この問題の本質は政治家です。東電は政府の言いなりですから。

きっこ ‏@kikko_no_blog 8時間
【今日のふ・ざ・け・ん・な!】「東電、除染費用105億円余未払いで国が立て替え」「東電がこのまま支払いを拒めば最終的に税金で穴埋めすることになりかねない」とのこと→

http://bit.ly/Ye3cdM


即時廃炉、脱原発 ‏@garekino 3月21日
放射能被害RT外出の仕事で富士吉田市・「三つ峠」山麓の山あいに入ったさい、「野生きのこ採取自粛」の注意看板を目にした。数日前の報道にあった通り、基準値を超える放射性セシウムが検出されたからだ。ここから事故原発まで300km以上ある

http://twitpic.com/b7squv


服部順治 ‏@JunjiHattori 14時間
極端に放射能の危険性を説く人達には注意しないといけないけど、逆に生物学的な研究成果で100mSVまで大丈夫と言う知見をふりかざし法律を無視するのも変だよなー
2013-03.16 「日本の放射能に異常なし」国連総会で報告承認

http://www.dailymotion.com/video/xyblit_2013-03-16-yyyyyyyyyyy-yyyyyyyyy-fukusima-is-no-problem_news#.UUt7g1g_hFM.twitter



2013-03.16 「日本の放射能に異常なし」国連総会で報告承認→FUKUSIMA is... 投稿者 kigurumiutyuujin


______________________________









<世界 クローズアップ現代:海外の話題>
3 借金をストライキ!5%で売り払う金融業者から守れ


2013/3/22 借金をストライキ!5%で売り払う金融業者から守れ
クローズアップ現代 世界 クロ現 海外問題 借金 ストライキ 5% 売り払う 金融業者 守れ




cnn_co_jp ‏@cnn_co_jp 11時間
「シリア政府は化学兵器を使用せず」 米、暫定結論か

http://cnn.jp/ZCCOqM



uprisejapan ‏@uprisejapan 12時間
混乱の原因は貴方達でしょ。本気ならパレスチナにも行け:周辺諸国の不安定化への懸念を強めるイスラエル市民に対し支援を約束Reading:オバマ大統領が演説 中東融和訴える NHKニュース

http://nhk.jp/N46c5brE

アメリカのオバマ大統領は訪問先のエルサレムで演説し、周辺諸国の不安定化への懸念を強めるイスラエル市民に対し支援を約束する一方で、イスラエルに対しパレスチナへの歩み寄りを求めイスラム社会との融和を目指すよう訴えました。

政権2期目の最初の外国訪問としてイスラエルを訪れているオバマ大統領は21日、エルサレムでおよそ600人の若者を前に演説しました。
この中でオバマ大統領は「両国の安全保障面での関係はかつてなく強い。アメリカがあるかぎり、あなたたちは1人ではない」と述べて、おととしの中東の民主化運動「アラブの春」以降、周辺諸国が不安定化していることに懸念を強めているイスラエル市民に対し、アメリカの揺るぎない支援を約束しました。
そのうえで「イスラエルが繁栄する唯一の道はパレスチナの独立と成長を認めることだ」と述べて、イスラエルに対してパレスチナ国家の樹立を認めるよう求め、「中東和平は可能だ」と訴えました。またオバマ大統領は、根強い反イスラエル感情を抱えるイスラム社会に対しても「イスラエルとの関係を正常化させるよう前進するべきときだ」と述べ、融和を目指すよう訴えました。
オバマ政権は、イスラエルとパレスチナの対立が、イスラム社会でのイスラエルやアメリカに対する反発につながり、さらには中東の不安定化の要因になっているとみていて、今回の演説でイスラエルとイスラム社会の融和を呼びかけて、中東情勢を安定に導く足がかりとするねらいがあるものとみられます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
借金をストライキ!
「ローリング・ジュビリー」とは?


http://democracynow.jp/video/20121115-2

放送日: 2012/11/15(木)
再生時間: 11分
 最初期から占拠運動を支援してきたデイビッド・グレーバーが著書『債務 最初の5000年』で語ったように、貧困層は債務を通じて富裕層に無限に縛りつけられてきた。ローリング・ジュビリーは、ウォール街占拠運動から派生したストライク・デット(「借金をストライキせよ」)と、占拠運動のなかで当初から提起されていた学生の負債問題にとりくむ占拠運動学生債務キャンペーンなどのグループが協力して立ち上げた、債務に対する新しいかたちの抵抗運動である。寄付などを通じて集められた資金を使って債券市場に出回る債権を買い上げ、廃棄するのである。債券市場では個々人の債権の特定は困難であるため、この運動は純粋な相互扶助として行われている。
 占拠運動は当初から、運動総体としては明確な獲得目標を掲げないこと(個別の地域の占拠運動では異なる)が特徴であり、弱点でもあると見なされてきたが、ローリング・ジュビリーは具体的な手段の行使を通じて資本主義に対する批判的・倫理的抵抗をつきつけるものとして、占拠運動の一段階先への展開において大きな意味をもつだろう。(小田原琳)

----------------

占拠運動、世界中で「債務ストライキ」を繰り広げる

http://writeoff.blog.shinobi.jp/%E5%82%B5%E5%8B%99/%E5%8D%A0%E6%8B%A0%E9%81%8B%E5%8B%95%E3%80%81%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%AD%E3%81%A7%E3%80%8C%E5%82%B5%E5%8B%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%80%8D%E3%82%92%E7%B9%B0%E3%82%8A%E5%BA%83%E3%81%92%E3%82%8B

グローバル・ヴォイスという、世界中のブロガーをつないで、「今」を伝えるサイトが、
占拠運動の新方針「債務との戦い」を特集していましたので、
ハロウィーンということもあり(←関係ないけど)
訳してみました。

しかし、債務帳消し、支払い拒否、債務監査といった言葉
(←反グローバリゼーションの運動の中でも
債務問題は決してメジャーではなかった)が、
昔からの債務キャンペーナー以外の
ところで普通に出てくるようになったんですねえ。
感無量。

元のサイトは
http://globalvoicesonline.org/2012/10/27/occupy-movement-rallies-for-debt-strike-worldwide/

フランス語、英語、ギリシャ語で紹介されています。







Stanislas Jourdan(原文フランス語、英語訳文投稿10月27日)
(この記事はグローバル・ヴォイスの特別ジャンル#Occupy Worldwideの一部です)

“You are not a loan, you are not alone
(あなたは借金のカタじゃない、あなたは一人ではない)”
をスローガンに、
ウォール街占拠運動「債務をぶっ飛ばせ」グループは債務返済に反対する抵抗運動を盛り上げようとしている。
このキャンペーンは世界的な支持を受けており、一年前に誕生した抵抗運動を力強くよみがえらせた。

「債務をぶっ飛ばせ」ポスター



この運動の主な主張は、ウォール街占拠運動、真のデモクラシー・ナウ、15-M movementその他諸団体の共同声明に記されている。
その中で彼らは市民による債務監査を強く主張している。
「世界の金融機関よ、われわれが言うべきことはたったひとつ:私たちはあなたたちに何の借りもない」

住宅ローン、医療費の債務、学生ローン、クレジットカード債務から地方公共団体の債務にいたるまで、ありとあらゆる体裁をとる不公正債務との闘いが、世界中でますます勢いを増しつつある抵抗運動の新たなテーマだ。

すでに債務の不払いを呼びかけるいくつかのビデオがオンラインで出回っている。


運動はすでに世界中で広がっているが、動きの最先端は米国だ。そこで起こっているショッキングな事態は否定しようがない。“債務ストライキ”は実際にすでに起こっているのだ。
Nicholas Mirzoeffeは彼のブログにこう書いている:

「学生ローンの27%が不払いに陥っているが、その数はますます増えている。
米国全体の3分の1の住宅が、実際の資産価値をはるかに上回る1兆2千億ドルのローンに縛られている。
500万の住宅が強制執行され、さらに500万戸がその脅威にさらされている。
つまり、その家の持ち主がローン不払いあるいは支払い遅延に陥っているということだ。30万人が今年第一・四半期の信用報告書に加えて強制執行の知らせを受け取っている。
全住宅ローンの27%が深刻な返済遅延に陥っているが、皮肉なことにこの数値は少し改善されている。30万人以上が破産の憂き目を見た。
各世帯のクレジットカード債務の平均は2009年には1万7,936ドルであったものが、
今では1万4,336ドルに減っている。これは大量の返済停止が出たせいだ。
2010年、クレジットカード会社は、すべての債務の10%を帳消ししなくてはならなかった。」

以上の数値は衝撃的だ。しかし、どうやって個々人の支払い拒否 - これはしばしばやむを得ず選択される - を債務への集団的反逆へとつなげていくのか?

これこそが「債務をぶっ飛ばせ」キャンペーンの目指すところだ。
キャンペーンの公式HPには「債務対抗・行動マニュアル」まで載っている。
この総合的な100ページに及ぶ文書は多くの人に閲覧され、議論を呼んでいる。
このマニュアルでは、クレジットカードの借り越しについてどのように交渉するか、
学生ローンを返済しなかった場合のリスクから、自己破産申告する利益・不利益まで説明されている。
他の章では病気治療でたまった借金はどうすれば一番いいかのアドバイスも載っている。

それぞれの章で、銀行と金融システムの変遷の歴史が短く説明されており、金融システムのいびつさがよく理解できるように配慮されている。

たとえば、銀行と大学の連携については以下のように説明されている:
「2006年のニューヨーク市検察局の調査によると、融資を与える銀行と大学当局の仕事上の関係は「癒着」レベルにまで達している。
銀行は、大学の学生生活支援課がお膳立てした学生ローンの額に応じて、大学当局にキックバックを払っていた。
銀行は学生生活支援課職員に、全費用持ちカリブ海リゾート旅行まで提供した上に、給与まで支払った。」

「債務をぶっ飛ばせ」作戦は、特に一般の人々に、自分はたった一人で自分の借金に立ちむかってるんじゃないということを気づかせ、連帯を作り出すことを目指している。
「もしあなたが学生ローン不払いの瀬戸際に立たされているなら、自分はひとりじゃないことを思い出して。すでに400から500万の米国人がすでに支払いをやめているんだよ。」

11月15日、「債務をぶっ飛ばせ」キャンペーンは「ローリング・ジュビリー」という作戦開始を宣言する。
これは債務のない人が返済に押しつぶされている人の債務を合法的に買い上げるという互助ネットワークを作り出そうというアイディアだ。


(ポスター中の文面「ローリング・ジュビリーは助け合いによって債務者を解放する債務者のネットワークです。私たちは債務を1ドルにつき数ペニーで買い上げます。
そしてその債務の返済を求める代わりに、放棄するのです。
ジュビリーは11月15日に始まります。」)

ツイッターアカウント@Occupytheoryでは、
「@Occupytheory: 民衆による民衆の救済 #undebt #n15」
と投稿されている。

民衆救済に向けて進むには?

しかし、何人かの「債務打破」活動家は、連帯に向けての啓発と活動を超えて、より広範な提案をしている。彼らは現代版ジュビリー、つまり大規模な債務帳消しを提唱する。

オーストラリアの経済学者、スティーブ・キーンはこの案を、中央銀行が民間銀行に与えた巨額の支援(資産の買い上げ政策)にひっかけて「民衆のための量的緩和」策と呼ぶ。
彼は自分のHPでこの提案を以下のように説明している:

「現代のジュビリーでは、量的緩和政策同様に恣意的に金を作りだす。しかし、この金はまず第一に債務削減の目的で市民の銀行口座に振り込まれる。振り込まれた以上の借金を抱えるものは、債務を完全になくすことはできないが削減できる。一方で、債務のない人々は預金が増える。」

Fistfullproductionsがキーンへのインタビューをアップロードしている:


人類学者David Graeberはこの作戦の主な発案者の一人だ。
ウォール街占拠の初期の火付け役ともなったこのアナーキストは、2011年に“Debt: the first 5,000 years,(債務、その発生から5千年の歴史)“というキーとなる論考を発表している。
この中で、彼は債務の歴史を明らかにし、ジュビリー(債務帳消し)を主張している。ジュビリーは彼が著書で指摘しているように古代では非常に重要視された慣習だった。

占拠運動編纂の雑誌“Tidal”第三号で彼はこう主張している:

「間違いなく読者はこう反論するだろう。
『だけど、もし数兆ドルもの紙幣を印刷したら、とんでもないインフレが起こるんじゃないか?』と。
答えは、まあ、理論上はそうなるはずだ。しかし、どうもこの理論は欠陥があるようだ。
なぜならこれこそまさに今政府がやってることだからだ。
彼らは何兆ドルも印刷してきたが、これまでインフレらしい兆候は大して見当たらない。
(中略)
問題は、この策が役に立たなかったということだ。
経済も回り始めなかったし、インフレも起こらなかった。
まず何より、銀行はその金を投資にまわさなかった。
主に、その金を政府貸付に再度回すか、連邦準備に貯め込んだ。
連邦準備への預金金利は、同じ銀行が連邦準備から借り入れる際の金利よりはるかに高い。
だから結局、政府はお金を刷って銀行に上げたが、銀行はただその上に胡坐をかいていた。」

それなら、今、銀行にやっているお金をなぜ直接民衆に渡さないのか?
ここまで見てくれば、この提案がそうばかげたものでないことがわかってきただろう。

債務契約はどのような倫理の下におかれているのか?

経済政策としての合理性を超えて、占拠運動の活動家は、債務に関してしばしば引き合いに出される「借りたものは全額返すべき」という倫理観も完全に否定する。

The Occupied TimesのHPでMichael Richmondは以下のように書いている:

「返済することが何より大事だという、この債務に関する倫理観はどのようなものか?
われわれは債務者が犯罪者扱いされ、刑務所に入れられ、二度と消えない罪の烙印を押されたビクトリア朝時代に後戻りしつつある。
しかし、いまやすべての人になにかしらの借金があるのは、システムがその上で成り立っているからなのだ。金融セクター全体が助かるには、大衆の債務救済以外に道はない。」

「債務ストライキ」はどれくらい続くだろうか?
予測は難しいが、ウォール街占拠誕生から一年たって、この作戦をめぐる世界的な合意が運動の新局面の開始となっていることは間違いないようだ。
Astra TaylorはThe Nation電脳版9月5日のサイトで以下のように解説している:

「債務問題が占拠運動をつなぐ一種の結合組織の役割を果たす可能性があると、ますます多くの団体が感じ始めている。これまで共通の戦略(占拠)を取ることで団結していたが、これからは共通の問題(債務)をめぐって、あちこちで行われている取り組みがますます繋がっていくだろう」

同じサイトの別の記事では、David Greaberが債務は革命を引き起こすのではないかとまで述べている:
「占拠運動は具体的政策要求を出さないという方針を貫いたが、それは正しい選択だった。しかし、もし私が今日、政策要求を出すなら、まずできるだけ広範な債務帳消し、次に労働時間の大幅削減 - まあ、一日5時間、あるいは年5ヶ月の有給休暇 - だ。」

債務を攻撃することによって、占拠運動は、もはや現在のシステムから利益を受ける者、あるいはその道具(緊縮政策、銀行救済、中央銀行)だけでなく、システムの根幹そのものに攻撃を加えている。
占拠運動の方向転換は間違いなく野心的で、困難、かつ、格段に破壊的だ。
しかし、David Greaberとって、そんなことは問題ではない:

「もしこのような提案がとんでもない、あるいは想定外に思えるとしたら、それは単にわれわれのモノサシが矮小化されすぎて水平線が測れないというだけのことなのだ。」
______________________________





<追跡!真相ゼロtoZ>
~ゼロの意味する原点の意味の原因を探り
 定量的、科学的にZの行き着く先の真相に迫る~

4 摩り替えられた明治天皇と橋本龍太郎の関係:田布施の秘密

2013/3/22 摩り替えられた明治天皇と橋本龍太郎の関係:田布施の秘密
追跡 真相 ゼロtoZ 摩り替えられた 明治天皇 橋本龍太郎 関係 田布施の秘密



服部順治 ‏@JunjiHattori 24秒
そうだよなー。伊藤博文に孝明天皇が殺され、明治維新で天皇がすげ替えられたのは、実は欧米の金融マフィアによるものだったなんて聞いたことないもんなー

http://j.people.com.cn/94475/8169206.html?from=fetion
… 「日本の歴史教育は歪曲されている」英BBC
--人民網日本語版--人民日報


MASAYO53 ‏@masayo53 12月31日
橋本龍太郎氏の祖母大室ヨネ(米)の父大室庄吉の兄大室寅之祐(東京明治天皇) についてお話します。 そもそも、田布施町のタブーについて(この事)(大室寅之祐について)は、 田布施町麻郷の古い人間なら500%知っている事実

http://blog.livedoor.jp/jikeyasumasa-oomuroyasumasa/archives/67714274.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皇室の権力闘争が激化している?

http://aya20aug.blog12.fc2.com/?mode=m&no=258

連日、皇室ネタがマスコミをにぎわせている。

皇族は一定数必要・天皇定年制も…秋篠宮さま


女性宮家創設、緊急性の高い課題…首相検討加速

(どちらも読売新聞)

この皇室内のどろどろソープオペラは、2チャンネルあたりでいっぱい流れている情報が
多分結構核心をついているのだと思う。

いろいろ読んだ中で、小生がなんとなくそれっぽいなあと感じているストーリーは、
ちょっと古新聞で若干状況変化がある(橋龍は多分この件もあってか、暗殺?
されている等)が、コレ↓

大室寅之祐が明治天皇になったといえる勇気を持とう!

(引用開始)

私、地家は大室寅之祐東京明治天皇の弟地家朝平の玄孫です。国会中継をみ
ていましたが橋本龍太郎さんは証人喚問に応じません。
なぜなら日本で一番権力をもった男がハシリュウだから。(天皇陛下より権力をもっ
てる)
なぜか。彼(ハシリュウ)は大室寅之祐東京明治天皇の弟大室庄吉の娘大室ヨネと橋
本卯太郎との間に生れた橋本龍伍の長男だから。
僕の父とハシリュウはまたはと子の関係です。橋本龍太郎と2号との間に生れた和子
さんの娘が敬宮愛子です。
要するにマサコさんに2001年12月に押し付けて国民には内密に養子にしたわけ。
皇太子さまの父は徳川恒孝で恒孝さんの父は大室近祐。(岸信介と昭和天皇が田布施
コネクションの権力で美智子様にヒロノミヤをおしつけたわけだ)
近祐の父は大室儀作。儀作の父は大室庄吉。庄吉の父は地家作蔵。作蔵の父は海賊
某。

アキヒト天皇の父は三笠宮崇仁。崇仁の父は東久邇稔彦。稔彦の父は中川宮朝彦。朝
彦の父は徳川斉昭。


今日、週刊誌よんできたけど皇位継承1位は浩宮に確実に決定していて
第2位を愛子にするか秋篠宮にするかが問題になってる。
まず、おさらい。
日本で一番権力をもってるのは橋本久美子その次が橋本龍太郎(明治天皇のメイの
孫)
2番目に権力もってるのは皇后様でその次が正田巌。
3番目に権力もってるのは曽野綾子。
皇室にてらし合わせると橋本龍太郎の妾との間の娘和子の娘愛子が1番権力。
2番目の権力は今上陛下。
3番目の権力が皇太子様。(明治天皇の弟大室庄吉の玄孫)
政治家に当てはめると1番権力者がハシリュウ。(橋本派)→女帝改正派。
2番目がポスト小泉の麻生太郎(旧宮沢派)(今上陛下の実の父は三笠宮崇仁だから
麻生太郎の妹が寛仁殿下に嫁ぐ。
3番目が小泉、晋三の旧安倍派。→岸と昭和天皇の権力で裕仁のいと子の曾孫を浩宮
として皇室にねじ込むいわゆる右翼派。(明治天皇の子昭和天皇派)

そこで女帝にするかそのまま放置していずれ秋篠宮が天皇にゴールするか。
僕は後者のほうだと思う。小泉も愛子を女帝にしたくないから結果的に放置。→結果
的に血は水より濃しでアキヒトと美智子との間の子秋篠宮が次の次の天皇になるだろ
うし
眞子さま佳子さまも美智子様のまごである。


女帝にするように必死なのは橋本派が必死だからであと2年弱でハシリュウが引退し
て権力がなくなるから で
愛子を女帝にしようと必死になって女帝改正しようとしている。
しかし小泉もポスト小泉の麻生も女帝改正に消極的。
皇太子様がなくなられたら2050年ころ秋篠宮が天皇になるかも知れないしあきしのは
病弱だから早死にするかもしれない。
2050年頃は当然眞子も佳子も愛子も結婚してるから天皇家の後継者はゼロになる。

(引用終了)

本当かどうかはまったく検証のしようがないし、ただの悪質な噂と切り捨ててしまえば
それまでの話。

でも、冒頭の偏向マスコミからのわけのわからんプロパガンダは、
上記引用の内容により、そこそこつじつまがあってきてしまうのである。

まあ、勝手にやってもらえばよい。

ソープオペラ以上の興味はない。でも、よく出来たソープオペラではある。


ーーーーーーーーーーー

「日本の歴史教育は歪曲されている」英BBC



 英BBCはこのほど、「日本が第2次大戦中に行った近隣諸国に対する酷い仕打ちについて、それらの国々の人々がどれほど恨みを持ち続けてきたかをほとんど理解していない日本人は極めて多い。その原因の一つとして、日本人が、20世紀の歴史をわずかしか学んでいないという事実がある」と報じた。

 日本文部科学省の検定を通過したある歴史教科書では、全357ページのうち、1931年から1945年までの歴史について書かれているのはわずかに19ページ。「9.18事変(柳条湖事件)」の記述は1ページのみ、1931年から1937年の中日戦争についても1ページ。「南京大虐殺」「慰安婦」にいたっては、「付記」に1行ずつで終わっている。

 歴史教科書の中で、大戦中に日本の炭鉱へ朝鮮人・中国人が強制連行されたことに関する記述も、ほんのわずかにとどまっている。広島と長崎への原爆投下についても、あっさりと一言で済まされている。

 BBCの報道によると、先史時代から今日までの30万年に及ぶ歴史を学ぶ履修期間はわずか1年間(1週3時間、年間105時間)という。中には、「歴史」が履修科目に入っておらず、生徒に自習させる学校もある。

 また、BBCは「史実をまともに教えられてこなかった多くの日本人が、ネットで関連情報を調べ、右派の言論によって誤った歴史認識を持つ恐れは十分にある。中国人学生は、旧日本軍が行った数々の残虐な行為について知り尽くしている。韓国も、近代史教育を大変重視している。これらの全てが、ひとつの歴史的事件に対する中日韓3カ国の見解に天と地の違いが生じる原因となっている」と指摘した。(編集KM)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大室寅之祐=東京明治天皇と現皇室 2012年12月4日新版(短文)その1

http://blog.livedoor.jp/jikeyasumasa-oomuroyasumasa/archives/67714274.html

大室寅之祐=東京明治天皇と現皇室 2012年12月4日新版(短文)その1

大室寅之祐(おおむろとらのすけ)とは、長州出身。明治天皇の正体ではないかと考えられる人物である。

◆山口県田布施町麻郷の大室さん
2012年12月4日現在(更新)
橋本龍太郎氏の祖母大室ヨネ(米)の父大室庄吉の兄大室寅之祐(東京明治天皇) についてお話します。 そもそも、田布施町のタブーについて(この事)(大室寅之祐について)は、 田布施町麻郷の古い人間なら500%知っている事実で、佐藤栄作、岸信介すらわ かっていたが、うちの爺さんが「大室家が南朝光良親王の末裔で500年以上続いて、 しかも寅之祐が大室家24代目なんて嘘だ!」と言ってた。始め意味が分から なかったが本質は、
A寅之祐の大室家が本当に南朝後醍醐天皇の玄孫光良親王が1400年に吉野から 麻郷に亡命して大室姓をなのってから24代も続いているのか? 
B本当に寅之祐の実の父は大室弥兵衛なのか? と言う事であった。
その後の調査で実はAに関しては、大室家(後の後南朝大室家)は1800年頃から始まり、 文政時代に初代大室家当主(父)大室文右衛門が死去(系図には大室家初代(父)大室文右衛門の父は麻郷某と いうかかれ方してる。)(妻は1830年8月9日死去)。2代目(息子)大室文右衛門が家督を 継ぐ。同時代に大室家は村の大庄屋となり家が繁栄した。同じ頃頼山陽によって、 大室家の家系図が整備され南朝の末裔を自称するようになった。2代目(息子)大室文右衛門の妻は1827年8月2日に死亡。 子は1827年10月9日に早死してしまう。そこで大室又兵衛(1789年3月29日生れ)の 息子大室弥兵衛(1813年6月14日~1886年3月3日)が満24歳の時2代目(息子)大室文右衛門の娘ハナ(1815年12月5日~1903年2月1日) と1837年結婚し2代目(息子)大室文右衛門家(大室本家)の養子に入って大室本家3代目として家督を 継ぐ。ハナと弥兵衛との間に子供が2人できたが一人目は1849年4月14日に早死し 2人目は1853年に同じく早死してしまった。(以上地家の西円寺の過去帳による)ちなみに地家吉左衛門の父は2代目
地家正右衛門、その父は初代地家正右衛門。その父は地家某で不明。(以上西円寺の過去帳による)

(※だから、大室寅之祐の代で、大室家4代目にあたる。)

Bに 関してはこれを踏まえ、本当の所は、苗字は岸(ガン)の海賊岸(李)要蔵(遼陽から田布施町戎ヶ下にきた在日1世)の息子岸(ガン)作蔵が地家吉左衛門家(1840年3月12日没)の養子(1835年4月)となり「地家」姓を賜る。地家河内作蔵となのり廻船業して財を築き周防国(田布施町)麻郷村小字地家に住み着いた。 1840年頃、興正寺(大谷)昭顥(ショウコウ)坊(照景?)と娘スヘが田布施町麻郷地家の西円寺に 京都浄土真宗興正派、興正寺からやってきた。(興正寺昭顥坊は興正派門主一族)(苗字は谷口)やがて地家作蔵(旧暦1823年2月16日~新暦1887年4月24日) と興正寺基子(SUEKO)=谷口スヘ(1831年5月1日~1855年11月20日)が1844年頃結婚する。スヘが満13歳頃の時である。作蔵(1823年生まれ) と結婚した1年後、スヘ満14歳の頃、第一子をもうけるが1845年12月15日に1歳弱で病死した。その後スヘは 長女ターケ(1847年4月14日生まれ)を出産。1850年1月10日(戸籍では庄吉の誕生日になっている)に 戸籍名寅吉(普段使う通名は虎吉。後の大室寅之祐の明治天皇)をスヘの実家の西円寺にて出産。 この頃(1845年頃)作蔵が西円寺の東隣の麻郷「地家」に家を建てる。だから戸籍を作る時、「地家」の地名を苗字にした。 (「地家」とはそもそも村の中心地と言う意味) 1852年12月8日(戸籍では寅助の誕生日になっている)戸籍名庄吉(通名は省吉)出産。 1854年2月29日に戸籍名三男朝平(通名は浅平、浅蔵とも)出産。(俺の高祖父)

>>その後、旧暦1854年8月22日に作蔵とスヘが離婚。 長男寅吉、次男庄吉をスヘが引き取り、多分西円寺の実家?へ戻る。 大谷(興正寺)昭顥坊(照景?)の家か?? (京都には帰ってないであろう) 長女ターケと3男朝平は作蔵が引き取る。その後、作蔵は某女性と再婚する。 (作蔵の後妻某は明治4年9月1日死去)1855年9月8日 (祖父の記憶では寅吉がかぞえ6歳の時)大室弥兵衛とスヘ再婚。 スヘは大室弥兵衛の2号となる。(弥兵衛の本妻は前に書いたとおり大室文右衛門の娘ハナ) 地家寅吉は大室寅吉(後の大室寅之祐明治天皇)に。地家庄吉は大室庄吉となる。 1855年11月頃、大室弥兵衛とスへとの間に大室寅助が生まれたが直後、 スヘが産後のひだち悪く肺結核で死亡。(1855年11月20日没) (西円寺池で入水自殺か?大室近祐説) 寅助の方も1857年6月22日に1歳数カ月で病死。 文政時代に初代大室家当主が死去してから4代目と思われる大室寅助死去により大室家断絶。 大室本家は実質作蔵の息子たちにのっとられた。(大室家に海賊の血が混入してガラが悪くなった) そこから先は、鹿島昇著、新国民社刊『裏切られた三人の天皇 ── 明治維新の謎』に書いてある通りなので省略。 

その2につづく
------------------------
■ 日本古代史の謎 ■
日本経営学界を解脱した社会科学の研究家 @ 10:59:10 ( 日本の風土と地域性 )
政治/経済 » 政治

 ◎ 捏造の歴史を解明する意義 ◎


http://pub.ne.jp/bbgmgt/?entry_id=4757371

【欠代の天皇・現代の皇族に関する問題など】

 ① 「継体天皇」という名〈継体〉の意味は?

 本日〔2013年2月11日:建国記念の日〕の『朝日新聞』朝刊を開くと,17面(東京本社)に「(文化の扉 歴史編)王朝交代あった? 継体天皇 担がれた傍系の王族」という解説記事が出ている。ともかくその本文を紹介する。

 1) 天皇の系譜/継体天皇の生涯
 同じ皇統が続くとされる日本の天皇家である。しかし,古代史研究者の間でその出自に疑問符がつけられる人物がいる。第26代の継体(けいたい)天皇だ。はたして,その真偽は・・・。継体天皇は450年ごろ,近江国高島郷三尾野(現在の滋賀県高島市)で,彦主人王(ひこうしおう)の息子として生まれたとされる。成長後,母親の出身地である越前国(福井県)を治めていたともいわれるが,506年に武烈天皇が逝去すると,適当な後継者がいなかったため,畿内の有力豪族である大伴金村(おおとものかなむら)らに担ぎ出されて,第26代天皇となった。

 「古事記」や「日本書紀」はその血筋を,第15代応神天皇の5代後の子孫と伝える。526年には大和に都を定め,翌年,朝鮮半島に派兵。さらに,その翌年には九州で起きた筑紫君磐井(つくしのきみいわい)の乱を平定した。531年ごろ,息子の安閑天皇に譲位し,82歳(43歳との節も)で亡くなったとされる。しかし,11代も前の天皇の子孫というきわめて遠い血筋であることや,大和王権の本拠地である大和に都を定めるまでに20年もかかったこと,即位に反対する勢力がいたと推定されることなどから,その出自をめぐって,複数の古代史学者から疑念が呈されてきた。

 

 2) 水野 祐「三王朝交代説」v.s.「多数派説で歴史を決める観方」
 代表格が1950年代に発表された,水野 祐(ゆう)早稲田大名誉教授の「三王朝交代説」である。水野教授は,初代の神武天皇から推古天皇に至る33代の天皇のうち,18人が架空である可能性を指摘した。10代崇神天皇,16代仁徳天皇,26代継体天皇をそれぞれ初代とする3王朝が存在したと考えた。水野説に従うならば,現在の天皇家は,それまでの仁徳朝から実力で王位を奪いとった,近江国か越前国の豪族の子孫ということになる。

 実際はどうだったのだろうか?〔本ブログ筆者:註記)古代史に対しては「こういう問いかたじたい」が不適切であるが〕。堺女子短大准教授の水谷千秋(日本古代史)は「水野説は皇国史観にもとづく天皇家の万世一系思想を崩そうとした。でも現在では,継体天皇の出自は,古事記や日本書紀の記述通り,王族と考える研究者が多い」と語る。

  
   註記)本ブログ筆者作成。水野 祐の解釈も興味深いが,佐々克明による朝鮮半島との関連づけはもっと興味深い。

 継体天皇=地方豪族説をとる学者のなかには,古事記などの編纂(へんさん)時に継体天皇の系譜が改変されたと考え,王族の出身かどうかも疑わしいとみる人や,当時は優れた政治・軍事能力こそ大王の条件であり,天皇の5代後の子孫といった父系の血統を重視した世襲は考えにくいとみる人などがいる。だが,水谷は「血統よりも能力重視であれば,有力豪族から大王が出ても不思議はないが,そうした事実は確認できない」とし,「王朝交代は考えられない」と結論づける。

 ただ,継承は順調ではなかった。継体天皇の支援者は和珥(わに),物部(もののべ),大伴などの畿内豪族だったが,一枚岩ではなく,前の王統と親密な関係にあった葛城(かつらぎ)氏が強く抵抗したとみられる。そこに筑紫君磐井の乱が発生した。「地方の反乱に危機感を抱いた中央の豪族たちは結束を強める。その結果,継体天皇は葛城氏を下して,大和に入ることができた」というのが,水谷の解釈である。

 傍系である継体天皇の即位はその後も皇位継承の混乱時に,しばしば引きあいに出されることになる。だが,それは逆に「血族以外は天皇になれない」との原則を確固たるものとした。奪取がおこなわれず,皇統が続いた遠因はこのあたりにあるのではなかろうか。

 --この解説記事は,もっぱら「継体天皇の生涯を記紀などから再検討した」という著作,水谷千秋『謎の大王 継体天皇』(文春新書)や,高槻市教育委員会編『継体天皇の時代』(吉川弘文館)に依拠しているらしい。そのかぎりで読んでおくことすればよいと思われる。

 ② 古代史研究に絶対の説はない。

 1) 歴代天皇の,いかにも・もっともらしい・たいそうな名
 水谷千秋の「継体天皇」論も,ひとつの歴史解釈である。この天皇の名前からして面白い。「体を継ぐ」というのだから,素人考えでもきっと後世の人間がこの名〈継体〉に決めたのだと考えることは,たやすくできる推理でもある。しかし,日本古代史における天皇家の皇統連綿性が文句なしに実証されているわけでもなく,大昔の時代におけるその血統性には疑問も多い。水野 祐などが前掲の3王朝説を日本の天皇・天皇制に突きつけていた。その研究上の意義を完全に否定できる根拠が,あとにつづく研究者から十分に提供されているわけではない。

 神武天皇が〈架空の初代天皇〉として始まるところからして,相当にうさん臭いのが,天皇家の歴史である。おまけに,この神武天皇をはじめとして,第10代崇神天皇,第15代応神天皇まで,「神さま」の〈神〉という字を付けた天皇も3人いる。ここで「付けている」というのは,後世になってわれわれが「○○天皇」という文字を,この天皇〔おおもとは大王(おおきみ)〕に付けていた事情を指している。明治以前は天皇のことを『○○院』と呼び,一世一元の天皇制になった明治以降は,元号がそのまま天皇のまえに付けられ呼ばれようになっている。

 本ブログの筆者は,平成の天皇のことを「平成天皇」と記述している。このことに気づいて「間違えている」とかなんとか指摘してくれる親切な人もいる。おそらくこの筆者と同じ素人「さん」だと思われるが,平成の時代に生きている天皇が死後「平成天皇」と呼ばれるに決まっていることは,だれにも否定できない。ましてや「いまの天皇を平成天皇」と呼んでいけないという約束事など,本ブログ筆者には課せられていない。そのように「平成天皇と呼んではいけない」と強制される筋合もない。「明治天皇→大正天皇→昭和天皇→平成天皇である」ほかあるまい。

 それはともかく,話がずれたのでもとに戻す。まず,天照大神という「皇祖」が神話において存在したと想像されている。つぎにこの「皇祖」に等しい扱いをされている「皇宗の代表格」である初代神武天皇も,大昔にいたのだと想定されている。神武天皇につづく各代の天皇の名についていえば,〈神〉という字が充てられているものが3名もいて,興味深い(あとの2天皇は,第10代崇神・第15代応神)。さらに興味のもたれる古代天皇史に関する事実は,〈安〉という字が第3代安寧・第6代考安・第20代安康・第27代安閑〔以上第30代までで〕において使用され,〈孝〉という字が第5代孝昭・第6代孝安・第7代孝霊・第8代孝元〔同前〕において使用され,さらに〈仁〉という字が第11代垂仁・第16代仁徳・第24代仁賢において使用されている。

 以上は欠代の天皇が多い。つまり,存在すら疑われる天皇(大王)たちに,いい名を付けておきたいという気持が,強く伝わってくるものばかりである。日本の天皇は,いま生きている者もある意味では〈現人神〉であるし,死後はどんどん「神らしく」とりあつかわれていくことになる。ましては,2千年以上もの昔話のなかでも天皇の世代に関する説明となれば,その大昔に存在したとされる天皇たちは「もう完全に神様」となっている。そうであるらしい事実は,その名称に〈神〉という字を混入させていることからしても理解できる。こんな・そんな天皇と天皇制に関する歴史なのであるから,そのどのような内容・中身であっても「眉唾ものではないか?」という問題意識をたずさえ,観察しておく余地がある。こうした注意事項は,古代史の専門家であれば認めてくれると思う。

 2) 明治期に創造(想像)された皇室の歴史
 明治維新以降の皇室史は,非常に厚いファンデーションを塗りたくった〈天皇人物史〉をさらに光輝たるものとして潤色するために,壮大なる歴史物語を創造してきた。かといって,その肝心の要所を,久米邦武のように「神道ハ祭天ノ古俗」(1892〔明治25〕年)であると喝破してしまうと,たちまち体制側から思想的・イデオロギーな非難・攻撃が寄せられた。
出所)写真は晩年の久米邦武。
    http://blog.canpan.info/fukiura/archive/2948 より。

 この久米は,当時の帝国大学(いまの東京大学教授職)を止めざるをえなくなっていた。なにせ,当時の教育社会は,神話の世界=おとぎ話をもとに「明治の為政」を創作・説明していなければならかった。帝国臣民たちに向けては,この日本帝国がいかに立派な国家であるか,帝室(皇室)の悠久の連綿たる歴史性を根本に据えて教化していた時代である。ところが,帝大〔当時大学はこの東京の大学しかまだ存在しなかった〕の教授が,これに真っ向から疑問を投じる,とんでもない反国家的な論稿を公表したという事情になってしまい,明治維新の国家体制を固守しなければならない陣営側から猛烈な批判が久米に返ってきた。

 久米邦武のその論稿「神道ハ祭天ノ古俗」はもともと,1891〔明治24〕年1月に『史学雑誌』に発表され,さらに1892〔明治25〕年には『史海』に転載された。このとき,主宰者の田口卯吉は以下の文を掲載し,神道家を挑発していた。

 「余ハ此篇ヲ読ミ,私ニ我邦現今ノアル神道熱心家ハ決シテ緘黙スベキ場合ニアラザルヲ思フ,若シ彼等ニシテ尚ホ緘黙セバ余ハ彼等ハ全ク閉口シタルモノト見做サザルベカラズ」。

 これに対して,1892〔明治25〕年2月28日,神道家の倉持治休・本郷貞雄・藤野達二,羽生田守雄は,久米邦武に詰め寄り,翌日も論文撤回を要求する。同年3月3日 久米は新聞広告を出し,論文をとり下げる。しかし,彼は,主張は曲げていない。だが事後,以下のような経緯をたどることになっていた。

1892年3月4日 帝国大学教授職非職
1892年3月5日 『史学雑誌』第2編第23,24,25号及び『史海』第8号に発禁処分となり,一応の決着となる。
1893年3月29日 修史編纂事業の是非の議論起こる。そして,翌日,史誌編纂掛を廃止を決定し,4月7日に帝国大学総長浜尾新に通達する。
1893年4月10日 重野安繹,星野恒ら編集委員を解任。
註記)http://ja.wikipedia.org/wiki/久米邦武筆禍事件 参照。

 当時まですでに,大日本帝国憲法(明治憲法)が1889〔明治〕22年2月11日に発布され,1890〔明治23〕年11月29日に施行されていた。この明治憲法は,国家神道の見地より政教一致の宗教思想をかかげ,天皇・天皇制を敷いた国家体制を採択・推進していた。それゆえ,久米邦武に「神道ハ祭天ノ古俗」などと指摘されては,それこそ『身も蓋もない』。これでは,神道の「神」が単に過去の旧式の思惟である,と糾弾されたに等しかった。

 明治に改元する1868年〔の9月8日「明治」となる〕の3月28日に「神仏判然令」が出されていた。日本の宗教界には「廃仏毀釈運動」の嵐が巻き起こっていた。この政令によるその運動は,国家神道への道を切り開くための前準備であった。明治政府や神道界にいわせれば,自由民権運動も収まったころ,「神道の基本問題」性をわざわざ突つつかのように,久米邦武「神道ハ祭天ノ古俗」が公表されたのだから,これに対して猛反発が起きたのは当然であった。時はすでに,こういう時代になっていたのである。

 3) 明治期の言論弾圧
 たとえば1880〔明治13〕年4月5日には,「集会条例」が制定されていた。この条例の内容は,こういうものであった。

  (1) 政治に関する演説会などを開く場合は,事前に警察に届け出て認可をもらうこと。
  (2) 警察官は集会に臨席し,内容次第では中止・解散を命じることができる。
  (3) 軍人・警察官・学校の教員及び生徒の政治活動は禁止。
  (4) 政治結社同士の連絡は禁止。
  (5) 屋外集会を禁止。

 明治はこのように,民主主義の基本精神などそっちのけにした法律(条例)が置かれる時代であった。さきの久米邦武は,日本の近代史の画期となった『岩倉使節団』(1871〔明治4〕年11月~1873〔明治6〕年9月)の見聞録を,『米欧回覧実記』(明治11年)に残した逸材であった。だからこそ,国家神道の古代史を近代に再生させたかのような〈明治憲法体制の根幹〉を,真っ向から批判する論説「神道ハ祭天ノ古俗」を公表していた。

 ひとまず「もしかしたらの話」になる。久米邦武が論説「神道ハ祭天ノ古俗」を『史学雑誌』1891〔明治24〕年1月での公表に留めておき,さらに『史海』1892〔明治25〕年に転載することをしなければ,くわえて主宰者の田口卯吉に「神道家を挑発」する言説がなければ,久米は帝大を辞めなくとも済んだかもしれない。事態は,いわゆる「密教の世界における語り」を飛び出し,「顕教の世界にほうにまでもちこまれてしまった」のである。明治維新以降における神道界は,神道国家の道を歩み始めていた日本帝国と利害の一致もあって大いに「意気も上がっていた」のであるから,こちら側からの反発は非常に強かった。

 逆方向からみれば,神道家たちの宗教的立脚点の弱みを真正面からえぐったのが,久米邦武の論説「神道ハ祭天ノ古俗」であった。ましてや明治維新政府は,国家神道体制によってその「国家精神の基柱」を樹立していたからには,これに疑問を抱いたり突きつけたりする識者の言論は蛇蝎師され,そのうえで猛然と排斥されねばならなかった。これは,明治期における神道国家体制の最大の弱点がどこにあったかを教示していた。

 宮武外骨(生死年:1867-1955年)という反骨のジャーナリストがいた。1889〔明治22〕年,宮武外骨は自身が関係する雑誌『頓智協会雑誌』のなかで,大日本帝国憲法発布をパロディ化したところ(右側の写真「骸骨が憲法を下賜する図」を参照),これが皇室:天皇に対する不敬罪とみなされた。しかも,裁判では未決勾留日数の刑期算入も認められずに「禁錮3年の実刑判決」が下され,その投獄期間は3年8ヶ月にも及んだ。宮武はそれ以後,官僚を宿敵と位置づけ,権力批判を活発に継続していった。

 「過激にして愛嬌あり」と形容された宮武外骨が,右側のような風刺絵を書いて雑誌に掲出したのは,こういう反発からであった。「明治政府が,徳川の時代と違って平民も政治に参加できる政府だと思わせたのは,薩摩と徴集の策略だったことが今度の憲法発布によって明白となった」からである。「その策略におどらされているわれわれ平民こそいい面の皮だ。そう思うと底知れぬ怒りが胸の底にこみあげてくる」。「明治維新の理念に反した帝国憲法発布を思いきり皮肉ってやる。筆禍は覚悟のうえだ」。
註記)吉野孝雄『宮武外骨(改訂版)』河出書房新社,1992年,32頁,34頁。

 ③ 天皇家王朝交代説

 先述のように,久米邦武の論説「神道ハ祭天ノ古俗」が公表された経路は,『史学雑誌』1891〔明治24〕年1月→〔転載されて〕『史海』1892〔明治25〕年という順序であった。当時の神道界側は久米に対して,それこそ,むきになって猛反撃をくわえていた。この時代感覚に即して理解してみればいいのである。それだけ,維新以後における明治政府:国家体制の核心部分は,理論的にも実際的にも〈弱い脇腹〉を抱えていた。明治時代における帝国政府は,天皇・天皇制を中心に創られた政治体制である。しかも,近代政治の形態と機能は,前近代どころか,おぼろげな記憶しか残されていない「古代の王朝制度を真似して創られていた」。となればこれが「政治の想像力」と「権力の強引さ」を併用する方途でもってしか,当初の目的が実現されえなかったことは,その後の歴史の展開が実証している。

 いまでも,その種類の苦労を一番身に沁みて実感しているのが「平成の天皇夫婦」である。このことは,過去=古代史からつづいてきたとされる「天皇・天皇家の伝統や格式」に沿った生きかたの問題でもある。そして,皇室:天皇一族はこれからにおいて,いったいどのように生き長らえていけるのか。これについての「並々ならぬ関心」と「あれこれ絡みつく利害の状況」のなかで,自分たちなりに「生き残り戦略」を具体的に模索している最中である。

 そのなかでも,一番頭の痛い問題が息子夫婦の存在であり,思いどおりにはなかなか行動してくれない嫁の雅子がいる。だが,雅子にとっては「皇室をめぐる古代史の想い出」を伝承する仕事よりも,いま彼女自身が深くとらわれている深刻な問題のほうが,よほど重要な関心事である。赤坂御用地の東宮御所内において生活している彼女は,一見したところ政治的は優雅に,そして社会・経済的にはなにひとつ不自由なく暮らしているようにみえる。

 これが,ひとまず『「皇族の一員」として置かれた彼女の立場』であるといえる。だが,その後景に潜む霧闇のような実際の空気を国民に伝えることは,けっしてしない。皇太子が一時,そのような事情に関連する発言をしたこともあったが,皇室制度の基盤に食いこむ問題を彼ら夫婦2人の個人的な次元で解決させることは,もともとできない相談である。

 本日冒頭,最初の課題は「継体天皇」を論じることに始まっていた。けれども,最近の皇族たちの頭脳中に収められている重大関心事は,古代史の世界などよりもむしろ,いまの「現実の生きかた」じたいにある。このことだけは確実である。ましてや,神武天皇(架空の想像された第1代天皇)から現在の天皇までが,『継体天皇の在位』によって「〈体〉よく〈継〉承しえてきたか」といった神話的な歴史問題は,どうでもよい「大昔の話」かもしれない。

 昭和天皇の生物学研究は,趣味の域を超えて世界的な研究レベルに到達していたと評価されている。だが,皇室関係者が歴史を勉強するには危険が多すぎるので,忌避されてきた。裕仁の弟の1人三笠宮は歴史学の研究を選んでも,日本古代史ではなく,それも東洋から西洋のほうに研究の対象をずらして,オリエント史〔現在の中東地域に興った古代文明史〕にとりくんでいた。この三笠宮が神武天皇の存在じたいに猛烈に反対・批判したことについては,本ブログも「2010.8.13」「■明治以降,歴代天皇の相撲観覧記録(その2)■」のなかで,つぎのように言及した。

 1950年代後半に「建国記念日」に関する議論が巻きおこったとき,昭和天皇の末弟三笠宮崇仁(みかさのみや たかひと)は,自分の所属する「史学会」(1889:明治22年11月創立)に対して「建国記念日」制定に反対する決議を迫った。三笠宮は,神武天皇の末裔を信じてやまない裕仁天皇とは〈天と地〉ほど,日本の歴史に関する認識においては大きな懸隔をもっていた。

 三笠宮は「科学の立場」から,皇室にかかわる「日本神話の理解」が兄とは完全に異なることを,当時宣言していた。これはいうなれば,日本古代史の認識に生じていた「皇族同士の内輪モメ:対立点」であった。だが,「史学会」側は学術団体に政治的決議は馴染まないと応せず,皇族関係者との折衝を回避した。この非政治的=政治的(!)な態度に憤慨した三笠宮は「理事長独裁を批判する」とのコメントを出し,世間を騒がせた出来事となった。

 
 出所)1955年,東京女子大学で講義する三笠宮。
     http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1289231542307.jpg

 その後の三笠宮はすっかりおとなしくなったが,このように指摘された皇室関係の特定問題は,日本国憲法が冒頭の条項のなかにそもそも「天皇関係の位置づけ」などを記述しているかぎり,これからも絶えることなく発生しつづけていくに違いあるまい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1057 古代史入門  9

http://rekishi.info/library/yagiri/scrn2.cgi?n=1057


紺屋高尾浪花節考

 紺屋の職人久六が吉原の花魁道中を見物し、全盛の高尾太夫を見染め、三年間とい
うもの必死になって働き、ようやく遊興費を貯め、若旦那の恰好で行ったものの、正
直に久六は、
「本当は、わっしは紺屋の職人。まだ三年がとこ働かなくては此処へは来られません」
といえば、
「まあ、よく実(じつ)のある話をしてくんなました。なにも三年も待たいでも、来
年三月にはわちきの年期があけまする。そしたら、ぬしさんさえ添うてくださるんな
ら参りまするぞえ」
「えッ、大名衆でも気に入らねば首をふるという、今、里では全盛の高尾太夫が‥‥
まさか」
「傾城にも、まことは有りんす。わちきは三年も働き、逢いにきやんしたおまえに、
ぞっこん惚れんしたわえ」との言葉。
 久六は夢かとばかりに驚いて、戻るなり脇目もふらずに仕事をして紺まみれになり
つつ、
「来年三月、高尾がくる」と唄うようにくり返しつも半信半疑で悩んでいた処、本当
に年があけ三月になると、久六の実にうたれた高尾太夫が、素人のおかみさん姿で駕
できたという話。
 故篠田実の、この浪花節が一世を風靡したのは、紺屋というのは関西では青屋とよ
び、部落者のせいである。言うなれば社会の最低辺の人外者でも誠実にまじめに働き
さえすれば高峯の花のような高尾のごとき太夫でさえも嫁にくる‥‥だから一心不乱
に仕事に精を出して働けば夢も希望も与えられるという教訓めいた浪花節だが、作ら
れ流行したのは江戸時代ではなく。昭和初年の満州事変の始まる前のこと。という事
は紺屋は鋳かけ屋わらじ作りと同じ最低層のエタだったからで、四十年前までは被差
別部落の彼らを、もっと国益のために働かせようとの施政方針。
 さて紺屋こと青屋に関して「慶長見聞書」には、日本原住民の事とはせず、勿体を
つけ、
「(前略)日本に墨なし。木のやにをねりて物をかく。色悪し。にかわ唐より渡る。
重宝と思召され、小野妹子大臣御使にて唐へ渡らせられ、初めて、にかわ作りを覚え
具足を作る。太子御感なさる。其後音楽人渡る。又かわら焼も渡る。大工も渡る。但
し大工はエタより先に渡る。後に渡る者共は言葉が通用せざるゆえ、かのエタに万事
を教へられ、案内されし故、今に音楽のやから、あをや・すみやき・筆ゆひ迄、己が
身分より下と申すは此時より初る」
と、江多以下の非人のランクをさす。
 太子とは聖徳太子のことらしいが、ディーゼル機関が発明される迄は日本から中国
へは北東へ潮流が流れる時、中国からは南西へ潮が変る時だけ、つまり冬だけ向こう
へゆけ戻るのは夏。
 契丹に唐が滅ぼされるまでは遣唐船が冬に出航し、夏に戻ってくるが二年がかりの
往復である。
 それなのに墨や革具足が重宝だからといって、楽人や瓦焼き大工までが来るのはお
かしい。
 正しくは遣唐船の戻りに向こうの食い詰めたのが同行して日本へ来たので、同書は
文禄の役で明国と戦った後の慶長年間ゆえ、エタは中国渡りの人種としてしまいたい
為の妄説だろう。
 なにしろ事実は逆で中国渡りが藤原王朝。彼らによってその侭の大宝律令が輸入さ
れ、それまでの日本原住民が賎とされていたゆえ、何が当てにならぬといって、日本
の古書ぐらい、まったく好い加減なものはないと言っても、あえて過言ではあるまい。
そもそもがである。
 良賎の区別は、山野に昔から自生している木や草や土、獣に山繭といったものは古
来からの物ゆえ賎の既得権益で、植木職の坪立、木こり、炭やき、土をこねる左官、
薬草や染物をする藍草の紺屋。獣を捕えて革をはぐ仕事や山繭を編む仕事も、彼らの
限定職とされていた。
 つまり桑をうえて養蚕や、切り出した木で細工する大工や指物師の加工仕事は良と
された。
「特殊部落発生史」[日本シェル出版]に私が初めて解明し、よく詳述してあるが、
宮本武蔵と一乗寺で決闘したようにかいた吉川英治の創作の、吉岡道場の初代吉岡拳
法は、御所に入って能見物中に、編笠を目深く冠っていたが、家業が紺屋なので指先
が青いのを衛士に見つかってしまい取り囲まれ、
「おのれッ不浄なエタめッ」と槍ぶすまで突き殺されている。藤原王朝の御所の内だ
から、敵は大勢で味方は一人。いくら吉岡流小太刀をあみだした剣豪でも殺されて晒
し首となった。
 さて「雍州府志」には、「青屋はエタの種類なり」と書かれ「芸苑日渉」にもはっ
きりと、
「むし風呂屋や藍染屋のごときは、これまた厠戸(カワヤ)と同じものなり」と出て
いる。
 阿波の国は、阿波の鳴門から黒潮が太平洋へ抜けてゆく最後の陸地へ、とり縋って
泳ぎついて這い上がった古代海人族、つまり後の平氏の祖先が多く住み、彼らが藍玉
を作り出したゆえ、「三好記」という足利時代のものには、「三好長春が滅亡したの
は青屋四郎兵衛としたしく、その子の大太夫を小姓に召し抱えたのが、反仏の者ゆえ
仏罰にあたった」と、さえ出ている。
「青屋と申すは化物にて、年寄どもしか知らぬが、化けてこの世に現れて仏敵となる
もの」とか、「エツタが皮にした毛皮を染めて青屋染という」と「三好記」の筆者の
僧侶の道智は、仏教に転向せぬ紺屋をくそみそである。しかし当時の紺屋は、皮屋と
共に儲かっていた。

 寺では何とかして彼らを転向させて、おおいに布施をとって儲けようと、堅久寺な
どでは莫大な銀をとつて寺人別に入れはしたが、他の寺にやっかまれて、やむなくや
めたともある。
「慶長見聞書」と違う「慶長見聞集」の一節に、「雲蔵乞食のこと」と題をして紺屋
の悪口を、
「雲蔵とよぶ若者が阿波江戸町にいたが、神田の真行寺へ跣足で、代々紺掻きの職人
をしていたが、親も死んだことゆえ足を洗って、ぜひとも仏果を賜りたい」と布施を
出して頼んだが、
「今さら親代々の紺屋をやめることはない。『みちのくの忍ぶ文字ずり誰ゆえに、乱
れそめにし、我なら泣くに』という古歌もあるくらいで、藍作りは阿波にとって大切
な国産ゆえ、その職に励み、殿様におつくしせい」と諌めたとある。
 この作り話の雲蔵とは、後の「雲助」と同じで、先祖が遠いアラブからきたという
言い伝えは、黒潮暖流が判らぬ当時としては、さながら空の彼方から雲にでものって
きた輩とみての意味らしいようである。
「源平盛衰記」には紺掻きの紺五郎が、尾張で殺された面識のある源の義朝の首が獄
門台にさらされたのをみて、秘かに奪って、それを人知れず埋葬したゆえ、義朝の子
の頼朝の代になると、北条政子に鎌倉へ召されて平家の武者に取り立てられた話もで
ている。

「令集解」には、唐の大宝律令の「染戸」を引用して、やはり紺屋を反仏派のエタと
定めているのである。限定職の紺屋は青ばかりでなく、紅花を採ってきてそれで紅布
も作っていた。
 だから「私訓栞[しおり]」にも、
『藍屋を賎むのは「陀羅尼経」に、藍染屋は往来を歩くことえず」という制あるによ
れりと云えり、青を染むるには多く虫を殺すと云うのも「薩婆多論」には見えたり』
とでている。
 これの下敷となったと伝わる寂照和尚の「谷響集」にしても、元禄二年にできたも
ので、反仏教派の革屋弾圧のため皮を剥ぐなの「生類憐れみの令」が発布されて三年
目のものである。
 つまり四つの製革業はオカミの法律で取締まっているから、反仏派の「八つ」の紺
屋も、ついでに叩きつぶしてしまえとばかり、和尚が、お経を勝手に引用して適当に
勿体をつけて書いたのが、
「この国にては俗に、藍染屋を賎しみこれを嫌う」とし、防羅尼経や薩婆多論を引用
して、
「よって藍染屋の家業をなす者は屠児つまり皮屋と同じにして、賎しむべきばなれば
なり」
と、藍草や紅草を山でとってきて染物にしては法にふれぬから、各寺の説教で一般に
広めようとした。テレビや新聞もない時代である。石山本願寺浄土真宗の説教僧は各
寺を廻って歩き、
「仏敵織田信長は、石山攻めの先手をさせた明智光秀に殺された。因果応報、仏罰て
き面」
と、有難やの有難やと節廻し面白く話したのが広まって本当みたいにされ、公家の日
記類さえ徳川家の京所司代の指図で、今みられるよう信長殺しは光秀となった。説教
の効果は大きい。
 関東はみなそうだが、捕虜奴隷として囲地に収容されて目立っていた関西では、友
禅屋もエタの頭に「八つ」の人頭勢を棟銭として支払わされた。水上のオンボ取締の
支配下のせいである。
「京都御所役所向き大概覚書」の亨保二年の「エタ青屋ども勤め方のこと」の掟があ
る。
一、粟田口刑場にて鋸挽き御仕置の課役。さらしものにして昼夜三日にわたり寝ず
  に張り番する、三日目には磔で処刑し、よって見張り番として昼夜七日続けて
  相勤めること。
一、同所火罪御仕置の課役 但昼夜七日番相勤めること。
一、張付御仕置の課役 但昼夜三日番相勤めること。
一、獄門御仕置の課役 但昼夜三日番相勤めること。
一、西大手斬罪御仕置ものが有る時は、首斬りの始末にまかりでること。
一、東西の御仕置の場所の掃除を相勤めること。
一、二条御城之堀へ身を投げ自殺する者あれば、奉行所より指図申つけるゆえそれ
  を千本通三条の辻にて三日さらしその番人申付く、居住相知れず身許不明の屍
  体は取片付けをなすこと。
一、牢屋の敷内外之掃除を相勤めること。
一、牢死之者あれば、その屍体を取片付けさせ候。
一、京都にてもし出火の節は、屋敷へ、火消し人足召連れて相詰めるように、延宝
  元年己十一月より申付けられ候。
一、斬罪役の勤めは何時頃より相勤めしたか、古いことにて判らねど、きっと勤め
  候こと。
  斬罪並びに牢屋外番・洛中・洛外見廻り役も相勤め候の村は左にこれを記す。

                    京都愛宕郡天部村(年寄五人、名略)
                    同国同 郡六条村(年寄三人、名略)
                    同国同 郡川崎村(年寄一人、名略)
                    同  所蓮台野村(年寄一人、名略)
                    同  所北小路村(年寄一人、名略)
                    同  所九条村(六条囲地内なり)

 江戸の南北町奉行所では、新地の弾左衛門より差出す者と四谷者つまり「四つ」の
騎馬系。
 処が京では町奉行所は、やはり「四つ」だが、京所司代支配の目明し火消し処刑は
紺屋だった。
 しかし紺屋は忙しいので粟田口の刑場に詰めたきりで、さらし者の番人や首斬りの
手伝いは、友禅染めが流行しだしてから当惑して、夫(ぶ)代銀とよぶのを差し出し
て勘弁してもらっていた。
 処が、鹿の子しぼりが流行し関東へも出荷するようになってくると、「禁中御用」
の鑑札を貰っていても、当時は御所よりも監督官庁の京所司代の方が上だから聴き入
れられずだった。
 今では宮大工というとお宮をたてる大工だからと美化されているので後述するが、
紺屋つまり青屋が京では、刑死をあつかっていた関係から染物の他に大工もさせられ
ていたのである。
「恐れながら、さしあげまする口上書」という古文書がさしだされ、今も現存してい
る。
一、牢御番屋敷外の番人の他に、部落の者共青屋らに仰付けなされ御用をさして頂
  くのは有難いことでございます。五月十七日より青屋共に申渡し候えば、すぐ
  さま御上意の御趣意を畏まり奉りまして、順々に相勤め申候。しかる処に御上
  意に相そむきて、御番の人足を出さぬ者も御座候に付き書付けを以って申上げ
  奉りあげ候。
一、大宮通西寺壱丁目上半町、炭屋市郎兵衛借家青屋治兵衛、同かぢ屋町五条上ル
  町いづつや五郎右衛門借家青屋平右衛門、同本誓願寺千本東入町米屋興三次、
  右三人之者共は牢御屋敷外番の御用も相勤めぬようなりました。この者共はこ
  ん屋を致し候ゆえ、青屋役を仕り候は忙しき由と申したてての我侭にて候。

 つまり紺屋だけで青屋大工までは、とてもやれぬと我侭をいうと、罰してほしいと
の訴状。
 定まった夫(ぶ、人夫)代銀だけでは、手間賃が値上りしていて困ると、富士山噴
火の宝永七年六月の日付で水上のオンボ配下の部落頭分らが、後で自分らの咎となっ
てはと差し出したもの。
 しかし本職の染物課役で鹿の子しぼりや友禅をそめ、寒中でも川へ入ってさらす傍
ら牢屋番や処刑の片づけぐらいならまだしも、熟練のいる大工仕事まではと部落内で
分業したらしい。
「八付」といって、八の者の処刑は張付柱に縛って立て突き殺すのと違い、初めから
手足を竹釘で打ちこんで放置し、出血多量で半死になってから立て止めを刺すのが関
西の習慣であるが、関東なら区別なく打ち首の斬首刑も、関西では「野史辞典」[日
本シェル出版]の「八虐」にもあるように江戸時代でも竹鋸で、ギッコギッコ引き殺
した。捕隷奴隷への見せしめに始めた伝統らしく想える。
 粟田口で竹鋸で八の部落者に生きながら首をひかせるのは、頚骨があって竹鋸では
切断できず出血多量で生殺しにするだけだが、鉄がなく四肢を釘づけにする代りのよ
うである。
 紺屋部落の青屋大工の許には、半死半生の者をかける張付木などの御定法の寸法も
書き残されているが、カネ尺の三尺三寸が今の1メートルで京尺は唐の大尺ゆえクジ
ラ尺で二割増しゆえ約四尺。壱間は六尺となって書き残されている。
一、張付木用材 柱は五寸五分四方、同ぬき四寸に八分。ただし弐間物は二ツ切り
  で、長サ一丈三尺五寸。下に十文字ぬき切懸けに打ち申すこと。
一、獄門木 柱は栗の木の末口三寸五分。長さ一間半。下に十文字ぬき打ち。
一、火罪の生きながら燃やす用材 柱壱丈物六寸四方。上より下へ壱尺の真切りか
  けつかまり、先を筆なりの恰好に仕り候。輪を入れ、とめにかすがい四本打ち
  申し候。
一、獄門板 首をのせるため幅壱尺八寸、桧木。
一、板札 壱人前けづり立て五分、幅壱尺八分、長サ弐尺五分。但し桧木拵えて、
  ふしなし。
一、獄門櫛 さらし首を前から持ってゆかれぬようにはめこみ木。かね尺で長サ壱
  尺弐寸。

 青屋六左ヱ門の名がつけてある。しかし焼き殺しの火をつけるのや、突き殺すには、
「四つ」の課役で、宮大工の仕事。「八つ」の青屋大工は準備と跡かたづけだった。
が大工仕事専門となると粟田口刑場の仕事だけでは食してゆけぬから、遊女屋やむし
風呂屋、芝居小屋、見世物小屋、お宮といったものの建築は、すべて自分の方の縄張
りだと主張し、一般大工の寺大工とよばれるのとは別個なりと互いに幕末まで対立し
あった事も各地では記録がある。
「紺屋のあさって」というのは、まだ分業せず大工と染物を一緒にしていた頃、忙し
すぎて約束しても、なかなか期限に間に合わず、あてにならぬことをそうした言い方
でするらしい。


エタは四でも八でもなくエの民

 古代史はもちろん近代史を調べてゆく上にも、良賎からどうしても入ってゆかねば
ならない。東北へ追った日本原住民の団結一帯進攻が富士王朝復活のために静岡の田
子浦まで追ってきたので、桓武帝即位からクダラ系だけは賎から良に変ったが、後は
戦国期で下克上と称された時代。
 ブシン(不信)の飼戸の者の生き残りが武力によって、武士や武将になったからで
ある。維新ものと戦国ものが、一般受けするのも救いのない底辺の庶民の賎の者が、
どうにか陽のあたる場所へ浮き上れる機会の夢が、そこにはあるからであろう。なに
しろ江戸の貞亨年間に居付き部落から大多数が都市に脱出して銭で町人別や寺人別に
入る迄は、人口の八割以上は限定収容されていて、逃げ出せば、逃散の咎めで殺され
る奴隷だったからである。
 つまり部落から出ることもかなわずで、死なぬ程度に酷く搾取されてきた名残りが、
今になっても「他所者(よそもの)」とし、新入りを排斥する風習を残している。東
京近辺にもマンションが建ち並び新居住者が入ってくると、毛嫌いして反感をもつの
は「来りびと」意識からなのである。
「見かけ銀」というのを、新しく入ってきた者は納めねば、そこの土地では住めなか
った。
 それでも外来の新しく住みついた者は、前からの者たちに「その筋の者」と被差別
された。
 江戸末期になると怠けていないかどうかと見廻りだけでは判らぬから、その筋の者
を紛れこませて目を光らせていた。つまり警戒され用心していたのだが「民族と歴史」
では誤って、
(空き地に住まわせて貰い火の番や泥棒番とか人の嫌がる仕事をうけもたされ、ある
き筋とか番太すじ、掃除すじと言われ、来たりびと、として差別されている)と、さ
も後から来たのがエタみたいな書き方をしている。が村落の方が昔からそうだったの
を知らぬせいらしい。
 また「遠州地方の足洗い」として同誌にはエタは非人の上にたって、これを支配監
督するが、非人は足を洗って常人になれるがエタは皮や肉を扱うからして駄目である
として、例として、「打上げ」と称して、足洗いの出来る道が設けられて居つた。
 「全国民事慣例類集」に遠江国敷知郡地方では、「三代皮剥ぎの業をなさざれば、
平民となるの例あり。穢多は所持地多分ありて、貢租を納め、中には富豪の家あり。
平民へ金銭を貸附る者もあるなり」と見えて居る。幕府の制では弾左衛門の主張のま
まに、「絶対に足洗ひを許さぬ方針を定め」とでているのに、「四つ」と「八つ」と
を混同している。弾左衛門は「四つ」の長吏で人頭税をとっていたから、足を洗って
抜けられては収入が減る。だから差別されてもよいから自分らの資金源を減らさぬよ
うにした。
 が根本的な官制歴史の誤りは、「四つ」と「八つ」の区別を知らぬのか、知ってい
ながら知らないそぶりか、故意にごちゃまぜにしていることである。「八つ」の古代
海人族は農耕、漁業、製塩から川守りとよぶ渡し船と仕事が山ほども押しつけられて
いる。決して獣を捕え皮など剥がぬ。
 処が遊牧民族の「四つ」は何もしない。明治になっても浅草新地より小菅から奥州
まで弾左衛門地一帯には、ただ草のみ茂っていて何も生えていなかったのは有名で色
んな本にでている。
 つまり製革業は、弾左ヱ門支配の「四つ」だけの限定職で、「八つ」は野兎すらと
ってもいかぬ事になっていた。公儀においては藤原王朝のとっていた、夷を以って夷
を制する方式を前述のごとく、「四つ」の弾左の下には、「八つ」の車善七、その下
に四谷者や吉原四郎兵衛手下その支配下に谷津の「八つ」ものの各部落、といった組
み合せにして、相互に憎しみ合せて一つにならぬようにした。
 官製歴史の困ることは、「四つ」の弾左ヱ門からは集めた人頭税のうちより冥加金
を台所入りとして、年に五万両ずつ献金させ、年賀と八朔には十万石の格式で千代田
城へ伺候をしていたのを匿す。
 だから人頭税が減少せぬよう「四つ」の部落よりの抜人は厳しく取締りをし、洗足
を認めなかった理由はそこにある。明治になって矢野内記と改名の弾左は、大江卓造
と民政省御用係と高等官員となり、六人の手代はそれぞれ新設の東京府庁の助役にな
ったのは「サンカ生活体験記」[日本シェル出版]にある。
 表面では差別しているようでも関東の金をすべて握っていて、蔵前の札差しも弾家
の金だったのは三田村鳶魚の江戸考証随筆にも書かれている。つまり大公儀に献金し
ているゆえ便宜をはかられ、心中の仕損いの生き残りや破戒僧として人別から削られ
た連中の払い下げもうけていた。「非人」つまり「人非人」というのは、このてあい
で、海藻みたいなボロを着て裸馬にのせられた死刑囚につきそっていた連中だが、身
寄りの者が首代として黄金五枚をなんとかして作って持ってゆけば、地獄の沙汰も金
次第で許され、非人の境遇から足を洗って常人に戻れた。
 穢多非人と一律にいうが、「八つ」の穢多だけを目の敵にしているのは、「四つ」
の弾左は体制側ゆえ「四つ」は表面にでず、穢多非人と二大区別に官製歴史がごまか
しているのはこのわけである。
 東京にも浅草に先族の当て字の千束町や鈴ヶ森に近い大森には洗足そのままの地名
が残っているのは、人頭税をぼちぼち取るより、大きく金をとれるので、非人を次々
と戻したからである。
 明治四年の壬申戸籍で、非人の親類が見受けに来ず残った非人が穢多の一割近くも
いたと発表されるのは、さも彼らが「四つ」みたいに取り繕うためのものだったろう。
実際は百倍はいた。
「四民平等」とは公家武士穢多非人の四民でなくして、元の源、ペルシャの平、唐の
藤、契丹の橘の四つの民族のことだが、その最底に位置して明治になっても被差別さ
れているのを、「帝国公道会」とよぶ前の民部省で、当時の内務省の外廓団体とし設
立した経緯を、大江卓造は、
「徳川氏が穢多に対する取扱いのことだけは『落穂集』であるとか、『地方大成録』
であるとか、其他の書類によってぼんやりと分かつたのである。これは御誓文の陋習
を破り天地の公道に基くべしと云う御趣旨に従つて、改革せんければならぬ。それに
は、とても神戸でこんなことを言つて居つたのではいかぬからと思うて、私は東京へ
出て第一に大隈重信の所に行つて話をしたのである。すると大隈もそれは至極よい思
付きである、つい忘却し、その侭にして居つたのである。しかし、これは民部省の取
扱うものであるから、お前も行つて話をして呉れと云うことで訪ねた。所が大隈から
も聴いたが実に今の侭に差置かれぬことである。良い気付けをして呉れた。平民籍に
編入すると云うことにしなければならぬが、その方法について、なにか考えがあるか
ときかれた」と回顧録として「民族と歴史」の第二巻第一巻に収載されている。
 当時、江戸城西の丸で新政府は、「帝国公道会」を設けて、「徳川時代は『四つ』
だけを懐柔し、味方につけただけだつたが、新政府は『八つ』も手馴けるようにと試
み成功をした」と自画自賛。
(神武天皇御陵のある処は洞(ホーラ)と云う。御維新までは、その部落が御陵の番
をしていた。御維新後は宮内省の出張所が出来て、昨年その土地を宮内省へ献上して
皆他に引越したのである。洞部落は如何なる人民かと云えば、神武天皇の大和征服の
場合に、彼の長随彦に一味して神武天皇の官軍に抵抗した所の居勢祝(こせのはふり)
・猪祝(ゐのはふり)の子孫であらう。祝(はふり)は古事記にも日本書紀にも出て
居るけれども、前にも其後にも多く出て居らぬが、「ハフリ」と云うのは人種の名で
はあるまいかと云うが、「ハフリ」と云う言葉は「ホーラ」と同系で、又「ホフル」
と云う言葉とも同じ、物を投げることの「ホール」とも同じ。「葬ル」と云うことも
同じ言葉。さうしてこれがもし、人種であると云うことであれば、旧約聖書にある
「ヘブライ」人と同じことではないか。「ハ」が「へ」になり、「へ」が「ハ」とな
ると云うことは、ハヒフヘホの行で何時もよくある変化である。「ライ」「リ」にな
る。「ブ」の濁音が「フ」の清音になると云うことも往々にあることである。文字の
ない時には言葉がさう云うように訛つて変ることが少くない。いわんや日本では濁音
と清音は唯だ点の有無によって見得るので、相混ずること頗る多いのであるから、
「ハブリ」が「ハフリ」になつたのであらうと思う。「ヘブライ」と同じことであつ
たならば、どうして「ヘブライ」人が我国に来たかとなる。
 「ヘブライ」人は御承知の通り印度の「セヌ」人種の一派である。一時はなかなか
盛んな人種であったが、昔からどうも一ヵ所に永住するという事の出来なかった人種
で、本国を逃げて阿弗利加に往き、又阿弗利加を逃れて本国に帰り、「シリア」人か
ら追い出されて処々方々に散在した、その散乱した一族は行く所を知らずという日本
に来たのであらう。年代を追うて見れば、神武天皇の日本を統御遊ばすより余程前の
数百年前のこと。海流の関係或は風の関係で、熊野辺に漂着して大和に蕃殖をした第
一の移住民。天孫人種が第二の移住者である。その第二の移住者が勢力が強かつたか
ら、やがて第一の移住者を征服して仕舞つたものらしい)
と木村鷹太郎著作集のようなことをのべている。
 つまり大江はいと簡単に第二移住者を良となし先住民を賎にする。が、印度のセヌ
系のヘブライではなく、アラブ方面からマレーシア経由の黒潮で流入。熊野浦に集団
上陸したのは後世の新平氏の忠盛らで、(古平氏の者らもアラブ語のアの水の意味を
もつ各地)へ這い上つた。
 安房、淡路、明石、阿波、安濃といった太平岸の各地に漂着。西南よりの先住民で
エケセテネの記号を苗字とし[江藤、千田、手塚などの意味]、後にはつけられた先
住民と共存共栄し、彼らに魚とりや焼畑、水田から製塩を教えて使った。つまり、こ
の第一の移住者よりも先にいた「エの民」こそ、本当のエタなのである。「根津権現」
を江戸でも特にエタの宮とよんでいたのも、彼らこそエタ第一号だからである。
 第二の移住者は太平洋岸へ黒潮で入ってきた古平氏の「八」だが、第三は日本海の
能登半島や昔は白山島とよばれた新潟に沿海州からベーリング寒流の親潮で入ってき
た騎馬民族の「四つ」。
 その後から入ってきて鉄武器でみな征圧した第四が、天孫民族と称するのが正しい
処である。
 大挙して騎馬系が入ってきたのが越前越中越後だから、「越多」と本物の「エケセ」
と混同され、「餌取り」から転化したものとされる。騎馬系は皮をなめすし鷹の餌と
りもし辻つまが合う。
 ところが「四つ」の彼らの弾左ヱ門が、財政不如意になった公儀の台所入りに、人
頭税の一部を年々納入し大名なみの格式をうけるようになると、彼らに無償で払い下
げられた非人をもって総称とし、エタの蔑称はゲットーに入れられ奴隷課役を、ずっ
とさせられている「八」に冠せられた。
 だからエタと非人の差別が判らなくなり、ごっちゃにされてしまい故三浦周行博士
でも、
「エタ非人と江戸時代の賎民は一緒にエタ・非人の称で呼ばれた。『エタ』は皮革類
から竹皮草履・裏付細工・燈心細工・破魔箭・茶筅等の簡単な手工芸を製造販売し、
『非人』は各種の演芸により、又は吉凶の事のあった家に行きて施興を請う『物貰い
渡世』の徒であった。エタに類するものに 『長吏』・『夙』、非人に類するものに
『乞胸(ごうむね)』・『猿飼(さるかひ)』などがある。地方によって名称を異に
するものがあるが、大体に於てエタ・非人の外を出ない」
とまず述べてから、
「エタは古くから皮革を扱つたが南北朝頃には井戸掘を家業としたものも見える。彼
等は都鄙ともその一隅に、城下町では外に、部落をして良民と隔離されて居た。非人
は室町時代にも乞食とされていた」
と、これも、やはり間違えている。屍馬の革はぎは「四つ」の限定職である。
「弾左衛門とは江戸に於ける賎民自治体で浅草新地の統轄の下にみなあった。弾左衛
門は徳川家康江戸入府の後、長吏以下の支配を命ぜられた。当時小田原の長吏太郎左
衛門が北条氏直の証文により、又元禄五年に上野下仁田村の馬左衛門が、武田信玄の
証文を提出し、弾左衛門から独立したいと訴えたが却下になって、幕府はその証文を
弾左衛門に下附したとの事である」
 弾左衛門は浅草に一区劃をなし新地とよび部下と共に住んでいた。これを「囲内
(かこひうち)」と云い、他の地方の管轄下のものを合せて「差配場」と云った。そ
の部下は「手下(てか)」と云い、「手代」・「書役」・「役人」がある。
 寛政十二年八月の届出によると、囲内なる手下が、すべて二百三十戸、其の中手代
及び書役が七戸、役人が六十戸で、其の余の百六十五戸が「平の者」であった。その
ほか弾左衛門差配場たる関八州及び甲斐・伊豆・陸奥・駿河の十二箇国内長吏の総戸
数が、五千四百三十二戸あったという。長吏はもと地方のエタ頭で、その下に「小頭」
あり、小は1ヶ村、多きは二十余ヶ村をも支配し、「行事役」をして実務に当たらし
め、「組下」の人別なども、これを弾左衛門に届出る制度であった。かかる制度が、
みな江戸を中心とする地方に限られて居るのを見ても、その管轄区域が、幕府創立以
来次々定められたものだとの事が知られる。弾左衛門の事を、公儀では浅草弾左衛門
と云ったが、諸大名・寺院・町家では、矢野弾左衛門と云い、その部下をも『矢の者』
と云つた」つまり今いうヤーさま。ヤア公である。
 「浅草新地の弾左衛門」は非人をも支配した。非人は各地に隔離せられて部落を作
つたが、江戸では浅草・品川等四ヶ所に居つた。「非人頭」が統一し、下に「小屋頭」
がある。非人頭中の最有力者は浅草の車善七と、品川の松右衛門である。非人頭は弾
左衛門に属し、手下の出入は弾左衛門に一々届ける。亨保七年に善七は弾左衛門支配
から脱けようとして、はたせなかつたらしい。駿河の非人の犯罪者を弾左衛門に引渡
さなかつたのでおおいに、もめた例がある。
「地方での管轄は弾左衛門に属しない地方にあってはエタは、所在の長吏・頭・年寄
等の支配を受けた。非人も同様で、京都では非人頭の水上のオンボを『悲田院年寄』
と云い、山城・丹波近江やその外、美濃・遠江・駿河・甲斐・丹後・因幡・美作・河
内・摂津を支配した。その中で摂津は大阪長吏と共同管轄であつた。これを『手下』
とも『支配下』ともいう。ここにも小屋頭があって、毎年一回年寄方に出頭せしめた。
『国制記』によると、京都のエタは三条余部村・六条中島村・田中川崎村・東山龍口
村・蓮台村・北小路村の六箇村で、部落民は千七百二十一人、悲田院年寄に属せる非
人の人口や八千三百十四人あつたという」
となしてから、
「エタ非人と良民が混同せぬよう、非人には物品の施与の強請を禁じた外、家業に就
いては放任した幕府も、社会階級の維持上、武士は勿論、町人・百姓と彼らの混同を
厳重に取締まつた」
「非人は斬髪し、元結を掛け結髪する事ができなかった。後にこの制度がややゆるん
だので、亨保八年十一月、将軍吉宗は先手頭山川安左衛門忠義の建議によって、非人
頭及び組頭の外は髷を切り、これを束ねる事を禁じた。頭巾其の他の冠り物も許さな
かった。これは彼等が囚徒を預るなどの公務に当るので、年と共に豪奢に流れ、美服
を着けて良民と区別しがたくなったからという。先手組から建議したのも、主として
罪人検挙目標を必要とした為と解せられる」
「非人の住宅を小屋という。天井のない小屋掛のことだ。よって彼等を「小屋者」と
いう。文化二年十月、善七の手下の非人小屋頭の三助事三右衛門が居小屋に天井を張
り、障子・襖を建て、絹紬を着し平人と音信を通じ、料理茶屋で交際したというので、
江戸町奉行は、非人の掟に叛したものと認めて検挙した事がある。
 又、文政十二年八月、永田興左衛門の仕置伺(しおきうかがひ)に、非人がその身
分を秘して武家の中間となり、更に侍となつて勤め中に、同僚の衣類を盗んで逃亡し
売払つて消費したので、「入墨の上で叩き」に相当する刑に処する事を命じて、弾左
衛門に引渡し非人にすべきことを載せて居る。大名の領分に於ては、合戦の際には、
彼らを軍役其の他には使用してもよいが、平時は良民と同一に使用することは、絶対
に禁ぜられた」
とは言うが、江戸の金は弾左支配で、みな蔵前の札差も入用の時には金を借り、交際
があったのは、三田村鳶魚の考証にも(前述したが)でている。
「処罰としては、非人の犯人は遠島処分以下は弾左衛門に引渡して相当の刑に処せし
め、地方は所在の頭に委かす事になつて居る。しかし事実は穢多・非人共に死罪・遠
島は幕府が処刑し、その遠島以下は刑の軽重を示して相当の処刑を命ずる事となつて
居た。『仕置』なるものの内容はまだ詳らかにせぬが、その中には非人を普通刑法の
入墨刑に処した事もあつた。しかし自然に幕府の刑法と違つたものもあつたらしく、
重叩き刑に相当すべく処刑を命じた囚人を、弾左衛門は叩きは五十日、重叩きは百日
の牢者にして居つたので、亨和元年七月江戸町奉行から共に命令通りに執行せしめる
事となつた。
 しかしこれでは、『公儀お仕置』によつて言渡をなすと同じく、非人の処刑を弾左
衛門に委任した精神にもとり、叩き以外に公儀お仕置きとの間に相違も多かろうから、
叩きのみ幕府の法によらしめるのは不可とのべたものもあつた。現に普通刑法の追放
刑の如きも、『江戸払い』は江戸から二、三里を離れて、地方の非人の手下とし、
『江戸十里四方追放』は、八、九里乃至十二、三里、『中追放』は十八、九里から二
十四、五里に、『重追放』は凡そ二十五、六里から三、四十里離れた地方の非人手下
とする事になつて居た」
とのべ、
「良民が非人となり、非人が良民となり得る場合もある。良民は本人の希望により非
人になれる。この場合非人頭に於て、本人及び親族の意志を確かめた上で非人の掟を
示して手下とし、小屋頭を定め、その人別に編入して弾左衛門は更にこれを江戸町奉
行に届ける。また不倫な情交、不義の情死未遂、主人と下女の情死未遂の際の主人、
離婚した妻に負傷させたもの、取退き無尽での空札売りは、弾左衛門立合の上で非人
頭に引渡してその手下とする。十五歳未満の無宿の盗人は、『遠国非人手下』とする
為に、地方に遣はすべき旨を弾左衛門に命じて引渡す」
「無宿の男女で非人であつたものを、後日その親族から素人に引き立てんことを小屋
頭に申出ずる場合には、非人頭から弾左衛門に届け出て、引立人から抱主たる小屋頭
に証文を入れさせて許す。十年以上非人小屋に居たものは、原則として復帰を許さぬ
のが掟の次第だが、申請の切な場合に限っては特に許した。しかし非人であつた間に、
非人の女を娶つて子を生んだ場合には、その妻子は夫と共に良民となる事は出来なか
った」
と小判でぬけにんを認めたことをいい、
「非人に対しても、非人頭から『ご政道廻り』を出して、毎日市中を巡邏せしめ、放
浪の無宿者は野非人を取り締らしめ見付次第に適宜に処置させた。これをば『刈込』
と『片付』とか云つた。幕府の無宿取締りの方針から出たものだが、一つは非人の
『持場』を荒されない為である。彼等の野非人等がもし非人の手下たらんと望む場合
は、一定の手続をへて許す。京都では、無宿の非人は悲田院年寄に引渡さずして、京
都町奉行で処分した。それでも他から地方非人の持場即ち勧進場所に来たつて施与を
乞おうとするものは、必ず所在の非人小屋に渡りを付ける必要がある。『諸勧進無用』
の縄につけた札は、つまり村の入口に土地の非人等が、他からの非人侵入を防がんが
為に掲示したものだからである」
「乞胸なる者は乞胸頭磯右衛門に属し、身分はもと町人でも、社寺の境内や空地で演
芸見せ物を業とし、その営業が非人に同じなので、慶長年中非人頭からその停止を迫
られ、遂に営業のみは非人頭善七の支配を受ける事となった。それから新に加入する
者は善七に届出で、ショバ代を払い、善七は日々手代を出して社寺の境内や市中を巡
視せしめ、鑑札を持たぬものは営業用の物品を没収し、詫証文を出さなければ追払っ
て叩きだし、その荷物は返付しなかつた」
 テレビなどでは、物売りしているのを「何々一家」と絆天を着たのが取締まってい
るのが、つまりそれだし、非人に対して、神皇(今では神農)と称して指図していた。
「御政道廻り」といった市中見張りをさせたのは、朱引内の御府内は定廻り同心六名
きりで手が廻らず、彼らに同心作付の鑑札を与え彼らの持場の新吉原と類似行為をす
る岡場所をみつけて女たちを捕えてきて吉原会所にだし、やっこ女郎にして四郎兵衛
溜の礼金を貰っていた。
 日本では奴隷といわず「やっこ」といい、「やっこさんは辛いね、雨がふるのに蓑
つけず」と唄にもされて躍りにされている。奴隷と、はっきりさせたのは阿部弘蔵の
「奴隷史事典」[日本シェル出版]からで、それゆえ喜田説は全人口の5%しかヤツ
コはいなかったなど、まるで逆に間違えている。
 良と賎の二大分類するのが、大宝律令からの日本史ゆえ、良が95%で賎が5%で
はおかしい。
 なにしろ良は西暦663年に初めに二千から四千に増え軍夫軍属八千の最低一万二
千から二万とはっきりしている。だから、その5%では僅か六百名にしかならぬ。七
世紀で千名たらずしかいない人種といえば、今でも有名人は多い割りに人口は極めて
僅かなエケセテネの発音が姓の上につく第一次日本列島へ漂着してきて移住の西南よ
りの、もっとも日本列島では古い民族をさしているのか知れない。いわゆる雑戸とか
雑色とよばれる頑くなな人々である。

______________________________





<追跡!真相ゼロtoZ>
~ゼロの意味する原点の意味の原因を探り
 定量的、科学的にZの行き着く先の真相に迫る~

5 追跡!真相ゼロtoZ

2012/12/22 追跡!真相ゼロtoZ
追跡 真相 ゼロtoZ







______________________________






ツイートテレビからのお願い


※寄付と「買って支援」のお願い
アマゾンから買って支援
-----

服部順治 ‏ @JunjiHattori

原発再稼動を停めようと佐賀県庁にのりこんだ山本太郎さんを
刑事訴訟した京都の行政書士の方が
なぜか半年近くも経った今頃、下記のビデオを見て、
その行政書士は幸福の科学の信者ではない、とのことで
「名誉毀損及び名誉感情侵害行為」で
慰謝料 45万700円を支払うように
こんどは私を訴えてきました。
(^_^;)

どうも小沢一郎さんと市民との対話という番組に出て
「裁判所もおかしい」と言った直後に告発している感じです。
(^_^;)

この行政書士と戦うためにも
裁判の費用が必要です。
左記の寄付欄より、
みなさんからのご支援をよろしくお願いいたします。


口座名 ツイートテレビ

■郵便局からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
記号 10090 
番号 98084911

■銀行からの振込みの場合
口座 ゆうちょ銀行
店番 008 普通預金
口座番号 9808491







ツイートテレビの中継/取材/講演などの要請の場合

 ツイートテレビもこれからUSTREAM中継やこのようなツイートテレビのやり方、ブログの作り方などのお話をさせてもらったり、取材要請があれば内容に応じてUSTREAM中継などもやってここで紹介させていただこうと思います。
 2人いっしょで中継時間、講演時間1時間あたり3000円で、実費の交通費も別にいただければありがたいかと思います。
 ツイートテレビのホームページのコメント欄で非公開コメントにチェックを入れていただき、メールアドレスや取材場所、時間(できれば午後3時以降)、お話の内容などを書いて送信していただければ、ご相談に応じます。
 よろしくお願いいたします。





主に日本の話題の元ネタ(^_^;)
歴史の真実の宝庫:八切止夫デジタル無料作品集
(次世代の人達と共有し戦争を繰り返さないために)

http://rekishi.info/library/yagiri/scrn1.cgi

東京新聞(日本で一番、真実を伝えてくれる新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/
クーリエ・ジャポン(日本のメディアは本当のことを言ってくれない、っていい宣伝文句だけど疑いながらチェック(^_^;))
http://courrier-japon.net/
阿修羅掲示板 拍手ランキング (24時間) (愛国者を気取る感情的なネット右翼や工作員などのコメントは除く(^_^;))
http://www.asyura.us/hks/ranking_list.php?term=1
オリーブニュース
http://www.olivenews.net/v3/
政治ブログ 注目記事ランキング(幸福の科学や創価学会など統一教会系は除く(^_^;))
http://politics.blogmura.com/ranking_entry.html

杉並からの情報発信です
http://blog.goo.ne.jp/yampr7

BLOGOS 意見をつなぐ、日本が変わる。
http://blogos.com/

ざまあみやがれい!
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/

子どもを守ろう
http://savechild.net/

金融マフィアの意向を知ることができる主なマスコミ
サンケイニュース(元は産業経済新聞より財界や自民党、アメリカ ロックフェラー(統一教会)の意向(^_^;))
http://sankei.jp.msn.com/
読売ニュース(元は正力オーナーで戦犯で死刑確定をアメリカ側のCIAに協力することで無罪で釈放:アメリカの意向(^_^;))
http://www.yomiuri.co.jp/
毎日新聞ニュース(創価学会の聖教新聞をメインで印刷しているため創価学会の意向:統一教会の仏教部よりアメリカの意向(^_^;))
http://mainichi.jp/
NHKニュース(政府、官僚(アメリカ)側の意向を反映している:結局、アメリカの意向(^_^;))
http://www3.nhk.or.jp/news/



______________________________


世界の報道:話題の元ネタ(^_^;)

田中宇の国際ニュース解説
http://tanakanews.com/


デモクラシーナウ(市民サイドに近いアメリカのメディアでアメリカを中心に世界の市民の今を伝える )
http://democracynow.jp/

シリア国営ニュース SANA
http://sana.sy/index_eng.html
シリアニューズ(シリアからの情報 なるべく新しい情報ならこのツイッター情報
http://www.syrianews.cc/

日本語イラン ラジオ(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を日本語で解説するイラン側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.irib.ir/


新唐人テレビ日本(アメリカ、香港の人たちから見た独立系中国テレビ:客観的に中国はもちろんアメリカも見れる(^_^;))
http://www.ntdtv.jp/

人民日報日本語版(中国から見た、日本の政治社会状況などがよくわかる(^_^;))
http://japanese.china.org.cn/

中国国際放送 日本語版(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を日本語で解説する中国側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.cri.cn/index.htm

ロシアの声 日本語版(ロシアの国営放送で建前としてのロシアの現状がよくわかる:盲信はしない(^_^;))
http://japanese.ruvr.ru/

ロシア トゥデイ Russia Today(アメリカ、ヨーロッパの負の側面を抉り出して見せてくれるロシア側のメディア:盲信はしない(^_^;))
http://rt.com/

Dprogram.net(従来のプロパガンダに対抗するためのサイトでプログラムで縛られた人を解放する? (^_^;))
http://dprogram.net/




動画リンク
アメリカの「ウォール街を占拠せよ!=Occupy WallStreet」の理解のため




おすすめのガイガーカウンター(線量計)は何でしょう? 
真宗大谷派 常福寺でやってるサイトで専門家の人のお奨めです。
http://johukuji.nanaoarchive.com/top/?p=1191
1万円台では
SOEKS-01M ホットスポットなどを探すにはいい。ただβ線も測ってしまうので高めの数値を表示。正確に数値を測るにはアルミの遮蔽版が必要。
なお2011年12月だとエステー化学のエアカウンターがいいようだ。(群馬大学の早川教授もおすすめ(^_^;)
その時、必ず9800円の定価に近いロープライスを選択して買うべきです(^_^;)
でも今からだと2/3発売で性能のいいエアカウンターSを待って、7800円で買ったほうがいいかも
3万円台では
手軽に正確な値を出すのにお奨めはDoseRAE2だけど、今だとエステー化学のエアカウンターがいいようだ。
(東京都からの貸し出し用で採用している機種だけど0.30μSv/h~2.50μSv/hふらつきあり)
私も「放射線測定器 Dose RAE2を買って」 (^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

「木に学べ」法隆寺・薬師寺の美 西岡常一」

近江聖人のお話が出ましたのでhttp://iiyama16.blog.fc2.com/?no=4029
私も鵤の聖人聖徳太子の心を1500年後のいま現代に伝えてくださった匠のお話をご紹介したく思いました。
タイトルの本は1987年「BE-PAL」誌上に連載されたエッセイ形式を1988年3月小学館ライブラリーとして刊行されたものです。
最後の棟梁鵤之郷大工西岡常一氏の「あとがき」を全文転載します。(誤字校正済)

 田舎大工の口から出放題の戯言を、「BE-PAL」誌上に区切りよく連載して下さった白井康介さん、今また、その連載を一冊の本にお纏め下さった石塚郁雄さん、其の他のスタッフの皆々様に深く御礼申し上げます。
 学者への不用意な放言も、歯に衣を着せて上手にお纏め下さったことに感心いたします。私は、学問を軽んずるような心は毛頭もっておりませんが、よく考えてみて下さい。科学知識は日進月歩で、今日の正論は明日の正論では有り得ないのではないでしょうか。今日をもって千年後の建築の命を証明出来ないのではないかと思います。千年どころか、明日をも律し得ないのが科学知識の天気予報やありませんか。
 それはなんでかと言うたら、科学はまだまだ未完成やからだっしゃろ。未完成の今日を科学で総てを律しようと考えがちなのが、学者さん方やおまへんやろか。科学知識のない我々工人の言い分にも耳を傾けるような学者さんこそ、ほんとうの学者やと思いまんな。
 私どもの、仕事に対する考え方や思い入れは、神代以来の体験の上に体験を重ねた伝統というものをしっかり踏まえて、仕事に打ち込んでますのやがな。例えば、法隆寺伝統の大工には口伝というものがありますのやが、その中の一つに「堂組の木組は寸法で組まずに、木の癖を組め」と言うのがありますけど、どんな建築の本を読んでも、こんな言葉にはお目にかかりまへんな。寸法や形式・様式には詳しいことですが、建物を造営する木の癖に触れた本には、いまだお目にかかっていまへん。それは私の本を読む範囲がせまいのかも知れまへん。浅学のせいでっしゃろな。もっともっと勉強せなあかんとゆうことかいな。
 何れにしても、堂塔伽藍を造営するのには、様式や形式に先だって、造営の意義と言うものがありまんがな。例えば、法隆寺の場合には、英邁限りない聖徳太子が仏法の慈悲をもって国を治めようとなさったんやと思いますが、多くの仏法者を養成するための道場としての伽藍ですがな。薬師寺もまた、天武・持統の両帝が、仏法興隆治国平天下の大願をもってなされた大伽藍でっせ。仏法の慈悲ゆうたら、母が子を思う心だっせ。火事や地震やと火急の場合、自分の一身にかえても子を救おうとする、それが慈悲でんがな。
 世のお母さん方、自分の心の内をようよう振り返ってみて下され。ようわかるはずだすが。わからなんだら、法隆寺や薬師寺のような心構えで造営された、魂のこもる寺に、観光でなく心から参拝して祈ってみて下され。仏法こそが、世界を最後に救う法やと感得しますし、慈悲心で国を治めようとなさった太子や天武・持統の魂が、皆様方の心にも宿りまっせ。
 大工の喋ることやないことを喋りましたな。笑ってお許し下さい。
一九八七年十二月

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この本の他にも、NHKブックス318「法隆寺を支えた木」(西岡常一、小原二郎)と言う本で、西岡常一師の口伝を読むことが出来ます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://tweettvjp.blog.fc2.com/tb.php/377-395c099f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |